画廊隅の休憩所 240148


気潰れシリーズ(AA)作者に訊きたい事

1:名無し :

2012/06/07 (Thu) 21:01:58

連絡方法どころか名前すら不明。
ゴルゴ13以上の捕まらなさを誇る気潰れ作者氏に訊きたい事を呟くスレ。
ひょっとすると他の人が一緒に考えてくれたり…あわよくば……

そんな一縷の希望を抱くスレ。
2:名無し :

2012/06/07 (Thu) 22:06:38

個人的にはダヱモンのイメージソングと
キリヒトの年齢…というか過去が知りたい
あと石君が何故喋らないのかとか
山棚主が戦う力が無いのは何故なのかとか
3:名無し :

2012/06/07 (Thu) 23:35:45

キリヒトの過去はマジで見たいなぁ。いやいずれやるんだろうけど。
自分の教会を得るためにキリスト教に潜入したのは分かるけど、
それが何であんなキリスト教嫌いになったのかとか。
アシュケナジーが憎いのなら分かるけど何故キリスト教?
4:名無し :

2012/08/16 (Thu) 13:18:56

クラクラモクランなんかの大正時代の空気感にすごく惹かれるものがあるんだけど、
服装やら小道具やら建物やら、どんな資料を基にして書かれているのか知りたいなあ。
やっぱその時代の小説とかを沢山読まれているから知識が豊富なんだろうけどさ。
これは作者さんにだけではなく画廊に絵を置いている方々にも聞きたいことなんだけど、
みなさんはどんなものを資料に作品を作っているのでしょう。
5:名無し :

2012/08/16 (Thu) 16:00:46

>>4
ここに載せていただいてる某絵描きです

服装は自分も悩みどころです
女性陣の着物だけならば、河出書房新社から出てるらんぷの本シリーズは色合い含め凄く役に立ちました
それに限らず着物キャラは資料が豊富なのでまだいいとして、洋装男性陣がわからない
一応昔の白黒写真を載せてるブログをよく参考にしてますが、写真ではスーツでピシっと正装してる人が多く、
普段着が着物じゃないキャラ、少し特殊な地位のキャラに手も足も出ません。特に子爵とヘラが描けない
いつかの緋扇組のような半身拡大を心の中で志願中

あと小物の資料が服装以上にないのが痛いです
探偵七つ道具に囲まれドヤァしてる街棚主を描こうとした事がありましたが携帯電灯で挫折しましたw
一番いいのは大正を舞台にした映像作品あたりかもしれません
あわよくば作者さんの設定資料ノートが読みたいところです
6:名無し :

2012/08/16 (Thu) 17:49:14

>>4
自分は明治・大正期が舞台の作品(特に漫画)を好きで読むので、
その雰囲気を真似て描いてます。
小物類は地域の資料館なんかに置いてあるのを資料にしたり、ぐぐったりw
服装は一番の悩みどころで、拡大AAのあるキャラでないと中々描くのが厳しいですよね

一番難儀してるのが猫目先生。
高畠華宵の描くようなモダンガールな洋装をさせたいけど微妙に時代が合わない。
最近は猫目先生はもしかして着物なのではないかとも思っています
7:名無し :

2012/08/16 (Thu) 21:15:35

>>4
勿論明治大正期の小説家の作品は視覚イメージこそ無いものの信頼性MAXなので読み込んでます
他に当時の写真・絵画・広告など目に付いたものは根こそぎ収集
市販の資料本は便利ですが時々普通に詐欺られるのであまり購入しません
どうしても分からない所は描写を避けるか友達の大正マニア(例の小説クラブの残党)に聞きに行きます。

でもどんなに調べていてもちょっとした所で何度もポカミスしてるので偉そうな事はいえませぬ。
棚主の煙草にフィルターつけるなんてしょっちゅうですが、まぁああいう柄だって事で流して下さい


>>5
子爵は前を開けた背広の下にチョッキを着ています。
背中の変なマークみたいなものは「子爵がゴツ過ぎて背広の背中が知らずに裂けていた」って
描写をしようとして失敗した名残です。
同コマで異人が笑ってるのはその点なのですが、絶対誰にも気付いてもらえなかったので無視してもらって構いませぬ。

ヘラは普通にメイド衣装です。特に外見に拘った記憶は御座いません…どっかのAAをそのままコピペして体を作りました。
ここで言っていいのか分かりませんが、皆様御察しの通り唯人教の仮面をつけております。
その内キリヒト関係で再登場させたい予定は未定。

携帯電灯に関しては手元に写真が在るのですがスキャナなど無い…
ttp://www.baj.or.jp/knowledge/history01.html
↑の右下の写真に、少し小さいですがそっくりな携帯電灯が載っています。
一番右の棒状のものです。

あと設定資料ノートは無いっす。気が向いたら今回みたいにニセモノの危険を孕むレスをするよ!

>>6
猫目先生に限らずどうとでも取れる服装はなるべくこちらで和装(洋装)だよ!と定義しない事にしてます。どうぞお好みで…



いつも皆様には過剰発電レベルで元気を頂いております。この場を借りて心より御礼を。
キャラの服装や外見はがっちり設定してるわけではないのでどうぞ皆様のお好きなように解釈して頂ければ幸いです。
棚主だって蝶ネクタイだったり普通のタイだったりしますので。むしろしっかり定義するとAAの方が矛盾だらけで死ニマス。

小物とかも「この時代に発明されてないです」ってレベルじゃなければ「どっかの誰かが自作した」とか
「外国からもって帰ってきた」とか脳内でいい訳して出したりしてます。

歴史資料を読む時の自論(かなり暴論)なのですが、「これは飽くまで資料。100%正しいとは限らない」と思って読んでます。
極論ですが何々の食品が初めて日本に入ってきたのは何年!とかいう資料があっても、その十年前に夏目漱石あたりが
自力で輸入して喰ってたりしますんで。

あまり資料重視でかっちりきっちりしてないのでゆるゆる世界観を愉しんで頂ければ幸いです。
8:名無し :

2012/08/16 (Thu) 21:40:09

ついでに>>2>>3にも答えてから帰る!

イメージソングというか、ダヱモンに限らずキリヒト動かしてる時は大概
ブレスオブファイア3のPURE AGAINを聞いてます
キリヒトのアンドリュー以前の過去話は風云屋終わった後かその次にやるんでそん時に。

石君が喋らない理由は謎です。謎という設定です。ちゃんと書く気がないです。
山棚主が強くないのは戦った事が無いからです。戦う人じゃないからです。


ぐだぐだ語りまくってヤスッポになった気がするよ!明日更新できたらいいなぁ。無理だろなぁ。
9:名無し :

2012/08/16 (Thu) 21:56:20

え 作者さん…だ…と…?
10:名無し :

2012/08/16 (Thu) 22:12:21

まさかのご本人登場とな・・・!!?
しかも自分が何気なく書き込んだ質問にこんなに親切に答えてくださるなんて今夜は眠れなくなりそうだ。
ためになるお話が聞けて良かったです!
11:名無し :

2012/08/17 (Fri) 18:46:37

ちょ…テンション上がりすぎてしぬ((((´・ω・`;))))
今後描くときの資料にしよう…!!!
ありがとうございます!
12:名無し :

2012/08/24 (Fri) 10:57:45

何を思ってこのシリーズを書き始めたのかが一番知りたい
13:名無し :

2012/08/27 (Mon) 18:06:11

聞きたいことは後から後からどんどん出てくるよね

個人的には
①「山」の場所(夢見通りと山の距離含む)
②魂三郎の模様

かな。
14:名無し :

2012/08/28 (Tue) 11:44:41

物語を書く上で特に気をつけてる事とか知りたい
シナリオが売りの人だから参考にしたいし
15:名無し :

2012/08/28 (Tue) 17:25:49

あんまり頻繁にノコノコ現れるのもいろんな人に失礼な気がする…(・∀・)
息抜きにノコノコ。

>>12
文さんとの対談でも言ったと思うが総てはインフルエンザのせいだべ

>>13
①パンドラノハコかベヒモスあたりを読んでもらえたら分かると思うんですが、「山」自体が相当広いのです。
いくつかの山やら森やらが混じってあの一帯を構成しているので複数の地域にまたがっています。
夢見通りからすぐそこに山を臨む事は出来ますが、そこにいつも潰れ者たちがうじゃうじゃ蠢いているとは限りません。


作者の勝手な設定ですが

キリヒトの村=ムジナ村>錦の村>夢見通り

の順に山の「危険地帯」に近くなります。
潰れ狩りが起こってからは山の裾野に居た潰れ者達も自衛のためにある程度山の奥深くに集結しており、
逆にヤハエやデヰ゛ルのような「積極的に人間を襲う連中」は山の周辺部をうろついています。

奴らが解体したり食い散らかした潰れ狩り隊の死体がそこらじゅうに転がっているはずですが、
山の日常風景なので誰も気にしません。

夢見通りの人間がヤハエに遭遇しようと思ったら、まっすぐ山に入って二時間ほど
あてもなく彷徨えばいいんじゃないでしょうか。
この時代普通の山でも充分死にます。


②どこかで「縞猫妖怪」と記述した記憶があるのですが…
拡大を書いて始めて気付いた。猫の模様って難しいね。
服装と同じくはっきり規定しちゃうと絵師さんの邪魔をしちゃうので基本なんでもいいです。


>>14
殺人を犯す主役を配置する場合。
棚主とかラセツとか、魂三郎もそうですが、殺人に関しては
次の話でいきなり悪役に回ってもいいぐらいの振る舞いをさせるようにしてます。

殺人ってのは最大級の悪行ですから、光り輝けん清浄な眼をしたヤツが手を出すと不自然なんですよね。
女子供だろうが善人だろうが親だろうが、一線を越えたヤツは容赦なくブチ殺す。
そんな連中じゃなきゃ主役にしてもカッコ悪いと思うんですよ。

下手に相手に同情したり、殺す殺さないをいちいち良心で線引きするような人間だと読者もムカつくだろうし。
「あいつを殺してこいつ殺さないのかよ!頭おかしいんじゃねーの!」って、
なるべく思われないようにしたいです。はい。


そういう意味では伊比井なんかは自分で凄く気に入ってたりします。
時計屋に比べ些か精神的に強すぎて動かし難いのですが、いずれ再登場させたいです。



*ヒガシグササンノイビイガ「ナンジャコリャアァァ!」ッテカンジデウレシイ。イメージカタマリマシタ。
16:名無し :

2012/08/28 (Tue) 23:27:07

山の登場人物の方言から大体の場所を推測できないかなと思い、
『一人称「わぁ」だから東北?でも語尾は「じゃ」で西日本風だな…』
とか考えてました。
今は大体、中部地方から関東に跨るようなイメージで読んでます。

悪役論、深い…(;∀;)
個人的には気潰れさんの描く脇役の悪役がとことんイヤラシイ厭な奴で大好きです。
あの語尾伸ばす喋り方がたまらない
17:名無し :

2012/08/29 (Wed) 00:12:44

>>17
鋭いwでも大体そんなイメージで読んで貰って正解だと思います
帝都メンバーと夢見通りメンバーの接触とか考えるとあまり遠すぎても困るので

<<悪役
有難う御座います(;∀;)
悪役というか、クズを誉められるのは主人公を誉められるのと同じぐらい嬉しいです。
けっして奴らに愛着は涌きませんが。殺すつもりで作ってるので。
18:名無し :

2012/08/29 (Wed) 00:47:04

わあいまた作者さんだ!

子爵の再登場はいつ頃になりますか。過去編なんかでも構わないです
ナタの事を思うとあれだけど、正直、キナ臭い方向での彼の活躍が待ち遠しくて仕方ないんですが
19:名無し :

2012/08/29 (Wed) 01:22:19

>>19
いつにしようか迷ってます。
今やってる我猫を終わらせて、あと二つ話を書けば風云屋は完結。
その後キリヒトの過去話にしようか、子爵の話にしようか思案中です。

正直キリヒトの話はアンドリュー同様他の話から独立してるので後回しでもいいんですが…
子爵の今後は去年の時計屋編並みに他の話とかなり絡んで来るんで、先にキリヒトを片付けようかとか、色々悩んでます。

いずれにせよ子爵が田中派と戦うために召集した兵隊を紹介したりするのに「序章」って形で
一区切りの話を投下することになると思います。
「まーた新キャラか」と思ったあなた、大丈夫だ、全員既に知ってる顔だ。

ノコノコ出てきてペラペラしゃべるの楽しいね!
ともかく我猫を完結させんと話になりませんが…
20:名無し :

2012/08/31 (Fri) 11:06:03

作者さん的に一番気に入っているキャラクターって誰ですか?
ちょっと気になる
21:名無し :

2012/08/31 (Fri) 21:21:20

ここの掲示板sage使えないんすね(;∀;)
常駐してるとマジで嫌がられそうなんでそろそろ引っ込むよ

一番気に入ってるのは……すっごい難しい質問。

一番動かしやすいのはダブル棚主と蕎麦先生です。
一番好き勝手な話を宛がいたくなるのはキリヒトです。
一番暴れさせたくなるのは時計屋と、緋扇組の連中です。
一番可愛く仕上げられたと錯覚してるのは気触れとラセツです。
一番ストレートに書ききれたと思うのは宝田です。
一番苦も無く書ききれたのは母菜先生と正太です。
一番出してよかったと思うのは風云です(思いっきりギャグが出来るから)。
一番出すのが待ち遠しいのは裏太郎です。
一番動かすのに神経使うのは佳代です。油断するとキャラが空中に四散する。
一番動かしててスリルがあるのは修理と文教授とモナップです。人様のキャラ最高。
一番持て余してるのはシャーロットです。まさかこんなに注目して貰えるとは思わなかった。何とか本編に絡ませようと苦戦中。


やっぱ一番って言っても色々基準があるよね!
それじゃあまた暫し潜ります。楽しかったよバイバイ ノシノシ
22:名無し :

2012/08/31 (Fri) 21:32:25

最期に置き土産と言うか何と言うか。
ルビ振り忘れた名前に困惑してる人が多々いらっしゃるのでちょっとだけ補足。
まぁ強制する訳じゃないんで好きに読んでもらったらいいと思うんですが、一応。


蕎麦房太郎→そばふさたろう
錦蛇太夫→にしきへびだゆう
母菜先生→もなせんせい
正太→しょうた
緋扇組→ひおうぎぐみ
緋田四郎→ひだしろう
扇殿 徹→おぎどの とおる
根野子爵→こんのししゃく
魂三郎→たまさぶろう
23:名無し :

2012/09/01 (Sat) 03:28:08

ねのじゃなかった…だと…>子爵
いずれ明かされるであろう下の名前も密かに期待

原作者の方がいて嫌がる人なんてここにはいないんじゃないかと
時々でもここでお会いできたら嬉しいです
24:名無し :

2012/09/01 (Sat) 22:00:26

アンドリュー関連とかの荒らしはいずれ涌きそうだが
地獄変とか凄かった
25:名無し :

2012/09/01 (Sat) 23:16:35

すごく勉強になりました。
また気が向けばお越し下さい。お待ちしています。
26:名無し :

2012/09/01 (Sat) 23:33:39

おい裏太郎って誰だ
27:名無し :

2012/09/02 (Sun) 10:10:30

公式ネタバレだ!公式ネタバレが来たぞ!
名前からなんのAAかは何となく想像つくが、もしかして棚主と何か関係あるキャラなんだろうか
28:名無し :

2012/09/02 (Sun) 23:07:44

皆で裏太郎予想しようぜ
何のAAかは分かるが…どんな奴だ?
29:名無し :

2012/09/06 (Thu) 06:20:14

夢見通りの棚主はネタ屋やってたとして、
帝都に出た方の棚主は、帝都に出る前は夢見通りで何やって日銭稼いでたんでしょう。

あと、蕎麦先生は作家デビュー後に独立して居を構えたとして、
ダブル棚主はずっと2人で襤褸屋で同居してたんだろうか。
でもそれだと双子って目立つよなぁ…
30:名無し :

2012/09/09 (Sun) 00:28:15

文先生は「あやせんせい」でいいのかな…
31:名無し :

2012/09/09 (Sun) 21:16:14

そういえば風云屋の料理コンテストに毒嶋さんも来ていたけど、
毒嶋さんは通りの棚主にどんな反応をしたのでしょうか。
また、津波とは面識があったのか?
ちょっとだけ気になってます。
32:名無し :

2012/09/10 (Mon) 00:56:43

文先生はぶんせんせいじゃないか。元ネタの人がそうだし
33:名無し :

2012/09/10 (Mon) 21:51:23

実は「棚主」の正確な読みが未だにわかりません…
佳代が「たぬしさん」と呼んでたり、名刺は「tanisi」だったり
それと、棚主や扇殿が持ってる銃は具体的にどんな種類なのか決まっていたら教えていただきたいです
どちらもリボルバーですか?
34:名無し :

2012/09/10 (Mon) 23:35:02

>>34
クラクラモクランの2か3でキャラ紹介がある
そこに棚主/タヌシってルビふってある
35:名無し :

2012/09/11 (Tue) 22:49:42

>>34
名刺の名前は間違えたのかな、と解釈してた
作者さんじゃなく、棚主の方ね
尋常小学校未修学らしいし、横文字よく知らんのじゃなかろうか
36:名無し :

2012/09/14 (Fri) 01:46:22

元は小説を書かれていたとのことですが、AAで物語を描く上で、
何か絵コンテのようなものを作っていますか?

個人的にはAAの雰囲気等から、文章やAA製作だけじゃなく
絵もかなり描く人なのかな…と思っているのですが。
37:名無し :

2012/09/14 (Fri) 12:18:32

作者さんがまた浮上して来られるのはいつになるかな(・ω・)
38:名無し :

2012/10/10 (Wed) 14:30:18

>>36
あー!確かにそうかも
棚主の尋常小学校未修学の記述のところ、文先生に名刺渡してる場面で、
先生が「tanisi…?」ってなってる(読みちがくね?てなってるんだよね)場面あるね
細かいな作者さん流石細かい
39:名無し :

2012/10/15 (Mon) 21:42:42

作者さんの書いてた小説読みたい…
筋書きだけでも知りたい……
40:名無し :

2012/10/15 (Mon) 22:57:44

色々書いたけど一つも当たらなくてね…


killer's Synchronicity

三人の男が居る。仮に各人をA、B、Cと呼ぶ。
Aは善良だが幼稚な男。Bは悪辣だが賢い男。最後のCは平凡で無感動な男。
三人は同じ年に同じ日に同じ国に生まれたが、面識は無い。

三人は全く違う人生を歩むのだけれど、唯一絶対に逃れられない「法則」を共有している。

それが[killer's Synchronicity]。殺人行為に関する合致。
三人の内の誰かが殺人を犯すと、全く同じ時刻に別の二人も必ず殺人を犯しているというもの。
殺す相手や方法は勿論バラバラなのだけど、とにかく何らかの殺人を同時に犯していなければならない。

で、物語中で計10回ほどの殺人が発生する。

善良だが幼い頃からずっと虐待を受け続けてきたAは、自分の尊厳と命を守るために就寝中の両親を包丁で刺し殺す。
彼は全身に虐待の証拠を負っていたし、近所の人も毎日彼の号泣を聞いていた。
でも彼の住む国の司法というのは低脳で、最終的に感情でしか物を考えない陪審員に彼の処遇が託される。

Aはとびきり重い刑を喰らって少年なのに刑務所に入れられるんだけど、
半年後に二度目の殺人を犯してしまう。

低脳な司法に基づく刑務所はやはり低脳で、アメリカみたいに看守が囚人と組んで麻薬売買をしてるんだ。
Aはその現場を見てしまって、奴らに酷いリンチを受ける。
その最中に看守がAを強姦しようとしたので、はずみでAは看守のナニをナニして殺してしまう。

刑務所内で殺人を犯したAの罪は終身刑に格上げされ、彼の人生は完全に終了する。
実はこれまでに他の囚人との心温まりそうな交流とか、人間らしいイベントもあったんだけど全部無意味。
独房で壁に向かうAの善良だった心は次第にひび割れ崩れてゆく…


ここまでが一章。殺人行為はAをとことん不幸にしてゆく。

二章からの主役はB。悪辣だが賢い男。


Aが両親を殺している頃、Bはやはり両親を殺していたのだけど、
Bの場合やむなき理由と言うものは無くて、ヤク中の両親が目障りだから注射器に鼠の血を入れて殺した。

親戚の家に養子に行ったBはそれから特に苦も無く成長して、二年後に死んだ養父の遺産を手に一人暮らしを始める。
Bは非常に賢く顔もよかったので、安月給の図書館係をしながらどんどん自分を磨いて、外面をよくしていく。
地味でブスで家族と疎遠な女の子達に取り入っていくつも「避難所」を作ったし、
彼女達をお姫様のように愛して分不相応な生活もするようになった。

悠々自適な生活を築き上げたBには、但しとびきりろくでもない性癖がある。
一章で獄中に入ったAと違い、Bは他人の苦しみや死というものが大好きな男。

たまに、抵抗する力の無い老人や子供達を自分の家に誘拐しては、
死ぬまで苛め抜かないと酷い寂寥感を感じるのだった。
Bは自然に悪辣な、殺人鬼と化してゆく。


そういったBの胸糞悪い殺人鬼ライフを綴って二章は終了。
三章の主役は再びA。
三人目の男Cが主役になる章は無いけど時々AやBのエピソードを脇役として通り過ぎる。

Cはどんな男なのかというと、真面目な制服警官。
至って平凡で真面目。殺人も平凡で面白くない。
AやBが自分の人生のために殺人を犯している時、Cは警官の職務として犯罪者を射殺している。

警官の撃ち出す弾丸は一般人の弾丸より正当性があるため、犯罪者を殺しても別に問題は無い。
勿論Cは警官に対する礼儀を欠いた犯罪者を殺しているので、正当防衛というヤツだ。罪には問われない。

時には玩具の銃を向けた子供や武装してないマフィアを抱えた赤ん坊ごと射殺する事もあるが、
一時期の一部のアメリカ警官と同じように、Cはいつも法に守られていた。

だからCは何人も人間を殺していながら優しい奥さんと可愛い娘の居る家を持っていたし、
別に将来に何の不安も抱えていない平和な人生を歩んでいる。
三章の時点でCの娘は15歳になる。誕生日に何をやろうか、クソ売人を撃ち殺しながら考えている。



一方、獄中のAは他の二人と比べ物にならぬほど凶悪に変貌していた。
BとCが自由に殺人を働くたび、Aは囚人や看守を食器のスプーンや素手で傷つけ、既に死刑囚のオレンジ色の服を着ている。

Aは人間の善性を完全に見限っていたし、他人を動く肉程度にしか考えなくなっていた。
死刑執行の日が間近に迫ったある夜。
Aはふと、生家のある路地で一度だけ食べた、ホットドッグが食べたいと思った。
41:名無し :

2012/10/15 (Mon) 23:36:19

最後の章。Aが脱獄する。

闇夜を歩くオレンジ色のAの手には拳銃。足にはサイズの合わない革靴。
ホットドッグを食べるには生家まで行かなくてはならない。町は騒がしい。
最後に道路を歩いたとき、彼は少年だった。
今彼の顔には髭が生え、体躯は倍近くに膨れ上がっていた。

光るネオンに、Aはホットドッグ以外の欲望を感じる。



生家の傍のホットドッグ屋。血まみれの肉塊に座るA。
「全部アリ」のホットドッグを齧る彼の懐にはコミックとチップスの袋。
玩具のレーザーガンと水鉄砲を背負っている。

半開きのシャッターの向こうで悲鳴を上げる口に向けて、Aは何も思わずに拳銃の引き金を引いた。



町が騒がしい。Aを探し走る赤いランプの群。
その中のひとつに、Cが居る。半狂乱のC。

スラムを占拠していたストリートギャングを、同僚と共にぶち殺してきた彼の耳に入ってきたのは。
買い物帰りに路地裏に引きずり込まれ、Aに乱暴され、殺された妻子の報せ。
Cは法に守られてきた。警官としてのルールを逸脱しない限り、決して捕まらない、合法的な殺人鬼C。

だがもうCには法に沿った行動を取る心算は無い。
Aを殺すために、助手席の上には弾丸を装填されたショットガンが乗っている。
Aを探して疾走するパトカーが、Aの居る路地に侵入する。



高級車に乗ったBが、いつもより騒がしい町を悠々と走る。
今日は彼の記念すべき誕生日なので、調子に乗って飛びきり可愛い子供を何人も殺してしまった。
死体を処理するために埠頭へ、彼女達と最後のドライブとしゃれ込む。
煙草をくゆらせながら、ハンドルを切った。瞬間。

あってはならぬ角度から、あってはならぬスピードで。
パトカーが突っ込んできた。


轟音。衝撃。
目の前で起こったそれに、Aがのそりとシャッターをくぐって現れる。

投げ出され、地べたを這うB。シートベルトに守られ、運転席で血を流すC。
Bの高級車からはバラバラになった子供達が手足や頭を零している。


銃を持った。



三人が。出遭う。
42:名無し :

2012/10/15 (Mon) 23:42:10

というお話。
なんかのアマ小説の大会に出して音沙汰も無かったなぁ。

以下色々返信
毒嶋さんは通りの棚主に対して津波と同じような反応をしました。津波との認識はあの時初めてです。
棚主の銃は魔改造なのでそういう銃です。トオルちゃんのは普通のリボルバー。
絵コンテは無いけどメモぐらいは。ちょっとしたメモ。「緋扇再登場。鯉に恋。キャー」とか。一見して怪文書。
絵は描けない。AAなら書ける。疲れたから寝るよ!バイバイバイ
43:名無し :

2012/10/15 (Mon) 23:47:09

益々作者さんの小説読みたくなっちゃったじゃないか・・・
44:名無し :

2012/10/16 (Tue) 02:39:49

うおおおおおおお

これはおもしろい、いいなぁ
三人が出会ってその続きが気になるな!
45:名無し :

2012/10/16 (Tue) 11:04:29

なるほど、killer's Synchronicityを持っている三人だから、
三人が殺し合いを始めると結果は・・・

もっとだ!もっとあらすじを寄越せ!!!気になる!!!!!!
46:名無し :

2012/10/16 (Tue) 15:00:00

killer's Synchronicityの最後の一文は↑まんま。
この後どうなったかは想像に丸投げENDだったでゲス。

何か反応もらえたのが嬉しかったからまたひとつ垂れ流そうかな。
大学時代から書いてたヤツ。2006年ぐらいに完結。原稿は恩師N助教授に差し上げた。



ガラクタ・ウェスタン

時代は明治。舞台はアメリカ。
コロンブスの時代から続く、白人による先住民族駆逐の歴史は総仕上げの時期にあった。

冒頭から軍やカウボーイがインディアンを狩り、処刑する描写が10ページほど続く。
連中は有色人種を聖書の「人間以外の動物」と捉え、一切の区別容赦なく弾丸を撃ち込み、
皮を剥ぎ、耳をトロフィーに持ち帰る。

血まみれの少年と少女が馬に駆られ、森から兎のように駆け出てくる。
追いかける騎馬は3頭。拳銃弾を子供達の足先に打ち込み、縄を少女の首にかけ引きずり倒す。
別の騎馬から男が更に縄をかけ、少女の体を二頭の馬でねじ裂こうとVの字にそれぞれ発進する。

光る剣閃。少女の目の前で切り飛ばされる投げ縄。
どこからか現れた赤い衣の「何か」が、刃を手にVの字の中央に立っていた。


その国の世界観には無い、異形の者。
赤い着流しに、目の粗い編み笠。
太い血管の走る手に握る太刀。

兎のような少年少女は一瞬望み得ぬ救世主を期待する。



編み笠の奥で、けだもののように血走った目が、
騎馬の男達と同じ形に弧を描いていた。







編み笠の男は少年少女に「偽野 我楽太(にせのがらくた)」と名乗った。
( ゚¥゚)ズモモモモ

葦毛の騎馬に乗り、近場の町へ行く三人。
街中の冷たい視線を我楽太が蹴散らし、酒場に子供を伴って乱入する。
揉め事になるかと思いきや、酒場の客は外の人間より穏便に我楽太を迎える。

無法のはびこるこの時代、「カタナ」を下げた赤い日本人は、無法者の中ではちょいとだけ有名だったらしい。
拳銃を抜いた相手を「天井堕とし」なる奇術で葬る殺人者。と。
騎馬に乗った男三人を足先から切り刻む、人間離れした膂力を持つ我楽太である。
ひょっとすると天井を支える柱ぐらい斬りとばすかもしれないと少女達は思った。


子供達の血塗れた服を暖炉に放り込み、白い寝巻きを代わりに着せる我楽太。
彼に酒と肉が運ばれたところで、その酒にコインを放り込んだ不届き者が居た。

カウボーイのくせにハットを嫌う。馬にも乗れないそもそも動物が嫌い。
黒髪を油で後ろに撫で付けたダテ男。否。ダテ大男。
[スマートガンマン・ジョージ]などというこれみよがしな二つ名を誰にも呼ばれず自称する、
本名ジョルジュという白人カウボーイだ。
  _  ∩
( ゚∀゚)彡
 ⊂彡

ジョルジュは我楽太をポーカーに誘うが、その前に拳骨を入れられてぶっ飛ぶ。
やっとこさおっぱしめたポーカーでもクソ弱くて有り金全部巻き上げられる。
挙句負けを払えなくて我楽太から少年少女の子守りを押し付けられる。
弱いジョルジュ。態度はデカいジョルジュ。胸の膨らんでいない少女が苦手なジョルジュ。

インディアンの子供達とげんなり手遊びをしていたジョルジュが、
突然拳銃をベルトから引き抜いて子供達を突き飛ばし、全弾我楽太に向かって撃ち尽くす。

煙草をくゆらせていた我楽太の、その煙草と編み笠を弾き飛ばし、
弾丸がショットガンを構えていたマスターの眉間に次々と吸い込まれていった。

様々な破壊音と悲鳴が上がる中、我楽太がその体勢のまま利き手を太刀に下ろし、入り口を振り返る。


この国に数多く居るインディアン・キラーの一角。
星のエンブレムを胸に掲げた保安官が、手下のガンマンを引き連れて酒場を包囲していた。





ってお話。
我楽太と少年少女、ジョルジュが織り成すドタバタサムライウエスタン。

この時代インディアンに安住の地は無く、結局少年少女は風来坊の我楽太とジョルジュについていくわけですが。

ジョルジュはおっぱい好きの賭け事好き、しかも呑んだくれの駄目男。
頼みの我楽太も実は武装した人間を切り刻んでヒーヒー命乞いさせるのが大好きな糞野郎なので
常識人の子供達は気苦労が絶えません。

この後インディアンキラー保安官と、列車強盗、銀行強盗と山賊を殺す話が続きます。
最終話では我楽太が本国日本から、過去に犯した人斬り行為を糾弾しに来た官憲達と殺り合って死にます。
確か臓腑を撒き散らしながら戦場である酒倉庫に火をつけて、
最後に一人生き残った官憲が逃げ惑うのを思いっきり指差し
げらげらげらげら笑って一緒に燃え尽きたはず。

で、エピローグで最後の二頁。
十年後、成金みたいになったジョルジュがおっぱい美女との情事の最中に刺客に踏み込まれ、
ガンマンの群に銃口を突きつけられるシーン。
枕の下の拳銃を後ろ手に掴んだまま、不敵に笑うジョルジュ。
部屋の入り口から、太刀を下げたシルエットが二つ。編み笠の奥から咆哮を上げ、駆け込んでくる。


と、そんな結末で無難に〆たお話でした。

ちなみに我楽太の奥の手[天井堕とし]。

別に柱を断ち切るわけじゃなくて、膂力に任せて敵の首を下から跳ね上げる技です。
剣圧に弾き飛ばされた首がまっすぐ天井に飛んでゆくため、
事切れる寸前の被害者の目には天井が堕ちてくるように見える、という。
死人にしか分からない技名というオチ。


じゃ、そろそろ我猫書いてくる。ノシ
47:名無し :

2012/10/16 (Tue) 15:57:51

これも面白いなー!!!
これ原作で漫画よみたい。ヤンキンアワーズとかで。

しかし、主人公でも容赦なく殺しますなぁ。
主人公・主人公格のキャラを殺すのって、結構勇気が入るので(私観)潔さ素晴らしい。

「殺人を犯す主人公」の話をここで以前されてましたが、
殺人を犯すキャラクターの処遇へのポリシーとか、あるんですかね。

我猫楽しみに待っとりやす!
48:名無し :

2012/10/16 (Tue) 17:30:13

ありがとう、ありがとう←早くAA書け

基本的に殺した方がカッコ良くなる主人公は殺します。
Aや我楽太は物凄く悪役に近い主人公なので、生き延びて高笑いするか豪快に死ぬかどっちでもいいって言うか(鬼
ちなみに我楽太は死ななかったらインディアンの少女の方を育てた後に寝取っていました(畜生


殺人者への処遇といえば、どこかの雑誌でどなたかが
「殺人を犯したキャラを幸せにはしない、必ず罰を受けなくてはいけない」
って自論を展開されていた記憶がありますね。



潔癖症ですな(dis

私の場合殺人者への一貫した処遇の信条というものは無いです。
死ぬべきヤツは殺す、そうでないヤツは生かすし、幸せにもします。

たとえば我々が好きな漫画や映画を見て、殺しを働いた(「戦う」とか「守る」とか表現の差に関わらず)
人間を総て排除すると、びっくりするほどつまらない状況になると思われます。

殺人者は大体ドス黒い目をして居るべきだと思いますが、
その上で正義を名乗っても全く問題ないとも思います。
戦わないやつにこそ名乗る資格がないと。



…偉そうなことタイプしてたらいつの間にか時間が逢魔ヶ時にッ!(つ∀`)
ひょっとしたら投下は三日後になるかもね!メンゴ!
49:名無し :

2012/10/16 (Tue) 20:21:13

あらすじだけで面白いってどういう反則
50:名無し :

2012/10/16 (Tue) 21:47:59

ちゃっかり投下してるしw
51:名無し :

2012/10/16 (Tue) 23:03:27

本来ならここに書くべきじゃないんだろうけど、
本スレ、感想棚のどちらの書き込みにも気付かれてない?ようなのでこのスレでお聞きします
最近ビデオ棚のテンプレの途中が抜けてるのは仕様ですか?
52:名無し :

2012/10/16 (Tue) 23:21:43

それ別に気触れさんが始めた事じゃないよ
他の人がテンプレ抜いて、どうせ使ってないからそれでいいだろって話になった
感想棚か過去スレ遡ればやりとり残ってる
53:名無し :

2012/10/17 (Wed) 00:00:41

そういえば勝手保管庫のリンクとか(p)マークとか
何回か気触れさんが直そうとしたけど、レス代行した人がさらに修正しちゃったりしてたよな
めんどくさいから全部コピペして触らないようにしてんじゃね
54:名無し :

2012/10/17 (Wed) 00:25:33

って言うか気触れさん基本的に本スレで喋らない人だから質問とかしても返答期待しないほうが…
このスレに降臨してるのも奇跡みたいなもんだし。最初の二年間で3回ぐらいしか喋ってないんだぜ、この人…
55:名無し :

2012/10/17 (Wed) 07:37:02

そうなのかー!!(少し安心した)

良いキャラだなー、こいつ死んでほしくないなー、というのは読者の気持ち。
それはそれとして、死にゆくキャラを見つめるのもまた読者の醍醐味。
「死んでほしくないくらい良いキャラ」と思わせた時点でキャラとしては大勝利だと思う。

ガエタノ神父の時とか、
「良いキャラだなー死んでほしくないなーでも死ぬんだろうなー」
ってそりゃもう枕を濡らしましたよw
56:名無し :

2012/10/17 (Wed) 19:15:41

>>52
うわすんません、何故か自分に対するレスだと気付いてませんでした
上の方で仰ってもらってますが自分はテンプレをまるまる前スレからコピペしてるだけです
気がついたらテンプレ減ってて「あれ?」ってなったけど、他の人も同じようにコピペしてたんでそのままって感じです

>>56
嬉しいこといってくれるじゃないの(AA略
ネタバレになるからアレですが、大禍時で死なせた連中も意味無く死なせたわけじゃないので御心配なく
一番でかい仕掛け組んであるんでもう少々お付き合い下さいな
57:名無し :

2012/10/17 (Wed) 20:05:05

もっと書いていいのよ?あらすじ
58:名無し :

2012/10/17 (Wed) 20:22:40

一番でかい仕掛け…?
クチナシの時の鳥肌ゾンゾン感を再び味わいたいから期待!

そしてあらすじ書いていいのよ?
59:名無し :

2012/10/18 (Thu) 01:32:45

正直金出して買ったそこらの小説よりあんたの話のほうが面白いよ
最近の芥川賞作家、酷いからな…
60:名無し :

2012/10/18 (Thu) 21:20:09

主人公が死なないあらすじを読みたい
61:名無し :

2012/10/18 (Thu) 23:34:23

ちょっと待って、今まとめてる
62:名無し :

2012/10/18 (Thu) 23:47:55

悪いなあ催促したみたいで!・∀・0oテカテカ
63:名無し :

2012/10/19 (Fri) 00:53:31

ま…まだかな……!まだかな…!
64:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:10:51

お待たせ。
でもあらすじだけいっぱい見ても面白くないと思うが。

当然ですがここで垂れ流してるのは「それなりに上手く書けた話のあらすじ」で、
どっかの大会とか出版社に清書して送ったモノだけ紹介させてもらってます。

killer's Synchronicityは前述の通りカスりもしなかったし、
ガラクタウェスタンも文章の書き方がなっちょらん!って送り返されましたが。


2001年に(2002年だったかもしれないけど)某所でSF小説のコンテストがあったんですよね。
字数制限が結構キツくて書きたいシーンを削りまくった、苦い落選経験の一つなんですが。
折角なので完全版(笑)のあらすじを一つ。


すっごい長いよ!気がついたらあらすじどころじゃなくなった!
65:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:11:33

青い欠片

遠い未来の話。
戦争と殺戮を繰り返すだけの野蛮な人類の歴史は、大きな転換期を迎えていた。

地球が傾くほどの最悪の核戦争。
最終手段の行使と報復を繰り返した愚か者どもは、自身の国家と共に滅び去った。
生き残った地球の人類、その人口は、3億。

永い永い放射能の洗礼を耐え切った人々は、数十年の時を経てシェルターから地上に戻ってきた。
毒の大気と残骸に満ちたはずの大地は、神の情けか奇跡か。
以前よりもはるかに豊かな、人間に荒らされる前の光景に戻っていた。


前時代の愚かさを二度と繰り返すまいと、生き残った人々は新たな体制を模索し、決定する。
「国」という概念は無くなり、総ての人類が平和に、安全に暮らせるよう。
海を跨いだ大陸の一つ一つを番号のみで呼び、総ての国境を開放した。


総てを失ったこの機に、戦争の道具は総て捨て去り、土に返す。
一切の軍隊の存在を、許さない。

世界の人々は崇高な平和主義の下にそれに同意し、強固な意志で実行した。

それが。かつてないほど残酷な、新たな戦火を招くとも知らずに___





第6地区。かつて「日本」と呼ばれた土地。
倒壊したビルや家屋を除去する力すらなく、木々や蔓植物に覆われたその周囲に人々が暮らす国。

薄汚れひび割れた道路を、初老の男と少女が歩く。
男の名はトウマ。少女の名はトウコ。父娘である。
平和主義が根幹にある時代において、かつて自衛隊に居たトウマとその娘は、
地区政府から露骨な冷遇処置を受けていた。

彼らだけではない。戦争を連想させる、機械技師や政治家、警官…
そういった職にあった人々は、この新世界では一般人未満の権利しか与えられない。

「それを今の「政治家」が決めてるんだから、ちゃんちゃらおかしいさ」

トウマが娘を太い腕に抱きながら、昔馴染みの元警官に笑ってみせる。
やかましい音を立てて回る発電機の傍で、電気コンロの山がひたすら湯を沸かしている。
元警官の入れる風味の無い珈琲を娘と回し飲みしていた時、不意に彼らの背後から大音声が響いた。

傾いた街頭テレビが、不安定な電力供給のためにブツブツ途切れながら、
この国で最も早く復活した組織「マスコミ」のキャスターの顔を映す。

途切れ途切れの音声からはニュースの内容はとてもうかがい知れない。だが。
その直後に映った映像にその場に居た人々の顔が凍りついた。


第三地区。かつて「ロシア」と呼ばれていた土地が、一面燃え上がっていた。
空には世界から消滅したはずの爆撃機の影。
数十に及ぶその群の中に、僅かに高速戦闘機の姿も見える。

兵器の封印は既に何年も前に全地区政府の合意で、全人類の監視の下に完遂されたはずだった。

トウマはざわつく人々の中、画面の奥に空ではなく、地上から飛び立った機影を見た。
爆撃機から離れるのではなく、その群に向かって一直線に向かう機体。
青い塗装の、何の武器も携えていない、農薬散布用の小型機だった。

青い機体は爆撃機に飛び、到達する事無く、脇から現れた戦闘機に木っ端微塵に撃墜される。

「何故、飛んだの?」

腕の中の娘の言葉に、トウマは考える間もなく。画面を睨んだまま零すように応えた。




「戦いたかったんだ」
66:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:12:46


世界中が震撼し、全地区の緊急首脳会合が召集された。

だが全時代の愚かな戦争行為を忌み嫌う人々は、徹底して穏便に、平和的に事を解決しようとする。

どこの軍隊なのか?何故攻撃したのか?そんな事を糾弾するのは「平和的」ではない。

どこの地区が盟約をたがえたにせよ、ひょっとすると何かの誤解かもしれない。

爆撃もそもそも人間を標的にしたものなのか?原因は?

一つ一つ慎重に調査しなくては。平和を壊さぬために。



子供以下の腐れきった考えを、大真面目に首脳達は口にする。

攻撃を受けた第三地区の首脳だけがヒステリックに、どこがやった、名乗り出ろと叫びまくる。






全世界に中継されていた首脳会合の映像が、突然ブラックアウトする。

数秒の沈黙とノイズ。そして。響く耳障りな機械音声。

砂嵐の映像と共に語りかけてくる電波ジャック犯は、「第0地区」と名乗った。


世界に存在する地区は第一~第十二地区まで。第0地区など存在しない。




声は告げる。諸君が放棄した兵器は、自分達が回収したと。

国境を取り払い、数々の国家を統合した故に、それは赤子の手を捻るように簡単だったと。



「我々は貴様らが葬り去った「国家」の残骸」

「それぞれの地区に、バラバラに吸収された「国民」の怨念」

「かつて大陸をまたぎ、存在した「国」という領土」

「その概念を破壊され、復讐に走る者」



人々は日本やロシア、アメリカやイギリスと言った前時代の国家を消し去った。

代わりに出現した「地区」というくくりは、大陸や島単位のもの。


早い話が、現在の「地区」で分けられる世界を拒み、

過去の「国」の民として行動する者達が、今回の騒動を引き起こしたのだ。



「第0地区」はその日に全世界の地区に対して開戦宣言を行い、

世界で唯一の「戦闘機部隊」が無差別攻撃を開始した。

世界を拒む軍隊の機体は血のように赤黒く、どこからともなく現れては主要都市を爆撃する。




第0地区は地図に存在しない勢力。

他の地区に潜入したスパイが、戦闘機部隊の補給基地や、物資倉庫を秘密裏にこさえていたのだ。

核戦争で激減した人口は既に世界の総てを監視出来ては居ない。

そのような場所が建設されていても、看破する事は不可能だったのだ。




僅か数十機の部隊に日々攻撃される世界。人々が一気に殺害される事は無いが、恐怖は世界を伝播する。

だが。平和主義を第一とする各地区政府は、あまりに無能だった。

首脳達は第0地区に向けて交渉の席の用意や、要求の無制限受け入れなどの餌を日々テレビ電波で垂れ流す。


最も好戦的だった第三地区首脳は数日で解任され、他地区と迎合する新首脳が、自地区民に対して

「戦争行為は平和への罪です。第0地区の戦闘機に対する個人的な接触や意見は経済的制裁の対象となります」

と連呼する。





「第0地区に愛の手を!テレビで戦闘機の操縦士をお茶会に誘おう!」


救いようの無い放送を繰り返すテレビを消し、トウマが夜空の下、焚き火に集まった近隣住民達に向き直る。

第0地区の「血の戦闘機隊」はトウマの地区にも来た。

大雑把な絨毯爆撃でビルが爆ぜ、串刺しになった死体がまだ散乱している。


「だが、おかげで分かった事がある。奴らは兵器は潤沢だが、使い手に不自由している」


飛行機は飛ばせばいいってもんじゃない。あの操縦は三流もいいとこだ。

実際に兵役に就いていたトウマの目には、そう映った。

ならばどうだと言うのか。目で問う人々に、トウマは少し言い難そうに。




「…万が一の時は、勝機はあるかもってだけさ」
67:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:13:41


万が一の時は、一方的な「開戦」の一ヵ月後に起きた。

ひたすら無条件降伏と同義の呼びかけを続けていた各地区政府に対し、第0地区が初めて応えたのだ。


「貴様らが発見し、封印した兵器のリストはそちらで控えてある事と思う」

「その中で最も危険な兵器を、これから機体に積み、各地区の上空を周る」

「我々が上空に来た時、貴様らは寸分の遅れも無くテレビで宣言しろ」

「地区としての番号を捨て、以前の「国名」を再び名乗ると」

「以前の地図の分だけ、宣言しろ。国境は再び再生する」

「世界が、元の形に戻る」


混乱の極みだった。

国境撤廃による大陸統合。その上での平和主義を至上と考えていた政府の中には、

数十年前の地図と国名すら忘却していた者が殆どだったのだ。

たかが数十年。その間に、自分達の歴史を悪しきものとして必死に消去してきた結果だった。


そして第0地区が言う最も危険な兵器。

封印兵器のリストには、かつてのアメリカ山中に遺棄した、大量殺戮爆弾が一つ。

「消去」の文字と共に記されていた。












血の戦闘機隊が、翌日。第三地区の西に現れた。

必死に地上の遺物をさらっていた政府と民が、悲鳴を上げる。

誰も知らない。誰も覚えていない。資料は燃え尽き、人の記憶とは…これほどに、脆いものなのか。

核シェルターに篭っていた数十年。前時代を呪い、総て悪しきものとして言語すら改造し、無茶な「共通語」を使ってきた。

トウマが自分の名を漢字で表せないように、政府は文化を、歴史を、無理やり押さえつけてきたのだ。


機影が都市の上空に近づく。絶望。先日の爆撃だけでこの地区の人口は、暮らしは、既に吹き飛んでいた。



誰も居ない政府の会議室。地区民に対する宣言や報告を直接出すために、

常時オンラインの電波映像ケーブルが、ここには在る。

そのモニターに。数時間誰の姿も映していなかったモニターに。

何かにぶつけたのか、脱臼した肩で息をする誰かが、座った。



「『ロシア』…だ……」



解任され、禁固の身にあった。前首脳だった。




「我が国……祖国の名は………  ロシア……!」












薄暗闇。夜明け前の最も暗い「夜」の中に、「それ」は在った。

山間の格納庫の扉が、核戦争の際に土と灰に埋まり、政府の目にすら触れる事は無かった。

かつて格納庫を所有していた、自衛隊の人間だけが存在を知っている。



かつてのこの国の言語で、「蜂」を意味する、戦闘機。


地区で冷遇処置に在った元技師や科学者と協力し、一機だけ戦闘可能状態にまで修復した。

たった一機だけの、フル装備の「スーパーホーネット」。

操縦席に座るトウマの眼前には、薄暗闇の中。大小様々な光が滑走路のライトのように規則正しく並んでいる。


「何故飛ぶの?」

懐中電灯や乗用車のライトを集め走る人々を背に、娘、トウコが聞く。

「戦いたいからさ」

傷だらけのヘルメットをかぶりながら、トウマは娘の頭を撫でた。




懐かしい振動。数十年の時を経て、スーパーホーネットのエンジンが咆哮を上げる。


『これは戦争ではありません。必ず分かち合う道があります_』


ホーネットの操縦席に、政府が設置した大音量スピーカーのアナウンスが這いこんでくる。

奴らはまだ、国民に対してしか抑止の矛先を向けていないらしい。


『武器を探す人々よ。再び戦争に走ろうというのですか_』


ホーネットの咆哮が、加速する。


『そんなに平和を破壊したいのですか?何故_』


ゆっくりと、動き出す。


『戦いたいのですか_』













「守りたいからさ」



無数のライトと、居並んだ人々の間を。

この国の戦闘機が、飛び立った。



68:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:15:03


再度第0地区にジャックされたテレビでは、御丁寧に血の戦闘機隊の航路がライブ中継されていた。

第三地区の東端上空に在る部隊は、北西から南東へ向かっている。

次に何処に向かうかは分からないが、このまま進めば海上に出る。

大量殺戮兵器の射程から、全地区が外れる海上だ。


トウマのホーネットには、テレビを見ている地上の人々から非常連絡が入るようにしてある。

連絡が無ければ、血の戦闘機隊の進路は変わっていないという事。

ならば奴らを海の上で、わき腹から強襲できるはずだ。


たった一機。実のところ、数十機の爆撃機を全滅させられるわけがない。

勝機があるとするなら、それはたった一つこの世に残った大量殺戮兵器を積んだ爆撃機。

それを見定め、落とすことが出来れば……



夜明けの瞬間。水平線から一筋の光が空を刺す。

考えをめぐらせていたトウマの目に、不意に一つの機影が映った。

一瞬敵かと身構えたトウマの目が、丸く見開かれる。


あの日。血の戦闘機隊が最初の爆撃を行った日。

テレビの奥で撃墜された、青い機体____



錯覚だとは分かっていた。同じカラーリングの機体は、しかし近づいてくれば全く違うシルエット。

トウマのスーパーホーネットよりも、鋭く、スピードの出る造形に仕上げられた、戦闘機。

トウマと同じようにたった一機だけで飛んでいたそれは、僅かに錆の浮いた身をよりそうように。

同じ進路へ。脇を守るように。

スーパーホーネットに続いた。



パイロットの顔は、見えない。

コールサインも、通信の手段すらない、フライト。


二人の戦闘機乗りは、互いに察したように。

前を向いて。死地へ飛んだ。










血の戦闘機隊が、にわかに空でざわつき始める。

必要も無いと思われていたレーダーに、二つの機影が現れたのだ。

数十機の編隊は、しかしその殆どが機敏に動けない爆撃機。

よもや敵とは思えないが…僅か7機の戦闘機が、機影から爆撃機を守るように躍り出る。



空の彼方に。機影が僅かに見えた。



瞬間。


レーダーに映る敵機のサインが、30以上に分裂した。







それは、あまりに無骨な編隊だったかもしれない。

生きた人間の意志が、全く整理もされないまま、この地上から湧き上がった。


トウマと青い戦闘機に遅れて来るのは、博物館に展示されているような、前時代のプロペラ機や、個人所有のセスナ。

小さく何の防御装甲も無い小型ヘリには、信号弾の発射機や目くらましのつもりか、フラッシュカメラや発炎筒を構えた男達が乗っている。

彼方の海上にはまるで落ち葉のように民間船舶が群を成してのろのろと向かってきていた。


武器も、兵器も、殆ど残っていない世界の。

それでも全世界の、人間の闘志だった。



蹴散らす事は、たやすいか?殆どは無視して引き離す事も出来るだろう。

だが血の戦闘機隊の姿は、既に世界に配信されている。



殲滅しなければならない。世界の闘志を組み敷き、恐怖の姿を示さねばならない!



この世で最後の勢力が、衝突した!
69:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:16:33


第0地区による死の行進が、突如海域戦闘へと変貌する。

世界のマスコミの伝える情報は、概ねこうだ。


「政府の意向を無視した犯罪者達が第0地区に牙を剥いた」

「これで大量殺戮兵器がどこに落ちるか分からなくなった」

「軍事兵器の編隊に対し、信号弾や花火で戦っている!なんという愚か者めら!」


配信映像の中では爆撃しか出来ない爆撃機が真横から信号弾を喰らい、機銃に火を噴いている。

同時に第0地区の戦闘機が非戦闘機を蹴散らし、次々と撃墜し……

青と灰色の戦闘機に、堕とされている。


ヒステリックに叫ぶマスコミの大音量の中。

世界中のテレビを、世界中の人々が見つめていた。

黙って。ひたすら、黙って。

黙って、見つめていた。











「あれだ…!あれが、「核」を持っている!」


トウマは言った。血の戦闘機隊は、三流だと。

戦闘機はただ飛べばいいものではないと。

無数の機影の中、その中央に守られるように飛んでいる機体に、生き残った戦闘機が張り付き始めている。

死守しなければならないものを。最も重要な兵器を。守っているのだ。


船舶から呑気な音を立てて花火が上がり、次々と空中で爆裂する。

その光と煙の中を、トウマのスーパーホーネットが貫き、飛ぶ!

爆撃機と、戦闘機をなぎ払うため。フル装備だった兵装は殆ど底を突きかけていた。

残るはミサイルが一発、機銃が…僅か!


狙いを定め、ミサイルを…!













視界の端で、青い破片が飛び散った。

爆撃機に狙いを定めていたトウマを、血の戦闘機隊のミサイルが捉えていた。

きりもみ、回転するスーパーホーネット。それが放ったミサイルは、爆撃機の片翼をかすめた。

火を噴き、海に落ちる青い戦闘機。パラシュートは…開かなかった。







諦めない!咆哮するトウマの機体が雲を引き、ミサイルを外した目標へ再び追いすがる。

生き残った血の戦闘機が二機、機銃を放ち背後から迫る。

翼が。コクピットのガラスが。次々と被弾する。

だがトウマも機銃を放つ。標的へ。けして生かして返せぬ爆撃機へ!!

弾丸が連なり、火花の線が交差する。

世界が。赤く。赤く。赤く。。。。。
70:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:17:37









雲ひとつ無い。快晴。

世界にとって、あまりに小さな戦争が終わって。一ヶ月。


全地区を恐怖に震え上がらせた血の戦闘機隊は、大海の果てに殆どが散華した。

生き残った機体も追尾してくる民間機に燃料切れまで追いすがられ、投降せざるを得なかったらしい。


だが、第0地区自体が消滅したわけではない。

各地区に潜入したスパイ達、またその意志に賛同する者達は、今も何食わぬ顔で牙を潜めて居るのだ。


だがそれでも、当面の危機は脱したのだろう。人々が死に怯え、逃げ惑うことも、今は無い。


政府は世界に隠されているだろう第0地区の基地を探ると同時に、奪われた封印兵器奪還に尽力。


…するべきなのだが。所詮最後まで戦う決断をしなかった者の行動など、そうそう改善されたりなどしない。


タイヤの抜け落ちたトラックの上で、トウコは父の名と顔写真が犯罪者として報道されているのを携帯テレビで観ていた。

平和に対する罪。あの時血の戦闘機隊と戦った者は、彼らに言わせれば第0地区以上の悪党だったそうだ。


-けど、私は別に心配していない-


トウコの頭に、太い手がささくれた麦藁帽子をかぶせる。


-あの時、最初に核の標的から外れた第三地区に、政府の人は皆逃げてしまった-


トウコのわきの下からその体を持ち上げ、抱え上げる。


-この国の人は、きっと-


トラックの脇には、低くエンジンを唸らせるオープンカーが在り。


-きっと-






そのダッシュボードには。青い、鉄の欠片が、乗っていた__




71:名無し :

2012/10/19 (Fri) 01:33:17

あれ、何故かレス消えとる…

まぁ、とりあえずこういうお話です。
結果は勿論大外れで何も貰えませんでした。まぁSFなのにプロペラ機とかで戦ってるから当然か…
72:名無し :

2012/10/19 (Fri) 16:16:26

何であんたデビューできなかったんだよ
73:名無し :

2012/10/19 (Fri) 20:05:59

この話いいなあ…!
AA化したいけど自分の技術と気力じゃ無理だorz
74:名無し :

2012/10/19 (Fri) 20:22:49

おいあらすじだけで胸がいっぱいになったぞ
75:名無し :

2012/10/19 (Fri) 20:38:17

(漫画原作者の賞とか、どうだろうか…?)
76:名無し :

2012/10/19 (Fri) 20:50:50

それだ!<漫画原作者
なんかこう、killer's~は確かに小説として面白そうなんだけど
ガラクタ・ウェスタンと青い欠片は漫画やアニメで観たいって思うんだよね

しかし青い欠片、本当いいなぁ…題名の意味が切なくてかっこよくて素敵だ
77:名無し :

2012/10/19 (Fri) 22:32:32

戦ったり殺したりする以外のジャンルで清書したのってありますか?
78:名無し :

2012/10/19 (Fri) 23:35:25

あんまり作品読んだ事ないのに杉浦直樹とか大友克洋の絵で脳内再生された
79:名無し :

2012/10/20 (Sat) 01:01:54

俺の手元にある680円の新刊より青い欠片のあらすじの方がワクワク感があるってどーいう了見だよ
80:名無し :

2012/10/20 (Sat) 02:28:20

自分も同じく青い欠片は大友克洋絵で再生された
ガラクタウエスタンは平野耕太絵だった
81:名無し :

2012/10/20 (Sat) 20:05:02

青い欠片の何がかっこいいってさ
青い戦闘機のパイロットに顔も台詞も無いトコが一番かっこいい
82:名無し :

2012/10/20 (Sat) 20:28:29

作者さんがSS投下し始めてから地味にアクセス数が倍以上にw
青い欠片は凄く熱い。設定と展開があらすじだけなのに鳥肌立つ。
83:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:42:35

戦わない主人公の話ならだいぶ前に(高校生ぐらい)某ホラー小説コンテストに応募したのがひとつ。

正直自分であんまり怖くねぇなぁ、って思ってたら一次選考まで残った。基準が分からん。





題名非公開(作品名から本名バレる(;´Д`))



畳の上で、女の子が目を覚ます。

裸電球に照らされた、薄暗い日本家屋の居間。

つけっぱなしのテレビからは耳障りな砂嵐。ちゃぶ台の上には卓上コンロと、湯気を立てる、やかん。


女の子は真っ白なパジャマを着ていて、裸足を開いた襖の方に投げ出して転がっていた。

寒い。体を起こす女の子は、上着や毛布を探す前にテレビの下のビデオデッキに這い寄り、

傍に立てかけてあったアニメ番組のビデオテープを差し込み、再生ボタンを押した。

暫く待つと愉快な音楽と共に可愛らしいキャラクターが画面に現れ、

寒々しい部屋に僅かな花を添える。


女の子はこの行動を、毎日毎日繰り返していた。

畳の上で目を覚まし、電球の明かりの中、肌寒さを感じてアニメテープを再生する。

この家には彼女しか居ない。薄暗い部屋はテレビを消せば、何の音もしなくなる。


開いた襖の向こうには、一切の明かりが無い。

家の中で明かりがついているのは、この居間だけだ。


女の子は面白おかしく騒ぎ立てるアニメキャラを暫く見つめてから、視線をやらずに後ろ手で襖を閉める。

襖の向こうの闇の中から、何かが見つめている。

そんな漠然とした「気配」がするから。



襖を閉めればそこが女の子の「世界」となる。

大きな机と箪笥、戸棚、テレビにコンロとヤカン。電球。

それだけの世界。


女の子は箪笥を開け、大きな茶色い毛布を取り出して頭からかぶる。

靴下が無い事は分かっていたから、余った毛布を裸足で踏み、その場に座り込む。

戸棚を開き、カップ麺を取り出し、ヤカンの湯を注ぐ。

箸は無い。だから出来上がった麺が伸びるまで待ってから、手で食べなければならなかった。
84:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:43:14


「お母さんはいつ帰ってくる?」


カップ麺の汁で汚れた手を、毛布のすそで拭きながら呟いた。

アニメテープは同じ場面を、もう五回は繰り返している。


テープが終わり、自動的に最初まで撒き戻される。数分の間が、一番怖い。

砂嵐のノイズ音に満ちた居間で、じっと震えていなければならないからだ。


「帰ってこないよ。分かってるんだ」

「前に会った時は、七日も空けてた。酔っ払って、あたしを見て…」


‐アラ、イキテタノ?‐



女の子が泣き出す。毎日繰り返される、儀式のように。声も無く。

縄跳びをして笑っていたピンクの兎が、テレビの向こうから女の子を見た。

みちみちと、肉のひだを押し広げるような音を立てて。

まん丸い赤い目を女の子に向けて、笑いかける。


【お母さんは君がキライダヨ】

「知ってる」

【君が生まれたせいで、お母さんは遊ぶ時間が減ったンダ】

「知ってる」

【寂しいの?寂しいの?おいでよ、こっちへおいでよ】

「……やだ…。」



【来いよ。あったかくしてやるよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。
 来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ。来いよ】










畳の上で、女の子が目を覚ます。
85:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:44:15


アニメテープを再生すると、目の前で兎が来いよ来いよ来いよと連呼していた。

裸足のまま、パジャマのまま、総毛立つ。今までこんな事は無かったのに。

毎日毎日畳みの上で目を覚まし、アニメをつけ、襖を閉め毛布をかぶりカップ麺を食べる…

それが今まで、何十回と繰り返してきた女の子の日々だったのだ。


【来いよ。こっちへ来いよ。どうせどこへも行けないくせに。暗闇が恐いくせに。】

「やめて。怖いからやめて。何でこんなことするの」

【その襖を開けて他の部屋へ行けよ。外に出てみろよ。出来ないからこの居間に居るんだ。明かりのある部屋に】



【テレビが黙ったら何の音もしない。薄暗いこの部屋にずっと一人で篭ってるつもり?】


みちみち肉の音が響く。兎の赤い目が、一回り大きくなった。

震える女の子が、顔を画面から遠ざけることも出来ずに目を瞑る。

背後の襖が、僅かに床をこする音がした。


「やめて。怖いのは嫌、怖いのは嫌、怖いのは……」

【君が怖いのはお父さんだろ。お母さんが連れてくるたくさんのお父さん。僕は怖くない】


【怖くないから、こっちへ来いよ。抱きしめてやるよ。あのクソアマの代わりに、抱きしめてやるよ】


女の子が泣き出した。背後から視線を感じる。前からは、兎が大きな目で見ている。










畳の上で、女の子が目を覚ます。
86:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:45:09


テレビからは砂嵐。寝転がったまま、女の子は襖を裸足の指で閉めようともがく。

闇の中から腕が現れ、足首を掴む「予感」。だが、それでも襖の向こうに目をやりたくなかった。



襖がずりずりと床をこすり、柱にとん、と当たる音。

女の子はゆっくり、両手で畳を押すようにして身を起こした。

テレビの砂嵐を放置するか、電源を切るか。女の子は迷う。


もうアニメテープは再生したくなかった。だが、テレビを消せば部屋は静寂に包まれる。

襖が開く音を聞くのは嫌だ。女の子は砂嵐を放って、毛布を取り出すと頭から被り、再びその場に横になった。


目を瞑り、手足を縮めてさなぎのように小さくなる。

お腹は減っていたが、今は心細さの方が勝っていた。


(どんな「お父さん」を連れててもいい、お母さんに帰ってきて欲しい)

(この家は、寒い。お母さんに、つねられたい。叩かれたい……)





砂嵐が、愉快な音楽に代わった。


女の子が毛布の中で目を見開き、ひっ、と息をもらす。

みちみちみちみちみちみち音が。愉快な音楽に伴うべき台詞が、聞こえてこない。



襖は閉まったままだ。だが、女の子の頭の上から、とん、と音がした。

誰かが畳に手をついたような、音が、もうひとつ。



女の子の顔に、毛布越しに息がかかった。

何かを咀嚼しているような、もぐもぐという口の動き。

目に涙がにじみ……それを、毛布の上から大きな手が、押さえつけた。


目玉が押しつぶされるかという圧迫感に声を上げると、その手が女の子を毛布ごと、宙に持ち上げる。

悲鳴を上げる間もなく乱暴に襖を開く音が響き、どたどたと、足音が居間を出てゆく。


襖の向こうの闇に連れ去られる!今女の子は、暗闇の中だ!

狂ったように泣き叫ぶ女の子を潰れるぐらいに抱きしめた手の主が、毛布越しに女の子に頬擦りする。



耳の傍の口が、火のような哄笑を上げた。
87:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:45:47


「…暗示じみてますねぇ、実に興味深い」


昼下がりのやわらかな日差しが差し込む病室で、若い医師が面白そうにボールペンで顎を撫でる。

ベッドに座る女の子はまるで骸骨のようにやせ細り、点滴の針を腕に刺されていた。


「君の居た居間にだけ明かりがともり、他の部屋にはそれが無かった。襖は目覚めるたびに開いていて、
 そこから「何か」が覗いている…」

「居間は君の「心」で、襖から来る何かは「君を傷つける者」…つまりお母さんが連れてくる「男」だ。
 君は彼らに性的な悪戯や、暴行なんかを受けたんじゃないか?いや、嫌なら答えなくていいが…」


医師の傍らに居る看護婦が、ごほんと咳払いをする。

女の子は栄養失調で自宅に転がっていたところを、母親を訪ねてきた借金取りに発見されたそうだ。

彼は毛布に包まった女の子を抱え上げ、そのまま病院に連れてきたのだと。説明された。


「アニメの兎は当然借金取りの男だ。彼は毎日家の外から金を返せと罵声を浴びせていた。
 家に一人放置されていた君にとってその声は自分に唯一構ってくれる声であり、
 同時に恐怖の対象でもあったわけだ。」

「結果的に彼は君を救うヒーローだったわけだがね。なるほど。なるほど。」

「衰弱した君が見た夢としては妥当なシナリオだね。
 畳で目覚める日々は、帰らぬ母親を待つ時間の暗示だったわけだ。


 …面白い話を聞かせてくれたお礼に、いい事を教えよう。」


医師が女の子の顔を覗き込み、眼鏡の奥からにこりと笑みを向けた。


「お母さんは再婚する相手を決めたようだよ。商社づとめの、ちゃんとした男性だ。
 君と一緒に明るい家に引っ越して、学校に行かせると行っている。
 お母さんは君を放っておいた事を後悔していてね。わんわん泣きながら何度も見舞いに来ていたんだよ」

「……本当に?」

「電話で意識が戻ったと言ったら、すぐに来ると言ってた。
 ケーキを買ってくるってさ。じきに着くだろう……


 たっぷり甘えるんだな。「お母さん」ってのは、みんなほんとは子供が大事なのさ」


手をひらひらさせて病室から出て行く医師と、看護婦。

明るい陽の満ちる窓の外では、車の走行音と、誰かが笑う声がしている。

女の子は柔らかい枕に頭を沈め、深い息をついて目を細めた。


お母さんが来るまで、起きていなくては。でも、最初に何と言おう?


最後の「お父さん」が、優しい人だったらいいな。

そう思って女の子は、そっと目を閉じた。




























畳の上で、女の子が目を覚ます。
88:名無し :

2012/10/21 (Sun) 01:50:06

というお話。今見たら色々香ばしい箇所がちらほら。

でも出版社に持込するときに「~で一時選考に残ったんですが」って
売込みが出来るようになった最初の小説なんで、結構愛着のある話です(効果があったかはさておいて)。
89:名無し :

2012/10/21 (Sun) 19:13:22

あれか!?あれの一次審査通過したのか!?
すごいけど、あのコンテストは大賞受賞作品が
物凄い文章レベル(悪い意味で)の物凄い内容(悪い意味で)だったりするからな…
90:名無し :

2012/10/21 (Sun) 19:20:52

というか最近大賞を受賞する作品はホラーじゃない
マジホラーを応募したら落ちるレベル
91:  :

2012/10/21 (Sun) 19:29:17

うわっ

最後鳥肌だよびびったー。
高校生の書く話じゃないよ。すげえ。
お話を聞けば聞くほどガチの人ですね、気触れさんw

と、ここで流れ無視する質問
度々雑談スレで「魂三郎のモデルは〇〇だ」とか「このシーンは〇〇のメタファーだ」とか
そういう憶測が飛び交うわけですが
やっぱり我猫は、蕎麦先生が書いてる小説ならではっていうものを
こっそり忍ばせたりしてるんでしょうか?
92:名無し :

2012/10/21 (Sun) 20:59:05

「あんまり怖くねぇなぁ」…?




充 分 恐 い で す

青い欠片の後に何読ませてんだ!怖いわ!
我猫執筆の妨げになってなければ、もっと小説の筋読みたいなぁ…
93:名無し :

2012/10/21 (Sun) 23:28:25

我猫はちゃんと描いてるよ、過去に描いたモンまとめてるだけだから手間でもないっす
ビビってもらえたらこっちも嬉しい。ありがとさんさん。


我猫に関しては…えーと、あまり大層な返事を期待してもらっても困るんですが。
蕎麦先生はあんな過去を持ってますから、ある程度の価値観は小説に反映させてるようです。

1、人を救うための行動を、裁ける法など無い
2、最も気高い勇気は、信念のために悪に染まる覚悟である
3、大人は誰しも、子供のために全力で戦わなければならない
4、正義を冷笑してはならない
5、自分は物語を、必ず希望の内に終わらせなければならない

といった所でしょうか
蕎麦先生は人間の偉大さを信じていますが、
同時に人間の醜さを誤魔化したくないとも思っているようです
94:名無し :

2012/10/22 (Mon) 22:00:06

マジでアクセスカウンターの回り早いな…
普段の10倍ぐらいの速度だぞ
95:92 :

2012/10/23 (Tue) 01:46:17

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1350924377.jpg
いやいや十分大層なお返事ありがとうございます。
5を見た時点で希望をもらえたよ。
こりゃあwktkするしかない!
96:名無し :

2012/10/23 (Tue) 02:21:05

ギョェェェェェ
97:名無し :

2012/10/23 (Tue) 13:09:00

「僕と契約して畳の上の少女になってよ!」
98:名無し :

2012/10/24 (Wed) 01:11:08

なんという御褒美
有難う御座います有難う御座います…高校生の自分よ喜べ、小説が絵化されたぞ!


さて、もっと書いていいそうなので隙を見ては廃品利用のあらすじを投下したいと思います

何かの大会とか、売込み用の小説ばかり書いていると、たまに思いっきり無茶苦茶なモノを書きたくなるんですよね。
(自分は普段から「飛ばしすぎ」って言われてましたが…)

どこにも提出してない、世紀末ぐらいに某小説投稿サイトに置かせてもらってたのを一つ。

グロサイコ注意。





僕とおばさんの一夏戦争



冒頭。主人公の「僕」が吼える。

涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった顔を、引き裂かれたガクランに擦り付ける。

引き出しからカッターを取り出し、デブだの野豚だの、日々罵声を浴びせられる原因である

腹の贅肉へ、渾身の力をこめて上から突き立てる。


激痛に叫びながら何度も何度も。静脈血で真っ赤に染まった手の中で、薄っぺらい刃が

ぽきりと折れて床に落ちた。

僕は泣く。うーうーと動物のようにくぐもった泣き声を一人きりの家に落とし続ける。


自分を放って勝手に人生を生きている両親。

もう何年も仕事から帰っていない父、それをいい事に外泊を繰り返し、

たまに帰れば何人も浮気相手を家に連れ込む、母。

彼らに僕の苦痛がわかるだろうか。この刃を打ち込んでやれば、少しでも。。。


僕は泣きながら腹を裁縫針で縫い、玄関の戸を開け放って夜の街へ出てゆく。

向かう先は、郊外に住む「おばさん」の家。



去年自殺した、親友の母親の家だ。






「おばさん」は物静かで、けれどどきっとするほど奇麗な人だった。

彼女の息子とテレビゲームなんかしていると、いつのまにか部屋の入り口に立っていて、

薄く微笑んで僕達を眺めている。

けして息子の友人に必要以上に優しくしてくれるわけではないが、「僕」はその視線が、何だか好きだった。



そのおばさんが今、血まみれの腹に通った糸を歯で抜き取っている。

清潔で、お洒落な内装だった家の中は、今は自殺した息子の遺品とゴミの山に埋まっている。

おばさんは爪が総て剥がれた指で不潔な救急箱を漁り、僕の傷口を改めて消毒、縫い直す。

尻の辺りまで伸びた黒い髪には、埃と耳垢がこぶりついて固まっていた。


「ジュン君。今日ね、おばさん、浜崎さんの家に行ったの」


出来物とかさぶただらけの口から、唯一以前と変わらない、澄んだ優しげな声が這い上がってくる。

浜崎さんと言うのは、僕と、おばさんの息子を「攻撃」していた同級生だ。


…僕は「いじめ」という言葉を忌避する。あれは、最低の言葉だ。

「暴行」や「恐喝」を、まるで犯罪で無いかのように誤魔化す、悪魔の単語だ。


おばさんは月明かりのみで照らし出されたリビングの中、僕をねめ上げる。

笑っているのか泣いているのか分からない、ぴくぴくと痙攣するまぶたが、

深淵のような黒目をゆらゆら転がして。


「浜崎さん、ちっとも反省してないってね。ジュン君が言ってたから。

 おばさん、真っ暗闇の道路を歩いていったわ。浜崎さんは眠ってた。駄目ね。女の子が、お腹出して、ソファなんかで…」


おばさんの指が、腹に何度も針を突き刺す。

優しげな治療の手つきが、大雑把に、乱暴になってきた。


「電柱に登ってね、窓を触ったら…カギが、開いてたの。暑いから。最近。

 おばさんね、ソファまで這って行ったわ。浜崎さん、可愛い子ね。

 なんで、悪いことを、酷いことを、ジュン君達に。きっと」


「可愛いから、何でも許されると思ってるのね。ほら、映画でも、ドラマでも、そういう価値観でしょう?

 ろくでもない女が、可愛いだけで、何をしても、誰を傷つけても、許される。

 いけないわね。いけないわね。だから。おばさん。浜崎さんを」


おばさんが腹を縫う指を止めて、浜崎さんの顎を蹴飛ばした。

ガムテープの奥からうめき声を上げる彼女の頭を、裸足の土踏まずでぐりぐりと踏みつける。

僕は浜崎さんなんかより、その時、かつてスカートだった布切れからこぼれたおばさんの白い腿に目を奪われる。

やせ細り、不潔に傷ついた顔や首と違い、そこだけはむっちりと、柔らかい肉が。



おばさんは歯を全部叩き折られた浜崎さんの顔を弄びながら、僕にはっきりと孤を描いた目を向ける。

ちくちく針を操る指は、すぐに縫合を終えた。


「さっきね、学校から電話があったの。担任の高山先生からね、「いやがらせはやめてくれ」って。

 ねぇ、ジュン君。あの子は、殺されたのよね。毎日棺おけみたいな掃除用具入れに入れられて。

 机に花瓶を置かれて。葬式ごっこをされて。それで、死んじゃった」


「あの子言ってたわ。ジュン君だけが助けようとしてくれたって。それで、高山先生に怒られたって。

 浜崎さんを殴って、三ヶ月も生徒指導室に入ったって。それで成績が落ちて、高山先生に殴られたって。


 ジュン君。高山先生ね……」


腹に包帯を巻き終えたおばさんが、浜崎さんの腰の上にどすんと座る。

ぐぇ、とうめく浜崎さんの顔をなでながら。おばさんは天井を見上げ。


「…奥さんのお腹に、赤ちゃんがいるんですってぇええええええええ」


長く、糸を引くようなおばさんの、悪意の篭った声が壁を這う。

僕はシャツを着る事もなく、浜崎さんのガムテープで縛られた手を革靴で踏み、おばさんに抱きついた。


【おばさん、高山先生は、全部知ってたんだよ。】

【マサシ君が周藤に殴られたことも、木田に財布取られたことも、浜崎さん達女子に便器を舐めさせられたことも】

【全部知ってて、無視したんだ。生徒指導室のやつらも、知ってたんだよ】


おばさんの口から妙な音が、唾液と共に僕の耳に落ちてくる。

ああ、僕はこの人のために、何が出来るだろうか。

息子を殺され、夫もその尊厳のために戦おうとしない。

蒸発した情けない夫の代わりに、おばさんは僕を選んでくれた。


僕はそれこそ豚のような声で泣きながらもだえる浜崎の鼻をつまみあげながら、慈悲深く提案する。


【おばさん、浜崎さんはクズだけど、そんなにたくさん僕らを攻撃したわけじゃないんだ】

【休み時間に大勢で女子トイレに連れ込んで、裸にして、煙草の火をあそこに押し付けて、

 ケータイで動画を撮って、殴って蹴って、衣服に大便を擦り付けて、遺書を書かせただけなんだ】


【一生歯の無い醜い顔で過ごす程度で、許してやろうよ】


「そうね。ジュン君がそう言うなら、それでいいわ。許してあげるわ」


わずかに、ふーっとつままれた鼻から息を吹く浜崎に、僕らは顔を近づけ、笑いかける。




おばさんはその夜の内に、台所の真ん中のフローリングと断熱材、土を深く深く深く掘った「墓穴」に、

浜崎を放り込んだ。

横幅が一メートルほどしかない縦穴の中で、ガムテープで縛られた浜崎が何事かうめいている。






僕はその日はおばさんの家に泊まって、おばさんと一緒に寝て。



翌日早朝。おばさんと一緒に登校した。
99:業務連絡 :

2012/10/24 (Wed) 01:13:18

続きは明日か明後日に。
チョチョ切れですまーん!(゚ω゚)
100:ナナシ :

2012/10/24 (Wed) 08:49:49

怖い怖い怖い;;;
101:名無し :

2012/10/24 (Wed) 19:46:33

主人公がどことなく中二臭いのが逆にリアルだな
102:名無し :

2012/10/25 (Thu) 00:03:31

親友のマサシがどうやって自殺したのか。僕には思い出せない。

首をつったような気もするし、屋上から飛び降りたような、電車に飛び込んだような気もする。

確かめたいとは思わないし、誰かに尋ねようという気も起こらない。

それはマサシが確かに自殺する直前、僕に笑いながらこう言ったからだ。


「僕より先に、死なないでくれよな」




旧校舎の三階。空き教室が死骸のように居並ぶ廊下に、赤錆びたロッカーがある。

中に無理やり詰め込まれた僕が居るそれを、木田が休む間もなく靴先で小突いている。

肉が密着したロッカーの鉄板が、ぐわんぐわんと嫌な振動を骨に伝えた。


「お前臭ぇんだよ。何それ。生魚みてー。風呂入ってんのか?」

【…】

「シねよ。シねっつってんのにさぁ、何で毎日学校来てるわけ?マサシは約束守ったじゃん。お前はよ?」

【…】

「遺書書いたろ。あれ浜崎が持ってんだぞ。だったらシねよ。早くシねって。迷惑なんだよお前…空気吸うなよ。学校の」


木田の声の両脇で、別の笑い声が上がると。

僕の顔面の触れる鉄板に、物凄い衝撃と共に何かがぶつかった。

何かが弾む音。ばしっ、という、受け止める音。


…多分。サッカーボールだ。


「死にたくなかったら三万持ってこい。親の財布から盗れ」

「明日までだぞ。約束破ったら、今度ぁ逆さに入れるから」



「誰かにチクんじゃねーぞ。マサシみてーに×××してやっから。覚悟しとけよ。デブ」








ロッカーの中で泣いていた僕を、おばさんの真っ黒な目が見つめた。

さび付いた扉に食い込む爪の無い指が、細い血の線を引く。

ひぐらしの声が響く夕闇の旧校舎を、長身のおばさんがびっこを引くように。僕を伴って歩き出す。







おばさんの家に帰ると。既に木田が食卓に縛られていた。
103:名無し :

2012/10/25 (Thu) 00:04:06

頭から血を流している木田の右目には、どうやってねじ込んだか一本の大きなスプーンが刺さっている。

異物を挿入されても視界は効くのか、盛り上がった眼球が嫌な音を立てて僕を見た。

左目の方は既に「無」く。黒い眼窩がぽっかりと開いているだけだ。


マサシを失ってからのおばさんはまるで人が変わったようで、女性とは思えないような事を平然とやってのける。

力もまるで男のようだ。一度他愛も無いことでおばさんを怒らせてしまい、床に押さえつけられたことがある。

僕より遥かに細い体躯を、持ち上げることも跳ね除ける事も出来なかった。



…精神異常者には人体科学上ありえない腕力を示し、催涙スプレーを吹きかけられても咳き込まない人間が居ると。

どこかの本で読んだ事を思い出した。


「車ではねてやったわ。ジュン君。他の二人の名前もあとで教えて頂戴ね」


浜崎や、木田が居なくなって。いい加減親や学校が騒ぎ出す頃合だろう。

警察が出てきたら僕らは追い詰められるだろうか。

コンロからシュンシュン湯気を立てるヤカンを持ってくるおばさんを、僕はぼうっと眺めた。



木田の声にならない絶叫が、部屋に満ちた。

ガンガンに炙られたヤカンの口が、木田の眼窩に突っ込まれ、熱湯が顔面の内部に注ぎ込まれる。

おばさんの手が木田の髪を掴み、離さない。椅子に縛られた四肢が、がだがだと音を立てた。



火傷の傷口から血が溢れることを、僕は初めて知った。
104:名無し :

2012/10/25 (Thu) 00:04:50

さらに三人ほど片付けた頃、警察が学校に来た。

僕らが苦しんでる時は、マサシが殺された時は、ろくに働かなかった役立たずども。

マサシを守らなかったくせに、マサシを殺したやつらを、今、守ろうとしている。



おばさんの家で、彼女の膝にすがりつきながら、僕は怒る。

世の中はいつもバカみたいで、本当に助けが必要な人間を無視する。

被害者を見殺して、加害者を守る。本当に。バカみたいだ。

おばさんは血まみれの指で僕の顔を抱いて、うん、うん、と頷いていた。





その夜。宿直中の高山先生の腹にクギを詰め込んでいたおばさんが、張り込んでいた警官に逮捕された。

ニュースは見たくない。警察が僕に狙いをつけるのも、時間の問題だった。


駆け込んだおばさんの家で、僕は初めて一人になる。

赤黒いゴミみたいになった木田が、椅子ごと足元に転がっていた。

台所に行き、縦穴を見下ろす。浜崎が枝の中で死んだ蟲のように、ひからびていた。



僕達は、復讐しただけだ。

大事な息子を、親友を、追い詰めて殺した犯罪者を裁いただけだ。

毎日毎日苛まれる気持ちが分かるか?「気に入らないから」ってだけで、大勢に囲まれて蹴られる辛さが分かるか?

何がいじめだ。子供なら人を殴っていいのか。持ち物を壊して、金を取って、殺していいのか。

警察が総ての悪事を取り締まっていれば、僕らは___



扉が開き、ライトを持った大勢の大人が、飛び込んできた。

105:名無し :

2012/10/25 (Thu) 00:05:42

「…あの時は、正常じゃなかったんだな。少年院で過ごす内、いかに自分の行動が浅はかだったか。身に染みて思い知ったよ」


指に挟んだ煙草を揺らしながら言う夫に、妻は洗濯物を畳む手を止めて細い目をやる。

日曜の昼下がり。陽に満ちた窓の外では、油蝉がやかましく声を張り上げている。


「結局その女の人はどうなったの?そんなに殺したのなら、当然死刑にされたんでしょう」

「知らないよ。あの事件は僕にとっても辛すぎる体験だったんだ。彼女に限らず、当時の何にももう触れたくないんだ。」


煙草を灰皿でもみ消し、夫はよっこいしょと立ち上がった。

夏休みの宿題にうんうん言ってる息子を手助けしてやるかと、オリーブ色の扉へ歩を進める。


「所詮子供の頃の話さ。僕は殆ど手を下さなかったし…頭のおかしい邪悪な人間の毒気に当てられてただけなんだ。

 いじめなんて、結局やる方もやられる方も損しかしない。お互い自分が破滅しないように、上手くやり過ごさなきゃいけないんだ。

 マサシはそれが出来なかった。その母親も。そして僕もね。…関わったのが悪かったのさ」


結局みんな被害者なんだよ。

夫の言葉に妻は少し考えて、そうね、と息をついた。


彼女は、最期の瞬間には人の心を取り戻せたのだろうか。

死んだ息子のために、その復讐に奔走した哀れな母親。

残された者に出来る事は、結局死んだ者の冥福を祈り、心の整理をつけて人生を歩き続けることだけだったのだ。


それが出来なかった彼女は、結局息子の魂を汚したことになるのではないか。

夫はわずかな憐憫の情を感じながら、オリーブ色の扉のノブを回す。


















 



【勝手な理屈で、納得しようとよ…】







夫の喉に、刃先の欠けた包丁が深々と突き刺さる。



くず折れる夫の目の前に、息子を丸太のような左腕で抱え上げる、髭面の巨漢が立っていた。


   俺達
【 やられた方  は、一生忘れねぇんだ……… 周藤 ォオオオオオオオオオオ… 】



悲鳴を上げる妻を、一足飛びに蹴り付ける巨漢。

血を吹き這いつくばる周藤の目の前で、巨漢が哄笑を上げながら妻の衣服を引き千切る。

泣き叫ぶ息子を床に何度も叩きつけ、下卑た声を上げながら、妻を蹂躙する暴漢。


唐突過ぎる惨劇に目を向く周藤に太い人差し指を向けて。巨漢は叫んだ。







【 見 つ け た よ ! お ば さ ん ! ! ! 】






106:名無し :

2012/10/25 (Thu) 00:34:32

…どうなってんだ、またレス消えてるぞ(;・∀・)
禁止ワードってのにもやたら引っかかるし…

とにかくこういう話。好き勝手書いた分中身は超薄味。これを売り込む勇気は無い。
続編の「あたしの一夏戦争」もあるんですが、内容殆ど同じなんで省略。

まとめ方もミスったが原稿の文章が中々香ばしくて…この頃なんかあったっけな(;´Д`)


次は口直しに蕎麦先生のお話でも紹介しようかしら。
蕎麦先生。実は小説の主人公の名前流用してたんですよね。
内輪だから言ってもしょうがないんですけど。似ても似つかんし。
107:   :

2012/10/25 (Thu) 01:06:45

ふ、深いなあと思った自分は一体;∀;
108:名無し :

2012/10/25 (Thu) 01:40:15

深いかwそういってもらえたら嬉しいけど今見るとグロいだけのような気が…
あと世紀末とか言ってたけどケータイで動画とか言ってるからもうちょっと後だね。記憶違い失礼
109:  :

2012/10/25 (Thu) 03:09:52

人の恨みの一番怖いところは無関係の人間に降るばっちりってことですね。
110:名無し :

2012/10/25 (Thu) 20:18:13

ちょっと待て蕎麦先生が何だと
111:名無し :

2012/10/25 (Thu) 23:29:30

夏目漱石と蕎麦の関係を得意げに語ってたのは俺です
112:名無し :

2012/10/25 (Thu) 23:56:17

最後の語り手虐めた奴かよ…
結構好きな話だ
113:名無し :

2012/10/26 (Fri) 13:46:24

ゲェー!一夏戦争って『ひとなつせんそう』じゃなくて『いちげせんそう』って読むのか・・・!
114:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/26 (Fri) 21:51:27

突然ですが私はプロになれなかった脱落者なので、小説でお金を稼いだ事が殆どありません。
殆ど、と言うのは、ほんの一、二度ならそんな事もあったというわけで。


世の中には駅前とか本屋とかで、無料で配布されてる「ティッシュ雑誌」ってのがあります。
(検索しても出てこないから俗称なのかも試練)

ぺらぺらの広告一枚じゃ受け取ってもらえないから、てきとーな漫画とか小説とか色々貼り付けて本にしちゃえ、という、
「広告のための雑誌」。最近増えてきたって聞いてます。



二十歳丁度の時に友人の会社がそういう雑誌を出す事になりまして。あり難い事にお声をかけてもらったんですね。
でも当然そういう雑誌に書くのは、半分ボランティアみたいなもんですから。
半年分ぐらい書いて、貰ったお金は1万円とちょっと。


ボナンザって雑誌で、多分地元にしか置いてませんでした。
何故か毎回乳房に茶碗をかぶせたお姉さんが表紙を飾ってたいかがわしげな雑誌です。
(近畿にお住まいの人は知ってる……かも…?)


田舎の会社が何となく始めた回覧板みたいな雑誌なので(こんなこと言ったら怒られるかも知れんが)
すぐに廃刊になったんですが、一応私の貴重な連載経験なわけで。

「犯罪予告じゃなきゃ何書いてもいいよ」ってアバウトな指示のもとシコシコ仕上げたのがコレ。
誤字チェックすらされてなかったようで、送った原稿がそのままコピーされて載ってました。

直前のページに掲載されてた「茹でたて湯女 ヨミコちゃん(ハートマーク」ってボールペン漫画が結構好きだったんですが



…知らないよねぇ(;´ー`)y-~
115:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/26 (Fri) 21:52:06


蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-



しとしとと雨の音が這う廊下で、蕎麦先生はおもむろに立ち止まった。

一月前に蒸発した娘の部屋へ先を歩いて案内していた母親が、いぶかしげに振り返る。


「先生、あの、何か?」


「善いですねぇ。コレ」


細い指で先生が突付いたのは、ハンカチで作られたテルテル坊主。

中庭に面した廊下の柱に、ピンでまっすぐに吊るされていた。

娘がこさえたんです。そう俯きながら零す母親に目もくれず、蕎麦先生はテルテル坊主のスカートを下から覗き込んだ。

まるで大正時代から這い出してきたような「モダーン」なブラウンのオールドスーツに、

弾けた雨の雫がぱたぱたと降り注ぐ。


「お嬢さん、お好きだったんですか?テルテル坊主」


イヤーン と小さく女声を作りながらスカートを捲る先生を、母親は至極不安そうに一瞥する。

白く透き通るような肌はしかし決して美しくは無く、病的な白が形作る相貌はどこか人間離れしている。

ひょろっとした長身に骨ばった顔面。薄く充血した目玉は、死にかけの兎を思わせた。

低く通る蕎麦先生の声が、つるりとした唇から再び廊下に這い出る。


「市井に、こんな話があるそうです。テルテル坊主を吊って空が晴れるのを願うのは一種の『儀式』であると。

 ワラ人形を使った丑の刻参りや、雛人形で『厄』を祓うのと同系統の『呪い』だ、とね。

 釘を打ったワラ人形を他人に奪われてはならないし、古い雛人形を誰かに譲ってもいけない。

 何故なら呪いに用いた人形はその代償に『不浄なモノ』を溜め込んでいて、ひょんな事から持ち主に災いをもたらすからです」


「はあ…」


「それと同様に、テルテル坊主に対してもしてはならない事が在る。

 それは一度吊るしたテルテル坊主の衣を剥がして、裏向きにして再び吊るすこと。

 そしてもう一つは、縁の下に逆さまに吊るすこと。」


いやぁ、根拠の無い都市伝説ですがね。

笑いながら蕎麦先生は膝を折ってかがみ込み、縁の下を覗き込んだ。

つられてそちらに顔を傾ける母親の前で、蕎麦先生が真っ黒なテルテル坊主を、縁の下から拾い上げる。

何かがべとべとと滴るそれには、細かい白い蟲が群がっていた。


「…しかしね、奥さん。都市伝説とそれ以前の言い伝えと言うのは、基本的には同等なものと言えます。

 根拠の有無は別として、呪いや祟りと言うものは大勢の人が信じる事によって強化されます。

 お嬢さんもまた、信じたんでしょうねぇ……このテルテル坊主は、丑の刻参りのワラ人形と同じ役目を果たしたんでしょう」


母親の絶叫が響き渡る雨の廊下で、蕎麦先生は黒いテルテル坊主の中身を摘み上げた。

数枚の歪な生爪が、降り弾ける雨に蛆を零す。

かろうじて形を留めていた爪には、誰かの名前が小さく刻み付けてあった。


「剥がしたのか、剥がされたのか。いずれにせよ立派な『呪い』に成ったようですよ。

 この名前の持ち主も当然無事ではないでしょうが……呪いという字には『穴が二つ』空いてますからね」


ご愁傷様です。

ぺこりと頭を下げる蕎麦先生の前で、母親は足を投げ出してへたり込んだ。




しとしと雨音の中で、分解された黒いテルテル坊主が、ぐにゃりと笑った。

116:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/26 (Fri) 21:52:55


蕎麦先生はいわゆる「除霊師」や「浄霊師」ではない。単なる学者である。

死者の霊や精霊と言うものは基本的に尊いものであり、敬意を持って接しなければならない。

故に、いきなり霊力だの法力だのでねじ伏せるなどとんでもない。罰当たりめが!

というのが、彼の主張である。


よって悪意をもって襲ってくるモノや得体の知れないバケモノには手も足も出ない。

そう言った類の者には滅多に遭わないが、とにかく対抗する暴力的手段を持たない。




悪く言えば、そういう問題で救助を求める人々にとっては「役立たずの心霊関係者」だった。





「そんな蕎麦先生でも充分役に立てる案件が持ち上がりました!オメデトー御座います!」

「あと数センチ。数センチ高く足を組んでくれないか。パンツが見える。パンツ……」


由緒正しい古参大学の一研究室。

革張りのソファに腰掛ける女探偵の太ももに、蕎麦先生が顔面を肉迫させていた。

セクハラオヤジの対処は心得てますとばかり、太股をぴっちり密着させてガードしたまま。

白いブラウスにスカイブルーのスカートを履いた、黒髪を短くカットした女は手にした手帳でオヤジの頭を叩く。


ホホバ油でビシッとなでつけたオールバックが、つるりと手帳をやり過ごした。付け過ぎ。


「先生、そうやって性欲丸出しの人付き合いを続けてるといつか逮捕されますって」

「少年院上がりの君に言われたくない。ああそうだとも。スネに傷持つ女の心の傷にだけつけこむのだ」


私は基本紳士だ。

膝を掴んでぐいぐいと股を開かせようとする蕎麦先生を、今度はハイヒールの靴先が捉えた。

こめかみを蹴飛ばされて仰向けに転がる蕎麦先生が、それでも親指を立てて満足げに笑う。


「ピンク…!」

「話を先に進めていいですか?和歌山県の山中に在る村が一夜にして『無人』になったそうです」


スカートの裾を摘み正す女探偵に、蕎麦先生がちゃっちゃと対面の、カシの木椅子に腰を下ろす。

足を組み腕を組み、やや斜め下に顔を向け、ダンディな角度。

但し声だけは真面目に、まっすぐ訊き返した。


「村人の集団消失事件というわけかね?」

「違います。殆どの村人は別に居なくなってはいません。

 二週間ほど前のある夜に、村人全員が10キロ以上離れた隣町に避難してきたんです」


「避難というと?何か災害にでも遭ったのか」


蕎麦先生の充血した視線を受けて、女探偵はすっと顔を近づけて囁くように。


 ・・・・
「シドモ様に襲われた。村人達はそう言っているそうです」



シドモ様。蕎麦先生はその名を何度か反芻するように復唱し、

最終的に近づいてきた女の頬を両手でたぷたぷ弄んだ。


「知らんね。シナトベ様なら日本神話に出てくるが。聞かん名だ。

 警察は何と言ってるんだね?」


「村を調べたけど事件性は認められないと。村人達は自分の意志で村を出てきたわけですし…」


待った!と蕎麦先生が女探偵の頬をホールドし、ぐぐっと顔を近づけた。

あからさまに嫌がる彼女に蕎麦先生は息も触れ合うほどの距離で、兎のような顔をフルフル震わせる。


「さっき『殆どの』村人は居なくなっていない、と言ったな?

 つまり何人かは居なくなったわけだ」

「ひ、避難先の隣町に着いた時点で、4人居なくなっていたそうです…

 村人は4人は『シドモ様に祟られた』と証言しましたが…」


「警察が相手にするわけがないな。しかし、一応行方不明者だ。

 事件性が認められんというのはどういう了見だろうな」


蕎麦先生の胸板を手で押し返す女探偵が、うーうー唸りながら脛を靴で蹴りまくる。

病人のような蕎麦先生は外見に見合わぬ頑強さでそれを無視しながら、やがてにやりと目を三日月形にして彼女を放した。


荒く呼吸を繰り返しながら乱れてもいないブラウスの肩を抱く女探偵が、ひきつる唇で笑み返す。


「行方不明者が、珍しくないんです。ふもとの街から来る登山者なんかが毎年遭難したりするもんですから、

 一通り捜索したらお終い。そういう地域なんですよ」

「村人達は家に戻る気は無いのか?」

「ありません。皆怯えきっていて、親戚の家とか公民館なんかに駆け込んでます。

 …そういった駆け込み先の家の主が、我が『牛袋(うしぶくろ)探偵事務所』に事態の究明を依頼してきたわけです!」


えっへん!と胸を張る 牛袋 美耶子(うしぶくろ みやこ) の胸先を、蕎麦先生が人差し指でこねくり回す、ジェスチャーをする。


「君の手腕を買ったわけじゃない。君の三畳一間の事務所兼自宅の看板の隅っこに勝手に掘り込んである、

 この 東城 蕎麦太郎(とうじょう そばたろう) の名に客が寄ってきただけだ」


眉をひそめ大げさに胸を(パットでBカップがCカップに!)庇う美耶子を尻目に、

当大学、神学及び民俗学兼任教授は、ポケットから葉巻を取り出しバチッ!とシガーカッターで切断する。

続いてマッチを取り出す彼に、美耶子はやはりあからさまに非難めいた目を向けて言った。


「『吸っても良いかね?』ぐらい言ってくれないんですか?」

「以前は逐一確認してたんだがね。テレビや知識人が狂ったように喫煙者を悪党扱いするもんだから」


そんなら悪党でいいよ。

子供じみた答えを返す蕎麦先生に、美耶子はふーむ、と息をつき、それ以上は何も言わなかった。




美耶子の探偵事務所に舞い込んで来る依頼の殆どは、

このセクハラ心霊学者の協力無しには解決できない類のものなのだ。
117:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/26 (Fri) 21:54:07


翌日。相変わらずの小雨が降りしきる中、蕎麦先生は和歌山県内のバス停に立っていた。

赤いレインコートを着た蕎麦先生は黄色いリュックサックを背負っていて、同色のトランクを右手に提げている。

そしてそのトランクの端からは、あの黒いテルテル坊主が申し訳程度に洗浄されて、

ビニール袋に入れられた状態で無表情に垂れ下がっていた。


曇天のバス停の周りには、緑の山々。人家の類は一つも無い。

歩き出した蕎麦先生の後方から、スカイブルーのレインコートを着た美耶子が慌てて飛び出し、追いすがってきた。


「先生ヒドイッ!!無防備状態の女の子を放り出してく気ですか?!」

「おしっこぐらいチャッチャと済ませなさい。ね。子供じゃないんだから」

「トイレが無いんだからしょうがないじゃないですか!先生覗きそうだし!絶対覗きそうだしッ!!」


「覗かないよ。分かってないんだなぁ、エロチシズムと言うのは「恥じらい」と「見えそうで見えない感」が大事なんだ。

『さあさあそのものズバリで御座います!とくと御覧下さい!』ってのは駄目なんだ。駄目駄目なんだよ。

 見えないから善いんだ。恥らう顔が可愛いんだ。分かるかなぁ、肉袋クン」

 ・・
「牛袋です!なんですかその女の子に絶対つけちゃいけないあだ名はッ!!?」


信じられない!と騒ぐ美耶子を伴い、蕎麦先生は件の村に続く山道に入っていく。



通常、悪天候の日に山に登るのは危険で遭難の危険がある。

傾斜の多い山道では何が起こるか分からないし、行くべき道を見失う事もあるからだ。

蕎麦先生はけして小さな道へ入り込まぬようにしながら、時折トランクを持ち上げ、テルテル坊主の表情を確認する。


テルテル坊主が無表情ならそのまま進み、黒い染みで描かれた目と口が少しでも孤を描くと、

周囲を確認し、必要なら元来た道を引き返して別のルートを選んだ。

蕎麦先生のそういった奇行は見慣れている美耶子は、レインコートと同色のスカイブルーのリュックから

水のペットボトルを取り出し、口に含みながらなんと無しにたずねる。


「先生のカッコ、派手ですね。赤いコートに黄色のリュックって…いつも地味なファッションなのに」

「前を行く私が地味な色彩だと、木の葉なんかに埋没してしまうじゃないか。

 君が私を見失わないようにあえてカラフルな、景色に溶け込まない装備にしているんだ」


あぁ、なるほど!

ペットボトルをぽんと叩く美耶子に、蕎麦先生は内心舌打ちした。

けして嫌いな人間ではないが、この全身真っ青な女は探偵のクセに頼りがいが無さ過ぎる。

探偵なんて人種は、社会地位的には言ってみれば泥棒やヤクザと変わらない。

推理ショーを展開して難事件を解決するなんてイメージは、完全な幻想だ。

実力が無ければ、それこそ野垂れ死にする。



もっとも、彼女に限ってはその心配は無いが……

この普段のほほんと気取った女は、自分が溺れる代わりに他人を船から引き摺り落とす。

そんな醜い本性を秘めた、本来の意味での犯罪者なのだ。

少年院に入るような女の八割には、それなりの理由がある。当然の話だ。


幸い人並みの善悪観念だとか、良心の類は持ち合わせているようだが、

一度敵意や悪意を抱いた相手には……


「(こいつに殺され、とり憑いている連中はいずれこいつに牙を剥くだろうな。

  助けてやっても善いが……その時は少し恐い目に遭わさんと。こいつのためにならん)」

「先生、チョコ食べます?」


あっ!エンゼルマーク!とはしゃぐ美耶子にぐるりと振り向くと、

蕎麦先生はそのレインコートの腹に手を突っ込み、中の肉を思いっきりねじ上げた。

無言で攻撃してくる蕎麦先生に絶叫する美耶子の声が、雨の山中をこだました。


118:名無し :

2012/10/26 (Fri) 21:56:00

一旦切る。クソ長いんで何回かに分けて投下したいな。
119:名無し :

2012/10/27 (Sat) 20:03:23

ほほう…
120:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/28 (Sun) 00:00:45


無人の村についた頃には、既に午後7時を過ぎていた。

一日頭上が曇天に覆われていたため、陽が落ちるまで「夜」を感じることが出来なかったのだ。

一切の明かりの無い民家の群は不気味なものがあったが、村内を調べるにしても夜間では何かと都合が悪い。

二人は村の入り口にある、平屋で夜を明かす事にした。


最近まで人間が生活していただけあり、宿泊施設としては申し分ない。

電気は通っていないが、代わりに発電機が在った。

起動させるとやがて、平屋にいくつかの電灯の明かりが満ちる。


肉袋こと美耶子が、あぁ~っ!と歓声を上げて畳みの上に敷いてあった布団に倒れこんだ。

レインコートもTシャツもジーンズも靴下も脱ぎはらってうつぶせに転がる。

…その後に、何故ブラジャーが続かない!

蕎麦先生が下らない叫びを心中に落としながら、雨戸を閉め、

玄関や庭に面した扉・木戸を机や戸棚で封鎖し始める。


「あ、バリケードですか?」


足をバタバタさせながら訊く美耶子に、蕎麦先生がレインコートを脱ぎながらああ、と応じる。


「村人が怖れたシドモ様とやらが、村内をうろついていないとも限らんからね。

 念のため塩の線も引いておこう。人工塩じゃない、厄除け効果の高い天然塩だよ」

「私も護身グッズ持ってきたんですよ!出来る女探偵 牛袋 美耶子 です!」


バッと飛び起きてリュックサックを漁る美耶子。

神社のお守りでも持ってきたかな?塩の瓶を開けながら一瞥をくれた蕎麦先生の鼻先に





美耶子がおびただしい数の釘が刺さった木製バットを突きつけた。


「シドモ様が現れたらこいつでガツン!と!」

「ああ、頼もしい。殴る時はくれぐれも相手を確かめてから殺るんだよ」


蕎麦先生の骨のような指が、釘バットをそっと押し返した。

この女は物理的に危険なだけでちっとも頼りにならない。これでは脚を触るのも一苦労だ。

せめて予想通り神社のお守りでも持参してくれていたら、まだ戦力になったものを。



…交通安全や安産祈願のお守りを持ってきそうだな。

雨戸沿いに塩の線を張り終わった蕎麦先生が、フーッ、とため息をついた。ところで。

リュックサックからごそごそとホッケーマスクやらスタンガンやらを取り出していた美耶子が、

あーっ!と悲鳴を上げた。


「どうした?」

「大変です先生!食糧が尽きました!!」


ここに来るまでに、チョコボールと水しか口にしていないはずだ。

つまり…この女…


「要らん凶器だけ背負って登ってきたのか…?」


えへえへと笑う美耶子の耳を、白い指が思いっきりつねり上げた。

121:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/10/28 (Sun) 00:01:27


必要以上に明るい蛍光灯の下。布団と持ち物が散乱する部屋の隙間に、どん兵衛の湯気が立つ。

布団の上にあぐらをかいた蕎麦先生がおもむろにそれを取り上げ、ソムリエのように深く即席そばの香りを吸い込み、愛でた。

対面に座した美耶子がその様子を、ずるずる麺を啜りながら呆れた様に眺める。


「名前が蕎麦太郎。好物もそば。ってゆーのは、ちょっとひねりが無さ過ぎやしませんか?」

「ストレートに生きるのも悪くないものだよ。つまり君は肉袋、いつ何時私にしなだれかかって来ても一向に構わない!」


やっぱりそう言う意味合いかい!

蕎麦先生の膝を蹴ろうと伸ばされた素足を、割り箸がぱしりとと挟み、捕らえる。

そばの香りを愉しむまま、蕎麦先生の目が薄く細められ。


不意に真剣な声が美耶子に降る。


「シドモ様とは何か。村人の答えは得られなかったんだな?」

「…村人を保護した人々が問いただしたんですが、肝心な事は何も。

 シドモ様が村を襲い、祟った。そう繰り返すだけだったそうです」


「祟る。と言う事は、やはりシドモ様は熊やなんかの獣ではない。

 敬称で呼ばれている事から、土地神の類か…あるいは、昔から居る一種の、悪霊か」


だがしかし、と蕎麦先生が美耶子の足から、腿へ箸を滑らせる。


「土地に根ざした神や悪霊は、その土地の人間を全滅させる事はまず無い。

 そう言った存在は畏怖の念と共に、地元民と共存するものだ……

 村人が全員、そのモノから着の身着のまま逃げ出すなど、尋常な事ではない」


「怒らせたんじゃないですか?誰かが……何か、して」


内股へ入り込もうとする箸を、美耶子が自分の箸で受け止め、制した。

実に行儀が悪い。蕎麦先生は目を三日月にして、声だけは真剣なまま、箸をぶるぶる震わせる。


「祀るべき神に無礼を働いたか。それとも……

 元々そいつは、祀るべき存在ではなかったのかも、な」

「…?」

「祀ってはいけないモノを祀っていた。そういう事例も、ある……ああ、ダメか」


二人の交差する視線の下方で、箸の折れる音がした。

諦めて箸をひっくり返し、持ち代でそばをすすり出す蕎麦先生。

美耶子は黙って汁を口に含み……背後の雨戸を、振り返った。


「やみませんね。雨…」

「その格好では冷えるぞ。布団はくっつけて寝よう」


懲りないヤツ!と眉をひそめた美耶子が返す視線の先で、蕎麦先生が一切の笑みを消していた。

しとしとという雨音が、不意に風を伴い、ばらばらと雨戸に跳ね返る。


「離れるな。用足しに行く時も私に言え。そして、けして塩の線を踏むな」


いいな。

有無を言わさぬ蕎麦先生の言葉に、美耶子は小さく唾を飲み込み、はい、と呟く。




部屋の隅のトランクで、テルテル坊主がぐにゃりと笑った。


122:名無し :

2012/10/28 (Sun) 00:02:26

一旦切る。
最早あらすじどころじゃないがこれでもカットしとるのだよー
123:名無し :

2012/10/28 (Sun) 00:16:34

やだ…ドラマで見たい…
124:名無し :

2012/10/28 (Sun) 01:44:25

読む前はAAのほうの蕎麦先生みたく普通に立派な人物像を想像してたのになんちゅー外道だwwww
だがそこがいい

美耶子はコンビ的な意味でただれのモデルなのかもしれないけど、
あっちの蕎麦先生は間違っても絶対こんな事しないだろうな
125:名無し :

2012/10/28 (Sun) 23:53:56

主演:小林賢太郎・篠原涼子 ですねわかります
126:名無し :

2012/10/29 (Mon) 00:53:46

コバケンwwww
127:名無し :

2012/10/29 (Mon) 07:26:30

ここで小説のあらすじ書かれたものも、棚で読みたいと思ってしまう
128:名無し :

2012/10/29 (Mon) 07:41:53

こっちの蕎麦先生の好物は蕎麦ということですが、
フサの方の蕎麦先生の好物も同じなんでしょうか
他の登場人物達の好物も知りたいなァと思ったり
129:名無し :

2012/10/29 (Mon) 21:40:23

>>128
ガラクタはもうちょっとしたら小ネタで挟むつもり

>>129
フサの蕎麦先生は何でも好きです。逆に特に病みつきって食べ物もありません

あんまりストーリーに必要ないので、具体的な好物を設定してるキャラはそう居ないのですが…

根野子爵は茄子のぬか漬けが好きです。
キリヒトは白い御飯が好き。
鯨は肉の刺身が好きでした。
130:名無し :

2012/10/29 (Mon) 23:53:09

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1351522389.jpg ガラクタ・ウェスタンがあまりにツボにはまったので
そっと置かせていただきます

小ネタで来るのを楽しみにしています!
131:名無し :

2012/10/30 (Tue) 11:38:08

おお…おお…なんとまぁ…(゚H゚)))
書いてから何年もたって絵化して頂けるとは思ってませんでした。有難う御座いまする…!
132:名無し :

2012/10/31 (Wed) 22:47:01

黒いテルテル坊主は災厄探知機になってるのかな
133:名無し :

2012/11/02 (Fri) 18:44:41

続きは未だかしら
134:名無し :

2012/11/02 (Fri) 21:29:18

今日中か明日の午前中には。
135:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/03 (Sat) 00:16:48


二人は食事を済ませた後、台所で沸かした湯を風呂場に持ち込み、軽い行水を行い、

寝所以外の総ての明かりをつけたまま布団に入った。

寝転ぶ二人の横腹に、半開きにした扉から廊下の明かりが僅かに差す。

布団の位置は蕎麦先生が雨戸側、美耶子が扉側だ。


釘バットを枕元に置いた美耶子が、早々に寝息を立て始めた蕎麦先生の方に、ころりと寝返りを打つ。

…シドモ様という、得体の知れないモノから総ての住人が逃げ去った、村。

そこに目の前の男と二人きり、遠い雨音の中横たわっている。


この状況が美耶子には、内心酷く不安だった。

普段なら絶対にしない事だが、布団ごと蕎麦先生に寄り添い、その手にそっとしがみつく。


「(雨戸と、木戸、それに塩の線か……ヤダなぁ、外に何か居るような気がする…)」


頼りないバリケードのすぐ向こうに、嫌なモノが群がっている、イメージ。

廊下に続く半開きの扉さえ、何となく視線をやるのが嫌だった。


美耶子は、殺人者である。学生時代に教師と祖父母、そして叔母を殺し、少年院に入った。

しかもその事を問い詰められると、恐らく多くの人々が生理的に拒否感を示すだろう、実に空虚な笑顔で、こう答える。


『そうよ。でも少年院に入ったから、もう【まっさら】でしょ』


この台詞を初めて聞いた蕎麦先生は、一瞬凄まじい嫌悪の表情を浮かべた後。

すぐにまぶたを切り裂かんばかりの、鋭い三日月を顔に浮かべ、美耶子の頭を撫でて言ったものだ。




『とんでもない。背中の四人は、もう取れないよ』




両肩に、腰に、人間の指が食い込む。錯覚。

美耶子は無意識に蕎麦先生の腕を、ぎゅっと強く抱きしめた。



…あいつらを殺した時、自分はどんな顔をしていたのだろう?

教え子と何度も遊んだくせに、初めてを受け取ったクセに、

奥さんにバレたからって万札4枚でお終いにしようとした、クソ教師。

脳味噌が軟化して、ワケの分からない宗教に自分達の金どころか、息子と孫の家まで寄付しようとしたボケ老害ども。

そいつらに米だのビールだのを持ってくたび、遺産をくすねとって行った、泥棒叔母。


『最後に思いっきり抱いて。先生。あたしを一生忘れないように』

『おじいちゃん。おばあちゃん。たくさんお金要って大変ね。神様に早く会えるようにしてあげる』

『叔母さん。そのお金、誰の?ずっとボケの面倒見てたお父さんの分は?』


殺意。敵意。だがそれらが胸の奥底から噴きあがる時、美耶子はいつも笑顔だった。

刃物や人を殴打出来る物を手にすると、頬が紅潮し、目がらんらんと輝いた。


「……………」


先生の腕をスポーツブラの胸に押し付けたまま。美耶子はわずかに、本当にわずかに。

「その笑顔」を顔面に滲ませた。





その瞬間、蕎麦先生の向こうの雨戸が、ガダン!と揺れる。

美耶子の肩が跳ね上がり、薄ら寒い笑顔が掻き消える。

雨戸はガダガダとひとしきり揺れた後、つっかえ棒になっている戸棚を押しのけることが出来ず。

何者かが濡れた地面を歩く、べしゃ、べしゃり、と言う足音が、風呂場の方へと流れていった。



…暫くして、浅く息をする美耶子の耳に。風呂場の窓が割れる騒々しい音が響く。

釘バットの存在も忘れひぃ、ひぃ、と妙な声を出し始めた美耶子に。

振り返ることすらせずに、蕎麦先生が言った。


「大丈夫だ。アレは、人間だ」

136:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/03 (Sat) 00:17:44


ぎゃぁあああ!と悲鳴を上げ、尻餅をつく。

悲鳴を上げたのは半開きの扉の向こうから、釘まみれのバットを振りかぶった下着姿の女が襲ってきたからで。

尻餅をついたのは、その女にタックルを喰らわせた男の足が、異臭と共に顎先をかすめたからだ。


懐中電灯を廊下に取り落とし、あわあわと情けない姿を晒している彼氏の腕を取り。

長いまっ黄色の髪をした、赤いバイカースーツ姿の女がわめいた。


「何だよ!てめーら何してんだよ!!危ねえだろ!!?」

「ここ、おたくのお宅?」


床に四つんばいになりながら「ハルルガルル」と威嚇する美耶子を押さえつけ、蕎麦先生が問う。

バイカースーツの女は「ちげーし!ちげーけど!」と彼氏を抱き起こそうとしている。

ちなみに腰を抜かした彼氏の方は、迷彩柄のカーゴパンツにタンクトップ。坊主頭にハート柄のバンダナを巻いていた。


二人の若い侵入者の態度といでたちに、蕎麦先生が美耶子を踏みつけたまま立ち上がり、ハハン、と顎に手をやる。


「…肝試し」


つい、と指差すステテコパンツ一丁のおっさん。

そーだよ!と返すバイカースーツの女の腕を取りながら、ようやく坊主頭の彼氏が口を開いた。


「コ…コンビニで買ったエロ雑誌に、この村がホラースポットつって載ってたんスよ。俺らマジヒマだったんでぇ…」

「ふざけた連中だ。エロ雑誌も、君らもな。だいたい夜の山道を、しかも雨の中登ってくるなんぞ論外だ」

「や、俺らのバイク超ヤバいんで。そこらのヤワなんじゃなく、マジヤベー道でもへいちゃらつーか…」


軽薄そうな外見で軽率な台詞を吐く坊主頭は、這いつくばったままの美耶子をチラチラ見る。

蕎麦先生がその視線に気付き、臭い足をようやく美耶子から持ち上げた。

そのまま指先で、ぼりぼり逆の足のふくらはぎを掻く。

目を三日月にして無言で見つめてくる蕎麦先生に、坊主頭はばつが悪そうにバンダナをいじくり、続ける。


「なんかぁ、ヤベースポットでぇ、住民が全員変死した呪いの村っつー話でぇ…

 俺ノロイとか信じねースから!マジ笑っちまうから!とか思ってたら、この家灯り点いてたっしょぉ?

 ユーレイなんか怖くねぇ!って、突撃したワケで……あ、マジスンマセンした。風呂場の窓…」


「失敬な雑誌だな。まだ4人しか被害に遭っとらん」

「4人死んだんスか?!うわーこらマジモン引いたべ?」


最近の若者言葉(一部)は難解すぎる。ナウでヤングだ。

相手がどうやら凶漢でないと知れると、釘バット美耶子はぶぜんとした様子で室内に戻り、

意味もなくホッケーマスクをつけたり外したりし出した。

本当は何か着て豊満すぎる肉体を隠したいのだが、案の定着替えは持参していない。


で、あんたら何なの?

幾分か落ち着いたらしい若者二人の問いに、蕎麦先生はステテコの内側をボリボリ掻きながら答える。


「この村の怪奇現象の調査を依頼された者だよ。私は東城 蕎麦太郎、神学及び民俗学の研究者だ。

 あっちの彼女は牛袋 美耶子……まぁ、相棒みたいなもんだ」

「あ、シゲです。こっちナナコ。よろチィーっす!」


何語だ。本当に。

異様な挨拶をする坊主頭改めシゲに、蕎麦先生はとりあえず笑顔でよろチィーっす!と返しておいた。

ホッケーマスクをかぶった美耶子が、何を言うでもなくスタンガンをバチッ!と光らせた。
137:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/03 (Sat) 00:18:34


紺のズボンと黒い靴下。白いカッターシャツに、ワインレッドのネクタイを締めた蕎麦先生。

キチッとした身なりで若者にマルちゃんの「緑のたぬき」を差し出す彼の隣には、

相変わらず下着姿で、緑色の目だし帽をかぶったり脱いだりする、美耶子。

ちゃぶ台を挟んで向かい合う男女二組の間には、当然妙な空気が流れている。


シゲとナナコは存外キチンと「ありあとやっす!頂きます!」と合掌してから、箸を割ってカップそばを啜り出した。

美耶子以上に山を舐めていた二人は、懐中電灯とバイク以外は殆ど何も持ってこなかったらしい。

うめーうめーと繰り返すナナコの隣で、シゲがそばを喉に詰まらせながら、ゴホンゴホンと蕎麦先生に話しかける。


「正味な話ぃ、どうなんスかね?この場所って」

「どう、と言うのは?」

「マジヤバなんスか?そりゃぁ不気味っちゃ不気味っスけどぉ、絵ヅラ的に?みてーな」


汁を啜るシゲに、ようやく美耶子が口を開く。目だし帽の奥から。


「マジヤバです。何せ我々が呼ばれるぐらいですから!」

「へー。有名なんスか。美耶子さん達」

「業界では中々の腕っこきで…」

「業界って?霊感商法業界?」


怪奇事件業界です!と美耶子は反論するが、正直どちらも同レベルに胡散臭いと蕎麦先生は思う。

足を崩しながら、しかし、釘を刺すように、


「夜中の調査は危険だから、朝を待っている。君達も今日はこのまま泊まって行きなさい。

 山道もそうだが…この村を今、うろついてはいけない」


抑揚の無い声で言う蕎麦先生に、シゲ達が同時に箸を止める。

室内の人間が黙ると、外の風雨の音が妙に大きく感じた。


「この村には、何かが居て。村人達はそいつに襲われて逃げ出したのだ。

 だから我々は雨戸を閉め、塩の線を引き、この家に立てこもっていた。

 …相手の正体が、分からない。心霊かも知れんし、そうでないかも知れん」


だから、一緒にいろ。


若者達はそんな蕎麦先生の言葉に、明らかに動揺した様子で小声でぼそぼそ相談し出した。

無人のはずのホラースポットに肝試しにきたら、大人が家を封鎖して閉じこもっていた。

そいつらは正にホラースポットの専門家のような怪しい連中で、外に出るのは危険だと言う。


平時なら鼻で笑うような話だが、風雨の山中の村では、そう出来ない、雰囲気があった。


「…確かによぉー、ちょっとヤバいかもなぁ。来る時もバイク滑ってマジ転びかけたってのもあるしよー…」

「ンだよ、ビビってんのかよ?ユーレイなんか居ねーつってたじゃん」

「ちげーって!ビビってねーけどよ!こういう時、映画なんかじゃ…」

「エーガ?」


「そうだよ!映画なんかじゃこーいう人らの事信じねーでよ!『化けモンなんかいねーぜ!構わねーから帰るぜ!』とか、

 そーいう台詞言う奴が真っ先に殺されるじゃんよ!俺はおめーに死んで欲しくねーんだよ!!」


シゲ…!と感極まったように絶句するナナコを、大人二人は物凄くカユい思いで眺める。




そんな室内に、唐突に、雨音に混じって遠くから何かの「音」が入り込んできた。

互いに抱き合う若者達は気付いていない。蕎麦先生が僅かに腰を浮かせ、美耶子がスタンガンに手を伸ばす。


…それは、悲鳴だった。まるでサイレンのように長く、引き伸ばされた悲鳴。

若者達がそれに顔を上げたときには、べしゃ、べしゃ、という足音が、家の傍まで迫って来ていた。

あああああ、と叫ぶ何かが、やがて雨戸を大きくドン!と叩き、こじ開けようとガダガダ揺らし始める。

シゲの時とは比較にならない勢いで、雨戸が壊れるかと思うほどの揺らし方だった。


その時、身構えた蕎麦先生達の脇をすりぬけ、シゲとナナコが血相を変えて雨戸を封じるバリケードに掴みかかった。

戸棚をどかし雨戸を開けようとしている二人に、美耶子が慌てて怒鳴る。


「ちょっと!何してるんですか!?」

「ありゃナオキだ!ナオキの声っスよ!何で……来ないって言ってたのに!!」


「ナオキ!今開けるよ!!」


がらりと開け放たれた雨戸から、雨粒と泥、そして黒いタンクトップと帽子を被った男が倒れ込んで来た。

雨戸の締まった室内に居たせいで気付かなかったが、外の雨は本降りになっていた。

シゲとナナコが、ナオキという帽子の男を抱き起こす。


「どうしたんだよ!お前、何でここに居んの!?ホラースポットとかバカくせーって言ってたじゃん!!」

「ユミがぁぁぁ!!ユミがぁああああ黒いのにぃいいいいいい!!!!!!」


取り乱すナオキをまたぐように、蕎麦先生がテルテル坊主の下がったトランクを手に、風雨の中に進み出る。

大型の強力ライトの光が周囲を照らすが、何の姿も無い。

シゲがナオキの頬を平手で叩き、怒鳴るように問い詰める。


「落ち着け!ユミがどうした!?お前らホテル行くっつってたな!気が変わってやっぱついてきたのか!!」

「…ユミが…ユミが来たいって………シゲ達が先に行ってるから、おどかしてやろうって……

 お前ら何で居ねぇんだよぉおおお!全然会えなくて、ヤバいトコ入っちまったじゃねえかああーーーー!!!!」


ナオキの泣き言に、蕎麦先生が振り向きざまに室内の美耶子に向かって、塩の瓶を投げて寄越す。

倒れこんだナオキが、塩の線をまともに吹き飛ばしていた。


「肉袋クン!雨戸を閉めて塩の線を引きなおしてくれ!私はユミという子を探してくる!!」

「先生!コレ!!」


呼び名に不平を言う事も無く、美耶子が蕎麦先生に塩の瓶の代わりに、スタンガンを投げ渡す。

一瞬迷った表情を浮かべた蕎麦先生が、スタンガンを受け取り、そのままズボンのベルトに突っ込んだ。

案内しろとナオキを掴み起こしたが、ナオキは凄まじい勢いで嫌だ!殺される!!と家の中に逃げようとする。

シゲがまた一発ナオキの頬を叩いたが、今度ばかりはナオキも収まらなかった。ちゃぶ台にすがり付き泣き始める。


「…仕方ねぇス、先生、俺達でユミを探そう!ナオキ!ユミを何処に置いて来たよ!?」

「い、い、一番向こうの屋敷だよぉ!鳥居が立ってる家に入ったら、黒いのが…黒いのが…!」


ナオキの指差す方向に、蕎麦先生がライトとトランクを手に駆け出す。

その背を懐中電灯で照らし、続くシゲ。風雨が強く、二人の身を叩く。
138:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/03 (Sat) 00:19:15


灯りの無い、無人の家々の間を走り抜け、村の最奥へと辿りついた蕎麦先生は、正に絶句した。

確かにそこには鳥居のようなモノがあり、巨大な屋敷のようなモノがあった。

だが、「まとも」ではない。


鳥居の形をしたモノは長さの合わない太い丸太を直に地面に突き刺し、

その間を大小さまざまな板を太い釘で継ぎ足しに継ぎ足して鳥居の形にしている。

しかもライトで照らし出したその板の上には、何のつもりか溢れんばかりの人形が放り上げられていた。

種類の違う、子供用の人形。人間の形をしたモノもあるし、ハローキティーやテディベアのようなぬいぐるみも混じっていた。


そしてその鳥居の向こうにあるのも、「屋敷」ではない。

巨大な家はシルエットだけ見れば立派な屋敷にでも見えるのだろうが、

それは鳥居以上の外法の建物だった。


どこから集めてきたのか知れぬような、全く統一性の無い木材、トタン、鉄板、柱を滅茶苦茶に組み合わせ、

やはり釘やネジで手当たり次第に打ち付けただけの、最早入るのも危険な代物だ。

それが巨大に空に向かってそびえ立ち、しかし風雨に軋みすら上げずに存在している。


だが、蕎麦先生が最も驚愕したのは、その「屋敷」の周囲を、「屋敷」それ自体とは全く対象的に。

至極正確に、等間隔に植えられた樹木が取り囲み、その間にいくつもの注連縄が張り巡らされていた事だった。


こんな場所が、まともなわけが無い!

蕎麦先生は注連縄の向こうの、開けっ放しにされた巨大な木扉を睨む。

玄関扉だろうそれには、どんなバカにでも見えるほど大量に、黄ばんだ札がべったりと貼り付けられていた。


「素人目にも、立ち入ってはならぬと分からなかったのか…!」

「せ、先生!それ……!?」


蕎麦先生の脇で、シゲが声を上げる。

彼の懐中電灯が照らし出す先では、テルテル坊主の口が独りでにめりめりと裂け、

しまいには袋の内で上顎と胴体が分離した。

自滅するほどの笑顔を浮かべたテルテル坊主に、蕎麦先生がシゲの肩を突き飛ばす。


「君は皆の所に戻れ!私が一人で探す!!ユミという子の特徴は!?」

「ナニ言ってんスか!ユミだって俺のダチだし…」

「素人は邪魔だッ!!!特徴を教えろッ!!!!」


深い筋をいくつも顔に浮かべた、夜叉のような顔をする蕎麦先生。

シゲがぐ、と口を引き結び、少しばかり唸ってから、視線を逸らして答える。


「黒髪のロング。背の低いコっスよ…」

「善し、シゲ!」


皆を守ってやってくれ。

顔もやらずに注連縄をくぐり、中に入っていく先生を。

クソッタレ!と叫ぶシゲが、見送った。
139:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/03 (Sat) 00:20:37


「屋敷」の中は、まるであなぐらのようだった。

無数の板切れやトタンに囲まれた屋内は異常に広く、じっとりとした空気が篭っている。

下は地面そのもの、上は、はるか先を見上げれば、隙間だらけの板の群。

強力ライトの光が向こうの壁に届かぬほどの、だだっ広さだった。


蕎麦先生はトランクを立てた膝で支え、中から無数のプラスチックの球体を取り出す。

ゴルフボール大のそれをポケットに突っ込み、一つを手に残して、数回激しく振った。

シャカシャカと音がして、球体がぽぅ、と青く発光する。

発電するモーターを内蔵した、特製のライトボールだ。

照らし出す範囲は半径一メートル弱と狭いが、安物モーター一つで30分は発光し続ける。

蕎麦先生はそれを入り口に落とし、周囲を警戒しながら屋内を歩き始めた。


歩きながらライトボールを振り、時折地面に落とす。

激しい雨音の響く屋内には、何も無い。ただ壁とも呼べぬ壁と、蕎麦先生から伸びた光の点線が在るだけだ。


こんな時、探し人の名を大声で呼ぶのは愚策であろうか。

何が居るか分からない場所で声を上げるのは危険だが、蕎麦先生は闇の中、光をいくつも携えている。

襲って来る者が居るなら、既に目をつけられているはずだ。


…ユミさん。そう呼ぼうとした矢先、蕎麦先生の強力ライトの光が、それを捉えた。

土の地面と、滴る雨粒。ただそれだけの視界に、不意に現れ出た、動くモノ。

うずくまり、小刻みに震える、黄色いキャミソールを着た…黒髪の、ダレカ。


蕎麦先生はライトボールを振り、発光するそれを、コロコロとその者に向かって転がした。

コツンと靴に当たる光る球に、震えていたダレカがびくりと跳ね上がり、おそるおそるこちらを見た。


…黒いロングヘアーの、目を赤く晴らした、少女。

強力ライトの光を外し、さらに一つライトボールを振った蕎麦先生が、それで自分の顔を照らし出し、問う。


「ユミさんですね?ナオキ君と来た…?」


ユミの顔が、震えたままみるみる喜色に満ちてゆく。

声も出せずに手を伸ばすユミに、蕎麦先生が足早に。





近づこうとした。足が。止まった。

こちらを見つめるユミの顔が、引きつり、みるみる恐怖に歪んでゆく。

視線は蕎麦先生の、背後だ。

蕎麦先生は目を細め、トランクの隙間に手を入れながら、来た道を振り返る。




確かに残してきた、青い光の点線が、消えていた。

一つ残らず。30分発光し続けるはずの、光が。


手元のライトボールが音も無く光を無くし、強力ライトまでが、チカチカと点滅し出した。


不味い!

闇に呑まれると思った蕎麦先生はトランクから予備の塩の小瓶を取り出し、胸に叩き付けた。

ガラスの割れる音。そのままユミに向かって走り出す。

強力ライトの光が消える瞬間、蕎麦先生の体が、ユミに倒れ込んだ。

胸の下でパニック状態でわめくユミを、暗闇の中抱きしめる。

雨音のほかに、何かが聞こえる。土を踏む、足音。


「落ち着いて…大丈夫だ、大丈夫………私と一緒に、出よう…」


指に触れる髪。小さな体をゆっくり抱え起こし、そのまま震える肩を抱いて、暗闇を睨んだ。

何かが、居る。足音のする方を見据えながら、息を殺す。

…雨音に、遠く雷鳴が混じり始める。足音は、次第に、次第に二人から離れて行くようだ。



足音が、走り出した。土を蹴る音。身構え、歯を食い縛る蕎麦先生の目に。







稲光に照らし出された、木扉を出てゆく、黒いロングヘアーが映った。


一瞬にして戻る暗闇の向こうで、少女の泣きじゃくる声が。遠のいていく。


「………」


蕎麦先生の胸に抱かれたそれは、もう震えていなかった。

じんわりと。腐った汚水のような何かが、それから染みだしてくる。



くそったれ。

呟いた蕎麦先生を、胸先の暗闇が呑みこんだ。
140:名無し :

2012/11/03 (Sat) 00:21:44

一旦切る。
141:名無し :

2012/11/03 (Sat) 20:04:36

…フォォォォォ…!
142:名無し :

2012/11/04 (Sun) 23:41:58

シゲ連れてこうよ…
143:名無し :

2012/11/06 (Tue) 14:10:49

↓見て気触れさんがデビューできなかった理由が分かったわ
面白い小説書いた人がデビューできるって当たり前の仕組みが無いんだな、日本には…

ttp://storytellerbooks.jp/mces/index/00018
144:  :

2012/11/06 (Tue) 14:27:42

知ってるよそんな事。
なんとか大賞受賞とかなんとか賞作家とかの小説をどれでもいいから買って読んでみろよ。
八割方は青い欠片のあらすじにすら及ばんつまらなさだぞ。
145:名無し :

2012/11/06 (Tue) 14:38:56

こういう流れは回りまわって気触れさんに失礼だから自重しような
146:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/09 (Fri) 22:31:24


朝。しっとりと湿った草の上を、三人の男女が歩いている。

赤い浴衣を着て、麦藁帽子を被り、顔にホッケーマスクを着けた美耶子が、釘バットをガリガリ引きずりながら。

シゲと、バイカースーツを上半身だけ脱いだナナコを伴い、村内を歩く。


「……」


異形の鳥居と、屋敷。蕎麦先生が消えたそこを、美耶子は呆然と眺めた。

入り口の木扉は閉ざされ、中をうかがうことは出来ない。

時刻は…シゲが安いデジタル時計を見やる。

10時、30分。

既に雨はやみ、曇り空からは天使の階段が降りてきていた。


「先生…」


塩の結界の中で待つ自分達を置いて、蕎麦先生はとうとう帰ってこなかったのだ。

耐え切れなくなった美耶子が、もう一度「先生ー!」と木扉に向かって叫んだ。


「何だよ」


背後から間髪いれずに返ってきた返事。三人が三人ともぎぇっ!と悲鳴を上げて仰け反った。

転んだり振り返ったりする三人の視線の先に、体中にどす黒いゴミだか灰だかわからぬモノをかぶった蕎麦先生が居た。

割り箸を乗せたどん兵衛を両手で大事そうに捧げ持ち、ふらふらと草の上を歩いている。


その様子に喜んでいいのか心配した方がいいのか、ひきつった表情でシゲが声を上げた。


「先生よォ、へ、ヘーキだったんスか?俺らマジ心配したつーか…」

「お湯…」


目もやらずに唸るように零す蕎麦先生。

へっ、と目を丸くするシゲの前で、蕎麦先生が天を仰ぎ、断末魔のような金切り声を張り上げる。


「 お 湯 は ど こ だ ぁ あ あ あ あ あ あ あ あ ー ー ー ー ー ー ー ! ! ! ! ! ! ! 」

「沸かしてきます!」


美耶子とナナコが塩の結界を張った家に走る。

一人狂人と残されたシゲは、ただ半泣きでマゴつくしかなかった。
147:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/09 (Fri) 22:32:37


お湯を注いだどん兵衛を中心に、三人がなんとなく正座で蕎麦先生の様子を伺う。

彼は村内で唯一見つけた5メートル四方の畑から、痩せたチビ大根をいくつも盗んできては、

それをトランクの中から取り出したおろし金で削りおろしている。

山盛りの大根おろしをカップそばに投入したところで、美耶子がはい!と挙手した。


「先生、それ服に何つけてるんですか?」

「塩だ。黒焦げになった塩だよ」


どん兵衛のフタを閉めてから、蕎麦先生が胸をはたく。

ゴミだか灰だか分からぬそれは、ぼそぼそ音を立てて辺りに舞い散った。

周囲で上がる咳に構わず、ズボンのポケットから黒塗りの財布を取り出す。

この国の政治家の莫迦さ加減の結晶たる二千円札がぎっしり詰まった財布のカード入れから、

それこそ灰そのものがばさりと落ちてきた。


無事な紙幣の下で完全に燃え尽きている、何か。

蕎麦先生が落胆した顔で深く息をつく。


「見たまえ。稲荷大明神様の護符が燃え尽きている。一目連様のもだ。どうやら本当に酷い相手に遭ったらしい――‐」


零れ落ちる灰の中から、たった一枚、半焦げの恵比寿の護符が蕎麦先生の手に落ちてきた。

…最後の砦だったな。

そう愛しそうに恵比寿様を撫でる蕎麦先生。

商売の神様だろ、それ。とは思っただけで口にしない美耶子。


「塩とおふだが焦げたって…先生、あの中で何に遭ったんですか?」

「悪いモノだ。とにかく、悪いモノだ。魔よけの道具を身につけていなかったら…」


きっと、私がこうなっていた。

足元に積もる灰の山を見ながら、蕎麦先生が思い出したようにトランクから七味を取り出す。

カップそばに七味をたっぷり振りかけ、割り箸を咥え割る彼に美耶子がさらに身を乗り出して問う。


「じゃ、じゃ、それが『シドモ様』なんですかね!?やっぱり心霊的怪奇事件だったわけですね!!」

「一体全体どうしたんだその格好」


言葉のドッジボールとはこの事だ。ホッケーマスクの面を近づけてきた美耶子の顎を掴み、

蕎麦先生が今更非難がましくジィロジィロとそのいでたちを見咎める。


「昨日まで下着姿だったくせに、何で浴衣にジェイソンマスクに麦藁帽子だ?

 どんな趣味だ?浴衣と麦わらは盗ってきたのか?似合わんぞ。いや、ある意味似合ってるが」

「真面目に答えてください!」

「真面目に着替えてください」


どん兵衛をすすり始める蕎麦先生に「ウキーッ!」とかんしゃくを起こす美耶子。

そんな二人を黙って見ていたシゲが、不意におずおずと手を挙げた。

はいシゲ君。割り箸で自分を差す蕎麦先生に、


「あの、先生……俺達そもそも、あの屋敷にユミを探しに行ったんスよね?」

「ああ、そうだな」





「ユミは、どうなったんスか?」


ずっと聞きたかったんスけど。そう続けるシゲの言葉に、他の二人もさっと顔色を変えて蕎麦先生を見る。

どん兵衛と箸を持ったまま、蕎麦先生は表情一つ変えずに言った。


「私より先に屋敷を出たはずだ。…会ってないのか」

「会ってないっスよ!マジ、声も聞いてないス!」

「彼女と一緒に来た男はどうした。ナオキと言ったな。彼は?」

「あいつは…塩の線から、出たくねえって……チョーダセェッスよ!てめぇの女だろーによ!!」



「…先生、やっぱりシドモ様に…?」


声を潜めて言う美耶子。

しかし蕎麦先生はどん兵衛の汁を飲み干し、否定も肯定もせずに、

美耶子を無視して二人の若者に言い放った。


「陽が出ている内にナオキを連れて山を降りたまえ。そして警察に…無駄かも知れんが。ユミが居なくなったと通報するんだ」

「またっスか!素人は引っ込んでろってか!?」


冗談じゃねェ!昨晩は引いたシゲが、今回は掴みかからん勢いで蕎麦先生に食って掛かる。


「屋敷から出たんなら、きっとそのへんに隠れてるんスよ!手分けして探した方が早ェ!」

「一人で山を降りたのかも知れんぞ。町に着いていたら保護されているだろうし、道に迷ったならやはり警察の捜索が必要だ。

 頭を使え、シゲ。恐ろしい場所から逃げ出した娘がお前達と会えず、朝になっても姿を現さないんだ」


即ちユミはもう村には居ないか。あるいは、村内のどこかで身動きできない状況にある。

警察を呼ぶのが最善なんだよ。お前に出来るのは、それだけだ。


そう続けた蕎麦先生を、シゲが殴り飛ばそうとして。

顔面にカップ麺の容器ごと掌底を打ち込まれ、がくりと膝と手をついた。


「おい先生!何してんだよッ!!」

「こっちだって君らをブチのめしたくなんかないさ。だがな、自分の尻を自分で拭けん以上、口答えは許さんよ」


怒声を上げたナナコの前で、蕎麦先生が四つんばいになったシゲの肩に手を回す。

ゆっくりと優しげな仕草だったが、掴まれたシゲの肩が、嫌な軋みを上げた。


「シゲ。君はバカだが善い奴だ。友達のために命を張れる男は尊敬に値する。たとえ浅はかなガキでもな」

「…」

「本当にユミの事を思うなら、自分が出来る事だけを誠実に実行するんだ。

 この村に潜む怪異には、君は全く歯が立たない。だから君は、ナナコとナオキを安全な場所まで避難させるんだ。

 そしてユミのために警察を動かし、付近を捜索させてくれ。それは今、君にしか出来ない事だ」


蕎麦先生の、精一杯シゲの気持ちを汲んだ言葉だった。

言葉だけは。




シゲは自分だけに見えるように向けられた、蕎麦先生の「うぷぷっ」と言う三日月形の嘲笑に。

坊主頭にいくつも青筋を浮かべ、白目を剥いた。
148:名無し :

2012/11/09 (Fri) 22:34:12

なんかもう下手に編集とかしないでそのまま連載しちゃおうかと思った。
一旦切る。
149:名無し :

2012/11/10 (Sat) 22:58:25

この蕎麦先生



中身棚主じゃね
150:名無し :

2012/11/11 (Sun) 00:03:34

二人の棚主が同居しとるなw
かえって情緒不安定に見えるがwww
151::「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/16 (Fri) 21:54:16


「シドモ様。敬称で呼ばれるから土地神の類かと思ったが…とんでもない」


あれは、ただの憎悪だ。

そう呟く蕎麦先生は、急に風が強くなってきた曇天の下、美耶子と二人で村内を歩いていた。

テルテル坊主の裂けた口を裁縫針で縫いつけながら、視線はきょろきょろとそこかしこを嘗め回す。

釘バットを引きずる美耶子が、ホッケーマスクを麦藁帽子の下に滑り込ませ、顔を晒して聞いた。


「憎悪、って?神様じゃないって何で先生に分かるんですか?

 一応鳥居も立ってるじゃないですか。アレ、神社のオプションでしょう?」


「神社が神をまつるために在ると思ってたら痛い目を見るぞ、肉袋クン。

 善い神、人を守護する存在を崇めるだけではない。

 人の手に負えないほど凶悪な「権化」を封印するためにも、神社は建てられるのだ」


へぇ、と声を漏らす美耶子がふと見ると、一寸のすき間もなく執拗に口を縫い付けられたテルテル坊主が。

むぐぐ…と何事かうめいていた。

ホント、ナンなんだろう、コレ。

ぽけーっとその様子を眺める美耶子の眼前に、突然蕎麦先生の青白い顔が飛び込んでくる。


「私はあの屋敷の中で、大変なモノを見つけたぞ。肉袋クン」

「ー…なんですか?大変なモノって!」


接吻する寸前まで顔を覗き込んできた蕎麦先生を、美耶子が掌で押しのける。

見ればテルテル坊主は休まず動かされる蕎麦先生の指によって、目まで塞がれていた。哀れ。


「屋敷の中は野球場の如くだだっ広く、ただただむき出しの地面が拡がっていた。

 …だが、朝日が差して初めて、私は中央にどす黒い柱が立っている事に気付いたのだよ。

 それも昔、罪人を貼り付けにしたような、十字に交差した柱をだ」


「…磔台…ですか?…うわ、気持ち悪…」


「実際に見ればもっと嫌な気分を味わえるよ。その柱には、まだ乾いていない血の跡が在ったのだ」


びゅぅ、と強い風が、美耶子の浴衣の裾をまきあげて行った。

つい足を止める美耶子を振り返り、蕎麦先生が無表情に、テルテル坊主でその胸元辺りを指す。


「柱の根元に、干乾びかけた『はらわた』の切れ端が落ちていた。

 安心したまえ、人間のものではない。それにしてはサイズが小さすぎたよ」


「どういう事なんです?一体…この村で、何が…」


「それはまだ分からん。『はらわた』は多分、犬猫か、山の獣のものだろう。

 …獣を、処刑した?いや、これは恐らく……半ば因習と化した『呪い』の術式だろう」


話が、元々ろくな物ではなかったが、更に悪い方向へ向かっている。

美耶子は無人の村の真ん中に立っている事が妙にうすら寒くなり、ただ…


「飛び込んで来い」とばかりに両手を広げて待っている目の前の男に、素直に近寄るのも嫌だった。

色んな思いで釘バットを抱き寄せる彼女を見て、蕎麦先生はそのままくるりと背を向けて歩き出す。


「『呪い』と言っても、他者を憎悪の念で殺すためのものではないと思う。

 人を正式に呪うと言うのは結構危険な行為でね…

 先ず、呪いをかけた相手に、その人を自分が呪った、と、知られてはならない」


「それはまぁ、知られたら普通に人間関係上タダじゃ済みませんもんね」


「そんなレベルの話じゃない。

 呪いとは、呪いの実行を他人に知られると、かけた呪いがまっすぐ自分に返って来るんだ」


つまり誰かを殺そうとかけた呪いならば、返ってきた呪いで自分が死ぬ。

蕎麦先生は手近な民家の縁側に上がりこみ、棚や冷蔵庫を開けながらさらに続けた。


「だから、他人に危害を与える呪いと言うのはなるべく人目につかない場所で行う。

 村で最も大きな、しかも隙間だらけの屋敷の中で、それはやり難いものだ」


「…じゃ、結局何のための『呪い』なんです?」


「呪いには『人』に災厄をもたらすものと、『社会』に災厄をもたらすものが在る。

 即ち、後者だ。人間の社会にとって善くない結果を期待して、この村の人間は『呪い』を実行したのさ

 ……見ろ。これだ」


冷蔵庫から顔を出した蕎麦先生が、美耶子の手を引く。

覗き込んだ冷蔵庫の中央には、深皿になみなみと注がれた水に、

花と葉をそぎ落とされた植物の茎から根が、一本だけ沈んでいる。


「ああ、コレ……私も見つけました。昨日泊まった家で…何なんでしょうね?」


「私には分かるよ。これは、鬼灯(ホオズキ)の根だ。

 深皿の水は、池か湖の象徴だろう」


「……?」


分からない。そう目で言う美耶子に、蕎麦先生がテルテル坊主をポケットに突っ込み。

また縁側に歩き出しながら、答えた。


「中絶、堕胎だ。

 かつて要らぬ子を妊娠した女は、鬼灯の根を服用、その煎じ汁で子宮口を洗い流産を願った。

 それでも子が流れぬ場合、冷たい水中に身を投じ、何時間もかけて胎児を水底へ排出したんだ」


「…」


「その深皿は、中絶の手段を象徴として置いた物だ。それが何故、村内の家々に在るのか?

 私には儀式めいて見えてしょうがない。……他の家にも、コレが在るのか?」


問いを投げかける蕎麦先生は、既に向かいの民家へと歩き出していた。

152::「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/16 (Fri) 21:55:11


一面灰色の曇天の向こう側で、太陽が西へと傾き始めた。

びゅうびゅう吹き荒んでいた風は、いまやごうごうと、咆哮を上げて山々を駆け抜けている。

すっかり体が冷えてしまった美耶子は民家の箪笥から浴衣のほかに、

更にブランド物のシルバーフォックスのコートを拝借、モコモコと着込んでいた。


「見たまえ肉袋クン、矢張りこの家にも在った。村内の民家、総てに備えてあるらしいな」


件の鬼灯の沈んだ深皿を片手に、蕎麦先生がカルパスを齧りながら階段を下りてくる。

美耶子は畳の上の文机に向かいながら、顔も向けずに声を返す。


「鬼灯もそうですけど、ユミさん。…見つかりませんね」

「やはり山を降りたんじゃないかね。そうじゃなきゃ……いや、やめとこう」


口に出したくない。

カルパスをポキンと折り、敷きっ放しの布団に座る蕎麦先生。

おもむろにカルパスをコリコリ噛みながら、枕に鼻面を近づける。

…僅かに香る、これは……石鹸と、美容液の臭いだ。

枕の持ち主を夢想しながら傍の箪笥を漁り、女物の下着を取り出す変態先生。


「…黒と白の縞パン、水色のパンツと………恐らく女子中学~高校生……だと、善いな…!」

「センセイチョットコレミテクダサイ」


ドスの効いた声を放つ美耶子に、縞パンを被りながらノコノコ近寄る。

美耶子はわら半紙に何やら筆ペンで書き出しているようだ。



________________________________


きゅうり (山形産)
青ネギ  (大阪産)
トマト  (大阪産)
たまねぎ (大阪産)
はくさい (徳島産)
キャベツ (宮城産)
茄子   (岩手産)
人参   (青森産)
ピーマン (兵庫 及び 広島産)
だいこん (大分産)
ほうれん草(北海道産)
じゃがいも(北海道産)
かぼちゃ (北海道産)
レモン  (広島産)
みかん  (和歌山産)
しいたけ (岐阜産)

米    (新潟産)

牛肉   (奈良産)
鶏肉   (宮崎産)

鮭    (北海道産)
イワシ  (産地不明)
アジ   (産地不明)

スティックカルパス(輸入品)

ポテトチップス(カルビー)
ポテトチップス(コイケヤ)
ポテトチップス(輸入品)

コカ・コーラ(コカ・コーラ)
ペプシコーラ(ペプシ)
ウーロン茶 (サントリー)

ビール(サントリー)
梅酒 (チョーヤ)

________________________________


「…いや、何だコレは。お腹すいてるのか」


喰う?と食べかけのカルパスを差し出す蕎麦先生を無視して、美耶子はわら半紙をなぞりながら説明する。


「村中の冷蔵庫や台所に在った飲食物を書き出してみたんです。

 見て欲しいのはこの()の中なんですけど…先生、何か気付きません?」


「ン…食品の産地と販売元か。別に一貫性があるわけでもないが……」


わら半紙を覗き込みながら言った先生が、そのままム、と口をつぐんだ。

顔を見つめてくる美耶子。蕎麦先生は数秒考えてから、ほぅ、とカルパス臭い息を吐く。


「なるほど、そうか……確かに変だな。

 このリストに載ってるのが、村の総ての食い物なんだね?」


「そうです。特別に貯蔵庫なんか無いかと探してみたんですが、それらしいものはありませんでした」


「そうか。うん……全部『外』から入ってきた食料だ」


この村で取れた物が無い。

カルパスを口に放り込む蕎麦先生。美耶子が立ち上がり、こくりとうなずく。


「唯一朝に先生が食べた大根だけが村の中に育っていた食糧ですが…

 あの程度の量、趣味の家庭菜園レベルのものです。常食は出来ない」


「育ちも悪かったよ。丁度今が収穫期なのに。土も痩せていた。

 多分何度も大根ばかり同じ場所に植えて、土の栄養が尽きてたんだろうな」


「先生、私の言いたい事分かります?」


美耶子が両手の指を胸の前で合わせ、問う。

蕎麦先生はにやりともせず、わら半紙を手に取りながら首を傾げた。


「この村は正に山間の村だ。最寄の町へ行く道は険しく、長い。

 シゲ達はバイクで来たようだが……村民全員の食い物を運んでくるのは、かなり骨だろうな」


「もう一つ。そのリストにある食糧は殆ど生ものなんです。肉、野菜、魚……

 干物や缶詰が、全然無いんですよ。と言う事は、かなり頻繁に山を降りて買出しに行かなきゃいけませんよね」


確かに。唯一魚欄のイワシとアジが産地不明だが、山でイワシやアジは当然獲れない。

保存が利くのは、蕎麦先生が食べたカルパスとポテトチップス、飲み物だけだ。


昨日までのおとぼけたザマを返上した美耶子が、水を得た魚のようにさらに言葉を紡いでくる。


「変なのはそれだけじゃありません。先生、外に食べ物を買出しに行くって事は、当然お金が居るって事でしょ?」

「そうだな。かなりまとまった額が必要だろう」


「この村にお金の気配、します?」


漠然とした台詞を放つ美耶子に、蕎麦先生はあんぐりと口をあけた。

金の気配。そう言われて思い返してみれば……


「………なんてこった。そうだ。確かにおかしかった……この村…」


「ええ。『民家しか無い』んです」


蕎麦先生がわら半紙を持ったまま、縁側から外に出る。

無人の村には、人が住むための建物と、件の屋敷しか存在していなかった。


「…小さな畑が一つ……それ以外に、家畜小屋も、巻割り小屋も……井戸すら無い………」


「施設だけじゃないです。畑のある家以外には、農具も、猟の道具も、工具も在りません。

 発電機は発電機『だけ』置いてあるんです。替えのオイルすら無い。

 …先生………この村には、生活のための『労働』の痕跡が無いんですよ」


美耶子が蕎麦先生の肩に手を置く。

振り向く蕎麦先生に、美耶子のこわばった唇が息をかけた。


「何かを育てているわけでも、作っているわけでもない。

 家の中は最低限の生活用品と、嗜好品、娯楽の道具ばかりです。

 …実を言うと、財布や…紙幣、硬貨の類も、一切在りませんでした」


でも、外からの食糧で生活している……



強風が二人を包み、その髪をまきあげていった。

蕎麦先生が小刻みに、嘆息したように、小さな笑い声をもらす。

ぽんぽんぽん、と手を叩きながら、無表情の美耶子に、ようやく三日月を向けた。


「いやいや、久々に炸裂したな、肉袋クン。大した脳味噌のキレだ。

 二時間ドラマならきっと主役だよ」


「一人で探偵役は無理です。だって、異変に気付いただけで『答え』はまだ分からないんです。

 …先生、この村は、何をしてる村なんでしょうか?もしかして……さっき先生が言ってた…」


「ああ、間違いない。『呪い』で生活していたんだ。この村は」


三日月の表情のまま、蕎麦先生が美耶子の手を取り、ぎゅっと握った。

普段なら眉を寄せる美耶子が、何か、魔性のモノに見据えられたように。三日月を見つめ返す。


「でかしたぞ名探偵!君が見つけてきた『異常』は、私が片付けよう!!」


153:名無し :

2012/11/16 (Fri) 21:57:19

一旦切る。
一週間に一場面投下したい心算。
154:  :

2012/11/17 (Sat) 20:19:22

イイヨイイヨー不気味な村とか大好き!
155:名無し :

2012/11/17 (Sat) 23:05:48

あー、だから逃げ出した村人詳しいこと話さなかったのね
156:名無し :

2012/11/18 (Sun) 00:20:25

蕎麦先生(心霊学者)=心霊耐性○ 民俗・信仰系の知識あり
美耶子(殺人鬼探偵)=物理耐性○ 理詰め論理・洞察力あり

なかなか。
157:名無し :

2012/11/18 (Sun) 20:55:12

美耶子鋭いな。ただのアホの子かと思ってたのに。

食い物ナマモノ、家にブランド物が無造作に置いてあるぐらい裕福。
でもお金は無い。……わからん。何だこの村?
158:名無し :

2012/11/20 (Tue) 13:15:51

流れを読まずに参考にしている資料とかきいてみる
159:  :

2012/11/20 (Tue) 16:06:07

対談でやったBGMについての話が面白かったから
BGMの話がもうちょっと聞きたいです
160:名無し :

2012/11/21 (Wed) 22:25:10

>>159
多すぎて挙げられぬ(・∀・)

以前言った気もしますが、とりあえず当時の広告・写真・関連資料など片っ端から収集してます
市販の資料集や歴史解説本も善いのですが、個人的に痛い目に遭った記憶があるのであまり買いません
どうしても市販資料に頼る時はネットその他の評判と、著者の人格で選びます

歴史本・資料集は本当に選ぶのが難しいです
なにせ教科書が大嘘コいてる時代ですから、一般書籍はどれが信用できるやら…


日本史ではありませんが、たとえばマリー・アントワネット
パンが無ければお菓子を食べれば~の台詞で有名な人物で、私もそれを教科書で習いました


これ、大嘘。
案外知らない人多いと思うんですが、アントワネットはこんな台詞口にしてないんですよね
少なくとも彼女がこういう類の発言をした記録は存在しません。
マスコミがアントワネットを悪女として叩くために用意した作り話のようです


でも、調べればすぐ分かるような事実でさえ現代の教科書の著者は調べずに、
今もアントワネットをイメージだけで悪女扱いしてたりするんですよね

私はそういう姿勢が死ぬほど、
コンクリ塊でぶん殴ってやりたいほど嫌いなので、
著者を差別しまくって本を選んでます

それでも間違った知識は絶対仕入れてると思いますが。
歴史は本当に難儀なシロモノです


>>160
オススメの音楽を教えてくれって事でいいのかね


下のスレで名前が出てて嬉しくなったんですが、「ナナムジカ」の曲はとても善いです。
別離シーン等、物寂しい気分が必要な時は聴いてます

ta-lila~僕を見つけて~
くるりくるり
彼方

など、特にオススメ。


他には、洋楽ですが、スウェーデンの nocturnal rites の still alive が好きです
戦闘的でかっこいいのでデヰ゛ルなんかを暴れさせる時にポチッと再生


串田アキラさんの 強さは愛だ なんかもいいですね
どういう時に聴くってわけじゃないのですが、定期的に聴いて魂を浄化してます


…ハイ!雑食です!
161:  :

2012/11/22 (Thu) 00:09:50

な、生々しいな…
162:  :

2012/11/22 (Thu) 00:24:49

うそぉおおおおおおおお!!!!!?????
アントワネットの件今年の教科書に載ってるよ!ウソなの!?
163:名無し :

2012/11/22 (Thu) 00:44:17

stillaliveいいな!洋楽とか聞くのか作者さん
164:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/22 (Thu) 21:07:17


白いクレヨンをがりがり鳴らす。

白い部屋に、白いベッド、白いパジャマを着た子供が、白い床の白い画用紙を覗き込んでいる。

世人は誤解している。地獄の入り口とは、常にこの世のどこかに開いているのだ。


白い空間に閉じ込められた子供は、ひたすら画用紙に見えない白色を塗りたくる。

精神病院か。孤児院か。

そこがどこであったのかは、白に侵された脳髄では、もう理解できない。


何十年か後に 東城 蕎麦太郎 と名乗る子供は、幼くして人間をやめていた。

白い地獄に繋がれた彼には、憎悪以外の感情は無い。

かつて部屋を訪れていた白衣の男や女も、彼が自分らの来訪のたびに

泣きながら自身の肉をこそぎ始めてからは、姿を見せなくなった。


代わりに今、部屋の中央には、ボルトで固定された三脚に載った、ビデオカメラが居座っている。


「ゆるされるとおもってるのかぁ。ゆるされるとおもってるのかぁ。ゆるされるとおもってるのかぁ。」


がりがりクレヨンを削りながら、子供は開け放した口から唾液を垂らす。

白い粉が散乱する画用紙の上に、ぽたぽたと、赤色交じりの鼻水と共に滴った。


「おれをころさないといつかころしてやる。きさまらみんなころしてやる。ゆるされるとおもってるのかぁ。」


絶え間なくクレヨンを動かしていた手が、ぴたりと止まった。

顔も上げない子供の正面に、何かが立っている気配。

大きくて、黒い、とても悪いモノが、白い地獄にぽつんと、立っていた。


子供は顔を床に向けたまま、白い粉のこぼれる画用紙を、それに、掲げて見せた。


「これはね。かみさまだよ」

「           」

「そうだね。ぼくを、まもってくれるんだよ」






黒いモノが、それを、彼を、恐れる様に、


悶えながら、掻き消えた。


165:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/22 (Thu) 21:08:19


「見たまえ肉袋クン。嫌な物を見つけたぞ」


村の入り口。ただし、蕎麦先生達が入ってきた方とは真逆、シゲ達が来ただろう方角。

木々の合間を縫って走る山道のわきに、蕎麦先生と美耶子が屈みこむ。

草むらの中には、妙に滑らかな、絵図の掘り込まれた石が四つ。滅茶苦茶な向きと間隔で並んでいた。


「…何でしょう?意外と新しい物ですけど」


「いや、掘り込み自体はかなり古い時代に施されたものだよ。

 新しく見えるのは、石の上部が修復されているからだ。…別の石を継ぎ足しているんだな」


確かに。絵図の掘り込まれた部分からの上半分は、明らかに新しい、小奇麗な色をしている。

美耶子はふーん、と石の継ぎ目を撫でながら、ちらりと件の絵図を見やる。




四つの石には、右から順に呪いめいた、不気味な物語が連なっていた。


右端の石には腹の大きな妊婦らしきシルエットが、股から何かを地面に垂らしている絵図。

次の石には、その垂れ流したものが獣のシルエットに膨れ上がり、他の人間を襲っている絵図。

三番目の石には、獣が襲った人間の中に入り込み、さらに悪行を重ねている絵図。


そして最後の石では、大勢の人間が何かの草花と深皿を手に、獣をどこかへ追い払っている絵図が掘り込まれていた。


「最後のこのシーン。人々が手にしているのは、例の鬼灯の沈んだ深皿だろうな」

「何か、分かった気がします。先生、鬼灯と深皿は、中絶と堕胎……つまり、水子の象徴なんでしたよね?」



美耶子の言葉に蕎麦先生が立ち上がり、背後の樹によりかかりながら頷いた。



「つまりこうだ。この石が語る物語を推測・要約すると……

 まず妊婦の腹から胎児を摘出、水子にする。

 すると水子が何らかの悪意を持った獣に変身し、人間を襲い出す。

 獣は襲った人間に憑依(?)し、実体を持ってますます激しく暴れ出す。

 この獣を退治するためには、鬼灯と、水を張った深皿が有効である」


「獣になった水子が、つまりシドモ様ですね。

 …あ…もしかして、シドモ様って「子供様」って書くんじゃないですかね!」



地面に漢字を書いてみせる美耶子に、蕎麦先生は微妙な顔をして空を仰ぐ。

単なる駄洒落だが、民間信仰の神や悪霊には在り得るネーミングだ。

…死んだ子供、「死供様」という線もあるが。今は名の由来などどうでもいい。

勝手に納得した美耶子がやや興奮気味に、地面から立ち上がって石群を指差した。


「分かりましたよ!つまり水子の怨霊が、自分を殺した大人達を祟ってるんですね!

 鬼灯と深皿は水子を下ろすための道具だから、怖がって近づかない!全部繋がりました!!」


「あり得ないね。そんな事は」


ここまで来て総てを斬って捨てる蕎麦先生に、美耶子は思わず「はっ!?」と声を上げた。

真上から、かなり西に傾いてきた太陽を憂いながら。

蕎麦先生は美耶子に、鼻を鳴らしながら講釈する。


「『水子の祟り』なんてものは存在しない。中絶された胎児が人間を呪うなんて事は、あり得ないんだ」

「なっ、何でですか?生まれる前に殺された赤ちゃんが悪霊になったっておかしくないんじゃ…」

「ついてないよ。物心」


普段オカルトな話を大真面目にするこの男が、中途半端に現実的な事を言い出した。

混乱しかける美耶子の麦藁帽子をおもむろに手に取り、指先で弄びながら蕎麦先生が補足する。


「まぁ、100%ありえないかと言われたら困るが…それでも99% 、あり得ない」

「だから何でっ?」


「民俗・宗教・日本心霊史の視点から解説しよう。

 先ず大前提として、日本には母体内の赤ん坊が死んで悪霊に成る、という思想は無い。

 何故ならこの世に生まれる事無く死んだ魂は、そのまま賽の河原(親より先に死んだ子供が行く地獄)に行くか、

 別の生命としてすぐに生まれ変わる、と信じられて来たからだ」


悪霊に成って人を祟ってるヒマなんか無いんだよ。

そう続ける蕎麦先生が、麦藁帽子をかぶり、腕を組む。


「よく寺院が『水子供養』なんかをやってるが、アレも水子のための儀式じゃない。

 我が子を死なせてしまった親が長く苦しまぬよう、精神的に救ってやるためのイベントなんだ。

 だから水子供養をしてる寺は、同時に子授け祈願なんかもしてるだろう?」


「あー…前の子は天国にやったから、また元気にズッコンバッコン励みなさいって事ですかね」


物凄く下品で身もフタも無い台詞を吐き捨てる美耶子に、蕎麦先生は珍しく不機嫌そうな顔をする。

それが美耶子に対してなのか、他に対してなのかは、分からない。


「……だから、『水子の祟り』なんて発想は日本には存在していなかったんだ。

 最近になってテレビで占い師や霊能力者なんかがそれを語ってるが、

『水子が祟りを為す』という話は、1970年代に初めて『創られた』ものなんだよ」


「おや、最近ですね」


「最近さ。勿論悪霊を含む信仰は民間から、創り出される事もあるが……

 この話を創った奴は民間人じゃない、言わば新宗教の聖職者だ。

 動機も不純、中絶経験者をビビらせて『浄霊』してやり、祈祷料を稼ぐためさ」


そしてマスコミ共々、現在進行形でボロ儲けしている。

蕎麦先生は不機嫌だった顔を余計不機嫌そうに歪め、足元の石群を再度眺めた。


「だからね、肉袋クン。

 心霊学者は…ましてこの石が彫られた時代の人間は、『水子の祟り』なんか信じちゃいないのさ。

 この石の語る物語は、もっと別の『怪異』の話だ」


「…でも……やっぱり水子ですよ。妊婦さんから出てくる、鬼灯と深皿を怖がる存在って」


「本当に怖がっているのかな?」


蕎麦先生の言葉と同時に、木々の向こうで何かが鳴いた。

振り返る美耶子と違い、それを全く意に介さぬ蕎麦先生が、石を訝しげに靴先で撫でる。


「この村の連中は、確かにこの石の物語を信じていた。だから家に、鬼灯を沈めた深皿を置いたんだ。

 ……なのに、彼らは村を捨てた。効果が無かったんだ」


シドモ様は、鬼灯と深皿では、食い止められないのだ。


しかし……ならば。何故こんな石が、村の入り口に遺されているのか?

村を襲う存在に対して、誤った撃退法を記した石が、何故目に付く場所に遺されている?

そして何故、村人達はそれに従ったのか…?


「…答えがあるとすれば……最早、可能性のある場所は一つしかない」


えっ、と声を上げる美耶子をほうって、蕎麦先生は再び村の中に戻ってゆく。




件のユミの消えた屋敷に向かう彼のポケットから、何かが笑う声が漏れた。
166:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/22 (Thu) 21:09:48


呪符がびっしり張られた木扉の前で、流石に足踏みする美耶子。

彼女をはるか後方に、蕎麦先生は高い天井の隙間から光の柱がいくつも差す、

だだっ広い空間の真ん中に立っていた。

血痕の滲んだはりつけ台をビニール手袋をした手で触り調べる彼に、美耶子が情けない声をかける。


「先生~!もうすぐ夕方ですよ~!!逢魔ヶ時ですよ~!!!」


「私に何かあったら昨日の家に帰って塩の囲いの中に逃げ込め。

 朝になったら山を降りて、依頼人にキャンセルを告げて、終わりにするんだ」


淡々と言う蕎麦先生に、美耶子はうーうーうめきながら木扉に近づいたり離れたりしている。


蕎麦先生は磔台を撫でたり、叩いたりしていたが。ふと足元に違和感を覚えて視線を下ろした。

磔台はむき出しの地面から直接生えている。一見すれば、そう見えるのだが…

腹ばいになり、地面を拳で叩く。土を圧迫する、何とも言えない音が返ってくる。

そのまま拳をドンドンと叩きつけつつ、磔台の周囲を腹ばいで回り…


ガン!と、磔台の裏側を叩いた拳が、金属音を上げた。


「禍々しいな。まったく…」


金属音のしたあたりの土を手で払うと、やがて、分厚い鉄の床板が顔を出した。

磔台の中を、床から伸びた鉄の芯が通っているのだろう。

鉄の床板と磔台はがっちり結合していて…


蕎麦先生が磔台を、正面から力任せに押し込むと、

ガガガ、と音を立てて床板が動いた。


「…シャッターですかね」


突然背後からした声に、蕎麦先生は思わず大きな手で美耶子の首を掴んだ。

ぐぇ、と声を上げる美耶子の前には、夜叉の顔をした蕎麦先生と、床板の下に隠されていた、ハシゴ階段の頭が見える。


「ああ、広義のシャッターだ。隠し扉だ。ところで肉袋クン、入ってくるなら入ってくると…」

「すいませんすいません!恐怖より好奇心が先に立って!!!!」


咳き込む美耶子を放すと、蕎麦先生はトランクを開け、ライトボールを取り出した。

ボールをシャカシャカ振って発光させるとそれを梯子の下に放り込み、さっさと降りていってしまう。


…ひょっとしてこの人、自分より暴力的なんじゃなかろうか。

美耶子は滲んだ涙が引っ込むのを待ってから、釘バットを置いて、蕎麦先生に続いた。

167:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/11/22 (Thu) 21:11:06


磔台の下の空間は、頭上の世界よりも更に不気味な様相を呈していた。

土を支えるためにこさえられた壁や柱、床には、

屋敷の木扉に張られていたのと同じ黄ばんだ呪符が、一切の隙間なく、壁紙のように張り並べられている。

六畳ほどの空間には文字通り山積みにされた本と、得体の知れないゴミの山が、二つのまとまりとなって放置されていた。


「…な…何ですかね………これ……」

「『回答』だ。この村と、屋敷と……シドモ様の」


ライトボールをさらに四つ、両手で発光させた蕎麦先生が。

それらをてきとうに部屋に撒き、本の山に近づいた。


…部屋の中は、二人の足音以外に、常にギシギシ、ミシミシと、家鳴りとも何とも言えない音が、常に這い回っていた。

それが土を支える骨組みの悲鳴なのか、それ以外の、悪いモノの気配なのか。

美耶子には分からないし、分かりたくもなかった。

蕎麦先生が本の山を撫で回すように崩し、気に入った本を手にしては次々と、速読じみた効率で読み捨ててゆく。


「うん、うん………つまりだな肉袋クン。この村の連中は、かなり以前から『呪い』を糧にして生きてきたわけだ」

「書いてあるんですか?その…本に」

「ここに在るのは呪いの手法を記し、かつ試行錯誤の末に『進歩』させた実験の記録。

 そしてその呪いが獲得した『財産』と、行使した者の、懺悔の手記といったところか」


美耶子が蕎麦先生に近づき、本を覗き込む。

バラバラと凄まじい速度で捲られるそれに、何も読み取る事が出来ない。


「ちゃんと話して上げるから聞いてなさい。

 つまりだね、シドモ様の正体は、賽の河原へも輪廻の環にも入れなかった、

『捕らえられた水子の憎悪』なのだ、と書いてある」


「捕らえられた……?えっ?」


「言ったろう。水子供養をする者は同時に、子授け祈願も請け負うものだと」


パン、と本を両手で閉じ、蕎麦先生が目を満月のように見開く。

みちみち音を立てるまぶたから、血の臭いが美耶子の顔に届いた。


「この村はね、はるか以前、江戸時代にこの地に定住した僧職崩れの一派の子孫が作ったものらしい。

 かつて西行法師という歌人が鬼の法をもって屍を蘇生させ、山中に放置したというが…

 この村の連中もまた、それに似た外法を伝えていたようだ」


「死体を、蘇らせる………ゾ、ゾンビですか?」


「ここの連中が作る怪異はもっとタチが悪い。

 元々、望まれぬ生を受けた胎児を処分してくれる『子潰し村』として外部から妊婦を招いていたが、

 この村の人間は退治を医学的に摘出、堕胎した後…





 預かった胎児とへその緒を塩漬けにして、犬猫に喰わせていたらしい」





ぐ、と美耶子の喉が空気を詰まらせる。

何故、何故、そんな事を……

目で問う美耶子に、蕎麦先生は今度はゴミの山を漁りながら続ける。


「一人の胎児を一匹の獣に喰わせる。それを何度も繰り返し、奴らは犬猫をこの屋敷で飼い、増やした。

 ある程度の数がそろうと、今度はこの村はどんな種無し、生めず女の間にも子を授ける『子授け村』として評判になる」


「何でですか!?子潰し村でしょ!!?」


「僧職崩れ達が町に出て子授けの祈祷を行い、次々に子宝を授けてきたからさ。

 だが御察しの通り、この子授け祈願は真っ当な神仏への祈りではない。

 村人達は依頼があると、胎児を喰った犬猫を上の磔台に縛りつけ、首を落とし、ハラワタを取り出した。

 胎児が消化されたハラワタを掻き集め、すり潰し。甘い蜜に混ぜ……子を望む女に、飲ませるんだ」


部屋が、ぎじりぎじりと、一際大きな悲鳴を上げた。

蕎麦先生は石くれや木欠を掻き出しながら、何かを唾棄するように、さらに言葉を紡ぐ。


「女はそれから十ヵ月後、見事に望んだ赤子を出産する。

 …つまりだ、これらの手続きは殺した水子の霊魂を獣に喰わせ、貯蔵して、

 必要な時に取り出し、母体に宿す。

 人工的な『輪廻転生』の儀式なのだよ。母体から生まれてくるのは、殺された水子の魂を持った赤ん坊だ」


「………!あの石の絵って、もしかして…!」


「そう、一つ目の石に描かれていたのは、水子を流した妊婦の絵。

 二つ目の石に描かれていた、人を襲う獣の絵は、胎児を喰った犬猫を指している。」


そして三つ目の石では、他の人間に宿った獣が、悪行の限りを尽くす絵……

美耶子は沸きあがる怖気に肩を抱きながら、怒鳴るように訊く。


「水子の魂を授けられた赤ん坊が、成長したら人を襲うんですか!?」


「違う。獣の魂を授けられた赤ん坊が、だ。

 気付かないか?この手続きは水子の魂を獣に喰わせ、さらに母親に喰わせるんだ。

 母親が喰うのは、水子の魂を孕んだ獣のハラワタ……



 ならば獣自身の魂はどこへ行った?ハラワタに宿っているのは、本当に水子の魂『だけ』か?」



――‐獣の魂が、生まれてくる赤ん坊に宿るかも知れないんだ。

蕎麦先生が、青ざめる美耶子の顔を、指差す。

爪の伸びた人差し指が、細かく、怒りに震えていた。


「輪廻転生、子授け、総ては神仏の領域であり、人間が直接行っていいものではない。

 人間が生命を支配しようとした時……必ず、必ずどこかで、ほころびが生じる」


「この村の人達は……水子の魂をやり取りする事で、生活していた………

 そうか…この村の食べ物や、物資は、その時世話した人達が用意してたんだ…」


「いわゆる『檀家』のリストも在ったよ…物凄い人数だ。百や千の家じゃ足りん。

 しかも財界の大物まで、何人か名前が載ってる」


これじゃあ喰うに困らんわけだ。

家鳴りが、さらに大きく、断続的に、二人に降ってくる。

蕎麦先生はその音を振り払うように頭を振り、石の盆のようになった目をぱちり、と閉じた。


「…つまりだ、三つ目の石の絵は水子ではなく、獣の魂を持って生まれてしまった赤ん坊を描いている。

 そいつはある時期を境に人間である事をやめ、人を襲うのだ。

 成長してからかもしれないし……生まれた瞬間かも、知れない」


「それがシドモ様?四つ目の石では、鬼灯と深皿でシドモ様を追い払っていました」


「ああ。そこなんだがね、肉袋クン……

 何故四つ目の石には、誤ったシドモ様の撃退法が描かれていたか。だが…」


蕎麦先生が、両手を美耶子に向けて伸ばした。

その手には、土と埃にまみれた、四つの石くれが乗っている。

石の表面には、何か、かすれた文字が掘り込まれているようだった。


「……何ですか……」


「あの石の失われた上半分だ。

 ほら、絵が掘り込まれた石には、継ぎ目があったろう?

 絵を掘った部分だけ古くて、そこから上が新しい何も書いてない継ぎ石だった……




 あの部分には本来文字が彫ってあったんだ。絵を解説する、文字がな」


読めるか?と訊く蕎麦先生に、美耶子は目を近づけ、うなる。

古い字体で、しかも傷が多く、素人には解読できない。


その様子を見た蕎麦先生が、四つの石の文字を一つ一つ、飲み込むように読み上げた。








「潰した子らが、獣に成り代わり世に生まれる。これをシドモ様と言う」



「シドモ様は人を喰らい、あたん(復讐)を為す」



「この時人々に、シドモ様の因果たる、水子を下ろす法具、鬼灯の根と水を満たした盆を持たせる事で」













「それに激昂したシドモ様が彼らを優先的に襲い」















「 生 く る べ き 人 間 が 、 無 事 、 逃 げ 延 び る 事 が 出 来 よ う 」















168:名無し :

2012/11/22 (Thu) 21:13:54

一旦切る。
169:名無し :

2012/11/24 (Sat) 19:04:53

水子のたたりって言ったら数年前のテレビの有名人を思い出すね…

ところで、我猫世界の舞台背景をもっと詳しく知りたいです

A:式神使いの人が沢山いますが、全人口のどのくらいが式神を使えますか?
B:幽玄さんの使役している神はどのくらいの強さですか?あと喋ったりしますか?
C:リンドブルムとスクジンのように睨みあっている他国神と日本の神は他にも居ますか?
170:名無し :

2012/11/24 (Sat) 23:31:52

どうせ本編で殆ど触れないだろうし、空気設定でいいなら垂れ流しますが。
一応我猫はいつか本シリーズを終わらせた後に手をつけたいなと思ってるので、
一応骨組みだけは作ってあります。
171:名無し :

2012/11/24 (Sat) 23:32:56

何も考えずにレスすると同じ接続詞修飾語を連発するのが悪い癖…
172:質問A:式神使いの人口比率 :

2012/11/25 (Sun) 00:29:56


大日本帝国国内において、式神を使役できる者の人口割合は、とりあえず全体の30%程度です。

理由は式神を扱う神道・陰陽道が、明治政府の庇護を受けているからです。


大日本帝国では(正史においても)神道は他の宗教よりも重要な、上位の存在として優遇されており、

「国家神道」などと言って特別な扱いを受けてきた歴史があります。

陰陽道は神道を基盤に置いているので、同様に重要視され、帝国の学童教育課程にも組み込まれています。

よって帝国の通常教育を受けた者は最低レベルの陰陽術(簡単な厄払い・最弱の魔の者を阻む結界を張る術etc)を使えるようになります。


式神を使うためにはこの通常教育とは別に、

文吉君の友達がしたような「神社通い」や高名な陰陽師の下での正式な修練が必要になります。


正式な修練を数年積めば妖怪や悪霊と戦える、強い式神を生み出せますが、

これには生得的なセンスが必要で、修練も毎日休まずに続けなければ成りません。

よって退魔業を目指すプロ以外の一般人は、自分のペースで続けられる「神社通い」を選びます。


毎日一度、まっとうな神をまつった神社にお参りをして、神様の気配に触れることで

体の中に清浄な気がたまり、平均半年~二年ほどで式神の幼体が就寝中に体内から零れ落ちます。

この式神は瓶や虫かごなどに入れて更に数日身近に置く事で「所有権」が発生し、

持ち主の気性に合わせて成長していきます。

修練を経ていない式神なので妖怪などと戦うことは出来ませんが、一応鬼神のはしくれなので

持ち主に善い気を送り、ささやかな運気を招いたり病魔から守ってくれる程度の働きはするようです。

運がよければ最終的に人間の子供ぐらいの大きさに成長し、

重い荷物を持ったり野良犬と戦ってくれるようになります

(ただし大日本帝国憲法により、一般人が危機的状況以外で式神を人間その他の生物にけしかける事は禁止されています)



このような退魔に向かない式神を持つ人々を含む式神使いの割合は、全人口の30%強。

妖怪などの怪異と互角に渡り合える実戦式神使いのみの割合は、全人口の0.002%程度となります。
173:質問B:幽玄さんの護法善神の強さ&言語能力 :

2012/11/25 (Sun) 01:01:13


幽玄の護法善神は喋りません。何故なら護法善神の中でも下級の存在で、発語能力が無いからです。

護法善神は仏の使徒として仏教徒を守護する神で、基本的に個人に憑いて共闘する事は殆どありません。


例外として、幽玄の所属する時宗の一派の教えでは、

「南無阿弥陀仏」と唱える事で仏と一体になり、阿弥陀如来の智恵と精神的生命を得る事を目指しています。

その上で仏道のお勤めを長年続け、他人のために生命を投げ打って戦う道を選んだ幽玄個人に対し、

特別に本来の主人である仏に抱いているのと同じ種類の好意を持ち、寄って来たのが彼の護法善神です。


そんな幽玄の護法善神は、護法善神の中では弱い部類に入りますが、

最高レベルの陰陽師の式神と対決して勝利する程度の強さを持っています。



…でも我猫自体、単純な「強さ」はあまり意味の無い話なので。

話半分に聞いて頂いたら幸いです。不毛ですしね、強さ設定。
174:名無し :

2012/11/25 (Sun) 01:02:54

Cは明日か明後日まで待ってくれ。寝なければならぬ。
175:名無し :

2012/11/25 (Sun) 07:58:46

本シリーズが終わったら我猫が…!?;(゚'ω'゚゛;);
やったっ…!!!ずっとずーーっと追いかけ続けるんだ…!!!

棚とこちらに実質2本連載お疲れ様です!週末に読むのが唯一の楽しみ、人生の潤いです
176:名無し :

2012/11/27 (Tue) 01:17:40

>>176
嬉しい御言葉本当に本当に有難う御座います
皆様のレスや絵や作品保管のおかげで私のボルテージは維持されています
我猫を集中的に書くのはずっと後になるでしょうが、どうぞゆるゆるとお付き合いいただけたら幸い。


さて、質問Cに答えるついでに折角なのでとびきりエア(空気)なものを垂れ流したいと思います。

以前文さんとの対談でも多分言ったと思うんですが、私は基本的に話を書く時は
とにかくキャラクターと物語を煮詰めてから取り掛かるクセがついてまして。

我猫はいつか本気で書きたいと思っていた事もあって、凄く無駄なトコまで考えて置いて在ったりします。

AAの我猫を読む上では多分全然役に立たないと思うのですが、
作者がどんな設定を敷いてあの世界を書いているのか、ちょっとだけ書かせていただきますね

凄く長いので興味ない方はどうぞヌルーしてくださいませ。
177:質問Cへの回答を含めた世界観説明 :

2012/11/27 (Tue) 11:04:06



さて、我猫世界では第三の文明開化が始まった明治60年より、

外国の神話・宗教勢力からの露骨な日本侵攻が開始されています。


それまで影ながら日本を見守ったり蝕んだりしていた妖怪や神々が、

明治60年元旦、国際交流時代の幕開けとして政府が主催した「世界文明祭典」において

招待された5000人の異人達の内の誰かの手により、

皇大神宮に祀られた天照大神の御神体「ヤタノカガミ」が強奪された事を機に

世の中に頻繁に現出するようになります。


日本の大神が連れ去られた事に怒り狂う者、これ幸いと闇から這い出し暴れまわる者、

戦争の気配を察知して団結する者などなど。


実際この年以降人の目に映る・映らないを問わず、様々な悪意のある神霊や人間が海を渡って日本を襲撃し始めます。

帝都に居座るりんどぶりむもそうですし、疫病や災害などの形で飛来する敵も居ます。

我猫世界はそんな異国からの敵と、日本の妖怪・神々の大戦争のさなかのお話なのです。


ただし神々の戦いは派手で目に見えるものもありますが、

りんどぶりむと守宮神のにらみ合いの様に、一般人には認知出来ないものも多いため、

当事者の日本人達は、いまいち危機感が無いのが現状です。




で、折角なので明治60年以降に起こった大きな事件を年表にしてまとめてみました。

本編で触れる事はありませんが作者はこういう無駄な事も考えたりしてるんだよというお話。

…根元をちゃんと考えとかないと、将来続きを書こうとした時にケつまづくしね。









明治60年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【一月:天照大神 蒸発】


大日本帝国から天照大神と御神体「ヤタノカガミ」が消える。

帝国内の神霊・妖怪が活発化し、治安が悪化した。


*天照大神は分霊が居るため、神話のように太陽が消える事は無かった。



【二月~三月:明治政府 対神霊対策案を実施】


帝国内に跋扈する霊的存在等から国家を守るため、政府は各地に公認の陰陽師隊を配置。

国内の退魔資源を総動員し治安の確保に努めるとともに、国外からの人の出入りを制限した。

また非常大権(国家の危機に瀕し、一時的に憲法などの秩序を停止する権利)を発動、

神霊と戦うための国の根本改造を画策し、法律・教育・軍隊をごく短期間で独断的に調整した。



【五月:内閣総辞職】


上記の神霊対策で一応の秩序確保は成ったが、非常大権を行使した内閣は全方位からの非難を受け総辞職。

同月に新内閣が誕生するが、前内閣の主要面子は事実上政治から追放され、復帰することは無かった。

これが後に大きな禍根となる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治61年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【二月:第一次ヴァール襲来】


年が開け帝国内が安定してきた頃に、北欧から女神ヴァールの軍勢が襲来する。

ヴァールはその背後に天馬に乗った赤いヴァルキューリ(戦乙女)達を従え、東北地方を攻撃。

火の海にして二日後に消えた。

死傷者は数万人に上ったが、被害者の多くはこの事件を単なる「大火」と認識し、新聞社もそう報じた。


*この事件でナマハゲの9割が消滅。ただし死者の一匹がヴァルキューリと刺し違えたため、
 ヴァールは復讐と称して後に第二次攻勢を仕掛ける。



【四月:りんどぶりむ飛来】


帝都に魔竜りんどぶりむが飛来する。

陰陽師隊を血祭りに上げ自身への信仰とイケニエを要求したが、

政府が召喚した八百万の一柱「守宮神」との一騎打ちで傷つき、互いににらみ合い、こう着状態に陥った。



【七月:狸騒動】


全国から狸の妖怪が帝都に集まり、信楽焼の撤廃を求めて抗議の行進を敢行した。

「本物の狸はあんな金玉のんべぇじゃねぇだ!」を合言葉に、非暴力不服従で三日間の大騒ぎ。

終いには動けない魔竜りんどぶりむをおちょくり出したため、再編成された陰陽師隊が強制解散させた。

この騒動以降、なんとなく狸の信楽焼を扱う店が減ったという。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治62年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【一月:第ニ次ヴァール襲来】


初日の出と共に再び北欧の女神が帝国を襲撃した。

今回は進路を変え近畿を急襲し再び火の海に変えようとしたが、

何も知らずに火の神カグツチの墓を燃やしてしまい、カグツチ(全長99尺)が復活。

ヴァールは逆に火達磨にされ、逃走した。


なお復活したカグツチは万人に視認できる状態でたたずみ、そのまま近畿地方を暖めている。



【六月:菅原落雷(通算二度目)事件】


新内閣の首相が、自身の後援団体の意向を汲み、天満宮に雷神トールの石像を置く事をこっそり決定。

本来なら大問題だが女神ヴァールや魔竜りんどぶりむの対策で忙しい世間の隙を突いた暴挙であった。

天満宮に後援者達と共にトール像を担ぎ込み、祭神として配置した瞬間、

雲ひとつ無い晴天から一筋の稲妻が音も無く天満宮に落ち、トール像と首相をなぎ払ったという。


幸い死傷者は出なかったが事が完全に露見し、首相は問責の前に行方をくらました。

翌日、異例のスピード人事で新首相が誕生する。



【六月中旬:ヴァチカン公認エクソシスト隊 来日】


大日本帝国の窮状にカトリックの総本山ヴァチカンから、

実戦エクソシスト隊が援軍として派遣される。

彼らはこの後警察機関や要人の護衛として帝国に留まる事になる。



【十一月:カトリックによる第六天魔王召喚事件】


大日本帝国に入り込んだカトリック神父の一団が、

第六天魔王(織田信長)の子孫の男性を誘拐、生け贄として転生の儀式を行い、

肉体を持つ生物としての第六天魔王を召喚した。


このカトリック神父達は「魔王=人に害為す者」と単純に解釈し、

第六天魔王を召喚する事で日本の秩序が破壊されると期待していた。


だが第六天魔王はその場の全員を太刀で斬り捨てた後、特に世をかき乱す事も無く、何処かへと姿をくらます。


風の噂では全国を旅し妖怪相手に血みどろの戦三昧を決め込んでいるとか、

明智光秀の子孫を探し帝都を人斬りとして彷徨っているとか、

絶世の美女を京都に囲い茶の湯と俳句の日々に目覚めたとか、様々な憶測が飛んでいる。

勿論真偽の程はさだかではない。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治63年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【一月~十二月:第三次ヴァール襲来】


この年は北欧の女神ヴァールの静かな侵攻の時期である。

全国各地にヴァールの手先のヴァルキューリが出没し、日本人の生命と魂を刈り取った。

政府は女神ヴァールを国敵に指定、帝国の総ての人間・妖怪・神霊に注意を呼びかけた。



【三月:魔王 黒死王(ペスト)襲来】


帝国の一部の港から輸入された愛玩動物がペスト菌を媒介、発症者が続出する。

医師団・陰陽師隊が港を封鎖、徹底的に浄化作業を行った。


新聞では「陰陽師隊、卑劣なる魔王を血戦の末に撃破」と報じられたが、

ペスト菌を放った魔王の姿を直接見た者はいない。



【七月:猫騒動】


過去の狸騒動と混同されやすいため、尋常小学校の試験問題に頻出する。

帝都に住む総ての猫の妖怪が、一時的に当時の政権に宣戦布告した事件。


発端は政府が帝都の衛生確保のために、ペストを媒介する鼠にするのと同じように、

野良猫の身柄に賞金をかけ、民間に捕獲を奨励した事に在る。


政府の声明が発せられた直後、議事堂にあらゆる猫妖怪が怒涛の勢いで押し寄せ、

陰陽師隊と衝突しながら議員を攻撃・死傷させた。


最終的には首相が現地で声明を撤回、猫妖怪側の代表(魂三郎)と

「永久友情特約」を結ぶ事で事態は収束した。


*なお、この永久友情特約は名前だけで、具体的な条文は無い。当事者の気分の問題である。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治64年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【四月:第四次ヴァール襲来】


女神ヴァールの最後の侵攻。

ヴァルキューリと不死者の軍勢を率い、帝都に直接飛来した。


帝都に住む総ての生命をかき消し、その魂をアスガルド(天界)に連れ去ろうとしたが、

その作戦内容から既に飛来していた「魔竜りんどぶりむ」とも正面衝突。

りんどぶりむを牽制していた守宮神をも同時に敵に回すことになり、

結果的に女神ヴァールは二匹に生きながら、骨一片に至るまで完全に喰い尽くされた。


数年にわたる女神の侵攻はこの日僅か一時間程度で幕を下ろし、未だに第五次襲来の兆しは無い。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治65年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【八月:稲荷狐による文部大臣公開処刑】


何かにつけて失態を重ねる帝国政府がまたもや「やらかし」た。

内閣閣僚の一人(文部大臣)が自身が多大な精神的援助を受けている宗教団体に便宜を図り、

公の場で稲荷神社の霊狐を「畜生」呼ばわり、正当な神の使いではないと発言した。


稲荷狐はその日のうちに閣僚の夢枕に立ち、

国の文教行政を担う大臣の言葉の軽さを非難。

余命三日を宣告し、掻き消えた。


あくる朝から帝都の物陰、屋根上には無数の白狐が大臣の後をつけて出没するようになり、

常時呪いの言葉を囁くようになった。

白狐は次第に数を増し、二日後の夜にはゆうに百匹を超えていたと言う。

大臣の周囲には底冷えのするような呪詛が満ち、彼が休むことも、眠る事も許さない。


異変に気付いた首相が稲荷狐に謝罪と神社の増築を申し出たが許しは出ず、

文部大臣はきっかり三日後の午前零時に路上で衰弱死した。


*神の使いに直接閣僚を殺された大失態により、内閣はまたもや総辞職した。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治66年
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【四月:百鬼夜行】


この年は大寒波が帝都を襲い、四月に入っても春の気配は皆無であった。

寒さに耐えかねた一匹の猫(墓猫)が「寄席鍋やろーぜ」と周囲に呼びかけたのをきっかけに、

帝都の内外から寒さに苦しむ流浪の妖怪が大挙、百鬼夜行に発展した。


政府は全陰陽師隊を討伐に向かわせるかどうかを最後まで議論していたが、

決断した頃には寄せ鍋大会はとっくに終了しており、妖怪達も解散していた。


*内閣は決断力の遅さと、妖怪の大跋扈を許した責を問われ総辞職。



【四月~八月:座敷わらし大量発生】


上記の百鬼夜行に参加した座敷わらし達が帰り道が分からなくなり、

帝都内で迷子になった事件。

自分の家を探してそこらの家に毎日出入りを繰り返したため、

帝都の総ての家に金と幸運が舞い込み大混乱に陥った。


ただ道を歩くだけで金が懐に飛び込んでくる有様で、人々の労働意欲は低下し堕落する者が続出。

彷徨い続ける座敷わらしの群を、見かねた見守り地蔵が連携して家に送り届けるまでの数ヶ月、

帝都の諸機能は別の意味で停止していた。

座敷わらしが帰宅すると途端に状況は元に戻り、無茶な金繰りをしていた人々は一気に破産した。


帝都の運気が水泡の如くふくらみ、そして弾けて消えたこの現象を後に「水泡経済」と呼ぶ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
明治67年(「縊り影」時点)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

現在進行中。











178:  :

2012/11/27 (Tue) 12:00:16

なんという無能政権…
179:  :

2012/11/27 (Tue) 20:17:47

茸といい狸といい、突っ込みどころ満載で愛嬌があるなあ
180:   :

2012/11/27 (Tue) 21:08:33

ヴァール毎回やぶへびしてんのなwww
181:名無し :

2012/11/27 (Tue) 22:41:47

カグツチいいなあw
182:名無し :

2012/11/27 (Tue) 23:43:21

案外日本の神様具現化してないのね
ってヴァール北欧の女神って事は等身大か。怪獣二匹に食われるって結構グロい…
183:名無し :

2012/11/28 (Wed) 21:40:55

北欧の女神は…まぁ…いいんじゃないか、グロくても…
184:名無し :

2012/11/28 (Wed) 22:35:59

どういう意味だwww
しかしりんどぶりむとスクジン、共闘した事あるのか。
何かやりとりが仲よさそうだなーと思ってた
185:名無し :

2012/11/28 (Wed) 22:37:04

…この年表、正式に保管して欲しいな。
我猫の公式設定だし展示してあると助かる
186:触れ造 :

2012/11/29 (Thu) 00:46:14

保管していいなら喜んで保管いたしますがっつ!
187:名無し :

2012/11/29 (Thu) 21:47:49

メール送りましたんで確認お願いしますだ
188:名無し :

2012/12/01 (Sat) 07:42:26

くだらない質問ですいません
帝都では無双レベルの棚主ですが、山の中だとどんなもんなんですか?
やっぱかなり強い方なんででょうか?
189:名無し :

2012/12/01 (Sat) 23:22:00

平均的です
人間の壊し方を知っている住人相手なら、大体五分と五分ぐらいの戦いになりますね
棚主も人間ですから。傷つけば死にます。
190:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/12/04 (Tue) 23:00:29

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1354629629.png
「…つまり…この村の人達は、初めから悪意のある言い伝えに騙されていたんですね」

「ミスリードという奴だな。誰だってあんな石の絵を見れば、鬼灯と水盆を用意するさ」


茜色の光に染まった村の真ん中で、二人は地面に火を焚き、その灰を焼ける傍から掻き集めていた。

彼らの周囲には焚き火を囲むように大きな円状の溝が彫ってあり、

蕎麦先生は出来たての灰を溝に注ぎ込んでは、深く目を瞑って合掌する、という動作を繰り返す。


「純粋な木材だけを火にくべるんだ。薪だけを燃やした灰には魔よけの効果がある。

 本来私の専門外の、海外の方策だが……最早、塩も尽きたしな。仕方あるまい」


「ねぇ先生。シドモ様が、無理やりこの世に引き止められた水子の憎悪だって言いましたけど…

 水子は人を祟らないんでしょう?何か変じゃないですか、この言い回し。

 実際人を襲うのは水子じゃなくて、水子を食べた獣の魂なんだし」


「つまりだな、この村で行われた水子転生の儀式には、三つの結果がありえるわけだ」


休みなく溝に灰を注ぎながら、蕎麦先生が声だけを連ねて説明する。


「① 水子の魂が母体に宿り、正常な子供が生まれてくる

 ② 水子ではなく、水子を喰らった獣の魂が母体に宿り、シドモ様となって生まれてくる」


「…それで全部じゃないですか?三つ目の結果って…」


「③ 水子と獣の魂、両方が同時に母体に宿り、シドモ様となって生まれてくる」


美耶子の薪をくべる手が、ぴたりと止まった。

パチパチと弾ける炎が、吹き付ける風に、赤い掌のように揺れる。


「…②と、③って。どう違うんですか」


「即ち②の場合、純粋な獣の怨念が赤ん坊となって生まれ落ち、人間を襲う。

 こうして出来たシドモ様は言ってみればただのバケモノだ。凶悪な、殺戮衝動だけのバケモノ」





「③の場合のシドモ様は、獣と水子の魂、意識が混在している。

 記録によるとこのシドモ様は一見まともな人間のように育つが、実は精神の底に獣の殺戮衝動がくすぶっている。

 人を憎み、恨み……たとえば親思いの優しい「いい子」の顔をして。

 ある日。突然。自らの親を八つ裂きにしたりする」


それが一番タチが悪いじゃないか。美耶子は呟き、唾を飲み込む。

生まれてからずっと可愛い我が子であった存在が、突然自分に憎悪を向け、襲ってくる。

……シドモ様か、人間か。その瞬間まで区別がつかない……



「だからな、肉袋クン。③のシドモ様は、生け贄にされた獣と、まともな人間に成れなかった水子の、

 一匹と一人の混合憎悪なのだよ。

 獣はよくも殺しやがって!と憎み、水子はよくもバケモノにしやがって!と怨み、殺すのだ」


「…あれ……先生、それじゃ、③のシドモ様はこの村の外で本性を表す事になりますよね?」



成長してから親を殺すのだから。

と言う事は、この村の中にいるシドモ様は、必然的に生まれた瞬間から人を襲う

②のシドモ様、と言う事になる…?


いや、待て。そもそもこの村は外部の人間に対して子授けの儀式を行うのだ。

別に出産それ自体に立ち会うわけではない。

ならば、いずれにせよシドモ様は、村の外で発生するのでは…



蕎麦先生が、溝全体に灰を注ぎ終わり、汗を拭いながら美耶子に歩み寄ってきた。

考え込んでいる美耶子の肩に汚れた手を置き、顔を近づける。


「そうだ。シドモ様は、本来村の中には現れない。

 儀式を行う者達もシドモ様が生まれるリスクを知っていたから、

 妊婦を出産まで村に引きとめはしなかったし。生まれた子と二度会う事もしなかったんだ」


「じゃあ、何なんですか?あの石は、この……今の、状況は?」



「石は、万が一の時の、安全策。儀式を司る特別な家の者が、それ以外の村人を犠牲にして、生き残るためのな。

 ……そして、今の、シドモ様が村内にはびこっている現状は………」



誰か、生きた人間の意図した事だ。

シドモ様をあえて村内で産み落とすか、育てた奴が居る。

何事かを、期待して………




燃え盛る陽が、やがて山の狭間へ、堕ちて行った。


191:「蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編-」 :

2012/12/04 (Tue) 23:01:33

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1354629693.png
午後、10時。

夜の帳が下りてから、二人はずっと灰の積もった溝に囲まれた、6畳程度の円の中に居る。

火を焚いているとは言え、風の吹く屋外に座っているのは辛いものがある。

美耶子は民家から運び出した布団を地べたに直接敷き、毛布と掛け布団に挟まれて頭だけ火の方へ出し、転がっていた。

円の中にはそんな美耶子と、飲食物と薪、そして白い画用紙に白いクレヨンを塗りたくる蕎麦先生だけが存在している。


ちなみに灰を注いだ溝の上にも、雨避けのシートがかぶせられ、更にその上に灰の線が引かれていた。


「先生…それ、何してるんですか?」

「私の「信仰」だよ。こうしていると、神様が守ってくれるんだ」

「先生の神様って、あの護符に書かれた恵比寿様や、稲荷様じゃないんですか?」


白いクレヨンが、画用紙をがりがりと、白く白く、白く塗りたくる。

美耶子は自分の正面にあぐらをかいて座る蕎麦先生の顔が、


炎に、僅かに狂気じみた影を映すのを、見た。


「恵比寿様や稲荷様は、私だけを守ってはくれないからな。

 だがこの神様は、私を、私だけを、守ってくださる」


「……画用紙と、クレヨンが…?」


「人は何故神にすがると思う?」



クレヨンを画用紙にこすりつけながら、蕎麦先生が美耶子を見る。

今度ははっきりと、美耶子は彼の顔に、邪気を見た。

山羊の目のような、一切の人間性を感じさせない、暗い眼球。



「何もない、味方が一人も居ない絶望の底でさえも。

 神だけは個人個人が勝手に信じ、「居る」と思い込み………

 なきながら。すがりつく事が、出来るからさ」







「分かるか。肉袋。僕は八百万も、キリストも、仏陀も知らなかった。

 そんな僕が必死に思い込み、「創り上げた」のが、この「神」だ。

 姿の無い、白いだけの神だ。僕だけの、神だ」



蕎麦先生がクレヨンを取りこぼし、白に白を塗りこめた画用紙を抱きながら、美耶子に近づいた。

その表情にぎくりと身構える彼女の頬を、蕎麦先生の手が優しく撫で回す。

山羊の目が、ぐぐ、と嫌な笑みを浮かべ、言った。


「誰か居るぞ。この村に、私達と、屋敷のシドモ様以外の誰かが」


「!…何で分かるんです…?!」


「子授けの儀式には、何が要った?水子の死体と、へその緒……そして、それを喰らう犬猫だ。




 あの屋敷には、一匹も、犬猫は居なかった。死体すらも」


誰かが。処分したんだ。

村人たちは、着の身着のまま、隣町へ逃れたと言う。

ならば、犬猫を処分したのは彼らを囮に逃げ出した連中か……

あるいは後から、この村にやってきた、ダレカ。


蕎麦先生が美耶子に屈み込み、その耳に上から言葉を吹きかける。


「村人の行方不明者は、4人。その内の何人かが「石」の悪意を知る、特別な家の者だろう。

 彼らが儀式の媒体である犬猫を連れ去ったのか?

 ……それも、在りうるだろう。だが、今はもっと怪しい人間が居る」


誰ですか。そう問おうとした美耶子が、蕎麦先生の手を両手で抱き取り、布団から跳ね起きた。

一瞬で全身を震わせはじめた美耶子を抱きしめながら、変わらぬ歪んだ笑顔で、

蕎麦先生が、振り向いた。






灰の線の、すぐ向こう側に。

埃と血で汚れた黒髪を揺らす、黄色いキャミソールの女が立っていた。



「そう。君だナァ、ユミ………君は儀式の行われた屋敷に「閉じ込められていた」んだからな…」


ユミの端正な顔立ちが、その、整っている分だけ、余計に。

醜悪な、悪意の色を、色濃く映し出していた。


震える美耶子の目が、そのユミの手に下げられた、ナタと、潰れた獣の首を捉える。

無言で灰の線を越えようとするユミに、蕎麦先生が美耶子にしがみつかれたまま、立ち上がった。


「君はつまり、獣と水子の魂が同居した、第三のシドモ様というわけか?

 シゲ達の肝試しも、君が暗に煽ったんじゃないかね…そして自分だけ、あの屋敷に先回りして…」


「何言ってんの?」


バカじゃない。

そう斬り捨てたユミの足が、灰の線を。


いとも簡単に、踏み越えた。


蕎麦先生の笑顔が消え、美耶子が腰を抜かしたまま、その足にしがみつく。



嘲笑するユミの手に握られたナタが、ぽとりと赤い雫を垂らした。




「私は、「産まれた方」じゃない……「産んだ方」よ」


192:名無し :

2012/12/04 (Tue) 23:02:48

一旦切るー
193:名無し :

2012/12/06 (Thu) 12:51:30

神とは何かってテーマがいつもついて回るな
194:名無し :

2012/12/06 (Thu) 21:41:17

白い紙に白いクレヨンがりがりはおっかない(´・ω・`)
195:名無し :

2012/12/09 (Sun) 00:21:55

魂三郎の名前ですが、三郎と言う事は上の兄弟に二郎と一郎が居るのでしょうか?
あと三匹の眷属が魂三郎の配下になった経緯とかも知りたいです
196:名無し :

2012/12/09 (Sun) 08:56:51

四郎ちゃん…
197:名無し :

2012/12/09 (Sun) 20:48:49

魂三郎が使ってるおふだの詳細が知りたいです
198:名無し :

2012/12/10 (Mon) 01:11:59

>>196

【二郎と一郎の存在】

そのものずばり、魂一郎と魂二郎と言う白猫の兄がおりました。

魂三郎は自分の猫としての寿命が訪れた日、自然に猫又に変わって生き永らえましたが、
魂一郎と魂二郎は猫又に成れずに老衰死しました。

魂三郎もその事は知っていますが、生まれてすぐ別の家に貰われた兄弟なので別段悲しんでもいません。


ただ、二匹を飼っていた老人が二匹の死後すぐ、「魂一郎」と「魂二郎」と言う名の犬を飼いだしたため、
魂三郎は里子の目を盗んで、こっそりその老人を喰い殺しました。


【三匹の眷属が魂三郎の配下になった経緯】

AAの方で後々多少触れる事になりますが、三匹とも元・敵の妖怪です。

鳴釜はある人物を祟り殺そうとしたところを魂三郎に邪魔され、
石斬りは魂三郎を狙う人間の手に渡り、彼と戦う事になります。

皮剥ぎ女は肉吸いや女郎蜘蛛と言った、いわば「美しい女に化ける人喰い妖怪」の集団におり、
その頭目である「人肉大王(ダサい」の部下として魂三郎と戦います。


だいたい本人か持ち主がぶっ倒されて軍門に下ったクチです。


>>198

【魂三郎の呪符の詳細】

魂三郎が独学で自作した呪符です。
退魔用のアイテムですが、自立して動き回る幻(しろうかりetc)の本体としても使用できます。

呪符は基本的に悪霊や妖怪を退けるためのものなので、人間や純粋な生物を傷つける力は有りません。
グリゴールが三枚に下ろされたのは悪霊と一体化していて、純粋な生物でなくなっていたためです。
199:名無し :

2012/12/12 (Wed) 21:21:42

魂三郎けっこう普通に人喰いするのね…
200:名無し :

2012/12/12 (Wed) 23:59:49

人間の目から見たらアレだけど、
自分の兄弟が死んですぐに、その兄弟の名前を別の子につけられたらキレるわな

ところで猫の妖怪って思ったより物凄い強い奴多いのな
人間の食う飯の上を猫が跨ぐ→呪い完了→飯食った人間が死ぬ
とか、どんなチート技だよ…
201:名無し :

2012/12/17 (Mon) 00:01:42

シドモ様そろそろ来るかな?(正座
202:蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編- :

2012/12/18 (Tue) 21:51:42


ナオキはとても優しい人だったけれど、男女の間柄で一番肝心なトコが歪んでいたわ。

お互いが気持ちいいって事はとても大事だけど、一度「出来て」しまったらもう絶望しか残らない。

だって私達は、未だ学生なんだもの。


孕んだのは私、でも気持ちよくないからって避妊具を外したのは、ナオキ。

生理が来ないとか、お腹が気持ち悪いとかしょっちゅう言ってたら、

ナオキはある晩、いつもより数段滅茶苦茶な抱き方をしてから、バイクでこの村に私を連れてきたの。


何も心配ない、親に言う必要も、誰かにバレる恐れもない。

この村の人は、絶対秘密で、しかもタダで中絶をしてくれるんだって、彼は言った。

バイトの先輩とか、友達が何人もこの村の世話になったから、確かな話だって。


正直ショックだったけど、でも、仕方ないんだなって思った。

赤ちゃんを育てる能力は私達には無かったし。やっぱり親にバレるのは、恐い。

お腹が目立つ前にこうするのが、皆にとって一番いい事なんだって、ナオキに言われたの。


村の人達は、ナオキと私を見るとワケも聞かずにあのボロ屋敷に案内した。

私は裸にされて、一晩かけて変な薬を飲まされたり、マッサージを受けたりして、赤ちゃんを吐き出したわ。

中絶って凄く苦しいモノだって思ってたけど、痛みは全然無かった。

それもこの村の人気の秘密なんだって、ナオキは満足そうに笑って言ってた。


次の日ナオキは帰ったけど、私は酷い貧血とめまいで動けなくって、そのまま屋敷に残ったの。

村の人は嫌そうな顔をしてたけど、文句を言うでもなく布団を貸してくれたわ。




…今思えば無理をしてでも、帰ればよかった。

夜中に目が覚めて、トイレに行こうと扉を開けたの。

そしたら屋敷の外で、鳥居に村人が何人も集まってた。

何かもめてるらしくて、聞き耳を立てたのが運の尽きよ。


彼らは私の、人形みたいな小さな赤ちゃんを、小汚い犬に食べさせていたの。

バターみたいなものを塗って、ちょっとずつ、切り分けて。


屋敷の外で儀式をするのは禁忌だとか、でも中で私が寝てるから仕方ないとか。

御得意様から急に大口の依頼が来たから、急がなきゃいけないとか。

新鮮な死んだばかりの水子が、要るとか。


狂いそうだったわ。母性ってこういう事なのね。

自分の子供が目の前で喰われていくのを見て、正気で居られる女なんて居る?


私は尿意も忘れて中に戻ったわ。声を殺して泣き尽くした。

それでも暫くすると落ち着いてきて、血が上った頭が冷静に、動き出したの。


許せない。ナオキも、この村の奴らも、ほうってはおけない。ってね。


視界の端に、磔台みたいなものが見えたわ。

近寄っていったら、昼間は無かった穴が開いていたの。

下には、変なお札がべたべた張られた部屋。

部屋の中には………



私はそれから足が立たないとか、吐き気が酷いとか言ってギリギリまで村に留まったわ。

隙を見てはお札の部屋に降りて行って、村人がして来た事、犯した罪を読み調べたの。

内容は馬鹿馬鹿しかったけど、信じる信じないの問題じゃなかったわ。

とにかく奴らを苦しめる方法が知りたかった。




そしてそれは、簡単に見つかったわ。


203:蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編- :

2012/12/18 (Tue) 21:52:28


「…君はこの村で、あえてシドモ様を産んだんだな。自分で獣を解体し、ハラワタを喰らって?」


「違うわ。いきなりそんな捨て身の行動はしない。

 ハラワタをすり潰して、村人の食事の鍋に混ぜてやったのよ。何度も何度もね」


ユミの話に美耶子が地面に手をつき、おえっ、とえずいた。

蕎麦先生の顔からは既に笑みが消え、はっきりと嫌悪を宿した目が、血濡れのユミを睨んでいる。

ユミはそんな二人にナタと獣の首をぶらぶら揺らしながら、愉快そうに笑って続けた。


「犬や猫の数が減ったのに気付いて、あいつら慌ててたみたいだけど。

 私は追求される前に山を降りたわ。評判どおり、名前も住所も一切聞かれなかったしね。

 …日常に戻ってからも、異変が起きるのを今か今かと心待ちにしていたわ。そして期待通りの事が起きた…」


ふと、美耶子はユミが何故こんな事をべらべら喋るのかといぶかしんだ。

自分と蕎麦先生は、ユミにとっては完全な他人だ。

勿論普通の殺人事件と違って、ユミがした事は法律などではまともに裁けない類の事。

シドモ様を村の女に宿しただとか、人工的な輪廻転生の儀式を行っただとか。そんな事を裁判所が取り合うわけが無い。


…そう考えれば確かにユミが自分のしでかした事を話そうと話すまいと、彼女に実質的なリスクは無いわけだが。


ユミが美耶子達の焚き火に手をかざし、はぁー、と満足げに息をつく。


「ね、面白いこと教えてあげましょうか。水子の宿ったハラワタは、普通一人の女に食べさせるでしょう?

 それを鍋なんかに入れて、二人以上の女に食べさせたらどうなるか?」


「…シドモ様は、発生したぞ。あの屋敷の中に、居た」


「黒くて、何かでべちょべちょに濡れたシドモ様がね。

 ぇへへ……あのね、ハラワタを何人かで食べ分けるとね………

 生まれてくる時、「食べた分」しか出てこないのよ?

 頭だけとか、手だけとか、足だけとか………

 書いてあったでしょ。あの、本に…」


えへへ、えへへ、とわざと愛らしい声で笑うユミが、手にした獣の首をぼん!と火に放り込んだ。





その瞬間。山間の静かな空気を、何かが破裂したような凄まじい音が貫いた。


とっさに身を屈め、美耶子を庇う蕎麦先生の目の前で。ユミが糸の切れたマリオネットのように、ばたりと倒れる。

音の正体を勘ぐるヒマすらなく、夜闇の向こうから何かが、靴と鉄の音を鳴らして迫ってきた。


焚き火の光に、やがて四つの長い影が地面に刻まれる。

上等だがありふれたデザインの私服に身を包んだ中年の男女と、若い背の高い男が一人。

そして一人だけ、ごわごわと生地のささくれ立った、どす黒い、蟲が集ったような布を纏った老人が、

古めかしい猟銃をこちらに向けて構えていた。



四人。蕎麦先生と美耶子は、一瞬で連中が何者かを察した。

行方不明になった四人の村人。他の村人を犠牲に逃げ延びた、儀式を司る、特別な家の人間達。


「……ずっと、見張っていたのか…?まさか……」

「このアマ、何てぇ事してくれたんだ!」


中年の男がユミを指差し、罵声を浴びせる。


蕎麦先生は、人間の人格は年齢と共に顔かたちに浮き出るものと考えている。

骨格の美醜の話ではなく、ある種の下劣な生き方をしてきた者は、特有の歪みが顔面に生じるのだ。

恥も知らず、誰も思いやらず、誇りの無い生き方をしてきた者は必ず下品な、醜い中年になる。


蕎麦先生の基準において、目の前の中年男は最悪の形相を呈していた。

一方傍らの中年女は、怒ってはいるようだが、どこか情けない、後ろめたそうな色を表情に浮かべている。

若い男は純粋な殺意の塊だ。人ならざると言ってよいほど吊りあがった目で、金属バットを振りかざしていた。


そして、問題は四人目の老人…

蕎麦先生も美耶子も、こんな奇怪な人間は見た事も無かった。

まず目の焦点が合っていない。斜視というものはあるが、それとも微妙に違っていた。

まるで、カメレオンだ。それもぐりぐり動き回るのではなく、視神経が切れているかのように

両の瞳が互い違いの方向に固まって落ち込んでいた。


そして鼻孔と口唇が、裂けて繋がっている。人の顔と言うよりは、犬に近い。

肌は土気色で、顔も、衣から見える足も、がりがりに痩せているのに、猟銃を構える腕だけは、丸太のように赤く膨らんでいる。


「お父っつぁん!どうすんだよ!!女は殺した!こいつらはどうする!?」


中年男がヒステリックに叫び、蕎麦先生と美耶子を何度も何度も指差した。

ユミと違い、この四人とは会話が出来そうに無い。

蕎麦先生は美耶子と共にそっと身を起こし、僅かに後ろへあとずさった。


『『 外のモンにぃー知られてはぁならぬぅー 』』


『『 儀式ぃなくしてぇー村はぁ存続できぬぅー 』』


気の抜けるような、吐息と鼻息に混じった空ろな声が老人から放たれる。


蕎麦先生は、老人が口唇が裂けているにもかかわらず、はっきりと唇音(呼気が唇に触れる事で出せる音)を操るのを見て。

老人もまた、シドモ様と同じく、まともな人間ではないのだろうと思った。


若い男が金属バットを構えたまま、二人に向かって歩み寄ってくる。

中年男が後ろから、今度は笛のようなカン高い笑い声を上げて叫んだ。


「孫八!女の足を折ってな!男はブッ殺せ!!もう一人殺したんだ!何しても同じだんべ!!」

「親父。お袋どっかやっててくれや。趣味悪いでよ」


「ばっかおめぇ!祭司の血筋のモンがンな肝の小せぇ事でどーすんだ!?

 母ちゃんの前でも立派におっ勃てて犯せや!!わしらぁ子授けの専門家じゃい!!

 見とってやっからよ!!乳のでかい女じゃぁ!!!」


最後の最後で、一番タチの悪い敵に当たった。

腰にすがり付いてくる美耶子を庇ったまま、蕎麦先生は密かに拳を握り締める。


若い男や、中年男女はまだいい。老人の持つ猟銃だけが、素手の蕎麦先生には対処できない。

手元にある道具は何だ?白いクレヨンと、それを塗りたくった画用紙、発光していないライトボール、

いつの間にか両目と口を全開にしていたテルテル坊主と、飲食物、焚き火に手を伸ばせば、燃えている薪を掴めるだろう。

あとは、あとは、、、


咆哮を上げて、たたらを踏むように若い男が、金属バットを蕎麦先生に向かって振り上げた。

204:蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編- :

2012/12/18 (Tue) 21:53:21


男が蕎麦先生を囲む灰の円を踏んだ瞬間、ブルーシートがズボッ!と音を立てて、溝の中に男の足ごと落下した。

足を取られ「おわっ!」と声を上げる男が、迫る地面に手をつき、顔を再び前方に向けた瞬間。

蕎麦先生が脇を走りぬけ、その腰から美耶子がスタンガンを抜き取り、


あんぐりと開いた男の口に、火花を散らすスタンガンが、叩き込まれた。


「孫八ぃいいいいいいッ!!!!!」


絶叫する中年男女の目の前で、男の体が痙攣し、口から花火のように閃光を撒き散らす。

通常、スタンガンと言う物は映画やドラマで描写されるほど、強い威力を発揮しない。

スタンガンを押し付けられれば数分は動けなくなるとか、意識を失うとか言う話があるが、

実際はよほど強力な物で無い限り、せいぜい数秒で立ち上がり、復帰できる程度のダメージしか無い。


しかるに、美耶子のスタンガンは明らかに違法改造を施してあった。

しかも大した技術も無いくせに配線を弄り回したお陰で、男の口内ではスタンガン本体が破壊される程にスパークし、

最早美耶子自身も手を離さねばならぬほどの大発電が起こっていた。

口内にさえ突っ込まなければ弾き飛ばされて助かっただろうに…しかし美耶子は尻餅をつきながら、燃える男に中指を立てて吐き捨てた。


「お化けじゃなきゃ怖くねーんだよ!この………ヘニャチン野郎ッ!!!」


見た事も無いくせに悪態を吐く美耶子の前方で、蕎麦先生が武器を拾い上げる。

それは、燃え盛る薪ではない。倒れたユミが取り落とした、血の滴るナタだ。





空気を裂く銃声が、再び村内に響いた。

はっと音の方を見やる中年男女と、美耶子。


蕎麦先生が足首から血を噴出し、そのまま顔面から地面に倒れ込む。

やった!と声を上げる中年男の、視界の端で。



老人の手から、猟銃が音も無く落ちた。


蕎麦先生が放ったナタは、老人の右手の上腕から体内に突き刺さり、肉をハムのようにべろりとこそいでいた。

老人が体をくの字に折ると、同時に赤ん坊のような声で笑い出す。


「この……悪魔めぇええええッ!!!!」


地面に倒れたまま、落ちた猟銃に手を伸ばす蕎麦先生に。中年男が走り寄る。

蕎麦先生の人差し指が猟銃に触れるか。中年男の靴底がそれを蹴り上げるか。

結果が出る寸前、


「産まれるわ!産まれるのッ!!見て!!!!!」


老人の哄笑に混じって。ユミの喜びに満ちた、おぞましい歓声が上がった。

彼女に視線をやったその場の全員が、思わず息を呑み、硬直する。

胸から血を流すユミが、風船のように。

美耶子が、蕎麦先生が、同時に総てを察し、叫んだ。


「『処分』したんじゃなかったのか!バカな……水子の魂を!『総て』ッ!!!!」

「全部食べちゃったの!?先生!!!何が産まれるの!!!?何が…!!!!」


ユミの体から、全身から、黒い、汚水のような、瘴気が。



【  わ た し の あ か ち ゃ ぁ  あ  ん  】




その声が世界を揺らしたかと思うと。ユミから、あの夜、蕎麦先生を包んだ、「闇」が。


村を、呑み込んだ。








悲鳴。悲鳴。悲鳴。哄笑。

黒く黒く塗りつぶされていく視界の中で、生きている者達の口からそれぞれの音が吹き上がった。

蕎麦先生は傷む左足を引きずりながら、猟銃を手に掴み、立ち上がる。


視界を埋め尽くす黒色は、総てシドモ様なのだろう。

だが、各人が悲鳴を上げていられるのならば、未だシドモ様は、自分達を認識していないのか。

何の根拠も無いが、たとえば人間の赤ん坊は、生まれてから目が開くまでに個人差がある。

生まれてすぐ眼を開ける者もいれば、一日二日と閉じたままの者も居る。

シドモ様が発生してから人間を認識するまでに、多少猶予があるのかもしれない。


蕎麦先生は感電した男のせいで最早意味をなくした灰の円の方をカンだけで振り返り、美耶子を呼んだ。

美耶子の泣き叫ぶ声は聞こえる。だが、返事はない。

蕎麦先生は汚水の雫を撒き散らしながら飛び交う闇をかきわけるように、美耶子の方へ、歩く。


急がなくては、いつ周囲の闇が牙を剥くか分からない。しかし……

闇が、まるで風のようにごうごうと音を立てて飛び交うせいで、視覚も、聴覚も狂わされる。

蕎麦先生は意を決して、大声を上げながら猟銃を、頭上に向けて撃った。

空気を裂く破裂音。しかしそれもすぐに、シドモ様の音にかき消される。


美耶子を呼ぶ。美耶子も、蕎麦先生を呼んでいる。しかし、目の前の地面すら見えない。

どこだ!美耶子!


もう一度猟銃を撃とうと頭上に持ち上げた。瞬間。


205:蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編- :

2012/12/18 (Tue) 21:54:49


「うがぁああああああああテメェエエエエエエらぁああああーーーー!!!!!!!」


爆音。怒声。聞いた事のある男のそれが、強烈な光を帯びて闇に飛び込んできた。

猟銃を構えた蕎麦先生と、地面にうずくまっている美耶子を。やがてその光が、至近から照らし出す。

黒いフルフェイスのヘルメットをかぶった、迷彩柄のカーゴパンツとタンクトップ姿の男が、

大きな、緑色のバイクにまたがっていた。


「シゲか!?お前……戻ってきたのか!!」

「『浅はかなガキ』なんでね!乗れよ!ここはヤべぇッ!!」


美耶子をシゲの背に押し上げ、蕎麦先生が最後尾にすがり付く。


「さ、三人も乗れるの!?」

「日本じゃ違法ッスけどね!外国じゃ4・5人乗りが当たり前ってトコもあるってよ!」


掴まれと叫ぶシゲが、エンジンを吹かした瞬間。

ハンドルを握るその手を、べろりと肉の剥がれた腕が、軋むほどに掴んだ。


なっ!と声を上げるシゲと美耶子の前に、カメレオンのような眼をした老人が闇を裂いて顔を出す。


『『  逃 が さ ぬ 。 逃 が し て は な ら ぬ ぅ ぅ ー  』』


腕に刺さったナタを、ごきりと、引き抜く。

老人がその刃を、シゲに振りかざした。

瞬間。




蕎麦先生が、猟銃の銃床を、老人のこめかみに叩き付けた。


「ここに居ろ。報いが、待っている」


老人と、猟銃が闇の中に吸い込まれ。

三人を乗せたバイクが、闇を裂いて走り出した。


悲鳴と、悲鳴と、悲鳴が後方に響き渡る。

途中何度も段差や障害物に車輪を取られながら、

それでもバイクは、やがて闇を追い抜き。


夜の山道を、一台だけで駆け始めた。



206:蕎麦袋 怪奇ファイル -シドモ様編- :

2012/12/18 (Tue) 21:56:27









都会の道路を、青白い光が照らし出している。


早朝の人通りの無い交差点。

角から現れた白いブラウスに、スカイブルーのスカートを履いた女が、点滅する信号の下を歩き過ぎる。


女は書類封筒を片手にぶらぶら揺らしながら、やがて道路向こうのラーメン屋に入って行った。

「元祖日本麺」と看板を掲げたそこには、安っぽいパイプ椅子のテーブル席が二つと、

立派なヒノキのカウンター席が在る。


そしてカウンター席にだけ、唯一ホホバ油で髪をびしっと撫で付けた、男客が座っていた。


「お早う御座います先生、すいませんね、こんな時間に呼び出して」

「眠い」


短く不平を零す蕎麦先生の隣に、美耶子が腰を下ろしながら書類封筒をカウンターに落とした。

蕎麦先生がフン、と鼻を鳴らしながら、それを取り上げて開封する。

彼の足元には、松葉杖が立てかけてあった。


「…『完全消失』……か。何とも言えない結果だな」


「あの後、警察が村に行った時には総てが消え失せていたそうです。

 四人の行方不明者も、ユミさんも………当然、シドモ様もね。

 私のスタンガンも、猟銃も見つからなかったそうです。まぁ、ややこしい事にならなかった分ラッキーでしたけど…」


「あまり違法な凶器は持ち歩くな。君には前科があるんだからな」


報告書類に目を通す蕎麦先生の前に、不意にカウンターからたくましい腕が、天ぷら蕎麦を運んできた。

腕の主は坊主頭を指で掻きながら、美耶子に御注文は?と問う。

美耶子はメニューを食い入るように見つめ、最終的にお子様ランチをシゲに注文した。


「ラーメン屋なのにラーメン頼まねぇ人達だなー」


「いいじゃんシゲさん!知らない仲でもないし!

 でもびっくりしたよ、その年で厨房立ってるんだ」


「親父に鍛えられてたから。最もその親父は、借金こさえて女と逃げちまったけど……

 先生見たく、大学教員だったら良かったんスけどね、カタブツの」


この人全然カタブツじゃないよ?

突っ込む美耶子の隣で、蕎麦先生が書類をカウンターに撒き、息を吐いた。


…結局、最後に何が起こったかは、分からずじまいなのだ。


「先生、結局なんだったんスかね。シドモ様って。

 あのジジイや、ユミは……どこに消えちまったんでしょうね」


「喰われたか、どこぞへ連れ去られたか。いずれにせよ最早生きてはいまい……

 根の深い呪いに関わったツケだ。シドモ様の群も、どうなったやら」


お子様ランチを作るシゲを眺めながら、美耶子がでも、と声を立てる。


「今までだって、シドモ様は作り出されてたわけですよね。親を殺して、それで…

 その後、シドモ様になってしまった水子や獣は、どこに行ったんでしょう」


「分からんよ。何故なら、シドモ様に関わった者は皆殺されるからだ。

 逃げ延びた者も、わざわざ跡を追おうとはせん。後は野となれ、山となれだ…

 前に行ったろう?呪いとは、人に災いをもたらすものと、社会に災いをもたらすものがあると。

 行方知れずになったシドモ様は、もしくは、社会に災いを振り撒き続けているのかも知れん」


正に、呪いを世に、放ったのだ。

忌々しげに蕎麦先生が、海老天の尻尾を齧る。

サクサクという音を聞きながら、美耶子は一人、でも、と思う。


ユミが水子の魂を、全部飲み込み、産み尽くしたのなら。

そして儀式を行う家の者が、もう、居ないとしたら。

これ以後、新しいシドモ様が生まれることは、多分、ない。


そしてひょっとしたら……今世に散っているシドモ様も、いつか、いつか、また、、、



「また、赤ちゃんに、生まれてこれるよね…」

「そう願う」


美耶子の前に、日の丸が突き刺さったお子様ランチが置かれ。

それと同時に、店の奥から、パジャマ姿のシゲの彼女が出てきた。


やがて始まる若者どもの賑やかな朝食会の喧騒に、

眉をしかめながら汁を啜る蕎麦先生の足元で。



松葉杖に引っかかったテルテル坊主が、小さく、呆れたように笑った。










                       ―― 了 。 





207:名無し :

2012/12/19 (Wed) 19:52:02

うぉおお…!!
素敵な作品ありがとうございます!
208:名無し :

2012/12/21 (Fri) 01:13:10

感想有難う!



明日我猫も完結するよ。夜7~9時ぐらい。
209:名無し :

2012/12/21 (Fri) 16:35:30

おつかれさまでした
蕎麦先生かっけなぁ・・・
210:名無し :

2012/12/24 (Mon) 22:24:05

我猫世界ではYHVHとキリストが実在するかどうか分からないとの事ですが、
アマテラスや北欧のヴァールは存在するんですよね?
その辺の線引きとか知りたいです
211:名無し :

2012/12/24 (Mon) 23:27:25

グリゴールが変身したYHVHや、魂三郎が召喚した魔神キリストは勿論まがい物として。


結論から言うとあの世界に「実在する神」としてのYHVHとキリストは居ません。
何故ならアマテラスやヴァールに比べ、その存在に「具体性」と「特定性」が乏しいからです。


まずYHVHに関して。前提としてユダヤ教とキリスト教は実はオリジナルの宗教ではなく、
他の宗教の伝説や教義を目一杯吸収して構成されています。

それ自体は勿論他の宗教にも在りうる事ですが、問題はその内容が歴史的に矛盾しまくっている事。


棚主も言っていましたが、たとえば地獄の大魔王べるぜぶるは、元々ばあるぜぶると言う豊穣の神でありながら、
ユダヤ人達が自分達の都合で悪の権化として堕落させた他宗教の神です。

べるぜぶるのように魔王にされた神は他にも居て、YHVHが滅ぼすべき悪魔として聖書に登場します。

ところがYHVHはこの魔王達の設定や伝説をちょくちょく吸収、模倣して形作られた節があり、
ばあるのために捧げられた讃美歌なんかを、歌詞の「ばある」を自分の名前に変えて歌わせたりしています。

しかも色んなところから伝説を吸収したせいでその正体が教派によってバラバラになってしまい、
唯一神だったりキリストの別名だったりそれ以外だったりまとまりません。

信者の内でさえYHVHの正体や、漠然とした性質などが統一されずもやもやと放置されているせいで、
「姿の在る存在」として現れ出ることが出来ない、というのが、我猫世界にYHVHが居ない理由です。
読み方すら分かりませんからね。YHVH。

ちなみに北欧神話のヴァールも正体不明の女神なのですが、
こちらは名前と「復讐を司る力の在る女神」という定義があるために北欧の神として出現しました。


で、キリスト。これが神霊として存在しない(というより出来ない)理由は二つあります。

一つはキリスト教にキリストが全く関係ないこと。
キリストが死亡した後に弟子が作ったのがキリスト教であり、
そこで語られるキリスト像も本人のものとは全然違います。

我猫世界では由緒の違いはありますが、宗教とそれに属する神を信じる人々の思念などが積もり積もって
「実在する神」を生み出します。

しかし、キリスト教徒は史実のキリストを信じているつもりで、
その弟子が描いたキリスト像や、白人が勝手に改変した「白いキリスト」を信じたりしているせいで、
思念の方向性がバラバラになってしまい、YHVHと同じように「たった一人のキリスト」を生み出せないのです。


二つ目の理由は、仮にキリストが神霊として具現化しても長生きできないからです。

どう言う事かというと、前述のようにキリストには

「史実の有色人種のキリスト(最期に神に失望した人間」
「弟子達が勝手に作った、理想としてのキリスト」
「白人のキリスト」
と、おおまかに三種類のキリストが存在します。

この三人は性質も言ってる事も全然違う別人なわけですが、
それぞれを信じている信者達にとっては「たった一人の大事な救世主」なわけです。


もうお分かりかと思いますが、世界のどこかで三人の内のダレカが具現化したとしたら、
その他の教派にとって、そのキリストは「主の名を騙る魔王」という事になるわけです。

救世主を持たない他のキリスト教派の人間が、全力で具現化したキリストを殺しに来るので、
神霊としてのイエス・キリストは長生きできないのです。
「人間」と言う設定ですからね。ハルマゲドンが来るまでは。
ゆえにナイフ一本で簡単に殺せるのです。
212:名無し :

2012/12/25 (Tue) 00:08:25

救いようがねぇな…
213:  :

2012/12/25 (Tue) 20:39:39

本来信じる者が居れば具現化できるはずなのに
「姿」が多様化したが故に具現化できないのか、皮肉だな
214:名無し :

2012/12/27 (Thu) 12:58:41

作者さんが本来考えてた、シリーズ通しての題名が知りたいです。
だんだん姥捨て山って題から離れてる希ガス。良い意味で
215:名無し :

2012/12/27 (Thu) 21:23:21

本来と言う事なら、題名は考えてませんでした。無題です。
今あえて題名つけろといわれても、思いつきませんね。

ビデオ棚の人達に貰った「気触れと潰れ」と、
懐中コオロギさんに貰った「姥捨て山」が題名です。
人からつけて貰った名前ってのはいいもんです。宝物になります。
216:名無し :

2012/12/27 (Thu) 21:51:44

中二病と王道の違いについて見解を・・・王道が書きたいんです!
217:名無し :

2012/12/28 (Fri) 00:00:11

王道とは正攻法の基本形、その分野で最も確実な手段・技法の事です。

中二病というのは主に他人やその作品等に貼り付けるレッテルであって、ただの悪口です。

王道を書くためには先ず色んなシナリオに触れて、あなたが一番感動した、気に入ったシナリオを読み込みましょう。
創作の基本は模倣です。プロの書いたシナリオには一級品の技術がたっぷり詰まっています。

パクりましょう。盗みましょう。好きな作品と似た文章・シーンを書いてみましょう。


先ず短編から。好きなシーンだけでいいので書いて見る事です。想像するだけでもいいです。

積み重ねているうちに、王道は書けるようになります。



それから、特にシナリオ執筆においては、中二病という言葉は敵です。意識してもいい事はありません。

そういう言葉は創作の足枷にしかならず、あなたの文章とセンスを殺します。


中二病とは何か。結局気に入らない人間や分野を一方的に貶めるためだけの悪口です。

キモいとか、ウザいという言葉と同じです。論理を伴わずに相手を否定できる便利な悪口です。

主にファンタジーや超人的な描写に対して用いられますが、そういった分野の物語は神話の時代から脈々と伝えられる「王道」です。

一方「中二病」というレッテルの歴史は20年もありません。


たかがポッと出の流行概念に縛られてはいけません。書きたいものを書きましょう。
218:名無し :

2012/12/28 (Fri) 01:30:16

なんかすごく納得した。
219:名無し :

2013/01/15 (Tue) 18:25:42

我猫やクラクラモクランの男性陣には燃えるような熱い心の持ち主が多くて
逆に悪役側には同情の余地も無いぐらい醜い人物が多いですが
この辺りの引き出しと言うかポリシーみたいなものはありますか?
220:名無し :

2013/01/16 (Wed) 01:10:12

我猫に血気盛んな、信義だの尊厳だのと騒ぐ男が多いのは蕎麦先生の趣味です。

悪役にゲスが多いのは蕎麦先生が人間の醜さを充分に直視して来た結果です(あと棚主の入れ知恵も多少)。

ただ、蕎麦先生は善悪二元論者というわけでもないです。タダレが小娘にした事とその動機を話したとしても、

蕎麦先生がタダレを軽蔑したり、責める事はありません。今も仕事場に戻ってくるのを待っています。


クラクラモクランに熱い(?)男が多いのは……  …そんな多いか?(疑問)

基本的にクラクラモクランの主役陣、特に戦う男どもは悪人が多めだと思います。

何でかというと、そもそもクラクラモクランの男どもは「悪者をぶっ殺す悪者」というコンセプトで作ったキャラが多いので。

個人的な話になりますが、作者は昔から「悪者を性善説前提で赦しちゃう心優しい主人公」とか「不殺主義のヒーロー」がダイキライでして。

「てめー殺し合いなめてんじゃねーぞ!」とかナマイキな事考えてるガキだったのです。


だからほら、棚主も魂三郎もぷんぷん血生臭い。アレ私の趣味なんです。

実際何らかの理由で殺されそうになってる時に、心優しい善人なんかクソの役にも立ちませんからね。

話の分かる殺人者の方がずっと頼りになります。

つまり、作者が「自分がヤバい時に助けに来て欲しい人物像」が、棚主や緋田なわけです(緋田に借り作ると色々アレですが)。


クラクラモクランのストーリーを思い出して貰うと、大抵そういう流れになってると思うんですよ。

良識とか倫理とか意味もない、うすっぺらい偽善者と狂信暴力の化身のような集団が世間に災厄をばら撒いている真っ最中。

銃口を突きつけられている一般人の前に現れるのが、棚主だったり緋扇組だったり、伊比井だったりするわけです。

だから必然的に悪役は救いようの無いゲスになるんですね。


その点で言うと時計屋は我ながらイレギュラーな野郎でしたが。助けに来て欲しくない。
221:名無し :

2013/01/16 (Wed) 22:17:53

ギオは手南さんがいなくても戦えるようですが、
あえて手南さんがギオを使役『操作』するメリットとかありますか?
222:名無し :

2013/01/17 (Thu) 00:37:09

お受験中だから終わってからで…
重箱の隅をつつくようですが退魔師という言葉は近年作られた造語だと聞きました
蕎麦先生が独自に考えたと言う設定なのでしょうか
223:名無し :

2013/01/17 (Thu) 01:42:29

>>222

自力で戦っている時のギオよりも、手南の生気を貰って操作されている時のギオの方が、数段強いです。

ここで言う生気とは生物の活力とか寿命と言うより、万物を育み生かす自然のエネルギーを指します。

辞書にも載っている意味合いですが、人間や他の生き物には自然から、たとえば太陽の光とか水面からの水気といった、

心地よい良質な力の干渉を受けそれをエネルギーに変える力があると考えられています。

手南はそうして体内に溜め込んだ生気を使い魔に捧げる事を条件に、使い魔を自在に操るわけです。

この時の手南は自分の生気を手放し続けるので筋力が鈍り活発に動けなくなりますが、

逆にギオは彼の分の生気をも手に出来るので、単純に手南の身体能力を上乗せした活躍が出来ます。

(操作時ギオは犬より速く走りますし、握手した人間の腕を引っこ抜けます)


またギオを操作している時、手南にはギオが見ているもの、聞いている音などを感じる事が出来るので、

人間が入れない危険な場所にギオを送り込み、かつギオには出来ない複雑な作業(文字の解読や機械の操作など)をさせる事が出来ます。

よって二人が組む事で式神や護法善神よりも幅広いトリッキーな活躍が出来るようになります。



>>223

確かに「退魔師」というのは蕎麦先生が考えたというか、組み合わせた単語ですが…

実は退魔寺というお寺がありまして、この名前は江戸時代につけられたそうです。

意味合いもどうやら本来の魔を退ける、という事のようですので、退魔師という発想は別に斬新なものでもないようですね。

魔を退ける人、という意味合いなら、僧侶や呪い師もそのまま含まれますし。


よく降魔と言う言葉は実在するが、退魔という言葉は本来実在しない造語、と言われますが…

何にでも言える事ですが、「~が昔から在った」と証明するのは資料さえ出せば事足りるのですが、

「~は無かった」と証明するのは実は物凄く難しかったりします。


たとえば辞書を引いても気狂いという意味での「気触れ」は載っていませんが、

この言葉は少なくとも明治時代には文書に記載されています。

前回ビデオ棚に投下した中に出てきた「作話」も、辞書で引くと心理用語としての意味合いで紹介されますが、

心理学が全然メジャーじゃなかった時代はちゃんと「作り話」という意味合いで使用されていました。


なので、私は基本的にその言葉の意味がその時代的に無理なく通って、かつ使用され得た、あるいは

考え出され得たものなら、けっこうガンガン使っちゃいます。

退魔師もそのクチですね、「退魔」という言葉が既に存在していたなら、蕎麦先生が「退魔師」を思いついても不自然じゃあるまい。と。


個人的には多分「退魔師」を考えた人間は居たと思うんですがね。江戸時代ぐらいには既に。

いつかそういう文書がどこかからひょっこり出てこないかな、と期待してます。
224:名無し :

2013/01/17 (Thu) 21:07:09

どんだけ色々考えとんねん(;∀;)
225:名無し :

2013/01/18 (Fri) 14:24:07

お近さんとか羅刹とかの暴力系ヒロインが凄く好きです
やっぱりトラドラとかのライトノベルもお好きですか?
226:名無し :

2013/01/18 (Fri) 15:45:51

俺は初期の気触れとかモグラとかタダレが好き
作者さんの「萌える女の子」の定義とか聞いてみたい、ヤンデレに対する考えとか
227:名無し :

2013/01/18 (Fri) 16:08:30

不幸な女の子が萌えるんだっけか
228:名無し :

2013/01/18 (Fri) 18:43:57

息抜きにノコノコ(:::゚ω゚)

>>226

ライトノベルの定義自体が曖昧なので答え難いのですが、他の小説と同じく好きな物もあれば苦手な物もあります。

ただ、質問の趣旨からはやや外れますが、暴力系ヒロイン(暴力を振るうヒロイン)は

物語にとって物凄く危険な素材なので、扱う時は細心の注意をはらって動かします。


どういう事かと言うと、物語には様々なタイプ性格のキャラがいて、それぞれがそれぞれの役目を担って全体を構成しています。

中には暴力的なキャラも、醜悪なキャラもいて、でも全員が物語が正常に動くために働く歯車なわけです。

この歯車の性質、配置などは作者の裁量によって好きに組み合わせられるわけですが…

「暴力系ヒロイン」は配置の仕方によっては、全体を一発で瓦解させるぐらいの影響力を持っています。

上手に上手に、最高レベルに魅力的に配置してやらなければならない歯車の一つなんですね。


これはホラー系の脚本に進んだ小説倶楽部の同級生(と言っても年は20以上離れてるおじさん)が教えてくれたんですが、

人間は基本的に「理不尽な死」には恐怖を抱きますが、「理不尽な暴力」には怒りと嫌悪を感じるものなんですね。

善良なモブが、いきなり現れた殺人者に惨殺されたら恐怖系の感情を抱きやすいですが、

善良なモブが、いきなり現れたチンピラにボコボコにされて泣かされたら、多くの人は怒りや苛立ちを感じます。

勿論演出の性質によって効果は異なりますが、これはけっこう色んな脚本に使える法則です。


読者に怖がらせたいキャラは殺人描写を詳しく描写し、

読者に憎ませたいキャラは暴力描写を詳しく描写すればいい。

結果的に殺人になってもいいんです、とにかく暴力をリアルに粘着質に描写すればそのキャラは嫌われます。

ただし暴力にまっとうな「理由」があってはいけない。「理不尽」である事が暴力を醜悪に演出するコツです。


話がそれてきましたが、つまり「暴力系」というカテゴリーは、読者の怒り・嫌悪を引き出すのに抜群の効果を持っているという事。

で、暴力系ヒロインにはその素質があるわけですね。

そしていわゆる暴力系ヒロインの暴力と言うのは、主人公陣、特に物語の主人公本人に向かう事が多いように見受けられます。


主人公というのは、勿論違う場合もありますが、基本的に読者が感情移入したり、物語を見るための「主観レンズ」の役割を果たします。

この主人公に暴力を振るう人間は、基本的に読者にとっては「敵」に映るわけです。

暴力系ヒロイン(特にライトノベルに頻繁に現れる「恋人ヒロイン」)は、このハンデを持ったまま活躍しなきゃならんわけです。

勿論、暴力を振るう事に理由があったり、彼女達なりの正義や規範に基づいていればある程度は大丈夫。

もっと言えば主人公や仲間に暴力の矛先を向けなきゃいい。

お近や羅刹はそのあたりに結構気を使って作ったキャラです。


勿論、理由も動機もなく仲間に暴力を振るうヒロインも「アリ」です。物語は自由なものですから。

そういうキャラを上手に前面に押し出すのも手腕の一つです。



ただし、基本的に暴力系ヒロインは多くの読者にとって「不快」に映る事を念頭に置く必要があります。

その「不快」を解消するために策を講じるにも、無視して突っ走り、暴力系ジャンルを極めるにしろ、

作者は相応の努力をキャラクターに注がなければなりません。

別に描写や趣向を自重するわけではありません。手を抜かない、という事です。


暴力系ヒロインをより多くの読者に受け入れさせるために、キャラを魅力的に、暴力を赦せるぐらい美しく仕上げるか、

多少の拒絶は覚悟の上で、とことん暴力的に、邪悪なキャラクターとして完成させるか、

あるいは不快に思われる状態を完成体として、そのままの立ち位置で固定するか。

作者としてのキャラメイキングの姿勢をしっかり持たなければいけません。


ここで手を抜くと、多分作者自身が辛い状況になると思います。

暴力系ヒロインを可愛い魅力的なキャラとして描いたはずのに、読者からクズ扱いされて凹むとか、

軽いギャグのつもりで暴力を振るわせてたらいつの間にか完全に滑って読者に見放されていたとか。

そういう人を結構知ってます。「俺の作品と商業作品の●●●と何が違うんじゃー!」ってね。


長々と薀蓄を垂れてきましたが、まぁ殆ど件の同級生の受け売りなわけでw

暴力系ヒロインはとにかく扱いが難しいキャラなので、作者としては「苦手」だとしか。

読者としては、上手に料理されたキャラは何でも好きなんですけどね。当たり前ですが。


私自身アンドリューの連中を書くとき、色んなことを覚悟して全力で臨んだわけですが、

ご存知の通り予想外な方向から剣が飛んできて凹みまくったわけで。

アレを思うと、どんなにキャラを煮詰めても読者に拒絶されるジャンルというのは、あると思います。

それでも好きなものを書くから「作り手」なわけで。

暴力系ヒロインを扱う人々には、勝手ながら親近感とエールを送っています。






もっとも、ろくな理由もなく人をぶん殴る奴はどう足掻いてもクソ野郎なので。

非難されてキレる輩は黙って精進しやがれと思います。と、最後に毒を吐く。
229:名無し :

2013/01/18 (Fri) 19:28:18

>>227
>>228

棚主(ゲスな方)に言わせた台詞が私の「萌え」の核です。

不幸に歯を食い縛って耐えてる顔と、不幸を他人に与えて哂ってる顔。

ただ、状況にもよりますがね。物事には「それまでの経過」と「演出」が肝要です。


モグラとか、タダレとか、カリーナとか。あやつら辺りが私の萌え心の犠牲者でございます。

「不幸」と「絶望」と「復讐」と「殺意」と「邪悪」と「嘲笑」が大事。

完璧な光り輝けん正しき心なんぞには何も萌えない。汚れてなきゃ人間じゃない。


でもゲスには萌えないというこの不思議さ。人間って我侭だね。

潰れや羅刹が私の「萌え」の結晶、女記者が一切「萌え」を注いでない存在、といえば分かって頂けるだろうか。

そして自分の作ったキャラには萌えない。これも厄介。だからこそ絵師さんが描いてくれた時は感涙モノ。


一方男性キャラの趣味は、主人公連中そのままです。雑食だね。

人様のキャラならしゃくさんの修理や(拝借しちゃってるし)、悪役フーンがヒット。フユキさんとこのシノンも大好きです。

そしてやっぱり自分がAA始めたきっかけですので、蛆虫閣下やエスプレッソも。

…ちなみに、実はあの作品ではストレーガが一番好きです。あと客船でぶっ殺された金歯の人。



最後にヤンデレに関してですが、何と言うか、正直ヤンデレの定義がイマイチ良く分かりません。

とりあえず「デレ」はあんまり要りません、「ヤン」の方が大事。
230:名無し :

2013/01/18 (Fri) 19:39:13

色々書きましたが、結局好きなキャラは好きなんですね(覆)
ただ、何と言いますか、自分は悪人でも「魂に正直」な奴なら好意を持っています。
うすっぺらいうそ臭い中途半端な善人が嫌いといいますか。

人の名前ばかり出すのも行儀が悪いのですが、しゃくさんちの87番みたいな人間に凄く魅力を感じます。



そろそろ戻るか…(・∀・)ノシ
231:名無し :

2013/01/18 (Fri) 23:35:52

マジでアニメの監督やってくれよ…あんたみたいな人にやって欲しいんだよ…
232:しゃく◆gxSyCX9oLM :

2013/01/19 (Sat) 02:27:28

(  Д )         ゚ ゚
233:名無し :

2013/01/19 (Sat) 13:33:41

>>230
ドブのような世界でそれでも世界を愛して
「不幸」と「絶望」と「復讐」と「殺意」と「邪悪」と「嘲笑」に負けるもんかって感じのキャラはどうですか?
完璧な光り輝けん正しき心であろうとするキャラ。ブラクラの若様とかそんなで
作者さんのキャラにはそんなのはいないような気がする……あ、文吉くんか? でも少し違うかも


それと邪悪について
どこかで読んだのですが、悪とはつまり平穏な日常に対する反逆だというのですがどうでしょう?
殺人、世界滅亡は悪だけど強盗殺人、世界征服は悪じゃない、みたいな
つまり強盗殺人はそれをなしえた後で幸せな生活を営むことが目的で、倫理道徳を無視すればある意味で合理的。下等動物もやること。
ムシャクシャしてやった、な殺人は殺人そのものを目的としたものでなにかを生み出すものではない『悪』であるとうことなのですが
234:名無し :

2013/01/19 (Sat) 21:42:02

よく~が元ネタか?とか~っぽいね!ってレスがつきますが
オリジナルという事なので、ぶっちゃけああいうレスって不愉快ですか?一度言っちゃった事が…すいません
235:名無し :

2013/01/19 (Sat) 22:00:02

質問する事で作者さんの息抜き材料になるなら俺も質問していいよね…?(チラチラ
このスレに投下された青い欠片が好き過ぎるんですが、青い欠片に関してのお話をもっと聞きたいです
手が空いた時でいいんで…!試験終わった後でも…!
236:名無し :

2013/01/20 (Sun) 00:01:54

>>233
読んでるに決まってるだろうあんな楽しい作品(゚ω゚)
風邪流行っております。御体にお気をつけて御無理なさらず更新してください(労わりに見せかけた乞食


>>234
実はブラクラよく知らないんですよね。まぁそれはおいといて。

世の悪意に屈さずに正しく在ろうとする人間は勿論好きです。高潔な魂には憧れるものがあります。

が、萌えません。好きなキャラと萌えるキャラはイコールじゃないんですよね。


私は清く正しく美しい女の子より、

醜い汚いモノにまみれて、人間の醜さを知って、色んなものを諦めて欲しがって憎みぬいて、

魂に正直に、正々堂々と歪んだ女の子の方が好きです。

正しくあろうとする事は大切ですが、それは実はナマの「人間性」を殺す事でもあります。

私は人間性が好きなんです。やな奴を憎んで敵を殺そうとギラついて自分と自分の好きな人間だけで幸せになろうとする心情が好きです。

醜悪さを誤魔化さないストレートな人間に萌えます。



で、邪悪についてですが。

難しいお話ですが、とりあえず私はそのような悪の定義は個人的には間違いだと思います。

殺人も世界滅亡の画策も強盗殺人も世界征服も悪です。

何かを生み出すか生み出さないか、合理的か非合理的か、総て関係ありません。総て悪です。

何故なら善を侵す行為は総て悪であり、法と倫理に背くものは悪でなければならないからです。

合理的で生産的ならば殺人は悪ではない、と言うのは、ただの言い訳に過ぎません。




…が、ぶっちゃけそんな事は大して重要じゃないと個人的には思ってます。

何故なら世の中で一番卑劣で、残酷で、ろくでもない惨事というのは、

たいがい善人の手によって引き起こされるからです。

法だって必ずしも正しくありません。バカが何も考えずに作ったクソみたいな悪法も、法のうちですから。



実にまとまりのない、終わりのないぐちゃぐちゃした話になってきました。

善悪それ自体を定義しようとすると、大概こうなります。誰が試みても同じように。

善悪の定義が余りに難しく、つかみ所がないために、とにかく基本的な「善」を決めちまおうぜ!と、

そういう意味合いで作られたのが法律なわけですから。


何だか面白い結論が出せなくて申し訳ないのですが、結局は感覚的なモノなんだと思います。

倫理や法律以外で善悪を感じ取ろうとするなら、私の場合、

そいつの振る舞い、生き方が「ストレートかどうか」「魂に正直かどうか」に拠るぐらいだと思います。

悪事を悪事と知った上で、それを誤魔化さず、自分のために、自分の責任で、信念を持って、

悪人として全力で突っ走ってるクソ野郎なら、私はかっこいいと思います。

いずれダレカにブチ倒される運命でもね。
237:名無し :

2013/01/20 (Sun) 00:57:15

>>235

そういうレスは確かに時々貰いましたねぇ。

別に不愉快じゃないんですが……実は一つ困った事がありまして。

私の作品はご存知の通りオリジナルなんで、原作とかは無いわけです。

でも誰の設定が何と似ているとか、このキャラはこっちの作品に似てるだとか、

このスレの作者はもしかして…とか言われても、答えられないんですよね。

何でかって言うと…



今まで~っぽい、って言われた作品のうち、三つほどは本当に私が作った話なんですわ。

似てて当たり前ってわけです。

でもそれを言っちゃうと、名無しでいられなくなるんですよね(;・∀・)

今のスタイルが凄い心地いいんで、追及されても無言貫かせて貰ってる次第でして、はい。

なので別にやめてとか言いませんが、その手の話題にはあんまり反応しないと御理解下さい。


>>236

そう怖気づかんでこっちこいや(酒

青い欠片の話か……もう全部話しちゃったがw


あぁ、実はあの話、コンテストに応募する直前まで別の題名だったんですよ。

原稿送る直前に「青い欠片」に改題したんです。

何でかって言うと、当時の私はアホで、自分の小説の題名ググる事すらしてなかったんですよね。

仲間の指摘で、某有名ゲームに色々ニアミスしてる事が発覚して急遽改題。と。



…で、改題前の題名がコレ↓



「空の欠片」




…エースコンバット4…それは、誰もが手にする ソラノカケラ ……



まぁ、どっちにしろ落ちたんですけどね! (゚ω゚)ノシ
238:名無し :

2013/01/20 (Sun) 02:52:19

>本当に私が作った話なんですわ。
えっ



えっ
239:234 :

2013/01/20 (Sun) 02:56:57

>>237
ちょっち納得いかないかなぁ。善悪について。
素人考えで恥ずかしいのですが、法律というものは秩序の基準であって善悪の基準ではないと思います。
それは国や時代によって様々に罪の度合いが変化することからも自明です。
とある人の善悪の基準たる『罪に対する生理的嫌悪感』は彼が周りの環境から受けた洗脳もとい教育によるものであるということは釈迦に説法かと思いますが。

例えば氏が仰るとおり善(=秩序と仮定して)を侵す行為は総て悪とするならば、
自己の幸福追求を行うことが無制限に許容される社会(=原始社会≒姥捨山)において悪が存在できないことになります。
この(特殊な、それでいて基本的な)環境において悪を定義づけるとすればそれは『目的の無い殺人』=『増殖を使命とするDNAに対する叛乱』以外にありえないのではないのでしょうか?
なぜなら先程も述べた通り、この行為は一切の幸福と平穏を誰にももたらさないからです(快楽殺人ですらないとすると)。

まあこんな特殊な邪悪は邪悪故になかなか存在しないのですが。人間と蟲を平等に無価値と捉えている人しか犯せない罪じゃね? これ


もひとつ。人間性について。
私は人間性とは理性と愛(アガペーの方ね。うわぁ十字用語)だと考えます。

何故なら今現在判明している生物における究極目標は、DNAの増殖にあるからです。
DNAの増殖とはつまり自然界の生存競争に勝利することです。
その勝利に対する手段は大体2つ。1つは孤高に戦うこと。もう1つは群れること。
どちらが有利か? 言うまでもないですよね(正確にいうとナンチャラ曲線とか絡んでくるのだけどん)。
人々の社会は群れを更にグレードアップさせたものです。どこが違うかというとそれは他者を慮り、他者と自分を重ね合わせることができるようになった点。
自らと関係の無い他者の不幸を嘆き他者と共に繁栄したいと思うことができるのは人間だけです。
キレイゴトをほざいてる気はないっすよ。ただ、これこそが人間が生態系の頂点に立てた理由であると考えるから、すげぇと思ってるだけで。愛は高潔でもなんでもないです。自然選択の結果です。

勿論、この愛や理性は歴史がとっても浅いので不幸とかの前には脆いものです。でも価値はそこじゃ決まらないと思うっす。
だって太陽の中で使えないからといってパソコンに価値が無いわけじゃないですから。


ハイ。ここまで述べたことはおにゃのこに対する趣味至高とは全っっっっく関係ないです。
不幸に打ちひしがれる女の子は僕も大好物です。
「パンをくれたら何をしてもいいよ」なんてセリフだけでもパンツの中身が大洪水でユグドラシルっすよ、もう
思想の話に付き合ってくださるひとなんか初めてなんです。ごめりんこ
240:   :

2013/01/20 (Sun) 21:38:27

>>240
もう人間性も善悪もアガペーも何も無い作品見ようぜ
241:名無し :

2013/01/21 (Mon) 01:48:27

>>240

よし、ちょっと待て。ガチ理論はちょっと待て。理解するのに五分もかかったぞ。


善悪について、とりあえず確かな事は、

「善悪の定義は不確かであり、人と国の数だけ存在する」

って事。

だから善悪を語ろうとする時、各々が基準となる何かを用意しなければならないわけですね。

「法律」を基準にした場合は私のレスの通りになるわけで、「生物としての生存・幸福・平穏への姿勢の正当性etc」を基準とするとそちらの言われる通りになるわけです。

それはどちらも間違っていませんが、必ずダレカに否定される考え方でもあるわけです。


以上の事から私は「善悪」のみを考え方の基準にはしない事にしています。法律を善悪の基準に選んだのにも大きな意味合いは在りません。

なので、納得行かないのもある意味当然で御座います。

法律を要にする善悪の定義に、私自身絶対の自信を持っていないのですから。綻びは確実に在ります。

というより、ぶっちゃけるとどの視点から見て、どの程度の精度で善悪を判断するかによって、私自身の定義も変わります。

なのでそう詳しく考え込まれても困るので、まぁ軽く流してくださればと思いますね。




えー、とりあえずゴチャゴチャしてきたので以下に要点だけ書かせていただきますね。

善悪とか人間性とかを頑張って定義しても、私は無理だと考えていますし、

ぶっちゃけ投げてます。無理。

頑張って煮詰めても所詮「星の数ほどある考え方の一つ」にしかならんからです。


だからほら、私の話に出て来る主役達は、皆バラバラの善悪観念で動いてるでしょ?

ぶっちゃけ私の目から見て「こいつ悪ぃ奴だな」って思うキャラも多いです。

でも皆ちゃんと作者が感情移入して、思い入れをもって用意した人間なんですね。


つまり、基本的な善悪なんかどうでもいいんです。

私が主役に持ってくるキャラに必要なのは善悪の特性ではなくて、魂の正直さ、

もっと言えば「生き方のマジさ加減」です。


マジに生きてる奴は美しいです。私はマジな人間が好きです。

だから棚主もマジですし、魂三郎もマジです。

文吉君はマジに抵抗します。タダレはマジに嫉妬して、虐め弄びます。

蕎麦先生はマジに立ってますし、キリヒトはマジに侵略しています。

マジに生きる事が私にとって一番魅力的なトコなので、こいつらがとんでもねぇ悪の道に進んでも

安心して感情移入できるわけですね。そういう意味では私にとっての「善」は「ストレートさ」ってとこでしょうか。

伊比井はストレートですが院長はストレートじゃねぇです。

グリゴールは反吐が出るようなゴミ野郎ですが、ストレートなのでストレートに惨死させました。



…ええい!上手く説明なんぞできるかっ!

AA見てくれ!\(`д´)シ
242:名無し :

2013/01/21 (Mon) 17:08:14

>>242
冷静に考えてみれば付き合っていただいた議論の題材は、
理詰めで考えることに無理がある話でしたマジごめんなさい。死にます
AAをしゃぶって答えを探ることにします! ありがとう!
243:  :

2013/01/21 (Mon) 17:47:05

ラノベとか漫画の暴力系ヒロインって
「どうしてそんなに鈍いのよっ」っていう代弁が多いから

激しいまでの自己主張、生き残るための暴力
触れた者の暴走を止めるためだったりする
気潰れの暴力とはかなり雰囲気違う気がする

どっちも女の子の暴力なのに不思議
244:  :

2013/01/21 (Mon) 22:33:05

コテ無しでいられないから過去作品言えないのかあ…




コテ関係ない作品とかないのかなぁ。気潰れさんの作品読みたい…
245:  :

2013/01/22 (Tue) 03:13:31

>>243

気の利いた事いえなくてすまんね
好きなだけしゃぶっておくれ!

>>244

まぁ、暴力の属性が違いますよね。
うちの女どもは今のところ「殴り返されてボコボコにされる結果」を覚悟した上で暴力行為に及んでいます。
描写もそれを前提に書いてるわけで、当然色気の無いシーンになりますわな。

私の書く暴力はだいたい重いです。下手をすると死にます。


>>245

あんまり…ないなぁ……

………うーん……時効だから、いいかなぁ……


AAじゃないんですけどね、他の作者さんにAA化してもらった小説があるんですよ

「銀貨の使い道」ってやつ。覚えてる人いるかもしれんけど、ビデオ棚にある奴です


というわけで、

http://mypage.syosetu.com/6076/

↑にある小説は私の作です。これでがまんしておくれ

ちなみに一番上のは未完だぞ!ああ恥ずかしい!

7年も前の小説だからレベル低いぞ!文句言うなよ!カーッ!
246:  :

2013/01/22 (Tue) 22:47:23

あれあなただったの!?
247:  :

2013/01/22 (Tue) 22:55:48

森林シャムー(・∀・)
248:  :

2013/01/23 (Wed) 00:00:14

( д)  ゚゚
気触れさんが、し、森林シャムーさん、だ、と………
大国の魔女の時からのファンです!
御存じないかもしれないけど某創作板で相当名前上がってたんですよ!?
AA書きになってた…というかAA書きだったのか…!
249:  :

2013/01/23 (Wed) 20:34:39

この名前どっかで見た覚えあるぞ<森林シャムー

ラノベ板か創文板で昔スレか何か立ってたような…
250:名無し :

2013/01/23 (Wed) 21:00:42

そんな事より俺ボナンザ持ってんだけど、シドモ様載ってる奴
こういうのってうpしたら罪になるんかな
251:名無し :

2013/01/23 (Wed) 21:45:10

そりゃ犯罪は犯罪だけどさ
なんつーかここで本文読めるのにうpする意味が分からん

しかし世間狭いな、俺なんか創文板なんか行った事もないぞ
252:  :

2013/01/23 (Wed) 22:02:25

銀貨だけは知ってる
vipの小説童話オヌヌメスレで名前出てたから
253:  :

2013/01/24 (Thu) 23:35:14

何で皆当たり前のように知ってるんだよ(;´д`)
ネット小説なんか読まないから流れについていけない…
とりあえず銀貨面白かったです!
254:  :

2013/01/24 (Thu) 23:58:25

ビデオ棚で見たからな、銀貨の使い道(AA)は
森林シャムーの原作者名も出てたからググッて他のも読んだ
255:  :

2013/01/25 (Fri) 19:25:45

裂ける笑みの彼らって煮詰めて時計屋とみっちゃんになったのかな
粗悪な孤児院で育った男女だし…
256:  :

2013/01/25 (Fri) 21:14:35

石斬りって時計屋だよな。いや、蕎麦先生が知ってるわけないんだけど

カトウナリマサ
カトウキヨマサ

だし
257:  :

2013/01/27 (Sun) 23:23:43

  ┌――――――――――――――――‐
  |ところでうちで「すき焼き」って言ったら
  │牛の煮物じゃなく鳥の焼肉が出てくるよ
  └┬――――――――――――――――――‐
   │厚重ねの鋤の刃型の鉄板で雁と芋を焼いて
   │芋にだけバタを落として食べるのさ
   └───────‐v──────────‐


この >厚重ねの鋤の刃型の鉄板 ってどういうものなのかな?
形がよくわからないんだけど・・・
誰か描いてくれー
258:名無し :

2013/01/29 (Tue) 00:36:05

すき焼き=鋤焼きって説だね
農家のおっちゃんが自分が使ってた古い鋤を洗って
肉とか野菜とか手当たり次第にのっけてそのまま火にくべてステーキにしたって話
だから元々のすきやきは鋤で焼いた食べ物って事

でも鋤の刃を火にくべるとすぐ駄目になるから、
ちょっとやそっと熱してもひび割れないように分厚く作ったって事だろうね
だから単なる分厚い鋤の刃って事だと思われる
259:  :

2013/01/29 (Tue) 01:44:06

>>259
ありがとう!
特別変わった鉄板ではないんだね 
ググっても出てこないからスッキリした
260:名無し :

2013/01/30 (Wed) 20:39:03

わーい二週間ぶりの我猫!

ところで魂三郎は人間を食べるそうですが、実際どういう風に食べるんでしょうか…?
261:  :

2013/01/31 (Thu) 01:11:19

基本はごく一般的な肉食動物と同じ食べ方です。

体の柔らかい部分にかぶりつき、爪で引き裂きながらバラバラにしてしまいます。

殺した肉片を腹に入れるのが「食事」。生きた文吉君を丸呑みにするのが「保存」でしょうか。

魂三郎はこれまでの人生で、だいたい20回ぐらい「人喰い」をしています。

あまりに腹に据えかねた相手は生きたまま一寸刻みにぶつ切りにして、

皮ごとどろどろのシチューにして他の妖怪にふるまったりもしました。


普段は飼い猫や人間と同じ食事をしています。人喰いはどちらかと言うと「制裁」の意味合いが強いようです。
262:名無し :

2013/01/31 (Thu) 22:00:40

ガチで人喰いだった…!
263:名無し :

2013/02/01 (Fri) 18:42:35

ケガハエルってどのくらい強いんだろう。
カリーナと渡り合えるとかだったら胸熱
264:名無し :

2013/02/02 (Sat) 19:34:01

・無駄毛を生やされて落ち込むカリーナ
・ゼド神父懸命にフォローしようとして火に油
・生暖かく見守るライラやレオ先生やマークス

まで想像しますた
265:名無し :

2013/02/02 (Sat) 19:47:08

毛を生やすことに特化した式神だろうし、気管に毛を生やされて窒息とか?
絵面がグロっていうかホラーってレベルじゃねえぞ…
266:  :

2013/02/02 (Sat) 20:55:24

答えていいのか?質問だよな?答えるぞ?


ケガハエルが最強レベルというのは、毛を育む「特殊能力の強さ」に関してだけです。

カリーナと戦ったら死にます。ぺっちゃんこです。というか、カリーナは式神の力を無力化できるので相対する事すら出来ません。


ついでに言うとケガハエルはハゲに悩む人々を救いたいという高等陰陽師の

ピュアーな心から発生した式神なので、人を傷つけるような毛の生やし方は(多分)しません。

持ち主である陰陽師がダークサイドにでも落ちて、あえて人に危害を与えようと指令した場合、

たとえば鼻毛を全部十メートルぐらい伸ばしてからませ窒息死させるぐらいの事は出来ると思います。

気管とか脳味噌とか、本来毛が生えない場所に毛を生やすのは困難かと思われますので、

その時はケガハエルを十匹ぐらい動員してじっくりと毛生えダンスを踊る必要があるでしょう。
267:名無し :

2013/02/02 (Sat) 21:12:57

ご回答ありがとうございます。
「人を傷つけるような毛の生やし方はしない」という設定に感動しました。菩薩やで・・・。

そうするとカリーナと戦う状況よりも、むしろ協力して困ってる人たちを助けてる状況のほうがありえそうな気がしてきました。
268:  :

2013/02/02 (Sat) 22:42:31

ケガハエルには戦闘能力がないので、とりあえずハゲを救済して人助けとしています。

ちなみに、帝都には最強レベルの式神を持つ高等陰陽師が数人居ますが、

民間に式神を貸し出している陰陽師はケガハエルの持ち主だけで、他の陰陽師は全員式神を手元において

色々活躍したり暗躍したりしています。

坂下卿もその内の一人ですが、彼の式神は画面外でグリゴールに粉砕されました。(デザイン描くのめんどくさいから
269:名無し :

2013/02/05 (Tue) 12:13:36

メインキャラに結構悪い人や酷い人(緋田とか伊比井とか)が出てきますが
気触れさんのキャラは不思議とどんな悪事をしても気分が悪くなりません。
マジに生きてる~とのお話もありましたが、その辺の事をもうちょっと聞きたいです。

どんな面白い作品にも、大抵一人二人は読者に嫌われるキャラがいるものなので・・・
気触れさんの毒のあるキャラの作り方が知りたいです。悪人なのにかっこいいというか好きになれるというか
270:名無し :

2013/02/06 (Wed) 00:01:52

>>270
個人的に紅葉や糞神父や雌豚記者には本気で腹立ったな
作者さんの描くクズキャラの貫き加減はヤバい
271:271 :

2013/02/06 (Wed) 00:03:40

あ、でもこいつらメインキャラじゃないか
272:名無し :

2013/02/06 (Wed) 22:33:10

逆にお聞きしますが、メインキャラに、過半数の読者が本気で腹を立てるような人間って必要ですかね。

勿論とんでもないクズでなければ主役を担えない物語もあります。が、それでもそいつにはその物語なりの「調整」が必要なわけです。

悪に満ちた救いの無い反吐のような物語ならいい。

しかしそうでなければ、中途半端なクズが物語の中核に居るのは危険です。


私がキャラを作るとき、恐れているのは、そのキャラが読者に嫌われる事ではなくて、

物語が終わった時、読者に、


「こいつさえ居なきゃ面白かったのになー」


と思われる事なんです。


つまり、嫌われるためのキャラは嫌われるために、そうでないキャラは必要以上に拒絶されないように、

私は気を使って動かしているのですね。

緋田は面倒臭い気持ち悪い野郎ですが、救いようの無いゲスにはしていないつもりです。

女記者は一片の救いようも無い、人間のクズにしているつもりです。

それらの意図が密かに皆さんに伝わっているなら、作者としては大満足なのでございます。


毒のあるキャラでも、その毒がどういう理由でどこへ向かっているのか。

その辺を手を抜かずに考えれば、緋田と女記者の差別化は出来ると思っています。


緋田は自分の所業を悪と理解して、その上で突っ込みどころのある義侠を口にします。

女記者は自分の行動を正義と断じて、批判を許す心を持たず、その上で人を蹴落とします。


両者とも人を死に追いやる悪人ですが、一つ一つの読者に好かれそう、嫌われそうな要素を詰め込んで、

キャラの差別化を図りたいわけですね。

暴力や悪意といった毒を中和するぐらい、作者自身が好しと思う要素をぶち込んでキャラを作る。

抽象的で恐縮ですが、多分これが私なりの「毒のあるメインキャラ」の作り方で御座います。


無情な警官より優しい犯罪者。

そんな感じです。
273:名無し :

2013/02/07 (Thu) 00:49:38

色々お話を聞いて分かった事がある



あんた、読者目線なんだ
だからどんなドロドロ話でも胸糞悪くならないんだ
274:  :

2013/02/07 (Thu) 01:03:58

いや待て胸糞悪いのが好きな俺も読者なわけだが。
でも本気で腹が立つメインキャラと言われると確かに不要だな。
胸糞悪い話として作られた作品に出てくる胸糞悪い主人公には本気で腹は立たないし…
あぁそうか「場違いなクズ」が駄目って事か。少年冒険活劇に出てくる自分勝手ビッチヒロインみたいな。
275:  :

2013/02/07 (Thu) 08:48:37

何でここの人達はこうアカデミックなんだ(;・∀・)

ちょっと分かり難い描き方だったかなと思ってたら…

だいたいそんな感じです。基本メインキャラはどんな奴でもいいんですが、

物語自体を醜くしないために色々料理して出さなきゃってのが私のやり方です。

読者が本気で腹が立つような~ってのもキャラの人格の問題じゃなくて、

作者の料理の腕(歯車としての配置の仕方)の問題としての話でして。

吐き気のするようなクズでも作者の出し方動かし方がきっちりしてれば、

「こいつさえいなければ~」とはならないんじゃないか、って感じですね。


少なくとも私はメインキャラがクズである事自体にはストレスを感じなくて、

そいつが物語の方向性や魅力を損なっているときに物凄い嫌悪を感じます。

それを避けたいわけですね。
276:名無し :

2013/02/07 (Thu) 14:41:28

つまりグズだろうとそうでなかろうと
脚本の足を引っ張る程度の完成度のキャラが
一番読者に嫌われるということか。あるあるすぎてもう
277:名無し :

2013/02/07 (Thu) 19:38:56

あるねぇ。せっかく熱い展開なのにヒロインがこいつのせいでノれないとか
むしろ主人公さえいなければいい作品なんてのも増えてる。なんなんだこれ
278:  :

2013/02/07 (Thu) 19:51:54

クズとは程遠いはずなのに
嫌われるキャラっているからなあ

優しいって設定なのに
脚本との相性悪くて無計画に敵キャラ甘やかしてるだけで
無性にもやもやした気持ち抱えちゃったり
279:  :

2013/02/08 (Fri) 00:41:09

あるある
俺が体験した一番のもやもやは
リアル系の軍事戦争モノのシナリオで、
それまでずっと男臭い、シリアスで
かっこいい話が続いてたのにさ

中盤から出てくる女軍曹ヒロインが見え見えのアンリアル系美女で
筋肉もない、やたらツンツンした性格で、陰口叩いた仲間に対して発砲するような奴でさ

もうこっちは萎え萎えなのに主人公とだけイチャコラし出して、
思いっきり全面にプッシュされて最終兵器操作してヒーロー扱いになっちゃうの

ライトギャグ系ならいいけどシリアス系に出て来んな!って思ったね
280:  :

2013/02/09 (Sat) 21:17:14

モナギコAAはオワコンという風潮に一言…
281:  :

2013/02/09 (Sat) 22:03:26

勝手に終わらせんなとしか。
短歌はオワコンと言ってるのと同じぐらい無意味ですわ。
282:  :

2013/02/09 (Sat) 22:13:31

お夏さんは「信長のシェフ」の夏からとったんでしょうか?!
283:  :

2013/02/09 (Sat) 22:23:20

とってません(´ω`)

申し訳ないけど初めて名前を聞いた作品で御座います
284:  :

2013/02/10 (Sun) 20:54:29

第六天魔王編と信長のシェフのせいで金曜は信長Dayですw
285:名無し :

2013/02/14 (Thu) 01:10:06

棚のガラクタウェスタンって小説と同じ話ですか?
保安官と強盗と山賊と戦うって話ですがなんだかどれとも違うような
286:名無し :

2013/02/15 (Fri) 10:30:48

はいそうです。同じ話です。
AAにするためにジョルジュをハゲにしたりインディアン少女達に名前つけたりしてるけどね

ガラクタウェスタンは私にとって思い出深い作品なので、
ストーリーを改造したくないんですよ。
自分で原作ブレイクするほど愚かな事は無いです。
なのでAA版も以前書いたあらすじと同じ世界観です

ただ、小説の話をそのままAA化するのもいいんですが、
そうなるとまた我猫並みに時間がかかっちゃうので…

ビデオ棚のは、小説版の話と話の間(具体的にはインディアン少女達と我楽太が出遭って、列車強盗と戦うまで)
のイベントとして捉えて貰うと助かります。
こんな話もあったんだよ、的な

我猫の年表と同じで、余裕があったら小説版の話もこちらに投降させてもらえたらいいなぁ…
なんて思ってます。触れ造さんよろしく。


あ、それと今更勝手ながらこちらへのAAは皆様の中で不定期更新という扱いにしてもらえたら嬉しいです
完結は必ずさせますけど、ちょっと第六天魔王編一休み…

ガラクタ脳が必要なんだ。集中。
287:名無し :

2013/02/17 (Sun) 23:28:56

音楽の話をまた聞きたいなあ
カリーナさんとガラクタのテーマソングとかないですか?
288:名無し :

2013/02/18 (Mon) 22:10:25

テーマソングと言われても困るんですが The Poet and The Muse 善いよ
289:名無し :

2013/02/24 (Sun) 21:56:09

開拓時代の裏を知って色々ショックなんですが…
白人の悪行をこれだけピックアップした上で
ガラクタの相棒が「白人の」ジョージなのがまた…

ネタバレになるなら無視して下さい
ジョージ的にはガラクタと一緒にインディアンを助ける事に何か感じる事とかあるんでしょうか?
290: :

2013/02/24 (Sun) 23:04:10

ジョージは下等な白人のクズなので何も感じません
西部を開拓してフロンティアを目指そうという崇高な志も無ければ、
白人の偉大さを現地人どもに思いしらせてやろうという誇りに満ちた意欲もありません。

感じたように動き殺りたいように殺るだけの低脳な男なので、
気に障れば白人だろうが警官だろうが政府の役人だろうが銃殺する暴漢です。

筋が通ると思えばインディアンどころか黒人の手助けすら喜んでする「人間」のゴミ。
それがジョージという男です。
291:名無し :

2013/02/25 (Mon) 00:34:52

何そのかっこいい設定(;∀;)
西部劇じゃ絶対登場しないアウトローだなぁ…
292:名無し :

2013/02/25 (Mon) 01:01:58

原住民をぶっ殺して土地を奪って町を作ってる白人にとっちゃ、
いつ町を襲撃するかわからんインディアンに肩入れするジョージは裏切り者だよな

…うっらっぎーりもののーなっをーうーけてー(・3・)
293:名無し :

2013/02/25 (Mon) 19:27:51

だがしかしヒーローである
294:名無し :

2013/02/27 (Wed) 13:47:46

平等に無価値だって言ってるだけの悪党だろ
ストライクゾーンが広いだけ
295:名無し :

2013/02/27 (Wed) 21:58:34

そこ!そこだよ!
この話ベクトルが違うだけで悪者しか居ないんだ!凄くね!?
296:名無し :

2013/02/27 (Wed) 22:18:36

ガイ・フォークスさんだけ常識人ぽい……けど…
「耳狩り」ってアンタ……インディアンキラー臭プンプンやで…
297: :

2013/03/02 (Sat) 05:03:09

もしもリンドブリムの卵床になったらどうなるのでしょうか?
気になって夜も眠れません。
298:名無し :

2013/03/02 (Sat) 16:47:03

我猫の大体の強さのランクってどうなっているのでしょうか?(りんどぶりむとか含む)
気になって脱糞しそうです
299:名無し :

2013/03/02 (Sat) 20:11:22

>>298

1・人間がすっぽり入るくらいのカエルの卵的な物を想像しましょう
2・あなたは卵に触れたが最期、その中にどぅるどぅる沈み込みます
3・数日間待ちましょう
4・エイリアンの卵床になった人を想像しましょう
5・あなたは内側からぐずぐずに食べ散らかされて、代わりにちっちゃいりんどぶりむが卵を破って出てきます
6・さぁ安眠するのだ

>>299

答えようがないんですがアバウトにまとめてみると

白徳利<文吉君=墓猫<のっぺらぼう=普通の人間<平均的な式神使い<パーティーに招待された退魔師達・眷属ズ≦魂三郎<<<魔王カリーナ<<りんどぶりむ&守宮神

ってとこでしょうか。

安心して脱糞してください。
300:名無し :

2013/03/02 (Sat) 21:03:41

白徳利ww
301:名無し :

2013/03/02 (Sat) 21:22:33

いつも楽しく拝見させていただいてます。
質問ですが、いままで書かれた話の中で

・一番思い入れのあるもの
・一番難産だったもの
・一番書いていて楽しかった(or書きやすかった)もの

が勝手ながら知りたいです。
既出でしたら大変申し訳ございません。埋まってきます。
302:名無し :

2013/03/03 (Sun) 06:40:24

のっぺらぼうの蕎麦屋台は、普通の人間でも利用できるんでしょうか。
それとも妖怪限定でしょうか。
303:名無し :

2013/03/04 (Mon) 14:47:28

守宮神強過ぎワロタwwwwwwwwwwww

他の強い神様が出てこないのは彼らが守護してるのは自分の縄張りで日本じゃないってことかな
それにしても分霊くらいはもっと出てきてもいいと思うけど。というか神様がやる気になれば陰陽師いらないんじゃないかな
304:  :

2013/03/04 (Mon) 23:12:04

>>302



一番思い入れのある話は…基準がいろいろあるんですが、
とりあえず最初の「気触れと潰れ」でしょうかね。

それまで色んなスレで書いてきたんですが、あの短さであれだけ好意的な反応貰えたのは初めてでしたから。
おかげでここまで話が膨らんだよ!やったね!




一番難産だったのは何と言ってもベヒモス。アレはヤバい。
何がヤバいって、脚本出来ててあとはクライマックスだけって時に、筆が止った。

一コマも書けない。頑張っても書けない。あんなの初めて。
仕方なくその時点で一番書きたかったアンドリューに手をつける事でリハビリ、無理やり完結させました。
何だったんだろうねアレ。鯨の呪いか。殺すなっていう。




私は書いてて楽しくない話は書かないよ!仕事じゃないからね!
というか、自分が楽しくないものを他人がどうして楽しんでくれようか。ってのが私流です。


>>303

誰でも利用できますが、店主のアレ(それはこんな顔かE攻撃)を受け流さなければいけません。
スクラブ洗顔卵顔にびっくりしたり、のっぺらぼうを退治しようとしたりすると、
ヤツは蕎麦も屋台も置いて大喜びで走って逃げていきます。

そして二度と戻ってきません。

屋台がどこから沸いてくるのかとかもナゾです。ナゾです。


>>304

日本の神様の大半は、外国の神みたいに人間を支配したり率いたりって事が好きじゃないのです。
基本人間の世界は人間に任せたいよ派が多いので、強い神様ほど人前には出てきません。


じゃないと我猫がただのスーパーゴッド大戦αになっちまうべ。つまらんだろう!?
305:304 :

2013/03/04 (Mon) 23:44:07

ありがとうございます
やっぱり神様は面倒くさがりだからなーしょうがないなー

まてよ、つまり逆説的には落ちぶれた神様なら仲間になってくれる可能性が微レぞげふんげふん
306:名無し :

2013/03/05 (Tue) 15:22:20

どうもありがとうございます!
書いていて楽しくない話は書かない、という答えに心の底から納得しました。
自分も畑違いながらも創作やっているため、本当にすごく参考になるというか、
誠勝手ながら共感する箇所が多々あり……。
そんなわけで、これからも追いかけさせてもらいます。愚問失礼しました!
307:名無し :

2013/03/06 (Wed) 19:25:44

世の創作者さん達有難う
お陰で世の中が楽しいです
308:名無し :

2013/03/06 (Wed) 22:24:43

ちょっと変則的な質問ですが・・・
前に暴力系ヒロインの話がありましたが
作者さん的に避けた方がいいというか
嫌いなキャラっていますか?
309:  :

2013/03/07 (Thu) 08:51:15

>>309に関しては
>>276で大体答えてね?
310:名無し :

2013/03/07 (Thu) 21:25:49

うわああ本当だ!
すいません質問取り下げます失礼しました!
311:名無し :

2013/03/08 (Fri) 09:58:16

好きな映画とか知りたいなぁ
あと何ていうか凄いポリシーを感じる人なので創作者として許せない事とか…自戒のために
312:名無し :

2013/03/08 (Fri) 10:12:42

作者さんの絵が見たいです
313:名無し :

2013/03/08 (Fri) 21:38:19

>>305

のっぺらぼうの屋台について質問をした者です。ご回答ありがとうございまっす!
のっぺらぼうにとってはお客のリアクションがなによりの褒賞なのですね・・・。
蕎麦も屋台もそのための手段に過ぎないと。
味にうるさそうな稲荷狐が賞味してたところをみると、蕎麦自体は美味しいのかな。
314:  :

2013/03/09 (Sat) 21:28:57

>>312

映画ね…超有名どころを避けると…

パンズラビリンスとか…cubeとか…ジェヴォーダンの獣(一部設定と俳優の人種に無茶があるが)とか…
bad boy bubbyとか…シャドウビルダーとか…好きですね…

洋画ばかりなのは、日本作品はアニメやゲームの方が好きだからです。

サイレントヒルとか、ICO・ワンダと巨像とか、killer7とかとか。

俳優の演技や世界観・脚本単体に惚れるタイプなので多少B級でも美味しく頂いてます。



で、創作者として許せない事…許せないってのも大概大事ですがw
とりあえず、原作に対する愛の無いリメイク作品作るやつは全員タヒね。それぐらいです。とりあえず。


>>313

絵は描けん。そもそも私は文章畑の人間だからそういう勉強はしとらんのだ。


>>314

素人がばっこんばっこん生地叩いてでっかく伸ばしてぶつ切りにして、
ぐらぐら茹でてどばっと醤油だのだし汁だのかけて
どさっとネギだのかつぶしだのナンだの乗せて

そんな蕎麦の方が変なプロより美味しかったりしません?
そんな蕎麦です。
315:名無し :

2013/03/10 (Sun) 00:23:20

やばい、すごく蕎麦が食べたくなってきた・・・こんな時間なのに。
おや外に屋台が来(以下略)
316:名無し :

2013/03/10 (Sun) 21:39:18

勘違いだったらすいません
ノマーとマモーのお母さんって、「ママ」なんでしょうか?
317:作者さんじゃないけど :

2013/03/10 (Sun) 22:05:30

↑…?何言ってんだろこの人(;゚A゚)

ところでストーリーを拝見してて、作者さんに物凄い正義感を感じています。
暗い悲劇の中にも人間の高潔さとか、優しさとか正しさが滲み出ているような。

特にキリスト教とか白人優位主義に触れる時は容赦なくズバズバ切り込んで行かれますが、
この辺のお話というか、スタンスをお聞きしたいなあなんて…
318:  :

2013/03/10 (Sun) 23:27:12

>>317
ホントここの人達どうかしてるぜ…何で分かったんだよ…!

あんまり面白くないネタだからこっそり仕込んだのに数日で看破とか

記念に好きなAA出してあげよう。モナギコ限定ね


>>318
マジ語りしたら間違いなく険悪なふいんきになるから敬遠させて頂こうか(:::・ω・)

言いたい事は作中で描写してます。感じ取って貰えるよう頑張りますんでよろしく。

319:名無し :

2013/03/11 (Mon) 00:34:37

頼む>>317の説明を…
320:名無し :

2013/03/11 (Mon) 00:49:26

親の名前を一字子供に上げたりしますよね


父・勇者ノモ NO         MO

子供・ノマー NOMA マモー MAMO


重複するところを消すと MAMA になる
MAMA?母親?母親からも一字貰った?って
凄い強引で全然ちゃんとした推理じゃないけど本当に当たってたwwwwwすげえwwwwwww
ネーノがいいです!
321:  :

2013/03/11 (Mon) 21:28:10

あんたらネーノ好きだな!(リクエスト二度目)
その内ちょろと出すから期待しないでお待ち下さい
322:名無し :

2013/03/13 (Wed) 17:06:33

作者さんといえば、複線回収が見事ですが
このシリーズを最終的にどうしようとかは決まっているんでしょうか
323:名無し :

2013/03/13 (Wed) 19:35:12

このシリーズ、やる夫の地獄変に収録されてますが
文さんみたいに向こう(やる夫系)で書く予定とかありますか?
324:  :

2013/03/13 (Wed) 23:25:54

>>323

一番新しいクラクラモクランで、津波とかお近とか、諸々のエピソードが一箇所に集まって一応決着したじゃないですか

ああいうのが最後にもう一回来ると思って頂ければ。

差しさわりの無い範囲で言うと、棚主とか根野子爵とかキリヒトとか、

今までの主人公連中全員(アドルフとか魂三郎とかは無理だけど)引っ張り出して因縁に決着をつけます。


もっと早い段階で最終回書く事も出来たんですが、皆様のおかげで御覧の通りのモチベーションでして。

書きたい話全部書き尽くしてから最終回にかかります。だいぶ先だね。今後ともよろしく御願いします。


>>324

私がやる夫に手ぇ出してもゴミみたいな作品しか作れないぞ。

やる夫には「~だお!口調のお調子者」ぐらいの原始的な知識しかないし、

何より私自身AA描くのに色々ややこしいこだわり持ってるんで絶対馴染めない。

悪意の無い正直な意見として聞いて欲しいんだけど



背景とか料理とかを画像ファイル張って表現するのは絶対嫌だし、

時間かかっても全部AAで描きたい。

他の人が創ったアニメキャラをレギュラーにするのも嫌だし、

好きなキャラほど別の人格や設定に入れ替えたりしたくない。その性格だから好きなんだもの。

ガラクタをるろ剣の刃衛のAAで表現したら、絶対今みたいな話や、雰囲気は作れない。



結局、感覚的な問題なんだわ。やる夫系自体は読むのよ。文さんのブッダとかね。

ツールとして私には合わないだけさ。
325:名無し :

2013/03/14 (Thu) 00:58:01

やる夫作者ですが何か分かりますw
今でこそアニメキャラの利用も改造も受け入れられてますけど
初期の頃は「こんなの水銀灯じゃない!ふざけんな!○ね!」とか言われたものですよ

それに対して信者乙!とか言う人も居るけど
他人の創作キャラを使わせて貰ってるんだから批判されるのも仕方ない事なんですよね
あと画像ファイル直張りは自分も嫌いです
326:名無し :

2013/03/14 (Thu) 01:20:33

気触れさん拡大凄い上手いから
アニメキャラ使わなくてもやる夫系イケるんじゃね?
327:名無し :

2013/03/14 (Thu) 02:08:53

オリジナル拡大だけでやる夫スレ運営とか鬼畜難易度過ぎるだろ…
328:名無し :

2013/03/14 (Thu) 21:14:09

やはり最終回までの構想があるんですね
楽しみです
登場予定のあるAAっていますか?
329:  :

2013/03/14 (Thu) 21:34:54

>>329

多分、聞かないほうが楽しめるよ
予想を裏切る自信は在る。
330:名無し :

2013/03/14 (Thu) 22:10:02

ぶっちゃけ作者さんの更新スピード、内容の濃さからしても異常なんすけど
一回の更新に何時間ぐらいかけてるんでしょうか
331:  :

2013/03/16 (Sat) 00:44:02

>>331
平日、30分~一時間くらい拡大描いたり資料確認したりして準備しといて、
投下する当日に早起きしたり夜更かししたりして2~5時間くらいで一気に書いちゃう。

自分でも何でこんな早いのか分からん。
文さんの更新スピードに憧れてたらモノになってた。
332:名無し :

2013/03/16 (Sat) 01:30:07

早過ぎないか…
333:名無し :

2013/03/16 (Sat) 19:22:36

小説の蕎麦袋怪奇ファイルですが
ここで拝見したのが「シドモ様編」なら
他の話もあるのでしょうか
334:  :

2013/03/16 (Sat) 21:27:12

>>334

「脳神編」と「美耶子洗脳編」が在る。一応。
ただ後者は一話を仕上げて送ったのに、後日いきなり雑誌が廃刊になって日の目を見なかったから、当然未完。

ボナンザを持ってるって人が居たけど(正直マジかいなと思うが)
最後の10月号のはしっこに題名だけ載ってたと思うよ。
ご期待下さい!とか言っといていきなり廃刊だから私は恥ずかしかった。


脳神編は、蕎麦先生が白画用紙に白いクレヨン塗って「神!」って言ってたじゃない?
アレと同じように画用紙に白クレヨンがりがりし始める子供が突然急増して、
美耶子に調査依頼が来るってお話。

皆が忘れた頃にまた本文載せようかなって思ってるけど、こっちは実はもう原稿が無い。
めんどくさいから需要無かったらやめようかなとも思う(´・ω・)


美耶子洗脳編は、美耶子が手にかけた親戚が生前ヤバい宗教団体に関わってて、
そのとばっちりで美耶子が拉致監禁されちゃうお話の予定だった。

別にエロい展開は無いけどこの宗教団体は純粋な「人間の犯罪者」の集まりで、
蕎麦先生の専門知識だの技能だのが殆ど役に立たないって展開。

警察も例によって全然役に立たないので、
結局蕎麦先生が一人で美耶子を救出するわけ。

狂信犯罪集団に対して蕎麦先生が本式の「呪い」をかけたり、
割とヤバいモン呼び出して襲わせたり、って弾けた内容にしたかったのだ。
335:名無し :

2013/03/16 (Sat) 21:38:10

猫目石先生の次回作にご期待下さい!(笑)
336:  :

2013/03/16 (Sat) 22:12:19

 -= ∧ ∧
-=と(・∀ ・)  <馬鹿目!それは捨てコテだ!
 -=/ と_ノ
-=_//⌒ソ


. ∧ ∧ =-
(・ ∀ ・) =- <ははは!当てられるものなら、当ててみろ!
 と´_,ノヾ =-
  (´_ヽ、\ =-


   ..r 、∧_∧
‐――`マ( ・∀・ )
  ― ‐〉  と ノ   _二_
   ,.イ ,、⌒i/  ̄ ̄ ̄ ̄/|!
  .ー'´ .У  ガッ    / /|i
    /       _/ /
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||/
    ||       .||!


   ,__、:..
  < / '─ - :.
  <(  `ー'ヽ,\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   ’:; ̄`ー' "/       / /|
       /       _/ /
       .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||/
       .||       .||


>>336
ちょっと休憩所の裏来いや…:( ゙゚'ω゚'):
337:   :

2013/03/16 (Sat) 22:33:43

ああ!猫目先生と石君ってそういう…!?
338:名無し :

2013/03/17 (Sun) 00:15:06

梔子の障害って具体的にどういう状態(病気?)なんでしょうか。失声症?
例えば生まれつき聴覚障害があっても発声器官が正常ならば声そのものは出せると思うのですが、
梔子は声が出せない、でも耳は聞こえる(正常)んですよね
ということは、喉に何か異常があるということですか?
339:   :

2013/03/17 (Sun) 21:12:49

>>339

まぁ本編で書く事も無いんでぶっちゃけますと、本当は何の障害も無いんです。
悪い所が無いから医者もどうやって治したらいいか分からない。
そんな状態です。

異常が在るとすれば、赤ん坊時代から数年間一切発声していないので、
喉の筋肉やら何やらが萎縮してまともな音が出せないって事でしょうか。
根気強くリハビリすれば治るんですが、医者と同じで
周りの人間にも本人にもその認識が無いので、多分一生喋れません。


どう言うこっちゃ!って言われそうなのでちゃんと説明しますと、
梔子は赤ん坊の頃から父親だの祖父だの親戚だのに虐待されてまして、
特に「泣き声が五月蝿い」って事でおとなしく、黙って過ごすように強要されていたのですね。

泣くと殴られる→声を出さなければいい→黙っていれば安全

こんな思考の元に一番大事な成長期を過ごしたので、先ず精神的に声を出すことに危機感を感じていました。

すると自衛本能として発声を抑えるようになり、やがて無意識に発声器官が硬直するようになり、
意図的に喋ろうとしても口が動かなくなります。

精神的な原因で喋れない時期を長ーく過ごした結果、前述の発声筋肉の萎縮が始まり、
今度は身体的な原因で喋れないというダブルダメージ。

最後に喋れない事を理由に親に捨てられ、本人が発声を諦めてしまえば、もうどうにもなりません。


結局梔子を口無しにしたのは大人達だったのですが、
彼らもまた死んで地獄に落ちるまでその事実を知ることは在りません。
340:名無し :

2013/03/19 (Tue) 10:49:42

最悪だぁああ……!<梔子

ところで実はずっと気になってたんですが
気触れシリーズでは脇役(オニギリマスター含め)以外は皆それぞれ別のAAでキャラが表現されてますが
唯一ギコだけが名前ありで、スターシステムとして何度も登場してますよね
(アンギルの潰れハンター・西条神父・帝都新報の平社員etc)

完全に同じ顔のギコが何人も登場するのに
特別な理由があるんでしょうか
341:  :

2013/03/20 (Wed) 21:21:20

>>341

いや別に。何となくです。

ギコよりも特別料理編に間違って出しちまった背景モナーが地味に悔やまれるな
342:名無し :

2013/03/21 (Thu) 21:05:42

気触れさんの好きなAA作品とか聞きたいですな!
343:  :

2013/03/21 (Thu) 21:37:27

ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-5951.html



SMHは私にとってハムラビ法典みたいなモンなんで好きとか言う次元じゃない。
総てはアレに追いつきたいがため。

あと、ターミネモナーが凄すぎて鼻血出た記憶がある。
生憎保管庫が消えてるんで2スレ目しか見当たらんが…

ttp://2chnull.info/r/aastory/1144459035/

↑コレ。

他はモナー牧場かな。プギャのせいで好きな書き手さんが居なくなった傷跡も在るけど。
上げだしたらキリが無いね。
344:名無し :

2013/03/22 (Fri) 17:07:08

>>340
>梔子は赤ん坊の頃から父親だの祖父だの親戚だのに虐待されてまして、
祖父…?あの糞ジジイか。どんだけ糞なんだよ
そういえば( ゚谷゚)こんな顔した奴その親戚の一人っぽいけど山でやはえに殺されてたな
345:名無し :

2013/03/23 (Sat) 01:16:31

物凄い厚遇キャラにされてた…!
ネーノリクエストした者です、有難う御座います有難う御座います…
346:名無し :

2013/03/23 (Sat) 01:21:10

アラハさんこのお話ずっと聞いてるのか。いい人や
347:名無し :

2013/03/23 (Sat) 21:36:00

小説ですが。蕎麦袋怪奇ファイルの他の話も読みたいです。
あと「お金を稼いだ事は1、2度ある」との事ですが
蕎麦袋以外にも発表された作品があるのでしょうか?

失礼でなかったらそっちも読みたいのですが…
348:  :

2013/03/23 (Sat) 22:26:51

蕎麦袋もう原稿無ぇんだよ~一からタイプする事になるからその内って事で頼むます。
ガラクタ更新するので手一杯なのだ。

蕎麦袋以外で一応仕事になったのは「robots」。
アンドロイド少女やロボット少女専門のコアな本に載せてもらったよ。エロ本だけど。

こっちは大幅増量してまたどっかの大会に出したいと思ってたんだけど…
最近は大会通さずに売り込める場所も在るんすね。そっちにしようか。

脱落したとは言えやっぱ一つくらい書籍化させてこの世を去りたいんすよ。小説界に未練はある。


未発表じゃなくても売り込める所も多いんで、出来たら張るよ。その内。
349:名無し :

2013/03/23 (Sat) 22:30:56

気になるから概略張ってって下さい!(´Д`;)
350:名無し :

2013/03/23 (Sat) 23:21:41

一読者として(作者さんから見たら的外れかもしれないけど)の感想は、
「漫画の原作シナリオ書きはどうかな…」というもので。
それはAA長編板で初めて気潰れさんの作品に出会ったということもあって、
躍動するAAと個性的で魅力的なキャラクターで紡がれる物語は
小説よりも劇画との親和性が高いと思ったからで。
ほんと、いつかどこかで世界に出てほしいよ!
351:  :

2013/03/24 (Sun) 22:21:55

久々にレス消えてるじゃねぇか……!!(((”゚’ω゚”)))
沢山文字打つと消えるの忘れてたよ…
robotsはまた今度ね(投げやり)
352:  :

2013/03/24 (Sun) 22:37:40

エエエエェェェェ(´Д`)ェェェェエエエエ
353:  :

2013/03/29 (Fri) 15:05:35

今日は投下が無いんですよねー
小説ってrobots書いてるんでしょうか
354:  :

2013/03/29 (Fri) 20:29:52

robotsってwall-eと被ってるんだよね…冷静に考えると(´・ω・)
とりあえず本気で勝負したいんで別の物から書き始めてます

小説ってさ、最初はなるべく他と被らないようにって神経使って書かなきゃいけないのさ
何故なら似てるだけでパクりだって騒ぐ連中が居るから
毅然と跳ね返せればいいんだけど、折角デビューしたのに潰される人って結構居るんだよ

だから、私は、クラクラモクランや我猫が~に似てるとか~が原作だとか言われると

総毛立つ。
355:  :

2013/03/29 (Fri) 20:46:30

本当に似てたらいいんだぜ、オリジナルだから要素や趣向は似てても核の部分は絶対違うだろうし
趣味の近い作品知れて逆に嬉しい
でも幾ら似てても原作とか言われたり、全然似てなかったりすると



小説書きってそんなもんよ
356:名無し :

2013/04/07 (Sun) 01:32:43

作者さんの男性キャラクターは中年以上の年齢が多いようですが(小説の主人公含め)
オヤジスキーなんですか?平均年齢高そうです
357:名無し :

2013/04/07 (Sun) 21:59:10

>356-357
やっぱりそうだったかぁ…
嫌ですよねぇ、あれ。
358:名無し :

2013/04/08 (Mon) 19:37:16

アラハの着ている服はポンチョなんでしょうか
最新話で前開きになっているからあれ?って思いまして
359: :

2013/04/08 (Mon) 21:03:07

>>358
むしろ何故中年キャラを多用しないのか分からない
賢くても強くても経験豊富でも聖人君主でも全部揃ってるスーパーマンでも一番違和感の無い年代だぞ
便利に決まってる。オヤジキャラ。

>>359
オリジナルって何回言わせんじゃ、って思います
実際原作なんかこの世の何処を探しても見つかりませんからねぇ

>>360
ポンチョです。というか、ポンチョでした。
普通のポンチョの側面を縦に切って、開くようにしたものです。
ポンチョの厳密な定義(側面が全部繋がった布である事)からは外れていますね。

なんで切れ込み入れたの?って聞かれると、
それはアラハが鞭使いだからなんです。

鞭はポンチョの内側、ズボンのベルトとかに下げてるんですが、
早撃ちガンマンとかと戦う時、切れ込みの入ってないポンチョだと
鞭を出すのにどうしても邪魔になって、動作が遅れますよね。

ガンマンのクイックドロウより早く鞭を振るために、
またその動作を布で隠して行うために、切れ込みの入ったポンチョを着ています。

布の内側で手元をクイッと返して、下から鞭先を放ったりするので、
ポンチョの切れ込みからいきなり鞭先が相手の顔面に飛んできたりするわけです。

それ様のポンチョなので、まぁ「アラハ用ポンチョ」って事で。御願いします。
360:名無し :

2013/04/09 (Tue) 00:18:28

おおお!これは絵化の参考になり(得る画力があればいいなと思い)ます!
便乗してアラハ系質問なんですけど、
「アラハ」っていうのは「宝」って意味だと伺いましたが
もともとの小説での彼も「アラハ」だったのでしょうか。
それとも別の名前があったんでしょうか。
361:名無し :

2013/04/09 (Tue) 10:22:18

じゃあ私はガラクタ系質問を!
彼、最期は日本の官憲と戦って相打ちになるそうですが
そもそも何をして追手を差し向けられたんでしょうか?
アメリカまで追って来るとか尋常じゃありませんが…
小説のネタバレになるなら無視して下さい、すいません
362:名無し :

2013/04/09 (Tue) 22:29:28

>>362
ご存知の通り私は脇役とかどーでもいい背景キャラを後々発掘利用するのが好きでして
小説でガラクタ達が山賊と戦う話で、メキシコ周辺に移動するんですが、

インディアンの子供達にポンチョとソンブレロと顔を覆う布を買うわけです
で、何でこんな服を買うのかと聞く子供達にガラクタが答える下りで

ガ「メキシコ政府はインディアンを殺したがってるから、インディアンらしくない格好をしろ。
  メキシコ人の9割はインディアンキラーだ。お前らの顔を見たら皮を剥いで、金に換えようとする悪魔だ」

子「そんなの分からない。いい人も悪い人も居るから、メキシコ人ってだけでそういうこと言うのはウンヌンカンヌン」

ガ「いや間違いない。知り合いのメキシコ野郎が言ってた」


↑のメキシコ野郎がアラハなわけです。
小説版じゃ名前どころか登場すらしてませんね。でもアラハに決定しました。AAで。

>>363
ガラクタは元々人を斬るのが大好きな危険人物でしたが、
日本を出る直接のきっかけになったのは西南戦争です。

彼は西郷隆盛達の内乱に対し、政府側の刺客としてその内部にもぐりこみ、
内乱前後に暗殺や内部情報の収集などを行っていました。

結局ガラクタは西郷隆盛が自刃し西南戦争が終結するまでそういった暗躍を続けたのですが、
用済みになると政府が手を離し、彼を重犯罪者として処分しようとします。

ガラクタは人斬り依存症の殺人鬼ですが、そういう裏切りは許さないタチなので、
刺客と自分の雇い主を返り討ちにして、海外に逃亡した次第です。

彼は元々西郷隆盛を信奉する人々や士官学校の連中が嫌いだったので、
最初から最期まで半西郷派でした。

とはいえ、最後には結局両方の勢力を敵に回してしまったわけですが。
363:  :

2013/04/09 (Tue) 22:31:18

半西郷派って何だ。反西郷派。
364:名無し :

2013/04/10 (Wed) 12:41:06

今連載してるのは既に書き上げたものを再利用している訳じゃなくて書き下ろし版だったのか!

『父さん』が飛んでいった時のアラハは大して気にしていないようでしたが、実際どのくらいムカついているんですか?
ファミチキ落とすのとどっちが重大ですか?
365:  :

2013/04/10 (Wed) 22:05:56

何か知らんが、基本的に私はビデオ棚とここ以外では「作者」として書き込みをする事は無いです。
よそで私っぽいヤツ見かけても無視して下さい。

…なんかね、どっかで「気触れ作者」名乗ってるヤツがいるらしい。
報告メール着てたんで一応ことわっとく(゚ω゚)


>>366

アラハは父が大嫌いだったので、全然怒ってません。「あぁそうか」と思ってるだけです。
「顔」は消耗品。戯れに被ったり、人の家にピンで留めて嫌がらせするための玩具です。

ファミチキ落とす方がはるかに重大ですね。
366:名無し :

2013/04/10 (Wed) 23:11:42

そういえば、かなり初期の頃にもビデオ棚だったか感想棚だったかで
「もうこの作品は書きません」みたいな騙り書き込みあったな
えっ辞めるの?みたいな反応もあったが、わざとやってんじゃないかってくらい文面が稚拙だったから
殆どの人は信じてなかっただろうけど
367:名無し :

2013/04/10 (Wed) 23:49:08

某スレ(蟻板のアレ)でも三回ぐらい気触れさんとか文さんの偽者見たな
信じられないけどトリップ解析なんて代物があるらしくて、
トリップ盗まれてる人も何人か居たよ
368:名無し :

2013/04/11 (Thu) 00:14:00

流れを読まずに質問を…

スマートガンメンじゃなくスマートガンマンズなのには意味あるんでしょうか
369:  :

2013/04/11 (Thu) 01:02:56

>>370

( `ー´ )。oO(ギャング団を結成する)

( `ー´ )。oO(名前が必要)

( `ー´ )。oO(フォーティー・シーブズ…バワリー・ボーイズ…)

( `ー´ )。oO(強いトコは皆~ズの複数形…俺達は…スマート・ガン……)

( `-´ )。oO(……スマート・ガン「メン」……?)

( `-´ )。oO(ガンメン……メン……何で「men」…?弱そう…)

( `-´ )。oO(ボーイズ…ガールズ…なのにマンだけ「メン」……)

( `-´ )。oO(メン…ウィメン……挙句…チルドレン……)

( `-´ )

( `-´ )

(#`ー´ )。oO(・・・!西洋気触れしやがって…!)






( `ー´ )<響き重視でスマートガンマンズにしました


                お前頭いいな!>(゚∀゚ 彡 ・~・(::::(::::)

370:名無し :

2013/04/12 (Fri) 12:14:44

>>371
なにそのちょっとお茶目な理由。ノーランド可愛いなおいw
そのAAのせいでなおさら可愛い
371:名無し :

2013/04/15 (Mon) 21:37:02

舞台はアメリカですが、我楽太は刀をどうやって入手しているのでしょうか
372: :

2013/04/16 (Tue) 00:18:29

日本から出る時に沢山持ってきて各地に隠してます
が、我楽太は筋金入りの人斬りなので、刀を痛めない戦い方を知っております

なので今のところ、刀を痛めたり、予備の刀に持ち替えた事はありません
ずっと今腰に下げてるヤツを使ってます
373: :

2013/04/16 (Tue) 12:21:20

我猫中で魔女狩を題材にしたきっかけなどはありますか?
374: :

2013/04/16 (Tue) 22:02:47

魔女狩りに限らず、醜悪な大虐殺や暴政は私の筆の好物です。

特に加害者側がてめーらの所業を正当化してるような外道なら、題材として遠慮なく使えます。
375:名無し :

2013/04/26 (Fri) 09:34:54

アニメのジョジョでさ
本来ナチスがユダヤ人を処刑するシーンがさ
ユダヤ人を中東系の有色人種にすり替える事で解決してたよね

あれが全てを表してると思う
白人のユダヤ人以外は殺してもいいって考え方
ナチスと逆の側から人種差別してるだけ

だからアンドリュー好きです…世の中の欺瞞に孤独に喧嘩売ってて好き
376:名無し :

2013/04/26 (Fri) 10:06:24

インディアン虐殺がユダヤ人虐殺の十倍規模とか聞けばアンタ…
しかもナチ側の動機は一応は国防、アメリカ側は完全な侵略だし
377:名無し :

2013/04/27 (Sat) 02:31:11

国防じゃない戦争なんてないのよ。程度の問題であって
378:名無し :

2013/04/27 (Sat) 21:33:42

そうそう、よって自分が悪だと思って戦う国もないわけで
だからこそ戦争はどんな描き方もできるわけだし、描く事自体は許されなきゃいけない
379:名無し :

2013/04/27 (Sat) 22:02:46

前にオススメの映画を聞いた者ですが、オススメの小説とかどうでしょう?
小説畑の人が好きな小説ってわりと興味ある
380: :

2013/04/28 (Sun) 00:18:01

阿木慎太郎の小説が大好きです
人生で最初に、自分でお金を出して買った小説がこの人の作品で、
多分一番影響を受けてる小説家の一人です

残念な事に書店でこの人の名前を見かける事は少ないんですが(少なくとも地元では)
運良く未読の本を見つけたら必ず買う事にしています

芯の通った性格のダークヒーローを描くのが得意な人で、嫌味の無い上質なハードボイルドが非常に私の好み

特務機関を引退した中年男が日本で暴れる中国系組織に喧嘩売って、青龍刀持った殺し屋に日本刀で立ち向かったり、
空手有段者の女性(一般人)が、日本人少女の拉致売買を行う不良外人の組織に接近し、素手で格闘したりと、
そういった趣向の話を多く書いてる人です

帝都の棚主なんかは今思えば、阿木慎太郎の影響がそのまんま出てる気がします
緋扇組なんかも阿木慎太郎の本に出てくる「強い極道」にかなりヒント貰ってますし

本当に何故本屋に置いてないのか意味が分からん。阿木慎太郎。
381:名無し :

2013/05/01 (Wed) 21:04:46

スマートガンマンズは皆帽子嫌いなんでしょうか?
もしかして馬も嫌い?理由とか聞いてもいいでしょうか…
382: :

2013/05/02 (Thu) 20:56:27

スマートガンマンズは帽子も被らなければ馬にも乗りません。
西部で帽子と馬は必需品ですが、連中は頑なに拒否します。

奴らは凄腕の鉄砲玉みたいな存在なので、結成時は二十四時間
他のギャングの襲撃に備え、臨戦態勢を崩さない生活を送っていました。

帽子を被っていると視界が制限され、樹上や屋上の敵に対応できませんし、
馬に乗っている所を銃撃されたら身を翻して弾丸をやり過ごす事も出来ません。
帽子は視界を遮り、馬の鐙は回避行動を妨げます。

だからスマートガンマンズは無帽徒歩が基本です。
遠出する時は馬車や列車を利用します。
383: :

2013/05/04 (Sat) 21:08:30

>>キブレトツブレで、気触れが手にもってるのは何ですか…?

別に何でも良いんですが、一応草の茎に蝿を結んだもののつもりです。
わらしべ長者が蜜柑と交換したアレですね
384:名無し :

2013/05/05 (Sun) 21:48:54

スマートガンマンなのに一瞬でやられてしまったバーナードさんですが…
彼は他のスマートガンマンと比べてどのくらいの強さなんでしょう?
385:  :

2013/05/05 (Sun) 23:04:49

>>388
早撃ちの技術だけならジョージと互角ぐらいです
でも殺人に対する理解とハングリーさがジョージやフォークスより劣っていたので死にました

スマートガンマンズはとにかく銃の腕が立つ奴だけを集めて結成したギャングなので、
10人全員がリンカーン兄弟程度の銃操りは出来ます

今回の話でこれ以上の面子を出す事は無いでしょうが、
実は小説の方で2人死んでたりします

列車強盗の話で出てくる強盗にゴーリンって奴が混じってて、
ジョージに足を撃たれた挙句投げ縄を胴にかけられた状態で、走ってる列車から蹴落とされるんですね

普通投げ縄ってのは、捕らえた獲物を引きずり倒すために馬具に縄を固定する留め具なんかが付いてるんですが、
ジョージはそれを列車の転落防止用の鉄柵に引っ掛けるわけです

ゴーリンは当然もみじおろし。しかも放置。
強盗を全員ぶっ殺して列車を止めたら、縄の先にはもう何も残ってなかった、って描写をした記憶があります


もう1人はコンラッドって奴で、ガラクタ達じゃなく山賊に囲み殺されます。
賊に攫われた子供達を助けに行ったイイ奴なんです(;∀;)

依頼主が保険的な意味でコンラッドに頼んだ仕事を、ジョージに二重依頼する話なんですが、
山中に遺されたコンラッドの夜営の跡とか、死闘の痕跡とかを追って山賊のアジトを目指すんですね

ゴーリンをもみじおろしにしたジョージですが、コンラッドの死は悼みまくります(この辺今思えばちょっと説明不足かも。原稿取り戻して書き直したい)
後はガラクタと一緒に怒りのアフガン状態。山賊の頭目はジョージに殴られまくって死にます。


どうせ10人も居るんなら全員の話を書けばよかったんですが、
当時はほら…書いても誰も読んでくれないし(´・ω・)
AA書く方が楽しくて数話で完結させちゃったんですよね。まぁ未完になるよりはよかったけど…
386:名無し :

2013/05/06 (Mon) 23:59:33

コンラッドはモララーか…(;∀;)
387:名無し :

2013/05/07 (Tue) 12:14:05

コンラッドはいい奴なんです(;∀;)
388:名無し :

2013/05/08 (Wed) 21:07:41

未登場のスマートガンマンズが気になって気になって…
389: :

2013/05/08 (Wed) 23:11:37

本編に登場しない死に設定になっても良いなら書くけど
390:名無し :

2013/05/08 (Wed) 23:34:16

御願いします!(392じゃないけど
ついでに蕎麦袋で禁煙運動に関係する台詞がありましたが
作者さん的には煙草に関して何か思うところなどあるのでしょうか
いや、棚主さんとか煙草吸う主人公が多いので何となく
391:  :

2013/05/09 (Thu) 00:33:34

うぃ、じゃあその内まとめて提出しますね


そして何その唐突な質問(;・∀・)
蕎麦先生が「テレビや知識人が狂ったように喫煙者を悪党扱いするもんだから~」って言ってたアレの事ですかね。

とりあえず、私自身は煙草は吸いませんし、過去に喫煙を経験した事もありません。
副流煙やポイ捨てに関するマナーに対しては世間で言われている通りの認識ですし、
特段独特の主張を持ってるわけじゃありません。
公の場ではマナーを守って吸いやがれ!と人並みに思います。


が、マナーを守って煙草を吸ってる人々まで悪者扱いしてとにかく禁煙禁煙、
喫煙者を見つけ次第鬼の首を取ったように騒ぎ立てる連中は反吐が出るほど嫌いです。
多数派の意見に乗っかって正義の裁断者を気取るザマは醜悪です。卑しい事この上ない。

非常識な喫煙者を咎めるのは良い。
より良い良識を築くために声を上げ、社会にアクションを取る事も大切でしょう。

けれど何の権利も無いくせに感情論で叩き易い人間を直接袋叩きにして、
とにかく喫煙者を虐げようと暴れまくる奴はただの暴漢だと思います。
魔女狩りの心理と何も変わりません。


別に禁煙ブームに限った事じゃないです。公の正義をよく理解もせずに迎合して人を虐げる連中は総じて嫌いです。

「お上のお墨付きが出たぜ!喫煙者どもはいくら理不尽に叩いても構わねーぜヒャッハー!」

って性根が見え見えで嫌悪しか沸きません。


奴らのせいで一部の絵本や小説の喫煙キャラまで削除されています。

自由な創作の世界を破壊する連中に呪いあれ。

結局ここに行き着くわけですが。
392:名無し :

2013/05/09 (Thu) 01:18:37

AAもだけど、毎回ズバズバ言ってくれるから気持ち良いわ
393:名無し :

2013/05/09 (Thu) 20:28:02

仮面ライダーカブトの喫煙者虐めは未だに納得行かない…
喫煙者なら殴っても良いと思ってるよね
394:  :

2013/05/10 (Fri) 22:37:08

>>392,394

設定だけですむ筈が無かった…結局AAにしちゃったぞ
次回蕎麦袋とか本編とか更新がちょっと変則になるかも。ならないかも。
395:◆MKJF4/bx2Y :

2013/05/11 (Sat) 01:18:14

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1368202694.png
気触れさんは仕事が早すぎると思うの!
396:しゃく◆MKJF4/bx2Y :

2013/05/11 (Sat) 01:22:31

鳥がおかしいな。すいません。
397:  :

2013/05/11 (Sat) 20:59:19

二時間とちょっとで描いてくれる其方様は早くないとでも(;∀;)
いつも最高の元気の素をありがとう御座います
398:名無し :

2013/05/11 (Sat) 20:59:52

タレンスって結局男なんですかね?
399:  :

2013/05/11 (Sat) 21:23:01

ニアミス記念
まぁちょっとアレじゃ分からねーだろうなとは思ってました。すんません。

タレンスは女みたいな顔の男です。
昔から気にしてるので素で間違われるといちいち突っかかってきます。

近年アニメで重宝されるスーパーモデルみたいな女男じゃなくて、
銃繰りに必要な肉はちゃんと付いてます。
あと胸の( y )がおっぱいみたいに見えるんですが、
言い訳すると <( の部分が服の襟で、中の _y_ は詰めたスカーフなんです。

AAを言葉で説明してる時点で大失敗ですね。精進しよう。
400:名無し :

2013/05/11 (Sat) 22:39:18

作者さんが居るうちに質問しちゃおう
N・E・ノーランドのN・Eって何ですか?っていうか日本人なのにこの名前なのは一体…
401:名無し :

2013/05/11 (Sat) 22:53:40

>>403
402じゃないけど納得
てっきり訳あって胸に詰め物有りで女装(でも自分でそんなことしてて女に間違われて怒るっておかしいから違う?とも思ったり)してるのか、
染色体の関係か何かで胸がある男性なのかと思ってましたw
402:  :

2013/05/11 (Sat) 23:05:05

本名のカケラです。
ノーランドの本当の名前は 主枝 野良次郎(ぬしえだ のらじろう) といいます。
 
ぬしえだ・のらじろう

NUSI・EDA・NORAJIRO

N・E・ノーランド


アメリカで生きるのにそれっぽく名前を改造したわけですね。
403:  :

2013/05/11 (Sat) 23:08:37

今日はニアミスが多いな何か嬉しい

ぶっちゃけると服装自体は他のAA作品の伯爵キャラからほぼそのまま拝借したんですが、
完成してから見るとしぃ顔のせいで余計おっぱいに見えるんですわ。
クライストの顔であの服装だとちゃんと衣類に見える…と思う。
404:名無し :

2013/05/12 (Sun) 20:29:15

野良太郎さんは今どうしてるんですかね(目充血)
405:  :

2013/05/12 (Sun) 22:32:29

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1368365549.png 絶対聞かれると思ったから事前に描いといた。
無意味な死に設定まで一応考えとく事に定評がありそうな私です。ハイ。

主枝一家は両親が既に死去しておりまして、今は野良太郎と野良次郎しかいません。

頭のいい野良次郎は見聞を広めに渡米して見事に堕落しましたが、
野良太郎の方は自分の家と山を守るために家業の猟師を続けていました。


が、明治時代にキリスト教団体が動物愛護の精神を打ち立て、世論を動かしたために、
馬を鞭打つ馬車業者や、獣を撃ち殺す猟師が理不尽な非難に晒される事になります。

明治時代・大正時代の大きな民衆運動や暴動なんかを資料で調べると、
必ずといっていいほどキリスト教団体が便乗していたり、火元になっていたりします。

御存知の通りこの時代の、海外で活動するキリスト教団体は同じカトリックにも嫌悪されるような
内政干渉を目的とした「スパイ」が多かったので、その振る舞いも酷く図々しいものでした。
日本人が主体の団体も江戸時代の歴史資料を盗もうとしたり、ろくな事をしません。


で、野良太郎の元にも動物愛護を旗印に廃業を求める連中が押しかけてくるのですが、
野良太郎は元々出来た人物ではなかったので、自分の先祖からの宿業を奪おうとする
連中を家からたたき出してしまいます。

すると人々は野良太郎の山に勝手に立ち入り、鹿や兎を捕らえよそに逃がしたり、保護し始めます。

野良太郎は当然警察に通報しますが、動物愛護はかなり大きなイベントになっていたので、
猟師である野良太郎を邪険にして取り合いません。

野良太郎は自力で山を守ろうとするのですが、相手の方が遥かに大勢なので勝負になりません。

着々と荒らされて行く自分の山を前に、とうとう野良太郎は愛護団体の人間を撃ち殺してしまいます。
たちまち噴きあがる愛護団体の「ヒトゴロシ」コール。野良太郎は捕縛の憂き目に遭い、投獄されます。

野良太郎が居なくなった山は善良な愛護精神を持つ人々の手で貧弱な生態系へと変えられ、
平和な死の世界へと変わりました。


数年後、無事脱獄した野良太郎は死の山に立ち入り、
木のうろに、石の箱に入れて隠しておいた銃や山刀を取り出し、整備します。

やる事は一つしかありませんでした。ケダモノの心を持ったニンゲンを狩り獲るのです。
獄中で顔を焼かれた野良太郎はいつか帰ってくるかもしれない野良次郎のために、
変わり果てた自分の姿を記した手配書を殺した警官から奪い取り、
署名を添えて自分の家に机に残して行きました。

今日も夜の山道に、善良な人々の断末魔が響き渡ります。



…なんて、一応考えときました先生!
作品にする気は皆無です。面倒臭いし誰得感が凄い。


ちなみに上のエピソードは復讐の部分を抜いたら私のご先祖様の実体験になります。
彼は結局自殺したそうで。山は今、住宅地になってるそうで。


そんな話を聞かされて育ったお陰で、子供の頃から良識を押し付ける連中と、
動物愛護キャンペーンが嫌いです。

406:名無し :

2013/05/12 (Sun) 23:12:00

我ながら野暮天な質問だと思いますが、ガラクタの本名は…
407:名無し :

2013/05/13 (Mon) 00:25:50

気触れさんがキリスト教を邪教とか野蛮とか
ズバズバ切り捨てる気持ちがようやく分かった

鬼畜過ぎ…
408: :

2013/05/13 (Mon) 01:04:43

昨日から凄く混んでないか休憩所(愕然

>>410

実は一番聞かれたくない事だったりしました(・∀・)
いや、教えたくないんじゃなくて、ちゃんと答えられないんですよ。
何でかって言うと、本名が二つあるから。

ガラクタウェスタンは原稿を恩師にあげちゃって、それとは別のバージョンを
「買ってくれませんか」って色んな出版社に持ち込んだわけですが。

この二つのバージョンでガラクタの本名が違うんですよ。

小説の最後の話で、日本から来た官憲の一人がガラクタに
「追い詰めたぞ○○!」って初めて本名を叫ぶわけですが。

恩師に上げた方は
「佐々木 真(ささき まこと)」

出版社に持ち込んだ方は
「村雨 一心(むらさめ いっしん)」

になっちゃってる。


結局本にならなかったから恩師の方を正解にしてもいいんですが、
出版社の一つが原稿を「預からせていただきます」って持ってったままなんです。

何年も経ってるから今更採用の電話なんかかかって来ないだろうけど、何か気持ち悪くて。

一応世間に二つ原稿が存在してるから、ガラクタの本名も二つ。

どっちか好きな方を持ってって下されば……



だいたい最初に持ち込んだ会社のヤツが
「佐々木真?佐々木小次郎と志々雄真混ぜたの?」
とか言うから悪いんだ。
409:名無し :

2013/05/15 (Wed) 18:20:09

捕鯨反対とか言いながらアクティブソナーでイルカの脳味噌を破壊しまくってるのを見るとふっくらしますよね!

ところで、あの面子だとバーナードのキャラが薄過ぎる気がするんですがそのあたりどうなんですか? 他に負けないくらいの性癖はあるんですか?

410:  :

2013/05/15 (Wed) 21:27:44

こめかみの血管がふっくらします。
そして貴方以前のファミチキの人では(゚イ゚)


バーナードは本編で書いたように、情婦の体に殺した人間の名前を刺青にしてメモする性癖があるます。

実はコレ、当時の西洋人にとっては現代の感覚以上にキチガイじみた趣味でして。
当時アメリカには確かに刺青を好む白人達も居たのですが、
基本的に刺青は「汚らしい先住民族どもがするモノ」としてのイメージが強かったようです。

まして自分の女に刺青を入れる事は、顔面に傷をつけるようなもので良識を疑われる行為でした。

バーナードはノーランドに貰った金を殆どサルーンの女漁りにつぎ込み、
特別気に入った娘の頬を札束で叩いて刺青の土台にします。

で、当然体に刺青なんか入った女は客がつかなくなるので(この場合ギャングのお気に入りと言うだけで一般客は近づきませんが)
バーナードに依存せざるを得なくなります。

バーナードはそんな自分専用の刺青女を2人ほど、違うサルーンで世話してやっています。

最初は一途に1人の少女を愛していましたが、他のスマートガンマン同様腕がよかったので
次々と刺青の名前が増え、書き込める場所がなくなってしまったので2人目を作りました。

1人目の少女に関してはノーランドに「捨てたら殺す」と釘を刺されたのでちゃんと世話をしているようです。

ちなみに後の相棒のディックガイが「女の尻に刺青を入れている」と言ったのは、
単に彼が未だ尻に収まる程度の殺ししかしていないからです。
ガトリングガンで黒人を虐殺しても名前は手に入りませんしね。

バーナードは最終的にあらゆる体毛を剃って全身をメモ帳にします。
死人の名前にまみれた女の体を抱いているとゾクゾクシテキモチイイそうです。


でも夜の営みに関して以外は普通っぽい人格なので、
一見するとまっとうなギャングにしか見えません。
だから普通に死にました。合掌。
411:名無し :

2013/05/15 (Wed) 23:02:33

エグい…!

作者さんって悪魔とか魔王とか殺人鬼とか好きですよね
ヒーローキャラに悪者っぽい要素を必ず含ませるのに意味とかありますか?
412: :

2013/05/15 (Wed) 23:15:10

(^д^)<殺人は悪の特権です
413:名無し :

2013/05/16 (Thu) 00:41:19

なるほど
414:名無し :

2013/05/16 (Thu) 10:32:22

>>413
なんだよそのスマートガンマンズ全員に特殊性癖があるみたいな言い方はw

スマートガンマンズ全員の性癖を教えてください!
415: :

2013/05/16 (Thu) 21:07:38

……えっとね(゚ω゚)

ジョージはおっぱい至上主義。
ノーランドはあんまり贅沢言わない派。
バーナードは刺青マニア。
コンラッドは童貞。
タレンスは絶倫ド○○○野郎。
リンゴは手を握る事が目標。
マックスは政治に興味ある奴しか女扱いしない。
マッドは濃厚な口付けをしまくりたい。二時間くらい。
ゴーリンは普通の営みが出来ない。女は消耗品。使い捨て。ボロゾーキン。
クライストは神なので性癖なんか無い。

416:名無し :

2013/05/16 (Thu) 23:35:18

>>414
何で分かったんや……
作者さんはやはりモノノ怪の類か!

……香ばしければ黙りますお。

>>418
ちっぱい以外に欲情できる時点で十二分に異常だと思うけど(真顔)
ジョージとかラグナロク
417: :

2013/05/16 (Thu) 23:44:52

節子心配要らん、 カン や!
418:名無し :

2013/05/17 (Fri) 21:09:34

ぶつかってファミチキを落とさせたときに、死を覚悟したほうがいいのは誰あたりですか?
419:   :

2013/05/18 (Sat) 00:11:40

もしも私が妖怪だったとして守宮神の卵床になったらどうなるのでしょうか?
気になってご飯も喉を通りません。
420:名無し :

2013/05/18 (Sat) 08:36:46

> コンラッドは童貞。
> リンゴは手を握る事が目標。
> マッドは濃厚な口付けをしまくりたい。二時間くらい。
> クライストは神なので性癖なんか無い。

うわぁ・・・何というか是非一緒に飲みに行きたい。皆無法者なのに。
421: :

2013/05/18 (Sat) 21:05:52

>>422
状況によりますね。
アラハも何の因果も無い人間をいきなり殺したりしません。
思いっきり肘鉄を入れられるかもしれませんが、ファミチキだけで死因にはなりません。多分。

>>423
卵の中で意識をなくして、溶けてなくなります。
時期が来たら子犬にでも転生して出てくるんじゃないでしょうか。
守宮神は大神の類なので、実は卵で繁殖する事はありません。魂の救済のための道具です。
422:名無し :

2013/05/19 (Sun) 20:55:52

蕎麦袋の美耶子さん、四人も殺して数年で出てこれたとの事ですが…
今後小説で明らかになるなら無視してくださって結構ですが
具体的にどんな法的判断になったのでしょうか?
リアルな設定だったら是非聞きたいです
423: :

2013/05/19 (Sun) 23:40:08

美耶子は四人殺しの結果初等少年院送りになり、だいたい2~3年でシャバに出てきました。

当時美耶子が大学生未満だった事もあるのですが、まず実例として

同じ年代で家族を三人殺して、上記の処分を受けた少年が居ます。

美耶子の場合プラス、赤の他人の教師を殺しているわけですが……


この教師はシドモ様編でも書きましたが、未成年である美耶子と肉体関係を持っています。

警察はこの事実を、殺害された教師の自宅から出てきた二人の情事の痕跡や、

教師が中々恋仲を解消する事を承諾しない美耶子を脅すために撮影した、

彼女の痴態のテープなどを押収する事で確認していました。


警察官が同情的な態度を取ったのを良いことに、美耶子は故人である教師に脅され、

レイプされた事にして、彼を実際以上の極悪人に仕立て上げて自分の罪のスリム化を図りました。


また他の被害者に関しては、祖父母殺害は遺族である息子夫婦(美耶子の両親)が全力で美耶子を擁護し、

いかに殺された祖父母が自分達を冷遇し違法な搾取を行おうとしていたかを訴え続けました。

最後の被害者である叔母に関しては未だ結婚していなかったので、彼女の遺族=美耶子の父親と言う事になります。


強い発言権を持つ被害者家族が、美耶子の両親と妹オンリーとなり、

しかも美耶子にはレイプ被害者という強力なレッテルも貼られ、無事初等少年院に長期収容と言う結果になりました。


ちなみに美耶子は出所後、被害者の教師の両親から非公式に慰謝料をぶん取っています。
424:名無し :

2013/05/20 (Mon) 00:50:29

あぁそっか、クズ教師だっけ…
425:名無し :

2013/05/20 (Mon) 19:57:32

もしかしなくても巨乳派ですか
426: :

2013/05/20 (Mon) 23:22:52

いや別に
427:名無し :

2013/05/21 (Tue) 14:21:38

前に同じような質問あったかなあ…わかんないけど…
作者さんの作るキャラクターは八割がた陰のある人間ですけど
同じ事してる悪人でも『カッコいいなあ!』って印象と『最低だ!』って印象がばっちり別れるんです
はっきり言うと主人公サイドの犯罪者はすっごくカッコよくて、敵サイドの悪人はすっごく胸糞悪い
一般人を拷問にかけて殺すキャラでも
伊比伊さんはかっこよくて、審問会の神父は全然、っていうか
そういう書き分けは特別なテクニックとか使ってるんでしょうか。後学のためにお聞きしたいです
428: :

2013/05/21 (Tue) 15:39:48

好きなようにかけば善いんです。
カッコよさげにキャラを演出したいときは、カッコよさげな要素をぶち込みまくる。
ゲスゲスしいキャラを作りたいときは、反吐みたいな要素を思いっきりぶち込む。
その感覚は人それぞれですから、皆が自分が一番善いと思った要素を使えば良いのです。

その結果私の場合、>>431さんの目に伊秘井はカッコよさげに、神父はクズに映った。
それは私の意図したことですから、メイキング的には大成功なわけです。凄く嬉しいです。



…まぁ、それとは別に個人的に気をつけてるというか、精進してる点は、
「自分が読者だったら、このキャラはどう映るかな?」って常に考えてる事です。
キャラを自分の意図した通りの姿で読者に見せるのは難しいです。
だから自分が読者だったら、と作品を一歩離れて眺めてみます。

自分がやって欲しくない演出はしない。そうするだけでグンと失敗率は下がります。


商業作品でもよくしでかしてなさるんですが、「読者を省みないキャラの優遇」ってのは最悪です。

滅茶苦茶なキャラが居てもいいんです。
鬼畜でドSで老人を殺し子供を火に投げ込み国を売り社会を破壊し
友を裏切り他人を陥れ約束を破り誇りも恥も無く好き勝手な事をして暴れまくる。
そんな奴も使い方次第で美味しく読者に食べて貰えます。

が、そんなクズ野郎を主人公の恋人にして不死身補正を与え、
登場人物をことごとく殴らせ踏ませ地獄に落とし、
でもある日突然そいつが「精神的に不安定」だった事が発覚。
可哀想な悲惨な幼少時代の反動で凶暴な人格に育った事を涙ながらに語り、
同情した主人公がそいつを抱きしめ世界の中心でてめーだけで愛を叫ぶ。

「たとえ世界が敵に回っても俺がお前を守る!」

主人公がラブパワーで色々努力しまくり、恋人の精神は落ち着き周囲の人々も、被害者の遺族も事情を納得。
険の取れた恋人の顔は美しい本来の顔に戻り絶世の美女と謳われ(モブの方にもっと可愛い子が居る)
過去の悪行も展開上全部不問。
二人の純愛に感動した世界は万雷の拍手でこれを迎える。




…誇張はしましたが、コレ系の胸糞話は多いです。
読者にキャラを受け入れさせる努力をぶん投げて、作者だけで自己完結しちゃう話ね。

こんな話は絶対書きたくないので、私はなるべく話の流れは何度も推敲するようにしてます。
意図したとおりに胸糞よく、悪く、見せたいものです。

429:名無し :

2013/05/21 (Tue) 22:29:27

前にさ、気触れさんは読者視点なんだって言った者ですけど
本当にそうだった!<(^o^)>
いやね!いつもおっしゃる事が僕の気持ちを代弁してるようでしてね!
430:名無し :

2013/05/21 (Tue) 22:38:01

カリーナに嘘の身の上話した神父がいたよね
あいつの顛末がまんまその……上のレス的な皮肉と言うか、そういうのが詰まってるっていうか

時計屋はマジで可哀想な奴だったけど、誰にも自分の過去を話さない
居比井も自分が歪んだ理由を、これから殺す院長にしか話さなかった

だから二人とも、誰にも同情されないし抱きしめられる事も無い
正々堂々とキチガイやってるから『胸糞いい』んだろうなぁ…
431:  :

2013/05/23 (Thu) 09:08:35

悲惨な過去があったから何をしていいわけでもない
弱者や被害者だから何をしていいわけでもない
下衆キャラの及ぼした被害の規模が大きければ大きいほど
主人公が許しただけじゃ収まらないはずなのに
なぜかまるっと収まっちゃうもどかしさ
432:名無し :

2013/05/23 (Thu) 20:21:27

ここの皆はDOD2プレイしたら憤死するかも知れん
正に気触れさんが言ったようなゲスいキチガイカップルの話だから
433:名無し :

2013/05/25 (Sat) 23:50:44

サイコドラマ恐…作者さんの博識は前からだけど
ひょっとして心理学の勉強とかされてます?
434: :

2013/05/26 (Sun) 00:11:35

大学の籍が社会福祉学部・臨床心理学科でした。
小説ばっかり書いてたけど履修可能な講義は全部受けてたので、一応知識は本物だと思います。

サイコドラマの悪用に関してもマジなので、もし似たような目に遭いそうな時は絶対拒否して下さい(先ず無いだろうけど
三神教授みたいに回復する保証はありません。
435:名無し :

2013/05/26 (Sun) 00:23:14

おおガチ学徒!
マジって事は現実にサイコドラマを悪用した人の例とかあるんですかね?
436:  :

2013/05/26 (Sun) 00:58:35

小説のような悪用を繰り返していた人殺しカウンセラーが実在します。
勿論逮捕もされなければ新聞にも載りませんでしたが、
私の所属していたゼミの先生が糾弾しようとビラとか撒いてましたね。

野良太郎の時といい実話ネタが増えてきたのはあまりよくない兆候ですが……


カウンセラーの生兵法が原因で、殺人事件や自殺事件が連続した事がありましたよね。
一時期新聞がそういうネタを好んで載せていましたが、ああいう事は以前からあったんですよ。

カウンセラーは最悪、何の資格も無くても名乗れる職種ですから、
とんでもねぇヤツが普通に居ます。
間違った療法を悪意をもって試し、クライエントの心を破壊し、自殺に追い込む奴らが。

だからカウンセリングが必要な時は、大きな組織の資格を持ったプロに頼みましょう。
無資格のカウンセラーにかかると、最悪殺されますから。
437:  :

2013/05/26 (Sun) 01:07:23

…まぁ、実は資格ありの精神科医にもふざけた輩が居るのですが……
治療を受ける時はとにかく事前情報を集めてから、が理想です。余裕が無い人が殆どかも知れませんが。
438:名無し :

2013/05/26 (Sun) 01:13:25

何か凄く怖い話を聞いてしまった気がする
ありがとうございました
439:名無し :

2013/05/26 (Sun) 22:11:58

揚げ足とりに見えたらごめんなさい
タレンスが仕事終えた時に、
チップが客であるタレンスに「ご苦労様」と声をかけているのが気になるのですが…
440:名無し :

2013/05/26 (Sun) 22:53:12

>>445
タレンスに脳みそ抉られてるのはチップから殺してほしいと依頼があったジジイ
チップ「謝礼は後ほど~」って言ってるよ
441:445 :

2013/05/26 (Sun) 23:28:11

ありがとうございます
作者さんに限ってこんなところでミスるわけないしやっぱ合ってるのかな…?
となりつつも質問させていただきました

>国語として正当性があっても
今まで見てきたビジネスマナーや言葉の使い方指南にも、「『ご苦労様』は目下が使うのは駄目」と書かれていました
多分現代の多くの人がそういう認識になっているのではないでしょうか
目上にご苦労様ですと言って「失礼だ」と怒らせたら自分の立場が悪くなる、
自分が正しいと主張してますます怒られたらまた面倒なことになる、
だから指摘もあまりされないのかもしれません
なんか気潰れシリーズ見てるとそういうことに対する皮肉も込められてるように見えてくる…
もっと日本語勉強します。どちらにしろ無知晒し失礼しました

>>448
わかりづらくてごめん
「ご苦労様」は目下(店主のチップ)が目上(客のタレンス)に使っちゃまずいんじゃ? っていう意味で書き込んだんだ
442:名無し :

2013/05/26 (Sun) 23:50:57

なんだっけ、オーストリアかどっかでナチス時代肯定って意見が
国民の中にかなりあったんだっけ
あと外国で日本人がナチスやヒトラー叩くと凄い怒られる事あるらしいね

「奴らと一緒に戦ったくせに何こっち側のツラしてんだ!裏切り者!」って

言われて見ればそうだな
443:名無し :

2013/05/26 (Sun) 23:56:42

日本とナチスって同盟だったのかΣ(゚д゚)
444:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:00:01

>>>>>>>451

これは怒られる
445:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:12:37

アンネの日記、アンネの父親が小説家に頼んで書かせた作り話だって暴かれたな……
法廷で小説化本人が認めたそうな。

こいつを証拠として裁かれたドイツ人が居るんだが……ひでぇ話
446:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:27:26

ホロコーストに関しては実はヨーロッパの国の半数が懐疑的なんだとよ
理由は三つあってさ

1 ホロコーストの証拠が無い

2 ユダヤ人がホロコーストを理由にタカリ産業を展開してるので、心情的に疑ってる

3 ホロコーストの検証や、歴史的研究自体をユダヤ人が阻止しに来る


本当に酷い事をされたのなら何で検証自体を嫌がるんだ?つまり嘘なんだろ?ん?
って世論が多いみたい。ユダヤ人嫌われてるしな。
447:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:31:23

つまりアンドリューが一番好きな僕は許されたって事なんですね
ハイル・ミッフィー!
448:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:40:57

地獄変の一部ギャラリーの掌返しは気触れさんでなくてもトラウマだわ…
アドルフが悪役として書かれると勝手に決め付けて、中編辺りから荒れるわ荒れるわ……
お前らナチスに何されてん、って思った
449:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:42:03

お前らアンドリューの話になるとガァガァ元気になるな
450:名無し :

2013/05/27 (Mon) 00:51:23

アンドリュー舐めんな
物語として完璧だぞアレ
451:名無し :

2013/05/27 (Mon) 15:11:52

ご苦労様についての知識完全に間違ってた…
もう何を選んで信じたらいいんだかわからん。まともな日本語使えてる自信ないわwww
452:名無し :

2013/05/27 (Mon) 21:50:55

ぶっちゃけ日本のビジネス英語なんかマジ英語圏じゃ「ハァ?ミステーク!」とか言われるレベルだしな
ほんと流行で勝手な常識作るのやめて欲しいよな……
453:名無し :

2013/05/27 (Mon) 21:57:01

絶望させてやろう
俺の会社では上司にはご苦労様って言わないと叱られる
逆にお疲れ様って言ったら下品なヤツだと言われる

何でも社長が若い頃はそれが当然で、この形式の会社もまだまだあるらしい

ケースバイケースだな。鬱陶しい。
454:名無し :

2013/05/27 (Mon) 22:22:57

>>461
実は僕んちも同じです
年取ってる人にとって今のビジネスマナーは間違いなんだなぁ…
455:名無し :

2013/05/27 (Mon) 22:38:32

結局国語のテスト0点な奴らに踊らされてるだけじゃないですかヤダー!
456:名無し :

2013/05/27 (Mon) 23:41:24

盛り上がってるとこ悪いけど新しい質問をさせてもらう

スマートガンマンズとルーズベルトファミリーの入社面接通るには何が必要ですか?
アラハ君落ちてたし
457:  :

2013/05/28 (Tue) 00:15:29

スマートガンマンズ

・早撃ちの腕前
・銃に対するシビアな認識
・男である事(ノーランドは女子供に銃を持たせる奴が嫌い)


ルーズベルトファミリー

・殺しの腕前
・精神的熟練あるいは成長性
・殺しを手段として捉える認識(殺し自体を目的にするヤツはNG)
・手土産(著名人の首、札束、貴金属、美少年など)
・ルーズベルトへの一生の忠誠
・「期待を裏切った時は自分で内臓掻き出して死にます」という誓約書
・正確な履歴書
・不採用だった時にいきなり射殺されても驚かない勇気
458:名無し :

2013/05/28 (Tue) 01:16:38

あ、ダメだルーズベルトファミリー恐い
459:名無し :

2013/05/28 (Tue) 12:46:03

条件多いな
そしてコレ全部クリアして入社してもアラハ一人に虐殺されるのか…
460:名無し :

2013/05/30 (Thu) 21:58:08

詮索しても答えないって言われてるけど…やっぱり気になるんだな
過去作の名前は結構ですんで、どのくらい完結作があるか教えてもらえません、か…?
461:  :

2013/05/30 (Thu) 22:26:08

…頑張って思い出してみたけど、ひょっとしたら漏れがあるかも。
気触れ関連を除くと


20話以上の長編は2つ。

5話以上10話以下の中編が3つ。

ビデオ棚や参加型スレの短編は、ゴミみたいなのも混ぜると50個くらい書いてるね。


エターなったのは思い出すのもキツいけど、多分10個前後。
最終回直前でどうしても書けなくなったのがあるんだけど、今も書けなくて放置。
書き方忘れちゃってるし、キャラの動かし方も思い出せないし。

今見返したら「よくこんな文章or拡大描けたな…」ってなるんですよ。

経験ある創作者さんも居らっしゃると思うんですが、何かを作るセンスってのは、
作り続けていないと弱体化しちゃうんですよね。
なんて言うか、進化させたはずのセンスが、放っておくと進化前に戻っちゃうみたいな。

AAは作ったり休んだりしまくったせいで、昔のAAの続きなんてもう描けなくなっちゃってる。
惜しまれますがまぁ…休まざるを得ない状況もあったしなぁ。って感じです。惜しい。
462:  :

2013/05/30 (Thu) 22:29:02

ちなみにマララーのAVショップにも私の作が一個だけあります。ガハハ!
463:名無し :

2013/05/30 (Thu) 22:37:43

お、多い……!
八頭身モノとかは書かれてたんでしょうか
あとAVショップのヒントだけでも!
464:  :

2013/05/30 (Thu) 22:46:09

実は得意分野でした(見栄えは別として<八頭身

エロくない<AVショップ
465:名無し :

2013/05/31 (Fri) 00:45:25

多い・・・!
その中でコテをもっていたことってありますか?
あるとしたら何種類くらいでしょうか
466:  :

2013/05/31 (Fri) 11:42:30

多分killer7の人格と同じぐらい。
自然にエターなった作品から他に移るためのコテもありましたけど、
殆どは荒らしから逃げるための新コテでしたね。

長編板には書き手を潰そうとするクソ荒らしが常にへばりついてるんで、
潰されないように色々考えた結果、今は「コテ無し名無し最強説」に落ち着いてます。
名指しできないから、遠回しに叩くしかないわけで。


ここでAA好きの皆様に御願いです。

AA作者は多かれ少なかれ、いつもロクデナシの荒らしと戦ってます。
誹謗中傷や理不尽な要求を無視して頑張ってる人には文字レスでの慰めや代理戦争ではなく、
同じように荒らしを無視した上で、作品の感想でも送って上げてください。

「荒らしより、作品を愉しんでくれてる人の方が多い」と感じられる事が、
AA作者にとっての喜びであり活動生命を繋げるポーションになります。



逆に、絶対に荒らしの味方をしたり、便乗して作者の方を叩いたりしないで下さい。
簡単につぶれますし、生き延びても永久に怨みが残ります。
何年も、何年も、忘れません。
好きな書き手を潰されたファンの怨みも、消えません。


まぁ、当たり前の事ですが。AAを楽しく見るためにご協力を御願いします。
(ギコ寿司を荒らしたジェンキン寿司荒らしに呪いあれ)
467:名無し :

2013/06/05 (Wed) 21:11:36

ブキャナン幹部とは思えないぐらいアレですが(ひょっとしてガンラインの方が強いんじゃ…)
相手が悪かったって事なんでしょうか
スマートガンマンズの方が強そうな印象なんですけど、実際どうなんでしょう?
468:名無し :

2013/06/05 (Wed) 21:49:12

蕎麦先生の嫌いな物に「おごり昂ぶった蕎麦屋」というのがありますが
ラーメン二郎に行ったらどうなるのかな?いやさっきテレビでやってたから
469: :

2013/06/05 (Wed) 22:23:05

>>475

ブキャナンは弱いわけじゃないのです。バカなんです。
似たような役回りでもリンカーン兄弟はドグサレでしたが、バカじゃありませんでした。

ブキャナンはドグサレでバカなので、凄く弱そうに見えるんだと思います。


で、ルーズベルトファミリーよりスマートガンマンズの方が強そう、ってお話ですが、
実際スマートガンマンズの方が火力は高いです。
何でかって言うと、ルーズベルトとノーランドの方針に下のような差異が在るからでして。


・構成員の採用基準

ルーズベルト=成長性を含めた長期的展望での採用・部下を育てるタイプ

ノーランド=今現在での戦闘力と資質・育ってから面接来やがれタイプ


・構成員の能力上限

ルーズベルト=自分より優秀な部下は要らない・育たない奴はダメだけど、実は育ち過ぎた奴も間引きの対象

ノーランド=自分より強い部下が出来たらラッキー!上手に顎で使ってラクするぜ!


・構成員のバラエティ

ルーズベルト=とにかく多様な人材を・自分の出来ない仕事をする部下を求める

ノーランド=殴って撃って殺せる男限定・女子供は叩きだせ!


なので、スマートガンマンズの方が実戦力では勝る組織ではありました。
でもルーズベルトファミリーの様に、ボスに対する強い忠誠と服従の心を持った組織ではなかったので、
現在スマートガンマンズは解散してしまっているわけです。

寿命の長さで言えば、ルーズベルトファミリーの方が優秀と言う事になりますね。


>>476
そのお店はコピペのネタ位しか知識が無いのですが、
仮にコピペの内容どおり、お客に安心して食べ物を食わせるお店でないのなら、
孤独のグルメのアームロックみたいな事になるんじゃないでしょうか。

蕎麦先生は食べ物をダシにおごり昂ぶる人間が嫌いです。
470:名無し :

2013/06/05 (Wed) 22:55:45

<がああああああ!!

<ソレイジョウイケナイ!
471:名無し :

2013/06/06 (Thu) 00:54:32

ガラクタさんとほぼ互角にやりあう
ルーズベルトさんより優秀って想像がつかんwww…アラハ級か?
472:名無し :

2013/06/07 (Fri) 02:37:14

スマートガンマンズのメンバーですが、ガンファイト以外にそれぞれ得意分野とかあるのでしょうか。
例えばですが、
リンゴ:法律知識
クライスト:拳闘
マッド:数学
・・・みたいな感じで。
473: :

2013/06/07 (Fri) 11:19:02

何気に皆前身がバラバラなので諸々です。
挙げられた面子で言いますと

リンゴは長年犯罪者として警察を煙に撒いて生きてきたので、
法律関係は勿論、警察の行う捜査の手順、指揮系統の情報、上層部の考え方と姿勢、
地区毎の警官の堕落具合、弱み、黙らせ方等を知り尽くしています。
その気になればギャングの身分を隠したまま殺人を犯し、独力でもみ消す事の出来るジジイです。


クライストは神で在るために、人々の尊敬を得られそうなスキルは一通り身につけている超人です。
アメリカで飛び交う全言語の90%は理解できますし、インディアンの部族ごとの風習すら研究しました。
日用品から業務用まで、機械類の操作とメンテナンスはお手の物ですし、
道具さえあれば簡単な外科手術をする事も出来ます。

恐らくメンバーの中で一番多才な男ですが、惜しむらくは総てにおいて無免許だと言う事です。
クライストは神なので、俗人から免許を「与えられる事」が我慢ならないのです。
なので、スキルも全部独学で、ちゃんとしたプロに習ったわけじゃありません。


マッドは元々イギリスのホコリボクシングの選手だったので、とにかくケンカが強いです。
ニューヨークの賭け試合でグローブをつけたまま相手を殴り殺したので、ノーランドに目をつけられました。

スマートガンマンズは素手のケンカで名を売る組織ではないので目立ちませんが、
何気に武器無しの殴り合いになったら誰も敵いません。
御察しの通りあの性格はパンチドランカーの末期症状でして、
以前の人格はもう誰にも分かりません。

あと数学はダメです。数式開発したヤツが道をあるいてたらテンプルにアッパーを食らわせたいそれがマッド。

474:480 :

2013/06/07 (Fri) 20:49:25

おお、ご回答ありがとうございまっす!
皆自分の想像とは少し違うタイプでしたが、想像以上に魅力的でした。
475:名無し :

2013/06/12 (Wed) 22:03:08

どうしても気になるんだよなぁ…
日を追うごとにそんな気持ちが強くなったので、質問します


前に行ってた「robots」ってどんなお話なんですか!
蕎麦袋以外で売り物になった話とか絶対面白いんでしょ!教えて!(;ω;)
476:robots :

2013/06/13 (Thu) 02:08:32

「robots」


最悪の未来。
人と科学が地球を食い潰し、滅ぼした果ての時代。
大陸は粉々に割れ、海に沈み、致死毒の雲から酸の雨が降る、そんな世界。

時折虹色に光る油のような大気と、鉛色の空。
生物の影の無い、酸に溶かされた景色。

僅かに残った陸地の、どろどろの文明の痕跡に、一つの影が蠢く。

鉄の手足が生えた冷蔵庫のような物体は、通称「棺桶」と呼ばれるロボット。
その用途は名前のとおり、内部に人間の死体を保存する事。

人口体液と冷却装置に満たされたそいつの中からは常に「ヴーン」という
低い音が漏れていて、それが酸の雨の中を、歩いている。


滅亡する前の人類は「死」に対して特殊な倫理観を持っていて、
高度な科学技術で死を克服する事こそが文明人の使命と考えていた。

家族や友人との別離は本来許されない悲劇であり、
何としても回避しなければならない「病」だった。

だからこそ彼らは高度な医療技術を駆使し、平均寿命を100歳にまで引き上げた。
さらに老衰や不治の病を克服するため、生体組織を機械に置き換える「機械化手術」も編み出した。
人体のあらゆる箇所を機械で補い、ただただ寿命を延ばし……

やがて「脳」の寿命が来ると、それすらも拒み……

「棺桶」と呼ばれるロボットの中に死体を詰め、冷却保存した。
本人の人格を可能な限りロボットのコンピューターにインプットし、
ロボットに本人の代わりに「人生」を継続してもらう。

死者の人生はロボットを通して間接的に続き、さらにやがて遠い未来で、
中の死体すら蘇生させる事を夢見るのだ。

そんな、ただただ人が死から逃げるためだけに作られたロボット「棺桶」。

四角い無骨な塊は、陶器のようにうすら白く、動くたびにチャプチャプと、
内部の人口体液が音を立てる。

死滅した町にただ一個生き残っていたそいつは、最早喋る事も、思考を表現する事も無く、
酸の雨の中瓦礫を漁り、土を掘り起こし、
死体を見つけては、墓を作って葬っていた。

駅のホームや民家の残骸、酸の雨のかからない場所に死体を埋めなおし、
鉄パイプや椅子の脚で作った十字架をその上に立てる。
そういった事を何年も、何十年も続けた。

やがて、瓦礫の中から死体が出てこなくなると、
棺桶は自分が暮らしていた建物にこもり、壁を見て過ごした。

どこかの国が落とした大量破壊兵器が、建物の半分を吹き飛ばし、
中身をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせていった。
朽ち果てたゴミと肉が散乱する長い長い廊下の端で、かろうじて形を留めている「部屋」の一つ。
赤黒い絨毯だったものの上で、直立したまま壁に向かう、棺桶。

そのまま永遠のような時間が流れ、やがて、棺桶の意識が溶けて無くなろうとしていた時。

不意に、部屋のドアが、音も無く開く。




微動だにしない棺桶を、黄色い防護服とガスマスクを着た少女が、泣きそうな顔で見つめていた。



477:robots :

2013/06/13 (Thu) 02:09:08

世界のどこからかやって来た生存者は、棺桶と意思の疎通を試みる。

だが永遠を一個で生きてきた人格の歪みからか、それとも発声装置が壊れているのか、

棺桶は少女のどんな問いかけにも答えなかった。



「この中には、人間が居る。人間の死体が、入っている」


少女は孤独に彷徨い続ける事を忌避し、棺桶の傍で暮らし始める。

酸で溶けた街、戦争の爪跡の上に、残った場所。

とても人が生きていける場所ではなかったが、それでも少女は諦めなかった。

屋内の乾いた場所の土を掘り、ここよりもマシな土地で手にしたのだろう、植物の種を植えて育てた。

酸の雨を特殊な濾過装置で時間をかけて飲み水に変え、大量に瓶に詰めて部屋に並べた。

そんな少女を、何を思ってか、棺桶も手伝い始める。

少女は喜んだが、棺桶はけっして喋らなかった。

ただ何十年も漁り続けた街の中から、未だに稼動している地熱・風力発電機や、それと連動している諸々の機械を持ち出し、

少女に電気の灯りや、保存食糧や、人間らしい寝床や音楽を提供しただけだ。


どろどろに溶けた建物は、少女と棺桶の手で、少なくとも屋内だけは、明るく文明的な彩りに飾られていった。


一年。生活を共にする中で、少女は棺桶に独り言を投げかけ続ける。

自分が天涯孤独の身である事、今まで旅した土地に一切の人間が居なかった事。

棺桶の、その中身の人間の、正体が気になる事。



無事成長した種が実らせた豆や芋を収穫している時、少女は建物の床下から、一つの写真立てを掘り出す。

美しい異国の女性が、赤ん坊を抱いている写真。

それを見つけた瞬間少女の目は輝き、棺桶の元へ飛んでいき、抱きつきながら叫んだ。


「これはあなたの家から出てきた写真。この女性があなたの正体に違いない!」


赤ん坊の方が正体だとは思わなかった。少女は自分の願望のまま、棺桶を写真の母親だと決め付けて狂喜した。

少女はその日から、なんとか棺桶の中を見たいと、夢見るようになった。



478:robots :

2013/06/13 (Thu) 02:09:48

一年後。ある日の昼食時に、それは起こった。

少女が豆のスープを飲んでいる目の前で、棺桶が音も無く鉄の膝を折り、動かなくなった。

何をしても、どこのパーツを探っても、二度と動く事は無かった。



何が原因か、知識の無い少女には見当もつかない。

だが四角いボディーの隙間から漏れ出る人口体液が、少女に暗に、棺桶が「壊れた」事を悟らせた。




絶望と同時に、得体の知れない高揚感が少女を襲った。

人口体液の漏れる隙間からは、僅かに灯りが漏れ出ている。

棺桶の、かつてはがっちりと閉ざされていた「蓋」は……今、明らかに開きかけているのだ。

震える指で、棺桶の「隙間」に手を伸ばす。

ほんのわずかに力を入れると、がちりと鍵の開くような音がして、ぎ、ぎ、ぎ、、、と、

棺桶の正面が、ドアのように………開いた。















少女はそのまま、町を出た。

棺桶を置いて、酸の雨の中を、出て行った。

彼女の「家」は、元のまま。灯りもついたまま、豆のスープも湯気を立てたまま、放置された。


部屋の中、膝をついたまま壊れている棺桶は、解放されたまま人口体液の海に濡れている。







棺桶の中には、誰も居なかった。




過去のその場所で、誰かが自慢げに声を上げていた。

破壊兵器の爆風と、酸の雨に溶かされる前、その場所は、「家」では無かった。

長く長く続く広い廊下、そこは大勢の人々で賑わい、多くの店が開かれ、多くの商品が並んでいた。

その風景のど真ん中で、スーツを着た男がマイクを手に、棺桶を指差しながら声を上げていた。


 ― SS社の最新の人格保存ロボット「Marie 38型」はあなたの第二の人生を保証します ―


 ― 最低100年の人体保存機能と、人格移植プログラムを兼ね備えておりまして、その正確さは ―


 ― さらに不慮の事故により人格情報が破損した場合に備え、代わりに生活を引き継ぐサンプル人格も ―



 ― モデルはSS社の専属CMモデルであり、今年育児のために引退しましたマリー嬢が最後のお仕事にと ―








 ― こちらに写真が御座います、何とも幸せそうな      単純に生活支援ロボットとしても     仮想家族       ペット   値    段    ―






479:robots :

2013/06/13 (Thu) 02:10:38

ヴーン、と、低い音が漏れる。

機械の中を電気が巡り、様々なプログラムが、長い時間をかけて起動する。

音声認識装置が酸の雨音を遠くに捉え、やがて、視覚モニターに周囲の映像が映し出される。


明るく文明的な彩り、赤黒い、絨毯。




湯気の立つ、豆のスープ。



半壊した棺桶の目の前に、黄色い防護服を着た、大人の女性が座っていた。

膝を絨毯につけ、片腕と四角いボディーしか無いロボットを、見つめている。

やがてその唇が、小刻みに震え、音を吐き出した。




― 私の名前は、沙耶 ―













「おかえりなさい。ママ」


『ただいま。沙耶』








               _ end.
480: :

2013/06/13 (Thu) 02:16:37

まあ要約するとこんな感じのお話さ。
ロボ娘に萌える本に載せてもらったのに死体入り冷蔵庫ロボを出すという暴挙に出た。
評判はよかったけどそのサークルさんからは二度とお声がかからない。
481:名無し :

2013/06/13 (Thu) 13:42:50

そんなパティシエの大会で「肉本来の甘みがあるから!」って言い張ってステーキ出すような暴挙をすればなぁwwwwwwwwwwwwwwwww
ゴチです。これは中身が無いことに絶望した少女がしばらく後心変わりして戻ってきたってことでいいんですか?

482:名無し :

2013/06/13 (Thu) 13:53:26

あれ、これ見たことあるかも・・・
483: 名無し :

2013/06/13 (Thu) 20:29:58

俺も見た事あるような
文章じゃなくて状況が記憶に残ってるっていうか、なんて言うか

ひょっとして挿絵ついてなかった?
黄色い服のガスマスクとデカい四角いロボットの絵、確かに見た事あるぞ
赤い階段に座ってたんだよ確か
484:  :

2013/06/13 (Thu) 21:12:22

ああ、推敲せずに投下すると誤字が酷いな。人工体液……まぁいいか

>>489
最強の萌えロボはロビタだと思ってる。

そして要約じゃやっぱ伝わらないね。捕捉させてもらうと、ラストシーンは別の町の別の場所なのさ。
少女が最初に出遭ったのは棺桶のサンプル人格、つまりデフォルトのコンピュータープログラムだから、
同型機は皆同じ人格を持ってることになる。

少女は修理不能な「最初に出遭った棺桶」を置いて、別の棺桶を探しに行ったのさ。
で、ボディーは半壊してるもののプログラム自体は起動前の、「新品」の棺桶を見つけて、起動ボタンを押した。

こいつは少女との出会いや暮らしの経験を持たないまっさらな状態だけど、
人格の根本は最初に出遭った棺桶と同じもの。
だから、少女はこれからこいつと一緒に暮らす事で、壊れてしまった最初の棺桶の人格を、
一から修復していこうとしている。

最初から無かった死体なんざ、もう要らないのさ。

だから題名はrobotsの複数形なのです。



>>490・491

(゚д゚)

一応言っとくけどペンネームは秘密ね…
485:名無し :

2013/06/13 (Thu) 21:15:25

おお、以前消えてしまったお話ですね
当時運よく消える前に読めてたんだけど、
その時も途中までのあらすじで終わってたから気になってたんだ
ロボ娘っていってもよくある少女に機械パーツくっつけたコスプレみたいなのじゃなく
ガチ機械じゃなきゃ駄目だって言われてたんでしたっけ
486:  :

2013/06/13 (Thu) 21:54:52

>>493
そうなんだよぉお~その説明が誤解生んじゃってさ


サークルリーダーさん 。oO(コードとかパイプとかガチガチ這い回ったロボ娘こそ至高!硬い尻!冷たい乳!コスプレ生身野郎は氏ね!)

私 。oO(ガチロボ萌えとは大した人々だ。やはりシチュエーションとストーリーで萌えさせるのが善いね。じゃ、女らしい要素皆無のモロ無機物デザインで…)

サークルリーダーさん < 何この四角。


みたいな感じだったんだと思う!
一緒に載った漫画のヒロイン皆ドロッセルみたいでそりゃもう浮いた浮いた。
しかも蕎麦袋よりお金もらえたのが逆に腹立つwww
487:名無し :

2013/06/13 (Thu) 22:16:59

何故か
< 何この四角。
で すっごい笑った
488:名無し :

2013/06/14 (Fri) 03:06:13

http://otasoku.livedoor.biz/archives/50709885.html
サークルリーダーさんはこれの5あたり希望で、
気潰れさんは7通り越して8(欄外)にしちゃったわけだなw
489:名無し :

2013/06/16 (Sun) 17:48:02

真顔になったジョージと傘を脱いだ(脱げた)ガラクタ、動物に例えるとどのくらい危険なのでしょうか。
(個人的には疫病並みの危険性を感じましたが)
490: :

2013/06/16 (Sun) 21:29:57

……うーん?よく分からん。
とりあえず用足し中に個室に侵入されたら嫌な動物ベスト3でも考えたらいいんじゃないでしょうか。
491:名無し :

2013/06/20 (Thu) 18:04:52

ゴーリンの服の8って何なのでしょうか
他にも、スマートガンマンズの中で何か特殊な格好(シャツベストジャケットコート(?)以外)
をしてる設定のキャラがいたら教えてください

あと上でスマートガンマンズメンバーのそれぞれの特技についてありましたが、
ノーランドには、そういった飛び出た技能はありますか
492: :

2013/06/20 (Thu) 21:10:18

>>ゴーリンの服の8

ありゃ単なる模様です。
水玉模様なんですね。悪趣味。
ちなみに耳のてっぺんの丸いのはピアスです。

>>特殊な格好をしてるヤツ

マッドのアロンジュ、マックスのクラバット(クロアチアの赤いネクタイ)ぐらいでしょうか。


>>ノーランドの技能

本編を見て頂ければ分かるかと思いますが、いきなり人をぶっ殺すのが得意です
クイックドロウの技術を人間の限界レベルにまで鍛え上げているので、
真正面から撃たれても、常人には銃を抜く仕草すら見えません。

気配を殺して人に近づくのも得意ですが、こちらはガラクタの方が上手です。
ノーランドには足音を消したり、夜の闇と同化する術はありません。

あと、やはりクライストの方が上手なのですが、知識を吸収するための
理解力と記憶力、実践力に優れています。つまり凄く頭がいいです。


結局何でも出来るから彼の下に強いガンマンが集まってくるわけですが、
実は茄子がダイキライで食べられません。

うっかり茄子の漬物でも出そうものなら脱兎の如く逃げ出します。
493:名無し :

2013/06/20 (Thu) 23:15:06

茄子嫌いなのに漬物があるとなおよし!とか言ってたのかw
で、出された漬物にナスが混じってたら逃げ出すのか?wwwww
494:名無し :

2013/06/20 (Thu) 23:23:52

茄子の漬物……はて、何か引っかかるような…
495:名無し :

2013/06/21 (Fri) 22:22:39

むしろ面白半分で茄子の漬物出したりしたら撃ち殺されるんでは…
ああでもノーランドそんなに気短に見えないな
496:名無し :

2013/06/22 (Sat) 23:05:35

逆に場合によってはノーランドに撃たれるような行為ってどんなですか?
彼の前でこれをしたら撃たれるって行為ですが
497: :

2013/06/23 (Sun) 00:15:12

銃口を向けると必ず撃たれます
ノーランドは銃を撃つにはそれなりの理由が必要と考えているので、ちょっと不快な程度では銃は抜きません

かといって心が広いわけではないので、
たとえば誰かが道の真ん中にデカい荷物を置いてダラダラしてたりすると、
平気でその荷物を蹴飛ばして行きますし、

自分が何かを買おうと売り子と話してる時に、横から誰かが売り子に商談を持ちかけたりすると、
売り子自体を路地裏に連れ去って独占してしまいます。

駅馬車の順番待ちに割り込んだ者は列の最後尾へブン投げられますし、
道でのすれ違いに失敗して肩が当たった際、ノーランドが謝った後に舌打ちをした者は前歯を叩き折られます。

茄子の漬物を無理に喰わせようとしたら、逆に全部喉に詰め込まれるでしょう。

でも、銃を抜く時は相手がもっと重大な過失を犯した時に限られます。
498:名無し :

2013/06/23 (Sun) 01:14:59

そう言えばノーランドさんギャングだって事忘れてたΣ(´Д`;)
でも例にある事例は全部相手に非がある場合ですね……罰は見合わないぐらい重いけど
499:名無し :

2013/06/23 (Sun) 01:23:56

逆にニューヨークのファイブポインツ(だよね?最悪のスラム街)で
ギャングのボスやってる人が、商談の腰折られたり
舌打ちされたりして何もしなきゃ
ギャング団そのものが舐められて攻められるよね

ギャングの親玉と肩ぶつかって謝って済むならかなりマシな方じゃなかろうか
500:名無し :

2013/06/23 (Sun) 01:35:14

>>507
ああ そういう事か
コンラッドやマッドのせいでどうもマジギャング団だって印象が薄れるなw
確かにルーズベルトファミリーに対して同じ状況になったら・・・ぶっ殺されるんだろうなあ・・・
501:名無し :

2013/06/23 (Sun) 20:14:15

狂犬組のネーノに比べりゃ全然常識人じゃないか
502:名無し :

2013/06/23 (Sun) 20:28:33

狂犬組不思議だよね
全員どうしようもないDQNなのにかっこいい所が
503:名無し :

2013/06/23 (Sun) 23:20:38

有名らしいから読みたいんだけど、どこにもないんだよ狂犬組…
保管庫完全に死んでるし
504:名無し :

2013/06/24 (Mon) 01:04:36

他八頭身総合スレの保管庫漁ると出てくる
そこでも探すの大変だから掲載ページのURL貼ってもいいんだけど流石に板違いな気がする…
もし触れ蔵さんやここのみんなの気分を害しなければ雑談OKなサイン帳あたりに貼るよ

というわけで貼っても大丈夫ですか皆さん触れ蔵さん
505:触れ蔵 :

2013/06/24 (Mon) 21:10:41

サイン帳は殺害予告と荒らしレス以外何書いてもいいユートピアだよ!
どうぞどうぞ


               /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
.              /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
             /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
.            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
.              |_|=(O)=(O)=(O)=(O)=(O)=(O)=(O)=(O)=(O)=|_|
.                   | |          |_______|        | |
.                __| |____________________| |__
                ||  | |______,|| | | 二二二二二二二二二二 | | ||__| |_ || 蔵(くもはちより)
                || ノ| |:::::::::::|| | | ._____∥_____. | | ||:::::::| |:::::ヽ||
                |||::::| |:::::::::::|| | | |_||_||_|∥|_||_||_| | | ||:::::::| |:::::::::||
                |||::::| |:::::::::::|| | | | ̄|| ̄|| ̄|∥| ̄|| ̄|| ̄| | | ||:::::::| |:::::::::||
                |||::::| |:::::::::::|| | | |=||=||=|∥|=||=||=| | | ||:::::::| |:::::::::||
                |||::::| |:::::::::::|| | | |_||_||_|∥|_||_||_| | | ||:::::::| |:::::::::||
                |||::::| |:::::::::::|| | | | ̄|| ̄|| ̄|∥| ̄|| ̄|| ̄| | | ||:::::::| |:::::::::||
二二二二二二二二|||::::| |:::::::::::|| | l  ̄ ̄ ̄ ̄o o ̄ ̄ ̄ ̄ | | ||:::::::| |:::::::::||二二二二二二二二
▲▼▲▼▲▼▲▼|||::::| |:::::::::::|| | | | ̄ ̄ ̄ ̄|∥| ̄ ̄ ̄ ̄| | | ||:::::::| |:::::::::||▲▼▲▼▲▼▲▼
▼▲▼▲▼▲▼▲|||::::| |:::::::::::|| | | |        |∥|        | | | ||:::::::| |:::::::::||▼▲▼▲▼▲▼▲
▲▼▲▼▲▼▲▼|||::::| |:::::::::::|| | | |        |∥|        | | | ||:::::::| |:::::::::||▲▼▲▼▲▼▲▼
▼▲▼▲▼▲▼▲|||::::| |:::::::::::|| | | |        |∥|        | | | ||:::::::| |:::::::::||▼▲▼▲▼▲▼▲
▲▼▲▼▲▼▲▼|||::::| |:::::::::::|| | | |____|∥|____| | | ||:::::::| |:::::::::||▲▼▲▼▲▼▲▼
▼▲▼▲▼▲▼▲|||::::| |:::::::::::|| | |       ∥       | | ||:::::::| |:::::::::||▼▲▼▲▼▲▼▲
506:512 :

2013/06/28 (Fri) 02:00:25

>>511
載せたよー
サイン帳にてどうぞ
507:512 :

2013/06/28 (Fri) 02:04:30

ごめんミスった
サイン帳の>>297、元サイトのURLがその後の文章と繋がってて変になってるけど
最後のひらがな二文字消してください

あっちに書くとスレ上がってしまうのでここで訂正
508:511 :

2013/06/28 (Fri) 09:43:04

うおおおおおおおおありがとう!!
ずっと読みたかったんだ!thx!
509:名無し :

2013/07/01 (Mon) 21:28:19

今更だけどノーランドさん地元駅に一人欲しいわ…
改札にでかい荷物置きまくってるジジババのせいで遅刻した…
DQNとか思っててごめんよ、ノーランドさん
510:名無し :

2013/07/01 (Mon) 21:53:26

ノーランドさんが地元に来るって事はガンマンズ全員来るって事だがw
511:名無し :

2013/07/01 (Mon) 22:37:14

いやいや、毎日通勤電車乗ってる人ならノーランドさん居て欲しいよ?
列に割り込むヤツブン投げてくれるしホームに置かれた障害物除去してくれるんだぜ

電車から降りる人の進路塞いで突進してきて、肩がぶつかったら舌打ちするようなやつは
前歯折られるんだぜ

正義の味方じゃないですか!!!!!
512:名無し :

2013/07/01 (Mon) 23:52:01

まぁ、分かるけどさ(´・ω・`)
若いヤツより老人の方がとんでもないの多いよな
でもこれ以上はスレチだからやめとこうね
513:名無し :

2013/07/03 (Wed) 21:23:55

久々に質問!
ガラクタってアメリカに来てからは殺しの依頼ばっかり受けてる殺し屋稼業って感じですが、
日本に居るときは西郷軍の中で諜報活動とかしてたんですよね

仕事のバラエティってどんなもんだったんでしょうか
514:  :

2013/07/03 (Wed) 22:05:03

とにかく人斬りの仕事だけはどんな時でも必ずしてました。
依頼が無ければ自分で斬るべき相手を探して斬る。
とにかく人斬りジャンキーでした。

もっともヤツなりに斬る基準と言うか、信念はあるのですが、
幸いいつの世も万死に値する者は溢れているもので、そういう標的に不自由した事はありません。


それ以外の仕事となると、西郷勢への潜入と諜報以外では、
用心棒と尾行の依頼が多かったようです。
例を挙げると…


①人に狙われるような事をしてる金持ちに頼まれて、邸宅や会社に常駐する

周囲の人間や客の素性を洗ったり、給仕の女に悪戯したりして過ごす

こう、復讐者や正義っぽい刺客が登場する

金持ち「ちょこざいな!御願いします!先生!」

常駐の日々の退屈さも手伝い、クセモノを必要以上にメッタ刺しにして始末

目出度くお払い箱


②隠密スキルを買われて危険人物の尾行を依頼される

闇夜にまぎれて後を付回す

必要な調査報告を依頼主へ

場合によってはそのまま抹殺依頼へ進展

卑怯にも背後からブスリ

目出度くお払い箱


③「私狙われてるの」…的な乙女から用心棒&尾行依頼


依頼主自身を尾行し、危害を加えられないか監視 →(ヤバ目な殺人者が狙っていた!) →斬首後、目出度くお払い箱


(殺人者どころか夜遊びを心配して見守るお父さんだった!)


他人の事情など知らないのでとりあえず路地に連れ込んでボコボコに。
しつけ料として財布と煙草入れを強奪。


目出度くお払い箱


こんなもんでしょうか。
人斬りとして名は売れていたものの、細々とした小さな依頼も受ける男でした。

人を傷つけるのが、大好きなので。
515:名無し :

2013/07/03 (Wed) 22:59:40

①は金持ちごとメッタ刺しにしてそう
516:名無し :

2013/07/03 (Wed) 23:17:41

l・ω・)コソッ
いつも血湧き肉躍るお話をありがとうございます。
こっそりと質問ですが、普段話を(AAに限らず)書く際のプロセスはどのようなものなのでしょうか?
例えばプロットは最初から濃ゆく練られるのか執筆中ちまちま調節されるのかそもそも作らないのか、
最初に決めるのはキャラかストーリーかあるいは他のものなのか、
テーマのようなものはどのタイミングで(最初か執筆途中か)決まるのか、
資料を当たるのは最初にがっつりやるか途中補完のような形でやっていくのか、
その他もろもろ気になって仕方がありません。
お時間ある時にでも答えて下さったなら幸いです。

そしてかなりアレな妄想ですが、もしルーズベルトファミリーの面接で他の条件を
全て満たしていてかつ贈り物がファミチキ100人前だったら受かるのでしょうか?
517:  :

2013/07/04 (Thu) 00:09:31

以前文さんと対談したときに、最初に細かいことは全部決めてしまう、と答えたんですよ。
実際そのとおりだったんですが、クラクラモクラン以降の長い連載になると
途中で「あ、いい仕掛け思いついた」って事があって、途中で話を強化する事も多くなってしまいました。

なので現在は、最初に話の大筋と仕掛けを練って、次にキャラを練り上げて、
書きはじめてから、ネタを追加しても破綻しない所だけ追加する、って流れになっています。

実際私の場合何から取り掛かっても大丈夫なんですが、話の筋だけは最初に完成させてから描き始めます。
話の展開を決めないでどんどんネタを追加しちゃうと、ネタの内容同士が噛み合わなくなって矛盾が出来て、
当初やりたかった事が全部出来なくなったりしますんで。

資料に関しては必要な事は最初に調べておきます。
が、資料自体が嘘ついてる可能性があるので実際に場面を描くときは
また別の資料を探して確認しちゃいますね。

実は、デヰ゛ルの時にとんでもない資料を鵜呑みにして、
日露戦争の場面で軍用車を出しちゃってまして…
悔やんでも悔やみきれないので、とにかく資料は何度も漁る癖がつきました。
(文部省は本当に、本当に許さん。呪いアレ)


で、最後の質問ですが、普通に受かります。
普通に受かる代わりに、確実に二つ名が「デブ」か「チキン」になると思います。
ブキャナンにずっといじられたいなら、どうぞ。
518:  :

2013/07/05 (Fri) 18:42:56

それはそれとして今日は諸事情により蕎麦袋お休みで御願いしますだ
失礼失礼
519:名無し :

2013/07/10 (Wed) 02:58:52

すっごい今更な質問なんだけど、ガラクタの得物って「打刀」じゃなくて「太刀」でいいんですよね?
以前読んだ資料で、太刀は戦国時代末期くらいで実戦用武器としてはほぼ廃れた
儀礼用や装飾として生産自体は近代でもされてる、みたいな記述見たんだが
西部に来てからはともかく、日本で隠密っぽいことしてて人間相手にするには使いづらそうなイメージ
複数持ってきてるとのことだけど銘とかあったりするの? それとも筆選ばずで色んなの持ってるの?
ついでにジョージやノーランド、ガンマン達の各使用銃にモデルなどあればお聞きしたい

REDって西部劇漫画で、作中に出る銃はほぼ実在のモノ参考で資料も載っててwktkしたので
似てるとかじゃなくて、もしご存知なければ読んで欲しいなあと思います

ついでに遅レス、自分も初見でタレンスが女に見えたひとり
胸元もだけど下半身がスカートに見えたんだ…
マックスもだけどあれコートの裾ってことでいいのかな
520: :

2013/07/11 (Thu) 22:17:16

今回随分多いな _(:3_)_ チカレタ


我楽太の得物は打刀じゃなく太刀です。
何で重くて長い太刀を使うのかって言うと、一つは天井堕としを使うため。

人間の首を飛ばすのは打刀でも可能ですが、やはり骨の硬さやナンやらで
腰が伸びたり、破損したりする事が多いわけで。
そうなると打刀より頑丈で刃のデカい太刀の方が都合がいいわけです。

で、なんでわざわざ天井堕としを使いたがるのかって言うと、
我楽太の敵の殆どが、馬上の人間やガンマンであるためです。

ルーズベルトも言ってましたが、馬に乗っている人間やガンマンは下方からの攻撃に弱いのです。
理由は、馬上の人間は馬の頭が、銃を構えている人間は自分の手と銃が邪魔になり、
視界の下方に入り込んだ敵にすぐに対応する事が出来ません。

そこで我楽太は敵の足元に走りこみ、かつ反撃されぬよう、一撃で馬や人間の
首を斬り飛ばす天井堕としを編み出しました。
打刀の方がすぐに攻撃できるのですが、万一仕留めそこなったり人体に刃を取られると
後がなくなりますし、馬上の敵には中々刃が届きません。
太刀の長い刃で、首や足を刺すのではなく切り飛ばすのが理想なのです。


もっとも、太刀を下方から振り上げるのは尋常でない力が要ります。
並みの剣士にとっては現実的な戦い方ではないでしょう。
故にルーズベルトは我楽太を「パワータイプ」と呼びました。

ちなみに日本に居る時も太刀で人を斬り殺していました。
理由は西部時代と同じで、馬上の者や、護身用の銃を持った標的を斬る為です。

銘はありません。
紅法師時代、化け物の刀と言う事で
市井の人々が「鬼包丁」と呼んだ事があるくらいです。



ジョージ達の銃はあまり特定しないようにしてます。
例によってお好きなように解釈下さい……


REDって村枝先生の作じゃないか!
あの人こんなの書いてたんだなあ……
チェックしとく


最後、マックスも他のもそうですけど、どうぞお好きなように解釈してくださいマシ
タレンスは色々言い訳しちゃったけど
絵師さんの邪魔したくないんでね
521:名無し :

2013/07/12 (Fri) 00:15:23

それはつまりAAは色んな解釈が出来るからなるべく想像の余地を残しとくと言う事ですか?
522:  :

2013/07/12 (Fri) 00:42:11

なんていうか、作者としての私がここでアレコレ話す事に絶対弊害があると思うんですよ
確かに設定はあるんだけど、もし都合が悪ければ聞かなかった事にする、
それぐらいの話半分で聞いてもらえるととてもありがたいです

なので不要な設定はここでしか語らないし、ビデオ棚に持ち込むつもりは無いです


なんでこんな事言うのかって言うとね、
だいぶ前にここで「○○の服装は○○」って話をしたら、
何人かの絵師さんが既にそのキャラを描いててくれててね

「やらかしちまったあああああ!!!」「急いで描き直さないと!!」って、
凄いてんやわんやさせた事があるのだよ。

手間隙のかかるイラストをわざわざ描いて下さった人達に、えらい迷惑な事しちまったな、と

なのでぼやかした方がよさそうな設定は全部ぼやかす事にしてます
それに作者が文字でどうこう言ったからって、それに付き合う必要は無いです

ここだけの話、絵師さんが解釈した服装やキャラ像見て
「あ、こっちの方が断然いい」
とか思ってイメージ改革したりしてるんで……

最高に幸せです(・∀・)
523:名無し :

2013/07/12 (Fri) 00:56:52

絵を描かせていただいてる一個人の立場から言わせていただくと、
作者さんがキャラの服装設定解釈を語ってくださると凄く凄く凄く助かっているのですが…
自由研究と言われて困る子どもの如く、自分の場合「好きなように解釈」というのが難しくて
せっかく個性のあるキャラがみんな同じような服になったりとか

ただのこちらの想像力不足ですね。精進します
でも、たまに記号の解釈について質問させていただくこともあると思いますが…w
524:  :

2013/07/12 (Fri) 01:16:26

そうかぁ( ・ω・)そうだよなあ
ご意見参考になりました
AAで全部伝えきるのが理想なんですが、そういうことなら一層色々語らせて頂くことにしますね
私でよければどうぞお気軽にお問い合わせ下さい


ただ、私の言った事はほんと、無視してくださっても構いませんので。
本当はどんな服装でもいいのさ!毎日同じ服着てるやつばかりじゃ無し!
525:  :

2013/07/12 (Fri) 01:33:01

……よく考えたらどうでもよくないな。
ガンマンズは帽子かぶらない設定だったりするし(;´д`)
まぁ、とにかくなるべく分かりやすく書いていきたいと思います
526:名無し :

2013/07/12 (Fri) 17:27:45

解釈の邪魔になんてなるわけがない、むしろ大変ありがたいですよ(自分は)
自分の解釈と違ってたら、以降から直すなり、お言葉に甘えて我を押し通すなりで対処しますw
527: :

2013/07/13 (Sat) 00:51:09

いやいやそう言って頂けるとあり難いです
いつも有難う御座いますホント
528:名無し :

2013/07/13 (Sat) 02:08:05

ちょっとあさましい質問なんですが…
感想レスをいっぱい貰いたいのがAA書きのサガだと思うんですが、
ぶっちゃけどうやったらそんな書き手になれるでしょうか?参考までに。
529: :

2013/07/13 (Sat) 20:27:57

あさましくないよ、それは向上心と言うんだ


一番確実な手段は、他の作品に感想レスをつける事です。

あなたが感想が欲しいなら、他の人も感想が欲しい。
「感想レス欲しいなあ!」と思うたびに他の作品を読んで、レスしてあげましょう。

なるべくならちょっとでも内容に触れた感想がいいです。
無理に読み込む必要はないので、軽い気持ちで一レスつけましょう。

こういった感想をつける事で、他の人のAAから色んな事を学べます。

演出やコマ割りが読者の視点でどう映るか、感想をいっぱい貰ってる作品は何が優れているか、
自然と感想を言いたくなるような作品とはどんなものか。

他人のAAの感想を書く事で、その人の優れた部分を見つけて習う事が出来ます。
自然と、ギャラリーが喜びそうな要素が筆に染みつくと思います。
気張る必要はありません、普通に作品を愉しんで、レスをつけましょう。


他人に上げたレスは色んな意味で自分に帰ってきます。
見失いがちな事ですが、作者だってギャラリーなんですね。

他の作品を見る事は、必ず自分の力になります。
530:名無し :

2013/07/14 (Sun) 19:59:56

なんと
531:名無し :

2013/07/14 (Sun) 20:21:17

村枝賢一先生ご存知って事は、やっぱり仮面ライダーとか好きなんですかね!
魂三郎とかフォークスとか見てたらヒーロー物好きそうにお見受けしますがどうですか!
532: :

2013/07/14 (Sun) 22:59:38

石ノ森イズムは大好きです。
ヒーローは哀しみを背負った人が一番カッコいいと思います。
533:名無し :

2013/07/17 (Wed) 21:19:02

なんか、一般白人より殺し屋の白人の方が現代的な考え方をしている気がします

ルーズベルトの台詞を読み返していると
世の中の在り方に不満を感じているのがありありと読みとれるのですが、
でも博愛主義とか、平等主義とかと無縁そうな所が好きです

展開に差し障り無ければ彼女の考え方をもっと知りたいです
534:  :

2013/07/17 (Wed) 22:30:34

有能な人間が好ましく、無能な人間は好ましくない。
有能な者に賞賛を、無能な者に侮蔑を。
それが根幹です。

だからこそルーズベルトは常に自分が有能で居続けるために努力を惜しみませんし、
本来の能力を人種や、出自、家系などで水増しして見せる事を唾棄します。


逆に、人種平等主義も、反差別主義も、世に出回っているものは彼女にとって
ひどく完成度の低い感情論でしかありません。

平等とは平等に評価する事。
反差別とは能力に対して差別しない事。


それらを何一つ実践しない自分の国の政府を、ルーズベルトは無能集団と呼んでいます。
無能な者、有能であろうとする努力をしない者は、人間ではありません。

即ち、豚です。
535:名無し :

2013/07/17 (Wed) 22:48:04

何気ガラクタと似てるなあ…
全然話題変わりますけど、AA風オリキャラ好きですか?
536:  :

2013/07/18 (Thu) 01:05:52

まずAA風オリキャラってジャンルを知らないのでググってみたんですが…
具体的な説明をしてるサイトが見当たらないぞ

wikiにはずらっと並んだキャラの名前しかないし、
pixivには一枚しか作品が無いし…

内容が分からんと答えようがないので有名な作品教えて貰えませんか?
537:名無し :

2013/07/18 (Thu) 01:15:41

えっ、気触れさんオリキャラ知らないの?
昔から虐殺板とかで有名だったんだけど
538:  :

2013/07/18 (Thu) 01:25:42

知らない。
AA界隈で活動しててもAAの事何でも知ってるわけじゃないスからねぇ…
特に虐殺系は、虐殺AAにスレ荒らされまくった事もあって敬遠してたし

とりあえず説明頼む
本当に情報が無いから何も分からん……というか一般的な呼び方なのかね<AA風オリキャラ

539:名無し :

2013/07/18 (Thu) 01:46:18

今見たらwiki死んどるね…
540:名無し :

2013/07/18 (Thu) 16:12:47

マイナージャンル?
541:名無し :

2013/07/18 (Thu) 19:05:24

うーんと、はっきりした定義付け難しいので、主観が入りますが…

一言でいうと、「AAキャラ的なオリジナルキャラ」のこと です


AAイラストジャンルから派生したもので、長編板でAA(アスキーアート)として動かされることは想定していない場合が多いです
どこかのスレで誕生したAAキャラは、全て「AA風オリキャラ」でなく全て「AAキャラ」になります

これも主観が入りますが具体例を挙げるなら
http://mona2ch.net/cgi/lounge/potiboard.php?res=317の一番右のキャラですかね
pixivだと「ピク∀∀」って検索して出てくる作品群が一番わかりやすいかも
542:549 :

2013/07/18 (Thu) 19:09:29

うわっ慌てて書きこんだらなんか文章おかしくなってる…(´Д`;)
訂正します↓


うーんと、はっきりした定義付け難しいので主観が入りますが…
一言でいうと、「AAキャラ的なオリジナルキャラ」のこと です

AAイラストジャンルから派生したジャンルで、長編板でAA(アスキーアート)として動かされることは想定していない場合が多いです
どこかのスレで誕生したAAキャラは、全て「AA風オリキャラ」でなく「AAキャラ」になります

これも主観が入りますが具体例を挙げるなら
http://mona2ch.net/cgi/lounge/potiboard.php?res=317
の一番右のキャラですかね
pixivだと「ピク∀∀」って検索して出てくる作品群が一番わかりやすいかも
543: :

2013/07/18 (Thu) 22:21:49

分かりやすい!ありがとう御座います
つまりAAっぽいイラスト媒体のみのキャラなのですね。

……ざっと見る限り頑張ればAA化できそうなキャラばかりですが、
AA化したらAA風でなくなるから嫌がられたりするのかね

物語のキャラとして動いたら定義から外れるってのもよく分からんが…
イラストオンリーの存在か……

好き嫌い以前に私が関与できる余地が無いな(;・∀・)
AAと物語しか作れん人間だもの
544:名無し :

2013/07/18 (Thu) 22:36:30

定義は人それぞれなんで別に嫌がられないと思うけど(多分)
アレをAA化できるってどういう事だ…!?対応する文字がないのでは…
545: :

2013/07/18 (Thu) 22:47:05

たとえばマル一つでも、表現の方法はいっぱいあるわけで。

1 ○ O o 0 。
2 【】 () () fj 
3 ´,  、` 

  ‐、 
  ー  
  / ̄\
  \_/

(ズレてるかも知れんが)大概のモンはAAキャラに出来るっすよ。
細かすぎる所は省略したり誤魔化したり、最低拡大を織り交ぜて説明してもいいし。
AAで表現できんモンは無いと思うわ。分かりやすさは別として
546:名無し :

2013/07/18 (Thu) 23:01:45


>AAで表現できんモンは無いと思うわ
こうですか分かりません><

①      ②      ③
  ∧_∧    .∧_∧    ∧_∧ 
 ( ・∀・)   .( ・∀・)   ( 0∀・)~
 (    )   .(  <V>)   ( つ─┛
 | | |    | | |   | | | 
 (__)_)   (__)_)   (__)_)


 _______         ∧     ________
(_____   \         ピョーン     ____)
   (_____  \  ∧_,,,,,  /   ____)
      (____  \(メ・∀o)/ ____)
         (_____⊂    ⊃____) 
                | |~~    
                (__)  l | スポーン
                     l_) 
547:名無し :

2013/07/18 (Thu) 23:01:54

AA講座的な臭いにつられてちょっと御邪魔を・・・
風云屋のサミヂみたいに美味しそうな食べ物のAAを作るコツって何でしょう?
あの、メープルバナナサンド。あれが理想なんですが…
548:  :

2013/07/18 (Thu) 23:16:14

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1374156974.png こんなもんでどうだろう
549:  :

2013/07/18 (Thu) 23:24:17

傷の位置間違えた __(:3」∠)_

>>555
影です。影が総て。
///や:::や≪≪≪を駆使して断面や焦げ目を表現するんですが、
実際に美味しそうな食べ物の写真やイラストを見て、
色の濃い部分を確認しましょう。

つるりとした所や色の薄い部分には手を加えず、
香ばしそうなところや、チョコムース等の色濃い部位だけに影をのせます。

:::を使う場合は全部:::ではなく、...もおりまぜて陰影の強弱をつけます。
まずは難しく考えず、実際に影をつけて色々試してみるといいと思います。


【食べ物】食欲もりもりAA 4膳目【たべもの】
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1326567517/

↑こういうスレも参考に。
550:  :

2013/07/18 (Thu) 23:35:12

くそっ、オリキャラのAA間を置いてから見ると似てない気がしてきた…
しかももりもりAAスレ荒らし沸いてるし

罰として触れ造さん何か面白い事してください
551:名無し :

2013/07/18 (Thu) 23:40:23

触れ造さんが何か面白いことをすると聞いて飛んできました
552:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:12:00


  \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
  <                                      >
  <       なんという無茶振り!!!!!!!!!       >
  <                                      >
  /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\

                   /u ̄ ̄ ̄ \
                  /_______\
                 / |/●   ●\ | \
               /   |   (_人_)   | u \
               /u  u   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ヽ
         ,. ' ´ _   ト     ,.. -'´   u  `ヽ
       /       ̄ V ヽ、 ィ ̄           ヽ
       {                              }
        ',    ヽ!       _            /      l
        ,    ',         ヽ'         !      /
       r-`-、__ ',         '       j    /
        `y `ュ、._',   ☆        : ☆   /     /  \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
        ,イ     ` ‐- _  ,ィ      /    /   <                                   >
       ら             ̄  ―-r' ´    /    < そんなホイホイ面白いことなんか出来るか !!!!  >
        `t_, テ ―- 、                   /    <                                   >
         ヽ∠    ヽ`_、           / ̄ヽ_  /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\
           ヽ   /´   ` ‐--  _   /     y
            ヽ            _,.  ー'イ、   j j
             ヽ      _,.   ' ´    ';::,_マ: j jr:
             ヽy-‐' ´           ';;`r-'ソソ
              /                 Y
             /.         t!       ',
            /                  {
           /                   ',
           !     ヽ         /    !
            |       ヽ      /      !
            |        ヽ   /       !
           |         ', . ./          i
             |           r.イ          |
553:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:12:59



 \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
  <                                      >
  <     daitai 僕は無関係だと言うのに!!!!        >
  <                                      >
 /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\
   ,へ, ‐- ‐、,へ
    〉′ , 、 `〈 ムェ~
   ノ _,___ ',  ムェ~
    |  |´・ω・`| l
    l  , ̄ ̄ ̄  l
   ヽ`=三ニ-'  |
    │ =二ニ-  |        __ , 、 - 、 _
    l  -三ニ- ├ー¬ ' ´ ̄         `ヽ,
    「 _ニ二-                   、  丶
     l  -三ニ -                丶  `、
     〈 -ニ二ー _                 '   冫
     〈 -三ニ-        、           ,'    /
        ヽ ニ二ー -    、 、         /,′ ,′
        `、 三ニ -    丶 、     _,彡′  ,'
        ヽ-二= - _   ヽ_≧==≦三=-   ノ
         ヾ三=三= -  ノ ̄〈ミ≦|ニ二ー 〈
           |`ミ彳=     |   'ミ三lニ‐ニ-  l
            l、ミ|ー     !    ',二ミ_-_-   |
           「、ミ|二    ;    lーミ|-  ノ
          ミ,=人三_   _,'    ├ ミ|‐  ,′
           | 三|ミ、 `´|     | ミ|   !
           | ニ| ミ、  │    l =|  冫
            l ‐」 ミ、  |     j、_/|  /
           ヽ=ノ  ミ_彡′     `´ `"′
554:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:13:29



 \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
  <                                      >
  <      あ ま り と い え ば ! ! ! !        >
  <                                      >
 /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\

  ⊂二⊃       / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\
            / /● ●\ V /● ●\   もっちもっち
            |::::..       l:::::.        l__
       / ̄ ̄ ̄\. (_人_) 人::...  (_人_) 丿 \
"'""'''"''"'''/     /●.ヽ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄\/● ●ヽ"''
  ☆    |::::..       l #/        \ ヽ      l  "
  │   ヽ:::..     (.丿    ●   ●    | (_人_)ノ
  │     / ̄ ̄ ̄\             . |  ̄ ̄\  ,,
  │"  , /  /● ●ヽ::::::  (_人_)   /● ●ヽ
  │    |::::..       l::::::::::::.         ノ      l    "
  │    ヽ:::..    (_./ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\(_人_)丿
   \     \__ / /● ●\V /● ●\ ヽ_ノ,,
    \/ ̄     |::::..       l:::::..       l
 " ,  /           ヽ:::.. (_人_) 人:::..  (_人_)  ノ       "
     |      __\___/  \___/
     i    :::/;;;:::::::\     \ ::::/
    /   ::::/\'''  ::::i\    :::::|::/        "
 " " |   ::::|   |   :::| |\_//
     \_/   \__/  \_/
         "             '' \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
                         <                               >
                         <   理 不 尽 な っ ! ! ! !        >
                         <                               >
                        /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧\
555:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:14:32

        ____
       /___ \ …以上です……
     /  |´・ω・`|  \
    /     ̄ ̄ ̄    \
    |  i          ヽ、_ヽ
 ̄ ̄└二二⊃'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |\`、: i'、
         \\`_',..-i
           \|_,..-┘
556:  :

2013/07/19 (Fri) 00:20:53

お、おう!ありがとう!(;・∀・)
557:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:26:34


        ____
       /___ \
     /  |´・ω・`|  \ いいってことよ…
    /    .:'"゙'"':    \
    |二二⊃:"゙' ; :⊂二二 )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |\`、: i'、
         \\`_',..-i
           \|_,..-┘


        ____
      /___ \ズビーム
     /  |.:'"゙'"'::.|  \  今日は気触れさんが…
    /    i!: .; .:!   \
    |   /)"''゙" '(`ヽ    )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |\`、: i'、
         \\`_',..-i
           \|_,..-┘


       ___
        |\__\
       \|´・ω・`| 面白い事する番だからな!
            ̄ ̄ ̄


        ____
      /___ \
     /  |   \|  \
    /     ̄ ̄ ̄    \
    |  i          ヽ、_ヽ
 ̄ ̄└二二⊃'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |\`、: i'、
         \\`_',..-i
           \|_,..-┘
558:  :

2013/07/19 (Fri) 00:29:54

今日は両方更新できたらいいねぇ
いつもお世話になってます
またヒマな時無茶ぶるからよろしく<面白い事
559:名無し :

2013/07/19 (Fri) 00:30:10

触れ造さんナイスバwww
560:触れ造 :

2013/07/19 (Fri) 00:31:44

 /       _________________   :::::::::::::::::::::\
/        |  /                  \   |  ::::::::::::::::::::::::::::::\
       __,..;:r---―-、,..__.     ,;'il:;}         \ | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ,.:f''""゙゙゙´          、 ̄ヽ,//      ●     :| ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  _/       ......  、   \//、   ヽ        :::|::::::::::::::....:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
//       ......:;::::::::::::. ヽ、\ ゙ヽ  ヘ     l     ....:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
;;/    ::::::::::::;;;;;ノ ̄\:: 〉 〉゙'、 `ヽ_ノヽ_丿   ......:::::::.::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
/    ..::::、__;;ノ;;;`ヽ_/: / /⌒)メ、_ノ        .....::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ..:::イ;;.;;;;::;;;;;;;;;(__ノ /'".. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     :::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.(__ノ;.;:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ::::::::,!::;;;;;;;;;;:.;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
561:名無し :

2013/07/19 (Fri) 12:54:52

今日は何が来るかなー
スマートガンマンズのクライストが大好きです
でもなんでギャングやってるんでしょうね?いい人そうなのに
562: :

2013/07/19 (Fri) 16:26:43

(::´ё`)




(::´,ё`)<ニヤリ
563: :

2013/07/20 (Sat) 19:58:20

今日は何故か時間が出来たから
投下しちゃうのです(一時間後ぐらい)
564:名無し :

2013/07/22 (Mon) 17:39:11

も、もしかして明日も投下するんですか(;’゚∀゚)
565:  :

2013/07/22 (Mon) 19:03:15

その予定です(;’゚∀゚)
566:名無し :

2013/07/22 (Mon) 20:02:13

ゥヒョーゥ(;’゚∀゚)
567:名無し :

2013/07/24 (Wed) 14:25:33

タイラー姉弟、プレジデントネームなのに台詞も無く死にましたが、
あいつら何でアラハに殺されたんでしょう?ちょっかい出したのかな
568: :

2013/07/24 (Wed) 15:47:38

私の描く話では以下の行為は致死率100%のフラグとなります

・戦場にエロ水着みたいなカッコで出てくる
・銃を斜めに構える
・謎の曲芸撃ちを必殺技にする



…ってのは冗談として。
ノーランドがカジノに乗り込んだ話を見返して頂くとお分かりになるかと思いますが、
後続のガンマン連中にとってはガラクタ達のみならず、
フォークスやアラハも相当な高額賞金首で、獲物の内なんですね。

それでなくとも彼らの仕事は「現在生き残っている殺し屋の殲滅」なので、
アラハも遭遇した場合は普通に殺害対象になります。


蛇足を付け加えると、タイラー姉弟、馬術が売りなのに徒歩で登場したのは、
馬上でアラハに襲われたからなんですね。

前に申し上げたとおり銃使いが馬上で地上の敵に遭遇するのは最悪の状況でして。
なので本編ではあのようにただのカカシになって頂きました
(^トェイ^)



あと凄く後悔してるのでこっそり弁明。
ブキャナンが出て来た時の最初の拡大(バシャって擬音つきの奴)
アレ、血の池に踏み込んだ靴底のAAなんですが、
わかんなかったら無視して頂戴(;∀;)
569:名無し :

2013/07/24 (Wed) 16:44:48

ストイックやな
実用性無視した服装のセクシーキャラとかやっぱ嫌いですか…自分はつい好きになっちゃうんだけど
570: :

2013/07/24 (Wed) 17:09:03

初めからそういう作風の話なら別に。
言っとくが私は某作品の黄金銃使いさんが大好きだ。死に方も含めて。


ただ、たとえば私の次の投下で
いきなり出てきたモデル体型ハイレグカウガールが
ケツプリプリしながら跳んではねて
曲芸撃ちでアラハを圧倒したり
天井堕としを近距離銃撃で相殺し
ドヤ顔でジョージに説教しつつ銃口向けたりしてたら

皆猛暑と私の脳味噌の関連性を疑うと思うの。


そういう今までの世界観ぶっ壊して、メインキャラ足蹴にしてまで
派手な登場をする女キャラは嫌いですな。
そしてそういうキャラって大概性格悪いセクシーヒロインだよね。

読者に楽しみを与えるならどんなキャラでも大好きよ。勿論。
571:名無し :

2013/07/24 (Wed) 17:22:14

嫌や!そんなガラクタ見たない;∀;
でもすごいデジャヴですな……面白い作品をつまらなくするセクシーキャラ
ああいう女性って何でツンツンしてたり暴力的なんでしょうね?
優しくて頼りがいのあるセクシーキャラにすれば抵抗無いのに
572:  :

2013/07/24 (Wed) 18:17:20

どんなキャラも動かし方次第なんですがね
573:名無し :

2013/07/25 (Thu) 14:47:26

やる夫系の海外旅行や料理をテーマにした作品などでは
写真と画像ファイルをそのまま貼り付けたりしますが
ああいう手法に関してご意見を聞きたいです

実はAAを書いていてどうしても表現できない壁にぶちあたったのですが・・・

以前どこかで画像ファイルを使ってもいいみたいなレスを見たんですが、
長編で写真を使ってる作者さんがいらっしゃらないので
ちょっと手を出すのに不安がありまして
574:  :

2013/07/25 (Thu) 16:04:03

やめたほうがいいと思います。

色々理由があるんですが、何よりAA作品中に画像ファイルを使うと、
AAの最も優れた点である
「コピペ一つで保管できる手軽さ」が無くなります。

画像を頻繁に使えば使うほど保管サイトの手間と負担が大きくなりますし、
デッドリンクになろうものなら、ストーリー全体が意味不明になりかねません。

100%文字のAAは誰もがメモ帳の隅に簡単にコピーできて、
保管サイトやスレが事故で消えてしまった時も、
ネット上の誰かが持っていてくれている可能性のある、大変優れた媒体です。

なので、私は困難な表現は避けるか、ぼかすかしてでも、
100%文字で仕上げた方がいいと思いますね。
575:名無し :

2013/07/25 (Thu) 18:32:03

なるほど……そういう見方もあったか。
参考になりました!ちょっと頑張ってAAだけで書いてみます。
576:名無し :

2013/07/28 (Sun) 17:57:12

あのー銃に関してお聞きしたい事が

作中のガンファイトでは一度に複数の敵を撃ち殺してるキャラが結構いますが
この時代の銃ってシングルアクション(一回撃つと弾込めが必要)のタイプですよね?

ライフルは連射式があったそうですが、拳銃で連射してる人々の腕前って実際どんなもんなんでしょうか
577: :

2013/07/28 (Sun) 18:27:06

ttp://www.youtube.com/watch?v=Z9AJzv8gb2A&feature=related

↑スマートガンマン&フォークスがだいたいこれぐらい
578:名無し :

2013/07/28 (Sun) 21:28:44

すげっ!!!
こんなの10人もいたらそらニューヨーク牛耳れるわ…
しかも確か単純な早撃ちだけだとこの人より早い人が実在したはずだから
ノーランドさんさらに上か!バケモンギャング団!!
579:名無し :

2013/07/31 (Wed) 15:13:58

一番好きなAAは何ですか?
逆にちょっと苦手なAAとかも
580:  :

2013/07/31 (Wed) 16:59:51

モララーが好きです。他はドクオ、オニギリ、モナー、マニー、ネーノ、オカルート、偽モナーテナーノーネフーン……
キリがありませんが好きなキャラは大体贔屓してるんで分かるかと


苦手なAAは……実は、クックルが苦手です。

昔クックルを主要キャラにした話を書いていたんですが、
その時動かしていたクックルが普通に喋る上におとなしい性格だったのが、
やたらと不評でえらい目に遭ったんですわ。ぶっちゃけ荒らしの的になったんですが。

なんていうか最初にパンチを食らっちゃうと
その後好んでそのAAを使おうって気にならないんですよ。
だから、苦手です。
581:名無し :

2013/07/31 (Wed) 18:48:57

関係ないけどモララーが丸い尻尾なんて…
とか言ってる人がいたな、そういや
582:名無し :

2013/07/31 (Wed) 20:39:15

クックル好きの俺に言わせるとクックルが理不尽に他キャラを
ボコボコにしてエリア51に連れ去るキャラ…
ってイメージになったのは、主に激しくニンジャと絡むようになってからの話であってだな

初期のクックルはエリア51に誰かを連れ去る事はあっても
誰彼構わず暴力振るう奴じゃなかったのよ
だからおとなしい性格のクックルは何も間違ってないし
むしろ初期の底の知れない不思議キャラとしての
クックルに近い性格だよ
583:名無し :

2013/07/31 (Wed) 21:05:14

プギャが跋扈していた時代を知ってる人なら分かるだろうけど
あいつら滅茶苦茶言ってくるから理屈通じないんだよ
タカラとヤマザキは荒らしキャラだから使うな!とか言ってた時代だからさ


だからクックルは怖くないよ…使ってもいいんだよ……(母性
584: :

2013/07/31 (Wed) 22:17:21

マジか…( ゚∋゚)
585:名無し :

2013/08/01 (Thu) 01:22:49

お前らの優しさに濡れた。
これは気触れさんの作品にファミチキキャラが登場するフラグ
586:名無し :

2013/08/01 (Thu) 11:51:55

今度からお前の事をファミチキと読んでやろう
固執してる意味が分からんwwww
587:名無し :

2013/08/01 (Thu) 15:12:01

  A_A     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
。゚(゚´Д`゚)゜。 <ファミチキはどうでもいいー――――z____ッ!!!!
         ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨ ソノファミチキナミニアブラギッタシツコサハナンナノ!? 
588:名無し :

2013/08/02 (Fri) 12:45:58

文吉君連れてくんなw

しかしホントダークヒーローだなぁ、このシリーズの連中は。
スプラッター映画の殺人鬼に男気ブチ込んだようなキャラがずっとツボです。
棚主も魂三郎も我楽太も。

前も仰ってましたが、やっぱり「何もしない正義より動いてくれる悪」って所が根底にあるんですかね。
589: :

2013/08/02 (Fri) 17:05:17

私、当然物語が大好きなんですが。
ここ10年ぐらいの色んな作品の「正義」に心底愛想が尽きてます。

一般人を見下しまくったチャラチャラした「自称正義」が、
ニヤニヤしながらカッコつけて銃撃って格闘して、
他人に自分の都合だけ押し付けて苦労させて、
好き勝手に怒鳴り散らして壊れて悪堕ちするような作品が凄く多い。

挙句の果てに勝手に堕落した自称正義を「可哀想な被害者」とか言っちゃって、
登場人物総動員で悼んだり偲んだり。


一時期どっちを向いてもそんな奴らばかりで、
「結局堕ちるなら最初からスカーッと気持ちよく濁っとれやボゲェ!!」
ってね。
多分私の悪党贔屓はそのあたりから来てると思います。

別に正義キャラが嫌いなわけじゃないのですよ。
しっかり立ってない奴が嫌いなだけで。
590: :

2013/08/02 (Fri) 17:12:58

ついでに言っとこう
蕎麦袋は明日だ
591:名無し :

2013/08/02 (Fri) 18:20:14

気触れさんの好きなキャラの立ってるオススメな正義の味方を教えてくだしい!
592: :

2013/08/02 (Fri) 20:30:49

藤田和日郎先生の「夜の歌」って短編集がありまして。
そこに収録されてる「夜に散歩しないかね」の「削夜秋平」がオススメです。
一話限りですが、とてもとても素敵なキャラです。大正時代の探偵です。

同じく短編集の「暁の歌」の人々も。
「瞬撃の虚空」のサキサカ老人、「空に羽が…」の虫目青年など。


弐瓶勉先生の短編「DIGIMORTAL」のDIGIMORTALも好きです。台詞一言しかありませんが。
敵役のトラリス・ラタリス姉妹もとてもよい。


正義の代名詞仮面ライダーでは「ZO」が贔屓。
劇場作品でやっぱり一話限りですけど。


…短編集ばかりだな……
593:名無し :

2013/08/02 (Fri) 21:10:29

藤田先生!うしおととらとかいいっすよね!!
短編集は買った事ないんですけどそのお三方かっこいいんですか!
594:  :

2013/08/02 (Fri) 21:33:01

うしとらはね……最高だね……
うしとらとブラックジャックと寄生獣は絶対子供に読ませたいマンガだね。


短編集のお三方はすっげぇかっこいいです。藤田節全開。

「夜に散歩しないかね」は色々お洒落で、台詞回しが暗記したいほど素晴らしい。
「瞬撃の虚空」は熱くて、全体に漂う悲しさと虚しさが善いです。
「空に羽が…」はアレだ、本当にカッコいいってこういう事さ!


えぇ、ベタ誉めですとも。私は藤田ファンです。
うしとらのナマハゲとさとりの話読んじまったらそりゃファンにもなるさ。
595:名無し :

2013/08/02 (Fri) 22:05:50

よしamazonで注文しよう
気触れさん藤田スキーか嬉しいわぁ
手塚スキーなのは知ってたけれど

ついでにお聞きしますがからくりサーカスでは誰がお好きですか?
私はギィなんですが…
596:名無し :

2013/08/02 (Fri) 22:14:18

便乗

ハーレム編と(色々な意味で)名高い、黒賀村編はどう思いますか?
あれがあるから親しい人が沢山増えた主人公の幸福感と
その人らがゾナハ病に感染した悲惨さとの落差が際立つって解釈はありますけど・・・

あ、僕はそんなに好きじゃないです
597:  :

2013/08/02 (Fri) 22:27:30

ドットーレとパウルマン先生。
からくりは人間勢が安心して見てられなくてなぁ……

味方だと思ったら敵だったり、正直だと思ってたら嘘つきだったり、
「この人何か腹に一物持ってんじゃないか」っていちいち邪推しちゃってな…

あまり裏のないオートマータばかり好きになっちまった。
598:  :

2013/08/02 (Fri) 22:37:51

<<黒賀村

藤田先生大好きって言った後だから言うけど、
黒賀村編は私も好きじゃない。

構成がどうのって話じゃなくて、出てくる女の子達が好きになれなくてね……
ミンシアもそうだけど、ちゃんと「ごめんなさい」が言えない子は嫌いなんだ、私は。
そういう意味じゃ最初期のしろがねもあまり。


からくりサーカスは凄く面白い漫画だと思うんですが、
なにせその前のうしとらが完璧過ぎて。

まぁ、余り言うとブーメランになるかも知れないんですが!
藤田先生大好きよ(釘刺し
599:名無し :

2013/08/02 (Fri) 22:50:31

今、普通に気触れさんが女性じゃないかと感じて戦慄している<「ごめんなさい」~
600:  :

2013/08/02 (Fri) 23:07:56

>>607
   ,∧_∧ 
   X ノ ハヘ X 
   |゚ノ ^∀^)

っていうか何だその意味不明な疑惑は
どうでもいいけど
601:触れ造 :

2013/08/02 (Fri) 23:14:47

         ____     
     /___ \    
    /  |´・ω・`|  \   
   / /      Y    ヽ\ 
   |  i   ☆   l   ☆   l、ヽ
  └二二⊃__,人_ __ ,ノ l∪
     |   ,、___,   
     ヽ_二コ/   / 
   _____/__/´
602:  :

2013/08/02 (Fri) 23:17:47

ズレてる
603:触れ造 :

2013/08/02 (Fri) 23:19:57

ネカマ失敗。



                        /´ヽ  __/ヽ__
                  =三   |   \´_/  |_\      パズー
                        |    `´   |・`| \
                     -= |        | ̄   ヽ
                       (二⊃   ⊂二二二__/ |
                      (ヽ|         l∩    |
                       L |__        |/   ノ
                    三  ヽ_二コ     /   /
                        ヽ       /__/´
                      =三\___/

                   シーター
604:  :

2013/08/02 (Fri) 23:26:44

そもそも女性の夜警はおらんだろう触れ造さんよ


         ,.-、       ,..-‐-- 、、
     /^`~",  :\  ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;iii>;,、
   ,.-",   /......:::::i::l /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" ::ヤi、
  ,.i  .|  :キ:::::::::::|::V::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
 / 、  | ,;:::::l:::::::::::マ,.-‐-、j'_,.ィ^' ‐、 _,,. .:::iii》
 i、 ヘ  :\:::::::キ;:::::::(:::j::):...) `‐-‐"^{" `リ"  
  ヤ、 \:::::\,::::\:;;;:iゞ:-:;ィ     ,.,li`~~i
.,;iiλ\.,,ィ^-‐'`ー",::::|:;X'::7、   ・=-_、, .:/
";ii::i`ゝ、::;;;:、-‐-;;;;i‐''|  〉'.ヘ    ''  .:/
.;ill;;:\::::::::::::::::;ノノl}_|__∠ー-`=‐-、、ノ
iilllllli;;:::`:‐-‐'"::/___ \、.,,_`l, ,.へ
llllllllllllii;;,,___;;;/  |´・ω・`|   \=、7^ヾ'‐-、、
|||||||||||||||||/    ̄ ̄ ̄    \.::/  \ `ヽ
605:触れ造 :

2013/08/02 (Fri) 23:32:14

  _ 、、 _
 <:::::::`!:ヽ      、 i r        /:レ:-::"レ..、
 !`:::::::::::::::::|  , ..::::':_:::::::_ ̄::`::...、  /::::::::::::::::::::フ
,->::::::::::::::::/o ':r " "/ !ヽ `ヽ、::::::ヽ {:::::::::::::::::::::::、フ
`-、::::::_;:::,/O:/          ヽ:::::::8!:::::::::::::::::::::>
       l::|   ___    'i:::::::! ヽ-:;;;::-''"
       .i:|   |´・ω・`|    |::::i
       | }    ̄ ̄ ̄    !' Y     エヘへ
       `!           , ノ
        ! !         , ノ-、
       /`ヽ=-ニニ-=-"   \
      ( ,   | Y_-゚-`_Y |     )
       r=,ヽ-./  r‐`~ヽ__ヽ_ヽ= '_/
       i    , __{、   _    ̄   |
       ヽ__, -'    ̄ ヽ、_  _/ \
       /            ̄    ヽ
       /                  i
       |                /
606:名無し :

2013/08/03 (Sat) 00:10:16

触れ造さんの好きな漫画ってナンです?
607:触れ造 :

2013/08/03 (Sat) 00:28:38

http://nicoviewer.net/sm10082331


       ∩
      //
    /   ̄ ̄ ̄\
   /          \ 僕はもっと何も考えずに
 /__      、   \   楽しめる漫画が好きです!キャピvv
 | |´・  |      |⌒.\ \
 | |  3 |      |Γ|  \|
 | |、・ .|   ∩ <||
 \ ̄ ̄   ||   ..|
   \   _| |_.../
    \__」
608:触れ造 :

2013/08/03 (Sat) 00:29:54

↑心臓の弱い方注意
609:名無し :

2013/08/03 (Sat) 00:37:07

絶対に許さない!絶対にだ!
610:名無し :

2013/08/03 (Sat) 10:34:15

触れ造さんの事だからボディビル本でも貼ると思ってたのに…
611:名無し :

2013/08/03 (Sat) 11:59:56

気触れさん本当に読者視点やなぁ…
そこが一番好きよ
612:名無し :

2013/08/04 (Sun) 21:49:46

近藤さんの話カットしたんですか…?(´・ω・)
無いとサイコメトラー云々が突飛な印象がするような
613:  :

2013/08/04 (Sun) 23:41:42

>>620
気狂い画廊に日参するようになって一番ビビッた事は、
蕎麦袋やrobotsを知ってる人が何人も居た事だよ……

原稿なくしてたからすっかり忘れてたんだ近藤さんの存在
なんとかするから見逃しといて

……ぶっちゃけ近藤さんの話ってどのタイミングで出てたっけ?
614:名無し :

2013/08/05 (Mon) 00:13:58

一番最初です……
ボナンザ読んでる時は今回のシーンで「あっ!近藤さんだ!」ってなったんですけど
これじゃ都合のいい新キャラが出たように見えるようで勿体無いような…
あと誌面上では一緒に居るのは田中じゃなくて尾尻になってます
615:  :

2013/08/05 (Mon) 00:25:39

……死にたいわぁ(’A`)
その内なんとかする
616:触れ造 :

2013/08/05 (Mon) 16:21:12

             シューン
       ____ ____ ____ _____ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
      /___ \ _\  _\  _\
    /  |´・ω・`|  \・`| \・`| \・`| \_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
   /     ̄ ̄ ̄    \   \   \   \
   |  i          ヽ、_ヽ ヽ、_ヽ ヽ、_ヽ ヽ、_ヽ_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
   └二二⊃         l ∪  l ∪  l ∪  l ∪
     |   ,、___,    ノ   ノ   ノ   ノ_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _
     ヽ_二コ/   /   /   /   /
   _____/__/´____/´____/´____/´_ ̄_ ̄ ̄_ ̄ ̄_ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄


>>622
伝説のボナンザを所持しているのかね…
君がスキャナーを持っているなら蕎麦袋を総て画像でうpして
僕に送ってくれれば気触れさんも僕も皆も幸せになると思わないかね……

とか思ったんだけど何ページぐらいあるんですか?脳神編。
617:名無し :

2013/08/05 (Mon) 19:30:27

ボナンザ、古書店やオークションでたまに見かけますねぃ
これを昭和59年に近い順から集めていけば・・・と考えたり考えなかったり
618: :

2013/08/05 (Mon) 20:20:29

ちょっと待ってくれ、それ違う奴や(´д`;)
昭和59年まだ私生まれてねぇ

少なくともエロ漫画雑誌のボナンザと自動車の雑誌のボナンザがあるはず
私がお世話になったボナンザ寿命1・2年ぐらいだし
619: :

2013/08/05 (Mon) 20:25:18

あと古銭雑誌のボナンザもあるな…
出来たら近藤さん関連のページとラスト付近のページ確認出来たら嬉しいんだけど
何でか近藤さんの部分すっぽり忘れてる
620:名無し :

2013/08/05 (Mon) 21:12:03

hurezou@gmail.comのほうに色々送っときます
全部スキャンしてあげたいけどこれ凄い量ですよ…

ローカルな話ですけど橿原市の床屋に今でもボナンザ置いてますよ
621: :

2013/08/05 (Mon) 22:15:44

皆すまんね
622: :

2013/08/06 (Tue) 20:18:02

今日はちょっと遅くなる
623:名無し :

2013/08/06 (Tue) 21:18:31

ごゆっくりー
624:名無し :

2013/08/07 (Wed) 20:16:53

前にどこかでフラッシュの救世主猫が好きとお伺いした記憶があるのですが、
救世主猫のつーを主役にした月夜の天使とか
ナイトメアシティとかもお好きですか?
(ナイトメアシティは色々騒動もありましたが大好きです・・・)
625: :

2013/08/07 (Wed) 21:39:52

好きに決まってるともよ、黒浪士やSaint Elmo's bullet も大好きさ。
AAフラッシュは救世主猫で背骨ぶち抜かれるほど感動して、
イイアクセスで毎日見まくってたなあ。

ハチミリさんの救世主猫とタイショさんのpfantomだけでモチベーションは補充できたさ。
phantom今見られんけど。



……ナイトメアシティの騒動は当時も今も胸糞悪いだけだわ。ちょっと本気で怒るけどさ。
盗作とかパクリとか騒いでた連中はまぁいいさ、どんな作品にもそういうのは出てくるもんだ。
連中のは半ば悪ノリもあったんだろうけど、でも、
パクリ検証サイトまで作ってた奴らは正気じゃない。

あんな醜いみっともない真似がよく出来たもんだと思うよ。
悪意以外の何ものでもないわ。

そういう陰湿な事してた奴に限って今は他のジャンルに鞍替えして
「AAとフラッシュはオワコン」とか平気なツラでしゃぁしゃぁとぬかしてやがるんだ。


>>632
私はスイッチ入ったらいきなり毒吐くんでご了承くだせぇ。
皆フラッシュ見ろ!面白いぞ!!
626:名無し :

2013/08/07 (Wed) 22:19:49

ナイトメアシティの叩きはみ~やさんの悪ふざけ(「俺の前でひざまづけ」コメント)
でイラっとした人がここぞとばかりに乗った、ってのもありそうだなぁ。それにしてもやりすぎだとは思ったけど

judgement dayはご存知ですか?「judgement day フラッシュ」で出てきますよ
これもまた(一個人が)パクリと騒いで作者さんがサイト閉鎖にまで追い詰められた悲しい経歴のバトルフラです

ついでに質問
歴史をはじめ専門知識を身に付ける上でお勧めの書籍ってありますか?
これまでのレスから見ると、一番信憑性の高いものは当時の小説でしょうか
あと「知識本は大嘘ついてることがあるので丸ごと信じ込まないようにしてる」とおっしゃってた件について、
十冊のうち九冊嘘ついてて一冊が真実、なんてこともありそうですが
その嘘を見抜くコツなんかはあるでしょうか
627:名無し :

2013/08/08 (Thu) 00:31:38

phantom見れないーーー!ほんとに欠片も残ってないのね…見たい…つд`)
628:  :

2013/08/08 (Thu) 01:10:26

そもそも八頭身のアクションをモナギコ体型にやらせるのが簡単と思ってるのが腹立つ。
ジョジョの扉絵に「海外モデル雑誌のポーズパクってる」ってケチつける奴と変わりませんわ。



上でも書いたけど一時期イイアクセス等フラッシュ情報見ることだけが
人生の糧だった時期があるほどなんで、
judgement dayも勿論存じておりますよ。続編が愉しみでした…


書籍ですが、明治大正時代に関しては仰るとおり当時の小説が一番いいです。
たとえば今現在ファンタジー小説でもないリアル系小説と銘打った作品で
「一般的な自転車には車輪が6つ在り、電車は単三電池で動く」
なんて書く人はいません。

最低限の小物などの描写は(ひょっとしたら例外もあるかもしれませんが)下手な
資料本よりは信用できるでしょう。

でも、やはり小説は読むのに手間がかかるので資料本の方が時間はかかりません。
本来知りたい事をパパッと調べるための資料本ですから……
ただ、絶対間違えたくないところだけは複数の本を読んだ方がいいと思いますね。

結局何が一番いいのか具体的に言えないのが申し訳ないのですが、
逆に絶対やめたほうがいいのが教科書。
歴史系は特に、教科書は嘘だらけ偏見だらけです。


本の嘘を見抜くコツですが……分かりやすい事だけ申し上げると。


1・戦前の日本を修羅の国みたいに書いてる本(著者)は避ける。

武士が民を露骨に虐げてたとか、年貢を納めるために農民が飢えまくってたとか、
日本の前時代的な文化が女性の権利を踏み躙ってたとか、
そういうことばかり詳しく書いてる本は信用できません。

日本の歴史自体を悪いモノと考えてる傾向が強く、内容が偏っています。
俗説もかなり入っている事が多いです。

こういう本はネットの書評などで必ず具体的な批判がされていますので、
買う前に軽くググればひっかからずに済みます。


2・「歴史の真実!」「本当の日本!」などと謳う本は避ける

本当に真実を書いてる本もあるのですが、嘘を吹き込もうと混ざってくる嘘本も多いです。


3・ググってみて評判のいい、あまりツッコミを受けてない歴史作品の「参考文献」を辿る

当たり前の事なんですが、こういう「優れた作品が使った文献」はチェックするといいです。
酷い嘘ネタを使ってる作品は必ず指摘されているので、ツッコミの少ない作品は当然安全性が高いです。
ある程度作品の知名度にもよりますが。


4・大河ドラマは信用しない

NHKに喧嘩売るわけじゃないんですが(笑)最近は特に嘘が酷いです
有名だし全国放送だし必ず話題になるし、信用したいのは分かるのですが、
鵜呑みにすると大変なことになる嘘が散在していて使い物になりません


なんか、ピックアップしたら当たり前の事しか書いてなくて申し訳ない。
よっぽどの事でなければ多少間違っても大丈夫なんですけどね。
どうしても分からなかったら、ぶっちゃけ2chで調べてもいいんです。

大事なのは情報を複数手に入れて確認する事。
そういう意味ではネットは偉大ですね。
629:名無し :

2013/08/08 (Thu) 12:44:19

救世主猫と並ぶぐらいなのか
phantom
630:名無し :

2013/08/08 (Thu) 14:20:35

古い作品だからなあ…
631:名無し :

2013/08/08 (Thu) 16:05:32

あータイショのギコラーメン屋台!
AA格ゲーは覚えてるんだけどどんなだったかな・・・・
632: :

2013/08/08 (Thu) 20:27:56

頑張ってググったんだけど本当にどこにも無いねPhantom

大好きなフラッシュが見れないのが悲しくてついAAにしてみたよ
記憶を頼りに再現したんだけど多分どっか間違ってるし、アクションも我流
BGMも悲しくて最高なんだ……名前覚えてないんだよなあ……
633:名無し :

2013/08/08 (Thu) 21:07:53

………




え?
634:名無し :

2013/08/09 (Fri) 00:31:50

仏様かアンタ!ありがてぇ!
635:名無し :

2013/08/09 (Fri) 23:30:20

やはり変態か
636: :

2013/08/10 (Sat) 11:37:37

文さんをバケモノ呼ばわりした報いが遂に
637:名無し :

2013/08/10 (Sat) 14:43:43

拡大AAがバンバン出てくるのが一番変態
どうやったらあんなバンバン描けるんですか・・・(血涙
638: :

2013/08/10 (Sat) 16:12:53

頭がさえてる早い時間に普通の三頭身AAを
それ以外の時間に拡大を描くようにしてます

台詞回しやらアクションやらは頭使ったほうがいいけど、
拡大は持続力が居るんでのんびり一つずつ描きます

拡大描いてる横でドラえもんやらラーメンズのコントやら、
数十分で区切れる映像流して、横目で見て笑いながらざっと描きます

で、出来上がったら次の拡大へ進んで、2,3個仕上げたら休憩

少し時間が経ってから改めて拡大を眺めて、変なトコを修正

私の場合はそれが一番早いし、いい拡大がかけます

もっとも、描き慣れてないキャラは何故か初期と後期で出来栄えが違いますけども。



ところで蕎麦袋はちょっと遅くなる。
近藤さんまとめなきゃ…
639:名無し :

2013/08/10 (Sat) 19:07:39

拡大かいてる横でドラエモン見るってどう言う事なの・・・?!
そんな芸当デキナイィッ!
640: :

2013/08/10 (Sat) 21:02:41

私は逆にずっとエディタ画面見つめて拡大描くのが退屈で
ドラえもんイイヨ。大山のぶよの声に癒されてガンガン描ける
641:名無し :

2013/08/10 (Sat) 21:31:10

台詞とAA、どちらを先に書きますか?
また、AAを書いているうちに台詞を改変したり投下直前に変更したりはしますか?
自分はよくあるので気触れさんもそういうことあるのかなーと気になったもので。
642:名無し :

2013/08/10 (Sat) 22:22:00

作者さん旧ドラ派か
643:名無し :

2013/08/11 (Sun) 00:24:26

超人間級のAA作者だな!
644: :

2013/08/11 (Sun) 01:07:16

AAを先に。
何故なら拡大が先に用意してあると気分善く台詞乗せられるのです

いい台詞が出てきたら変えたりもしますけど、あまりしたくないのが本音です
万が一辻褄が合わなくなったら……とか考えると怖くて
2chは一度レスしたら書き換えられんから




旧ドラ派っていうか……なんていうか……
新ドラにはちょっと、いたたまれない思い出があってなあ……
内容じゃなくて、宣伝部というか……上の人がなあ……

ちょっと新ドラ好きな人は以降無視して下さいね。


昔さ、新ドラが始まってすぐの年に、「アニメ人気投票」的な番組があったんだよ。
色んなアニメを持ってきて、ネット投票で人気調査するっていう。

で、ドラえもんも当然有力候補になってさ、
ゲストの芸能人とかも「ドラちゃんのドラ声が~」とか「子供のときにお母さんと映画館に~」とか、
明らかに旧ドラの話ばかりして盛り上がってたの。

パネルの絵も旧ドラだったしね。内容説明の映像も全部旧ドラだったしね。


で、ドラえもんが色んな名作アニメおしのけて優勝したのさ。
さすが国民的アニメ~とかいって会場が喜んでたら、
優勝アニメのPRが始まったのね。


突然わさドラの声がして、パネルと違う明るい色のドラえもんが画面に出てきて。
ワイプの芸能人達の顔が固まってんの。
冗談抜きに、「え?」って感じで。


ナレーターが「声優総入れ替えにもかかわらず脅威の得票率を~」とかなんとか、
淡々と説明始めてさ。

映像が戻ったら明らかに皆微妙な顔してて、旧ドラパネル取っ払われてんの。
濱口なんか鼻グシグシかみながらキョロキョロしてるしさ


別に旧ドラ至上主義じゃなかったんだけどさ……
始まってすぐにあんなもん見せられたら、視聴する気にならんよ

物凄い先入観が出来ちゃったもの。
だから私は、旧ドラなんだわ。悪いけども。
645:名無し :

2013/08/11 (Sun) 01:29:39

うわ……('A`)
646:名無し :

2013/08/11 (Sun) 10:57:19

生で見たらそりゃ旧ドラ派になるわな
ゲストがその反応ってことはディレクターが勝手に小細工したんだろう

わさドラもある意味被害者だな・・・
647:名無し :

2013/08/11 (Sun) 14:25:32

トヨタのドラCMどう思います?
648: :

2013/08/11 (Sun) 14:56:55

なんかドラえもんの話にもってっちゃってごめんよ

でもトヨタのCMはどうも思わない。
だってアレ、作り手がドラえもんとして見せる事を放棄してるんだもん
実写版ドラえもんでも何でもない、ただのジョークCM

あれをドラえもんです!って言っても誰も真に受けないだろうしね
649: :

2013/08/11 (Sun) 15:01:13

っていうか以前ドラえもん本編の合間に入ってた
「ピッカピッカの一年生」
の実写CMの方が体張ってて好きだわ

のびた役の少年がタケコプターつけてワイヤーに吊るされる奴。知ってるかな
650:名無し :

2013/08/11 (Sun) 15:33:58

「あわてなーいあわてなーい」
ですねぃ
651: :

2013/08/11 (Sun) 15:44:11

そうそれ。アレ好きだったわぁ。全然のび太じゃなかったけどw
652:名無し :

2013/08/11 (Sun) 19:12:33

流れぶった切りますがガラクタさん鶏肉好きなんですか?
殺し屋のグレードを鳥で表現してるし
653: :

2013/08/11 (Sun) 22:35:13

ありゃ中途半端な態度で殺し屋やってる奴を「チキン(臆病者)」って
嘲りたいために引き合いに出してるだけです
鶏肉に限らず奴は何でも喰います

マジ好物は百合根。
654:名無し :

2013/08/12 (Mon) 10:46:17

百合根…… 百合 姉!?(偽モナー)
655:名無し :

2013/08/13 (Tue) 09:14:08

ちょくちょく元AAのネタ入れてくるなw
656:名無し :

2013/08/14 (Wed) 17:15:46

最近凄いハイペースで嬉しいです!
ところで、蕎麦袋はどんな感じですか・・・?
657: :

2013/08/14 (Wed) 22:01:15

登場人物自体をすっぽり忘れてたせいで話に矛盾が…
もうちょっと待つのだ…
658:名無し :

2013/08/14 (Wed) 22:43:37

無理しないで下さいね;
ところで気触れさん
とりあえずキャラの設定だけは考えとくって仰ってタカラ是非お聞きしたい

フォークス殺しさんってどんな人ですか?
659: :

2013/08/15 (Thu) 00:38:17

既に退場しかけてる人ですが、まあここだけの話ってことで。


あの人はユニオンパシフィック鉄道の元社員で、名前は誰にも話してないので分かりません。

西部開拓時代、鉄道事業は大変盛んなもので、大陸横断鉄道が急ピッチで整備された時代でもありました。
アイリッシュ労働者を山のように投入し、鞭打ち殺しながらレールを敷き、
非常識な短い工事期間で長大な鉄道網を完成させました。

この鉄道工事の現場監督の一人に任命されたのがフォークス殺しさんで、
自分の担当の現場で死んだアイリッシュの数を水増し報告し、
労働者の逃亡を幇助していました。

別に人情からの善行ではなくて、フォークス殺しさんは当時は同性愛に凝っていたので、
命乞いをする労働者に連日連夜サービスさせる見返りに自由を与えていたのです。


有名な「線路は続くよ」の歌はこのような過酷な線路工事の労働歌でもあり、
終わりの見えない、人死にの絶えない地獄の工事を抜け出せるならと、
労働者達はフォークス殺しのようなうすらデブに甘んじて身を許しました。


実際、彼は数回相手をさせれば飽きて解放してくれるので、
逃げ延びた労働者達の多くは忌々しく思いながらも彼に感謝していました。

しかし何割かの労働者はフォークス殺しに復讐をしようと考え、
鉄道会社に「労働者を勝手に逃がしている現場監督が居る」と密告します。


かくしてフォークス殺しは不良社員どころか、汚らしいアイリッシュに手を貸す
売国奴として解雇され、そのまま現地で強制労働を課せられます。


この鉄道は数年で完成するのですが、フォークス殺しは完成後、
投獄される前に逃亡し、犯罪者の世界に入門したわけです。


ところで、この大陸横断鉄道。各地への交通機関を充足することは勿論ですが、
実は対インディアンの殲滅計画の一環でもありました。

鉄道のレールを敷くために土地を取り上げるとともに、
鉄道会社はインディアンの貴重な食糧源であるバッファローを、
列車の中から狙撃しまくる「バッファロー狩りツアー」を大々的に執り行います。

列車の中から撃つわけですから、肉は回収しません。
長い旅路の最中、バッファローの群に向かって乗客が銃を乱射し、
インディアン達が食べきれない程の死骸を作り、腐らせるというものです。

実際このイベントのせいでバッファローは激減し、結局は絶滅してしまいます。


インディアン達にとってこのような行為は正に死活問題ですから、
中にはツアーを阻止したり、鉄道の線路を破壊しようとする者も居ました。

フォークス殺しはそういった連中からの依頼も受けながら、
線路周辺を中心に活動していたようです。
だからバッファローばかり喰って、デブデブになりました。
そこらへんに落ちてますから。死骸。
660:名無し :

2013/08/15 (Thu) 11:23:50

質問!先生質問!
それ脇役の設定じゃありません!
いきなり考えられる話じゃないしもしかして最初にそこまで考えてるんですか!?勿体ねえ!!
661:名無し :

2013/08/15 (Thu) 12:32:09

ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/1855/indianbuffalo.html

↑にバッファロー狩りの詳細書いてあるけど、おおゲスいゲスい
人間じゃねぇや
662: :

2013/08/15 (Thu) 13:55:35

主役から脇役まで、そいつのためだけに一から設定を考えてるわけじゃないです

どう言う事かっていうと、最初に舞台を決めて、キャラを作るとき、
「どんな奴作ってもいいんだ楽しーい!」ってなって、
まず主役のキャラ設定を考えますよね。

でも脳味噌がハイになってるから、美味しい設定色々考え付いちゃって、
一度に何個も味見しながら一番気に入った設定を探すわけです。

主役が決まったら、次は準主役、悪役、脇役、と、
同じように設定を作っていくわけですが。

そうするとメインの連中が完成した後、
没にした設定がたーくさん残るわけです。

それは全部失敗作ってわけじゃなくて、
使わなかっただけでけっこう未練のあるものだったりして。
するとそういった「未使用キャラ設定」が、ただ捨てるのが勿体無くなる。

だから本来煮詰める必要の無かったキャラクターに、
その設定をくれてやろうってなるわけです。

私が無駄に死に設定を抱えてるのはこういう事情のためでして、
でもそういったバックヤードがあると、
脇役も悩まず動かす事が出来て、話に矛盾が生まれにくくなるんですね(体感的に)


なので、フォークス殺しもルーズベルトも、フィルモアとかノーランドの兄貴とかも、
実は元々メインキャラ用に作った設定を背負ってたりします。

だからそういった連中が読者に好かれてたりしたら、
私は独りで「ムフフ」って喜んでるわけですね。

(どうでもいいけどバッファロー絶滅してないや、失敬失敬)
663:名無し :

2013/08/15 (Thu) 17:16:19

いつも思ってたんだ……過去の脇役を新作で主役級に描くの凄いなって
元々主人公だったのか……なるほど……

って事は元ホモのうすらデブとかカニバル狙撃黒人が
ガラクタウェスタンの主役だった可能性もあるわけですか!全然別作品や…
664:名無し :

2013/08/16 (Fri) 01:41:05

創作で一番楽しい部分を無駄にしないのか、頭いいな!

ところで、浅学で恥ずかしいのですが、舞台は大体何年くらいのどの辺なのでしょうか?
それと、舞台は一番に決める感じですか?
665:  :

2013/08/16 (Fri) 10:24:12

西部開拓時代はだいたい1860年代~1890年で、
白人がインディアンの土地を強奪し尽くすまでの期間です。

ガラクタウェスタンはその後半、生き残ったインディアンの半分以上が降伏したり、
国の端っこに追い詰められてる年代に当たります。

この後フロンティアが消滅すると、インディアンは特定の土地に閉じ込められて、
学校教育で自分がインディアンである事を捨てるよう洗脳教育されていくわけです。
一方白人達は新たな夢と土地を求めて、海へ飛び出してハワイを侵攻するのですね。


余談ですが、コレに関連して真珠湾攻撃を「日本がアメリカ領土を奇襲した」と
大嘘コいてる人がいますが、実はハワイはアメリカ領土ではありませんでした。

当時アメリカはハワイを侵攻している真っ最中で、
ついでにハワイにはかなりの数の日本人移民もいました。
日本が攻撃したのはアメリカの基地であって、領土ではありません。

ついでにハワイ諸島は現在もハワイ民族主権を放棄していないので、
厳密に言うとアメリカの不当支配という事になります。

「リメンバー・パールハーバー」はあくまでアメリカの言い分なので、
どっかの人権団体みたいにハワイに負い目を表明する必要は多分ありません。
奇襲が問題という話なら、アメリカはハワイに対して
奇襲以上の事をし続けてきたわけですしね。


で、舞台はやっぱり最初に決めます。
キャラも話の筋も、舞台に合わせないといけないので。
建物を建ててから地盤を整備するわけにも行きませんからねぇ
666:名無し :

2013/08/23 (Fri) 17:24:36

アラハさんのイメージソングがあったら教えてください!
「守りを考えないからこそ」「魂が燃えるんですよ」とか、台詞がいちいちかっこよすぎ…
667: :

2013/08/23 (Fri) 18:39:19

ちょくちょく聞かれるけど困るなーそんなの決めてないし(;・∀・)

いつもの答え方でよろしいなら、
アラハを動かすときは大体
doaの火ノ鳥のようにをかけてます。

ガラクタと違ってちょっと幼い奴なんで
こういう歌のが筆が乗る乗る


ところでガンマンズは明日提出で御願いします
調べ物が間に合わんかった無念
668:名無し :

2013/08/24 (Sat) 02:02:01

こんだけバッファロー殺せば・・・・ねえ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f8/Bison_skull_pile%2C_ca1870.png
669:名無し :

2013/08/24 (Sat) 15:03:02

うぉぉぉ……何してくれんねん……
670:名無し :

2013/08/24 (Sat) 20:05:09

アラハウルトラマンなのかwwwwwww
671:名無し :

2013/08/24 (Sat) 22:34:22

「火の鳥のように」はウルトラマンとは無関係のはずだが
MAD有名だからなあ
672:名無し :

2013/08/25 (Sun) 19:53:06

>>676
それリョコウバトじゃなかったか?
673:名無し :

2013/08/25 (Sun) 20:04:12

>>680
Bison_skullって書いてあるからバッファローだろ
リョコウバトも酷いけどな…
674:名無し :

2013/08/25 (Sun) 20:38:30

ああ、スカルね。すまんこ!
675:名無し :

2013/08/25 (Sun) 21:08:13

BBB……ググっても出てこないけど
名前と描写でどんな組織なのかは見当がつく……
恐ろしい話だなぁ
676:名無し :

2013/08/26 (Mon) 14:52:14

鹿を守るために狼を殺したり
魚を守るために漁民を迫害したり
それと同じ感覚じゃいないのかねえ
677:名無し :

2013/08/28 (Wed) 23:24:50

リンカーンキラー……
せめてどんな顔してたかとか……わからないんですかねぇ(´;ω;`)
678: :

2013/08/29 (Thu) 13:16:02



                             ┌─────────‐
                             │ハロー、ショボ顔野郎。
                             └y─────────
                         __
  __      __    __    _| Lie |_    __     __      __
_l Non l_ _l Non l__l Non l_    (    )    _l Non l_ _l Non l_ _l Non l_
 (    )   (   )  (    )    .(メ`┬'メ)    (   )   (    )    (    )

                 ┌──────^─────
                 │俺は「ライアー・ロイヤー」
                 └───────────‐







                             ┌───────────‐
                             │意味は「嘘吐き弁護士」だ。
                             └y───────────
                         __
  __      __    __    _| Lie |_ミ    __     __     __
_l Non l_ミ _l Non l_ミ_l Non l_ミ  (*´ω`*)    _l Non l_ミ _l Non l_ミ _l Non l_ミ
 (.´ω`.)   (.´ω`.)  (.´ω`.)    .(メ iVi メ)    (.´ω`.)   (.´ω`.)    (.´ω`.)

                   ┌────^────
                   │振り向くとこんなだ。
                   └┬───────
                     │騙されたろう?
                     └───────
679: :

2013/08/29 (Thu) 13:17:55

死ぬほどズレた(*´ω`*)
680:名無し :

2013/08/29 (Thu) 19:54:04

どんまいです(*´ω`*)
681:名無し :

2013/08/29 (Thu) 23:07:19

騙されたわあ…(*´ω`*)

ところで質問なのですが、登場人物の外見のモデルなんかはいらっしゃるんでしょうか?
モデルとまではいかなくても、このキャラクターはあの人に演じてほしいなあとか

最近蕎麦先生のセリフや挙動がなぜか松重豊さんで再生されるんです><
682:名無し :

2013/08/30 (Fri) 09:01:27

(*´ω`*)
683: :

2013/08/30 (Fri) 21:35:03

外見AAだからなぁ(*´ω`*)
声とか人柄とか、勿論イメージとして参考にしてる人は居ます

蕎麦先生は複数参考にしてるんで、松重さんでもいいんじゃないでしょうか!
僭越ながら海老蔵さんも参考になります。


…あとどっかで言われた気がするんですが、
イメージとかモデルってわけじゃないんですが
アンドリューのドヴォラクが生きてる辺りは
初代ランボーの渡部さんの吹き替え聞いてたりしました

ずっと渡部さんの演技が好きです
ttp://www.youtube.com/watch?v=N9rgprvfUvQ
684:名無し :

2013/08/31 (Sat) 13:59:04

……おぉ……おぉ……
685:名無し :

2013/09/05 (Thu) 16:22:58

スーサイドベアは心理面接的な方法で
他人を自殺させるのでしょうか?
ってことは直接戦闘はそんなに強くないのですかね?
686: :

2013/09/05 (Thu) 18:47:03

明日載せる話に書いてますけど
だいたいそんな感じです

ベアは「復讐者の苦痛と孤独」を知っているので、
「復讐心を持つ人間」の心理にだけ痛烈に働きかける事が出来ます

特に、社会の厳しさだとかモラルだとか許しだとか、
一般人がよく考えもせずに吐く都合のいい言葉に
傷ついた人間はイチコロでベアの信者になります

明日の話に書いてるけど
687:名無し :

2013/09/05 (Thu) 20:30:12

ネタバレも辞さないとか、律儀すぎんYO!
688:名無し :

2013/09/08 (Sun) 21:52:08

蕎麦先生は我猫
猫目先生はガラクタウェスタン
……石君はどんな小説を書いてるんでしょうか…!
689: :

2013/09/09 (Mon) 01:44:40

石君は書生なので、いつかデビューするときのために
何本かお話を暖めています。

たとえば「海の下」なる話がありまして、


若さと美貌で何人もの男を騙した女詐欺師が、
騙した最後の夫に石で頭を割られて殺されます。

死んだ女は悪人だったために天からのお迎えが来ず、
そのまま誰にも見えず声も聞いてもらえない孤独な存在になりました。

どうしようもないので自分が行くべき場所を探して
ふらふらと彷徨っていましたら、
猟師が子供に海の話をしていました。

漁をしていると、たまに不気味な珍しい魚が捕れる事がある。
それは青い海の底の底、深海と呼ばれる場所から来る、怪魚なのだと。
そいつらは人間がけっして行けぬ場所に住んでいる、
異世界の生物なのだと。


死者である自分にとって、生きた人間の行けぬ場所こそ、
本来行くべき場所なのではないか。
そう思った女は異世界の生き物の住む海へと、歩いて入って行くのでした。


息を吸う必要の無い女は水中をどんどんあるいて行き、
青い水はどんどん黒くよどんで、やがて前も後ろも見えなくなります。

途中ですれ違った見慣れた魚達はすぐに居なくなり、
きんと耳が痛くなるような静寂が訪れ……




と、死んだ女の視点で当時謎に包まれていた深海の様子を想像で書いた話が、
石君の「海の下」です。

石君の描いた深海世界は、言ってみれば「死者が自分で落ちていく地獄」で、
海底に空いた大きな穴に数万数億の乳歯が生えていて、
そこからアンコウだとかの深海魚が吐き出されてくるだとか。

その穴に生えている無数の乳歯に、
巨大な岩塩で出来た巨人が自分の手足を擦りつけ、
海水が塩辛くなるように塩を混ぜ込んでいるのだとか。

えらの横に人間の腕が生えた長大な海蛇が、
海底から海面まで伸びて行って、泳いでいる人間の足を掴み、
どこまでも引きずり込むとか。

そういった描写が延々と続く話です。


石君はそんな話を書いた数秒後に
突然
美人の未亡人の家に下宿している女学生が
大家の再婚を応援したり悪い虫を追っ払うのに協力したり
気がついたら自分が恋に落ちてて応援されてたりする
青春下宿恋愛小説を書き始めたりするので

守備範囲は広いようです。
690:名無し :

2013/09/09 (Mon) 04:55:34

魚を生む大口だの岩塩でできた巨人だの死者の国へ引きずり込む怪物だの
世界観がなんかもう神話もどきだな、「海の下」w
そしてどうやって話にオチ付けるんだろ

あと小説出す時に本名とペンネームと、どっちでいくつもりなのか石君
691:名無し :

2013/09/09 (Mon) 11:02:39

怖っ(ii゚Д゚)
らぶくらふと先生とかじゃないか・・・
692: :

2013/09/09 (Mon) 18:56:05

いくら海底を歩き続けても異様な怪物達に逢うばかりなので、
やがて主人公はもっと下に行くために、前述の深海魚を吐く穴に飛び込むわけです。
深海魚たちがやってくる世界に落ちて行けば、また違う場所へいけるだろうと。


真っ黒い深海の、さらに下層。
怪魚達とすれ違いながら、ゆっくり落ちていた女は、
やがて足元から光がせり上がってくるのを感じます。

黒い海は深い青色に、そして鮮やかな青から、水色に。
落ちていく速度はぐんぐん上がって、やがて水の色が真っ白になった時。


まばゆい光を抜けて、女は真っ青な空から「落ちて」いました。

太陽の光を抜け出た女はそのまま落ち続け、
やがて眼下の、青い海原へ……


そんな無限ループ的終わり方をするわけです。

石君の世界では空の上と海の下は繋がっていて、
空から雨が落ちてくるのは、空と繋がっている海が漏れているから。
その雨が塩辛くないのは、岩塩の巨人が「穴」の入り口で身を削っているから、
舞い上がって穴の奥まで塩が届かないからだとか。

勿論石君オリジナルのファンタジーですが、
彼は宇宙とか地動説とか、
証拠もないのに常識化している概念が嫌いで嫌いで嫌いで、
割と本気で「空と海が繋がってる説」は在りうると考えています。

これは彼のとても頑なな信念なので、
学校での石君の理科系の成績はとても悪いのです。

デビュー時の名前は決めていません。
大成するまでに何か感動的なエピソードに出会って、
後にソレを読者が通ぶって得意げに語るのを聞きたいので、
そのエピソードにちなんだペンネームを探しています。
出会えなかったら「漬物石」でいいです。
693:名無し :

2013/09/09 (Mon) 22:39:23

繋がる空と海の底
まあ素敵な世界観だこと(そこ以外が大概グロいけど)

本編じゃ「アップが強面の無口な不思議ちゃん(?)」位しか描写の無い彼だけど、
概要だけでもどういう作品書くのか触れられると一気に人間味が増しますなぁ
ただ「漬物石」は血迷いが過ぎるwやめときなさい絶対売れないからw
694:名無し :

2013/09/09 (Mon) 23:25:49

なるほどー
話の中枢が海底じゃなくてさらにその下の空だから、
海の下って題名なのか

石君以外にやりおる
695:名無し :

2013/09/10 (Tue) 11:00:57

石君が空と海が繋がってる説考え出したきっかけとか知りたい
完全な想像?
696: :

2013/09/10 (Tue) 13:01:34

かなり電波入ってるんで怒らないでね


①世界を一つの方向に進み続けると、元の場所に戻ってくる

②つまり石君の右と左(前と後ろ)はどこかでつながっている

③常識ではそれは地球(世界)が丸いから、と説明されるが、石君不満

④石君、勉強中に数学者アウグスト・フェルディナント・メビウスによる「メビウスの輪」を知る!

⑤石君、真理に到達!

⑥世界はメビウスの輪だ!

⑦輪の内側と外側に二つの世界(陸地)がある!?

⑧世界の「下」を突き抜けると反対側の世界の「上」に到達するぞ!

⑨世界の底は海だ!頂点は空だ!

⑩海と空は同じだ!同じなんだァアアアアアアアくぁwせdrftgyふじこlp


石君に言わせれば太陽も月も星も巨大な深海魚の光なんだそうで。
だから動いたり消えたりするのよと。
697:名無し :

2013/09/10 (Tue) 15:55:42

石君てっきり堅物無口キャラかと思ってたら
なかなかパンチの効いた発想を持っていたんだなぁ…

でもあの変わり者の猫目先生の書生やってる位だし
そう不思議でもないか…
698:名無し :

2013/09/10 (Tue) 22:15:15

何かこの話聞いたら我猫の紙芝居大喜びで見てたのが理解出来るような…w
世界に浪漫を求めてるんだなあ
699:名無し :

2013/09/12 (Thu) 16:37:54

最近こっそりAA始めた新参です
気触れさんのAAは大きい迫力のあるものが多いので是非質問したいのですが
気触れさんのAAよりもっと小さいAAを投下しようとしてるのに
容量オーバーみたいな文字が出て投下できない事がよくあります
気触れさんみたいに毎回無事に投下するにはどうしたらいいでしょうか?
700: :

2013/09/12 (Thu) 19:55:03

ちょっと前に長編板の仕様が変更されまして、
一レス内の容量制限がえらいキツくなったんですよ

だから背景AA保管庫の背景が、モノによっては
そのまま使えなくなってるという酷ぇ事態になってます

なので、投稿前にエディタでAA自体の容量を確かめてから投下しましょう
ググれば色々便利なツールが出てくると思います


あと、AAの容量って見た目のデカさじゃ決まりません
感覚的には文字の数で決まってると思った方がいいです

なので、- \ _ などの直線が多用された拡大よりも、
:::::::: とかiiiiiiiii とか、
塗り潰しのトーンが多い背景なんかの方が
容量を喰います

こういう細かいトーンを使う時は使う場所を制限するか、
文字の間に半角スペース等を入れて節約しましょう

:::::::::::



: : : : : : : : : : :
701: :

2013/09/12 (Thu) 19:56:53

ぶっちゃけ我猫はギリギリだったんだよ……
もうちょっと完結が遅れてたら
カリーナが描けなくなるトコだったんだ……
彼女iiiiiioiiiiの塊だから
702:名無し :

2013/09/12 (Thu) 20:30:40

ありがとうございます
エディタ探してみます
703:名無し :

2013/09/15 (Sun) 00:53:49

カリーナのブツ切りになる所だったのか……
704:名無し :

2013/09/15 (Sun) 22:29:58

フォークスさんゴリッゴリの筋肉マッチョさんですが
やっぱり復讐のために色々鍛えたんですかねぇ

早撃ちと斧以外の身体スペック知りたいです
705: :

2013/09/16 (Mon) 00:17:41

たとえばフォークスに成人男性の死体を持っててと頼んだら、
半日ぐらい担いだままじっとしています。

断崖絶壁でフォークスを呼んだら、崖を直接素手で登ってきますし、
きりかぶを除いてくれと頼んだら、
モノによっては引っこ抜きます。

殺人熊とボクシングをさせたら大怪我をしますが
殺人猿ぐらいなら素手でブチのめせます。

駅馬車に走って追いついて、扉をブチ破り、
中に居る人間を蹴り殺し死体を強奪するぐらいのスペック。

大体そんな感じでしょうか。
706:名無し :

2013/09/16 (Mon) 01:09:06

大体予想通りだった!
707:名無し :

2013/09/16 (Mon) 01:40:59

タイラー姉弟はノーランドキラーとして送り込まれたみたいですが、
あの時アラハに殺されずに二対一でノーランドと殺りあってたらどうなってましたか?
708: :

2013/09/17 (Tue) 13:50:07

脚本的には負けますが力量的には頑張れば勝てるレベルです

リンカーン兄弟もさんざ他の殺し屋にバカにされてますが
リンカーンキラーズとかその辺のガンマン集団とぶつかって
生き残るぐらいにはスゲーやつらなのです

基本的に
名前つきの殺し屋1人>名前無しのガンマン数人
ぐらいの戦闘が出来ると考えてもらっていいです

ポイズン以外は。
709:名無し :

2013/09/17 (Tue) 15:53:44

頑張ればノーランドに勝てるレベルってSUGEEEE!!

って一瞬思ったけど二対一で、ですか。
サシだったらやはりノーランドに瞬殺されてしまうのでしょうか!
710:名無し :

2013/09/17 (Tue) 15:57:34

じゃあアラハにも「頑張れば」勝てたかもしれない…?
711: :

2013/09/17 (Tue) 16:20:51

タイラー姉弟は馬術で云々するタイプでして、
二頭で追い込んだりかく乱したりが基本の戦い方です。
一人が前に出て、もう一人が別方向から撃ってくる。
なので一人で戦うぐらいなら逃げてしまいます。

勿論条件がよければアラハも殺せたかもしれません。
皆結局人間なもので。
712:名無し :

2013/09/17 (Tue) 22:44:11

ポイズンはあの弱さでこれまでどうやって生き延びてきたんでしょうか!
あと、殺し屋稼業で食えてたのかな彼・・・?
713:名無し :

2013/09/17 (Tue) 23:01:40

ね、ね、ね、ネタバレになるならむししてくれていいんですががががががg

フォークスさんアレでおわりですか…!?
714:  :

2013/09/17 (Tue) 23:13:09

★ネタバレを含みます
★もう一度言うぞ、ネタバレを含みます





>>ポイズン
直接敵と戦うわけじゃないダイナマイト使いなので、なんとかやってけました。
あと普通じゃ考えられないようなズサンな爆破をしかけてくるので、
逆に予想がつかずやられるヤツが多かったようです。

仕事ですが、彼が最初に殺した政治家が大物過ぎて、依頼には事欠きませんでした。
けして楽な生活はしてませんけども。


>>フォークス
そんなに取り乱してたら答えてやらねばなるめぇ









チデテナイヨ
715:名無し :

2013/09/17 (Tue) 23:26:56

こんの野郎ぉおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!(叫)
あ、でもよく見たらあれだ、うん、そっか、顔の向き…斜めだね(崩れ落ちる)
716:名無し :

2013/09/17 (Tue) 23:32:46

ちっくしょぉおおおおおおおおおおおおーーーーーびっくりしたぁあああああああああ!!!!
717:名無し :

2013/09/17 (Tue) 23:36:50

ちくしょあああああああよかったああああ!!!!
718:触れ造 :

2013/09/17 (Tue) 23:41:16

どさくさに紛れて僕に抗議メール送ったの誰だ
あーんフォークス様が死んだ~メール送ったの誰だ
719:名無し :

2013/09/18 (Wed) 00:11:49

フォークスさんの一大事でこんだけレス流れとるwww
みんなどんだけ好きやねん、いや俺も大好きだけど
720:名無し :

2013/09/18 (Wed) 00:34:58

投下一時間ちょっとでそこらじゅう阿鼻叫喚だもんなあ…
愛されてるなあ、ヒーローだし
721:名無し :

2013/09/18 (Wed) 00:38:12

シリーズ初期だったらフォークスさんが死ぬのが当然だった

でもモクランと我猫見ちまったらさぁ!
信じちゃうじゃないか!報われエンド!!
722:名無し :

2013/09/18 (Wed) 14:01:43

頑張れ!僕らの正義!
723:名無し :

2013/09/18 (Wed) 21:58:02

この大統領黒ッ!
彼は何であんな口汚いんでしょ?ストレス?
724:  :

2013/09/18 (Wed) 22:20:30

 A__A
( ・∀・)<キミはウンコに敬語を使うのかね
725:  :

2013/09/18 (Wed) 22:25:36

 A__Aて
( ・∀・)<しまった俺ウンコと話してる!     ;(`益´#);
726:  :

2013/09/19 (Thu) 23:01:02

二週連続ガンマン無しは気が引けるんだけども、
なんかフォークス関連で色々混乱させてるぽいんで


もう一週棚優先させていいかな……?
727:名無し :

2013/09/19 (Thu) 23:48:52

いいですとも!
728:名無し :

2013/09/19 (Thu) 23:49:10

いいともー
729:名無し :

2013/09/20 (Fri) 20:30:58

なんでこの人ここまでぐう聖なんや……
普通、「フフフ、皆慌てとるわ……」
ぐらい言いそうなモンなのに……
730:名無し :

2013/09/21 (Sat) 17:43:49

気触れさんや…
昨日作業BGM何聞いてたかの…?
731:名無し :

2013/09/21 (Sat) 18:13:51

あのウララー大統領
どうやって大統領にこぎつけたんですかね?

純粋悪で軍を私物化、悪いトップなわけですけど
国民は彼の何に惹かれたのでしょう
732: :

2013/09/21 (Sat) 19:22:23

>>738
Rock your soul
北斗無双はガッカリだった、が、この曲は好きなのだ

>>739
あの男、一般選挙の総得票数では他の候補に後れを取っていましたが、
選挙人選挙では一気に一位に躍り出て大統領の椅子を強奪しました。

アメリカの選挙では州ごとに一般選挙を行い、
その州で当選した候補が、その州の選挙人の票を獲得する仕組みになっています。

つまり最終的に民ではなく、民の代表である選挙人の票で大統領が決まるわけですが、
この選挙人のバランスはかなり悪く「大票田」なる州が存在するわけです。

つまりウララー大統領は大票田のみで支持され、
人口の少ない州や田舎から拒絶された大統領なのです。

なので彼の実像はこんななのです。↓



        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  A__A   │ 今後は全国民の支持を得られるよう努力します!
 ( ・∀・)<  自由と平等のアメリカを!正義の大国に繁栄あれ!
 ( 建前 )  \_______________
 | | |
__(__)_)______________
 ( _)_)
 | | |
 ( 本音 )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( .A.)<  国民の大好きなザル民主主義で選ばれたぷれじでんとでちゅ!
  ∀ ̄∀ │ ぷれじでんと、お前らの大半を尊敬しねーし愛しもしねー!
         │ 朝三暮四の猿になる覚悟は善いか?
         │ 涙拭けよ!俺の馬車の馬糞でなあああーーー!
        \_______________


733: :

2013/09/21 (Sat) 19:33:51

ちなみに作中で彼の言った「真のアメリカ人」は
この時代、かなりの少数派になっています。

大統領はアメリカが存続するには「悪の道」を堂々と歩き続ける事だと考えていますので、
なまったるい「正義」や「人種平等主義」に傾く国民はアメリカの害と考えています。

実際、この後アメリカは事あるごとに「建前の正義」のために
何度も大打撃を受けます。

そんな馬鹿馬鹿しいリスクを回避する事が彼の大義なので、
別に民いびりをしたいわけではないのですよ。
と、一応フォローしておく
734:名無し :

2013/09/21 (Sat) 19:45:58

こっ小者!
って思ったけど続きのレス読んだらなんか微妙な印象になってきたぞ

つまりベトナム戦争みたいな悲劇を食い止めたいってことか・・・・?
あれ、中々悪くない大統領な気がしてきた

と思ったけど自分も悪戯に兵士殺してるヤンけ!(憤慨)
735:名無し :

2013/09/21 (Sat) 19:48:39

愛国者であって愛民者ではないのか
736:名無し :

2013/09/22 (Sun) 00:44:28

……うーん……
この大統領、何か憎めないんだよなあ
ドSのド外道なのに何でだろう
737:名無し :

2013/09/22 (Sun) 00:59:25

「君達(開拓者)がキレイ事ばかり言ってるから 僕(純粋悪)が現出するのさ」
738:名無し :

2013/09/22 (Sun) 19:34:30

受信料払ってます?
739: :

2013/09/22 (Sun) 21:29:49

時々ワケの分からん質問が来るなぁ…
だが、今のNHKにくれてやる金は無い
740:名無し :

2013/09/23 (Mon) 20:42:14

気触れさんの際立ったおにゃの子に対する好みを満たすキャラは少ないと思うのですが、
それでも、コレは! と思ったキャラはどんなのがいますか?

食い縛る系女子は僕も大好物でっす!
741: :

2013/09/24 (Tue) 12:00:35

そうだなあ


手塚先生の奇子とか、
うしおととらの、人間ジエメイとか、
パンズラビリンスのオフェリアとか、
赤頭巾(グリムじゃないヤツ)とか、
ジルオールの女性陣とか、
その辺ですかね


ジルオールは救いたい娘が沢山居るのに
誰かを助けたら誰かが助からないってのが理不尽でよろしい

が、一番ぶっ殺したい勇者ネメアが殺せないのはストレスでした

あのドグサレが(意見別れるだろうけども)
魔王バロルに味方して処刑してやりたい
742:名無し :

2013/09/25 (Wed) 00:11:30

まさかのジルオール!

ネメア嫌いなのが気触れさんらしい・・・
多分だけどFFのクラウドも御嫌いそうだ
743:  :

2013/09/25 (Wed) 01:31:10

FF7はやってないのだ。私は5まで。


ネメアはファンサイトもあるみたいですが、私は割と本気で嫌いです。
彼の持つ邪悪さ、卑劣さは私のキャラには無い類のものですから。

正直、ゲームのキャラにここまで汚らわしい!と思った事は無いです。

ジルオールはディスクがぶっ壊れるほどプレイした大好きな作品ですが、
ネメアだけはダメだった。ホント。出てくるだけで高血圧。


逆にネメアみたいな悪役を作れたらもっといい作品になりそう、
なんて思ってますけどね。
我猫の審問会も、ネメアに比べれば誠実な悪だったし。
744:名無し :

2013/09/25 (Wed) 17:46:17

気触れさんのネメアへのヘイト値(驚愕)
この人に汚らわしいとまで言われるって
どんなキャラなんや…
745:名無し :

2013/09/25 (Wed) 18:08:34

>>752
「お前は・・・自分が『悪』だと気づいていない・・・ もっともドス黒い『悪』だ・・・」
746:名無し :

2013/09/25 (Wed) 19:01:36

>>752
ジルオールってゲームのキャラ

ネメアは過去に魔王(人間)を倒した勇者なんだけど
将来魔神に肉体を乗っ取られるって逃れられない予言を受けた男なのね
で、その運命に抗うために魔王亡き後色々する人なんだけど
思い込みが激しい上に運命に抗うこと『しか』頭に無い人なの
戦争は起こすわ外国の守護神は殺すわ
主人公の邪魔はするわ態度は横柄だわ
恩人の義父は殺すわ
とにかく他人を不幸にしまくりんぐ
しかも全部悪い奴らの掌の上で踊ってただけで
最終的に世界を滅亡寸前までおいやり
捕まって主人公に助けられる

最終決戦の最後の方で主人公を助けに来てくれるんだけど
その後ひたすらリーダーぶって主人公を食う人
過去の過ちを償う事も無い
極めつけは彼は敵と同じ属性の槍を持っていて
本物のバケモノである魔王軍には一切ダメージを与えられない
この槍は強制装備品で、外す事も他の武器に替える事も出来ない

どう考えても魔王に勝つ力量の無い人なのに
主人公達にくっついてきてラスボスの最後を見届けてやりとげた顔して去って行く人
そしてパッケージで常にど真ん中を飾っている
747:名無し :

2013/09/25 (Wed) 19:09:13

・・・と思ったけど新作出るたびに脇にずれてるのな
失敬失敬
748:名無し :

2013/09/25 (Wed) 20:37:18

とりあえずジルオールポチってきた。

気触れさんは、完全に自分が被害者だと思ってるクズが一等嫌いなんですな。
現実にはそういうのがウヨウヨしてるのが多いから困る。某国とか
749: :

2013/09/25 (Wed) 23:23:56

まあ個人の趣向の話なんで、異議ある人も居られると思うんですが、
私個人は彼が嫌いなゲームキャラ、ベスト3に入ります。

好きな女の子の話してて何で嫌いな男の話してるのか分からんけども(ちょっと冷静になる


ジルオール自体はすげぇ名作です。
ロード長めですが正統派の優良ダークファンタジー。

どう足掻いてもネメアを助けなきゃならんのが癪に障りますg(ry
750:名無し :

2013/09/26 (Thu) 00:07:40

ギコ系AAってマイナー扱いなんですかね…
よそで使ってる人がジジイ呼ばわりされてたんですが
751:名無し :

2013/09/26 (Thu) 00:19:40

あんだけ2chに溢れてたモナギコがマイナーなわけあるか
メジャーだったモンが影を潜めてもマイナーとは言わんぞ
だがやる夫板でモナギコ使うのはちょっとマナー違反かな…
752:  :

2013/09/26 (Thu) 00:48:02

たとえば、手塚先生とか藤子F・A先生のような、
昭和っぽい絵柄の漫画を描いてる人が居たとして、

今風の漫画を描いてる人が、そんな人達のことを
「マイナージャンルのジジイ」なんて言いますかね

昔風の作品も今風の作品も、
それを味わって愉しんだり喜んだりする人がいるなら
平等に優れたよい作品です

でないと、今メジャーなAAだって時間が経てば
いつか必ず
マイナーという事になるわけですから、
救いがなくなりますよ。


古い技法の作品でも、
それを愉しんで思い出にしてる人がいる以上、
否定するのは傲慢だと思います


と、マジレス。

それにモナギコ描きが頑張って積み上げた技術で
やる夫以降のAAが作られてるんだから、
どっちが偉いなんて話は不毛ですぜ、不毛
753:名無し :

2013/09/26 (Thu) 01:10:08

気触れさんがやる夫嫌いじゃなくてよかった・・・
実はやる夫作者です

やる夫ももう最先端じゃないんだと思います
アフィサイトとブログの最後で
やる夫に自分の意見言わせてるヤツのせいで
イメージ悪いんですよね・・・最近・・・
754:名無し :

2013/09/26 (Thu) 12:39:37

少なくとも気触れさんは向こうにも貢献してるしなあ
記触れさんの拡大使ってるやる夫作者結構いるし
755:名無し :

2013/09/26 (Thu) 16:45:54

AA自体が決してメジャーじゃないという事実
仲間割れしてる奴らはほっとけほっとけ
756:名無し :

2013/09/26 (Thu) 17:12:39

常々思うんだが
あんだけ盛り上がってフラッシュ作られまくったAA黄金時代

それを生きた人達が全員死滅したとでも思ってるんだろうか、マイナー言う人は・・・
757:名無し :

2013/09/26 (Thu) 17:24:23

そろそろサイン帳に移動しよう
気触れさんの見解は出てるし

それはそうと気触れさん、他の『ベスト3』が気になるんですが
あと逆に気触れさんの大好きな『ベスト3』が知りたいです
758: :

2013/09/26 (Thu) 20:09:05

所詮個人の感想だし
正直に言っとこうそうしよう
この話題に関して私ゃただのゲーム好きの一個人ですヨロシク

キャラが嫌い=ゲームが嫌いってわけじゃないしね
ジルオールも他の作品も好きですよの上で


ニーアゲシュタルトのカイネと
スカイリムのデルフィンが他のワースト

まぁ、多分この二人は製作側の思惑通りなんでしょうな
キャビア(製作チーム)はプレイヤーイライラさせて喜んでるきらいがあるし


嫌いなキャラを語ったら好きなキャラも語ろう


NEBULA -ECHONIGHT- の主人公
キラー7のエミール
prototypeのアレックス・マーサー

私はこの三人が総てのゲームキャラの中で一番好きです。
生み出したクリエイターの方々を尊敬してやみません。


最後のprototypeは悪名高きceroのせいで英語版しかないんですが、
失神するぐらい面白いです。人外アクションが爽快。

「寄生獣」の後藤さんを操作しているようなかんじでしょうか。
オープンワールドのニューヨークを跳んで跳ねて飛んで、
車を投げ飛ばしヘリにライダーキックをかまし
戦車を粉砕し乗っ取る。

他人を喰ってそいつに擬態して追手をまき、また破壊しまくる。そんなゲームです。
変身ヒーローが好きな人もたまらんと思います。


ニコニコでハイクオリティの日本語字幕版を公開してる人が居たので
ストーリーをおさらいしましたら、素晴らしいの一言。

まぁ、一般人を肉の壁、非常食にするようなキャラですが。
当然グロ表現は海外レベルなので、そこだけご注意。人間がバラバラになります。

この三作品はホントオススメですわ。
759: :

2013/09/26 (Thu) 20:23:43

折角だからOP張っとこう(布教

ttp://www.youtube.com/watch?v=Cy1LOMmsAL8
760:名無し :

2013/09/27 (Fri) 01:04:52

NEBULAの名を見た瞬間意識が遠くなった……自分も好きなんです評判悪いけど。
グッドエンドのラストのムービーでボロ泣きしたなぁ……。

いつも質問に答えて下さりありがとうございます。
唐突ですが、猫目先生と石君の馴れ初めが気になります。
ネタバレになったり既出だったり何となく出せないものでしたらスルーして下さいませ。
761:名無し :

2013/09/27 (Fri) 01:27:00

馴れ初めってw
762: :

2013/09/27 (Fri) 20:48:59

嬉しいぞ!NEBULA好きと出会えるのは!
実際エコーナイトシリーズは毎回難易度高いくせに
ストーリーが好きで頑張ってクリアしちゃうんですよ

NEBULAはいいね、ホントいいね、
クリア後に親しい誰かに会いたくなるゲーム


猫目先生は新宿の料理屋でカツレツを注文しようとした時、

隣の学生がどんぶり飯の上にカツレツを丁寧に並べ、

刻んだネギをしきつめソースをどぱどぱかけて食べるのを目撃します。


「キミ、それは何と言う食べ方ですか」

「(カツレツドンブリ)」


猫目先生はたいそうカツレツドンブリと学生を気に入って、
その内小説家志望の彼を書生にしたというわけなのです。

ちなみにカツ丼の起源は諸説あってよくわかりません。
763:名無し :

2013/09/28 (Sat) 15:35:46

ノーランドが女子供に銃を持たせたがらないのって何か明確な理由があるんでしょうか
764:名無し :

2013/09/29 (Sun) 13:24:38

蕎麦先生の我猫が掲載されている雑誌
他にどんな先生のどんな作品がのってるんですか?
765:名無し :

2013/09/29 (Sun) 15:42:12

オススメの西部劇映画がありましたら教えてください。
766: :

2013/09/29 (Sun) 20:37:23

(´・∀・)<おk


>>771
銃を持つ者は必ず撃たれるからです

だからノーランドは女子供に銃を渡したりしません
彼のガンマンとしての数少ない倫理です

>>772

夜鷹社の「うぐゐす」は小説中心の総合文芸誌です。
蕎麦先生の他に何人か固定の小説家が作品を載せている他、
各界からのゲスト作やインタビュー記事などで構成されています。

タダレの時点ではだいたい↓のような様相でした
(誌面をAAで表現しようとして諦めたのだ。作品は流石に後付け)



①蕎麦先生 「我猫」

YHVHと戦ってる辺り


②猫目先生 「里芋考」

里芋は皮のまま七輪で網焼きにして皮を剥きながら食べるのが一番美味しい。
というだけの事を長ったらしく語ったエッセイ。


③駄鈴花(ダレカ)先生 「枕ノ穴」

仲の悪い両親の元に生まれた一人息子。
毎晩繰り返される口論と八つ当たりに怯え、
布団の中で枕をかみ締めながら、さなぎのように硬くなるのが常だった。

布団の上から暴力が降って来ない事を祈る余り、
彼は慢性的な不眠症に陥る。

世界は不安定にぐらつき、親の罵声も、近所の人の挨拶も、
教師の講義も何もかも頭に入ってこなくなる。

そのままぐらつく世界を行き来し、布団に入っては枕を齧り続ける。

そんな日々がいくらか続いたある夜、布団を捲ると枕に穴が開いていた。

歯で噛み裂いたのとは違う、親指がそっくり入るような大きさの、まんまるな黒い穴。

一人息子が呆けた顔で穴を見ていると、そこからじわじわと、舌が出てきた。


幻覚か妄想か、拒み続けた世界がゆらぎ、崩れていく。
畳の草の狭間から、壁と柱の隙間から。這い出る「異世界」。
我猫と同じく連載モノ。


④チンタオ厨師 「支那料理征服宣言」

現役料理人の作者が
支那料理を帝国風に改造し、さらに高度な料理にするプロセスを
居丈高に綴る論文もどき。


⑤日中歩(ヒナカアユム)先生 「日中挿絵集」

雑誌うぐゐすのお抱え挿絵師、日中歩の作品を発掘掲載するコーナー。
今月は手南と大統領。


⑥ヒトリシズカ 先生 「松尾芭蕉戦記」

俳人としての高みを目指す松尾芭蕉はある日首の落ちた地蔵を見つける。

芭蕉は気の毒に思い首を捜したが見つからず、仕方なくそこらに転がっていた丸い石を
乗せ、体裁を整えてやった。

握り飯をそなえ手を合わせてその場を去ったものの、よくよく考えればかえって
罰当たりな事をしただろうかと後悔し始める芭蕉。


引き返そうと踵を返した途端、傍らの魚屋が悲鳴を上げて芭蕉に抱きついてきた。
見れば魚屋の並べた魚達が、死体にもかかわらず壊れた蛇口のように涙を流し、
地面を沼のようにぬらしている。

ともすれば岩からあぶら蝉の声が響き耳を突き刺し、
猿の大群が旅人に追いすがり「小蓑をくれ~」とねだりまわる。

地蔵の罰が当たり、かつて芭蕉の歌った句が(文字通りの意味で)現実になっていたのだ!

空を見上げた芭蕉の目の前で、太陽が最上川に突っ込もうとしていた……!


芭蕉は地蔵の首を探し出し、世界の危機を救うことが出来るのか!
一話完結の大スケール俳句活劇!!


芭蕉「違う!そうじゃないんだ…!」



>>773
バッドアウトロー(原題 THE CHEROKEE KID)が面白いよ
黒人ガンマンの成長復讐劇。
かなりコメディタッチだけど燃える展開でよろしい
767:名無し :

2013/09/29 (Sun) 21:46:25

精神を蝕まれながら地蔵探しに野を駆け回る芭蕉戦記読みたい
768:名無し :

2013/09/30 (Mon) 00:28:55

チンタオさん誰だったか思い出すのに時間掛かったw
元気にしてるかなあ
769:名無し :

2013/09/30 (Mon) 02:59:19

どうせならあン時の料理人全員について、“こんてすと”のその後を聞きたいなぁ
ソース作りの腕に溺れて涙の再出発を誓った有馬料理長と、手際と腕前の善さで見事優勝を果たした板前角野
九品目時点ではまだあれから半年も経ってなさそうな感じだけど

ついでにチンタオ厨師の本名って、青島何某なんだろうかやっぱり
770:名無し :

2013/09/30 (Mon) 16:26:33

エコーナイトシリーズ良いですよねえ! 雰囲気その他大好きです。
ただ一番惜しい、というか悔しいのはプレイ中うっかり某所の実況動画※で
最凶最悪のネタバレ(○○○の正体)に出くわした事……コウリャクモクテキデミタケッカガコレダヨ!

そして答えて下さりありがとうございます!
とても和むきっかけでほのぼのしましたw 可愛いw
771: :

2013/09/30 (Mon) 21:38:18

>>777
チンタオの本名は青島にしましょう。前も言われた事があるし青島で。
彼はコンテストの後新宿の隅っこで、頑張って信念のシュウマイを売ってます。
評判は上々。いつか美味さの下克上を。


角野は店がヤバイぐらい繁盛して儲かっていますが、
増えた客がみんな饅頭を頼むので板前本来の腕前を中々振るえずにいます。

「何で俺はあの時饅頭なんか作ったんだ…」

後悔しながらも腕を磨き続け、更なる高みへ。
目指せ海外進出。


有馬は釣竿と包丁を片手に海辺を旅しています。
満天の星空の下で魚をさばき人生を謳歌中。

「生きてるって素晴らしい!」

数年後帝都に戻った彼は店で絶品のハモしゃぶを出し脚光を浴びます。
代償にフグ料理は封印しますが。


>>778
もったいねえええええええ!!
プレイ中or予定の動画は米消しでどうぞ。
名作ほどネタバレする奴がいるので

772:名無し :

2013/10/01 (Tue) 01:32:12

>>779
各々の歩む道の先に、各々の心意気と希望がきらめくようなその後ですな
たいへんほっこりしました
773:名無し :

2013/10/02 (Wed) 20:53:42

prototype 買いました!
イベントを見てはurlの翻訳で確認し~のプレイですが
仰ったとおりやばいぐらい楽しいです!

ちょっと前のゲームなのに町の人間や車の動きがリアルで驚きました
軍人取り込んで重火器で戦うのにハマってます
スーパー戦車を乗っ取って怪獣触手と戦うところムズくて大変でしたが;

ところで、続編の2はプレイ済みでしょうか?
こっちの評価も聞きたいです
774: :

2013/10/02 (Wed) 22:11:36

2はアジア版が日本じゃプレイできないとか聞いたので、
事前にググッてから買ったほうがいいです


ゲーム内容ですが、何と言うか評価に困る出来です
面白い事は面白いんですが……


システムはおおむね改善されてますし、
前作の敵クリーチャーを味方として呼び出す能力をはじめ、
素晴らしい要素も追加されてます。


が、まず難易度が前作よりはるかに低いのがネック。

1のアレックスは魔人レベルの強さを持ってるのにノーマル難易度でも
油断したらすぐ殺されるバランスが好みだったのですが、
2のヘラーは強すぎます。無双過ぎて飽きが来てしまうのが残念。


それとヘラーの性格がヤバいのがちょっと。

彼は彼なりの理由と正当性の元に戦うキャラで、
最初からバケモノの自覚があり、人命を屁とも思ってないアレックスとは対照的です。

だからこそ、ヘラーがアレックスと同じように一般人を切り刻み
ムシャムシャ食べちゃうのがヤバイ。

妻子を愛し人間としての正当性を気にする男が、
一般人を惨殺しちゃ不味いでしょう
ストーリーとシステムの人物像が剥離しちゃってるんですね

一般人を捕食する奴なのに、
一般人を殺したアレックスを憎んでる設定だから、
だからヘラーがアレックス以上にとんでもねー奴に見えちゃう

「えっ!お前何言ってんの!?」
って(笑


でも1が気に入ったならプレイして損は無いかも知れません
prototypeシリーズは2でコケたせいで続編が絶望的なんですって

アレックスのその後が分かる唯一の作品なので、
私は彼への愛のつもりで時々遊んでます


でも、なんだかんだ1が一番ヒットなんですよ。


悪者の手で人外に改造された怒れる主人公

人間捕食→姿擬態&記憶取り込みの流れ

複数のモードへの変身機能

殺人触手の必殺技&全身コーティングのアーマーヒーロー化

車、コンテナ、人間の投擲攻撃

重火器と戦車、ヘリ


ダークヒーローのロールプレイじゃ最高峰じゃないでしょうか

ちなみにミニゲームの一つをクリアする事で
ストーリーを中途離脱したキャラのイベントが発生します
挑戦してみてくださいな
775:名無し :

2013/10/03 (Thu) 01:21:25

「アレックスへの」愛ね…同じです(´・ω・`)
海外ユーザーは主人公がアレックスじゃない+アレックスを憎んでるヤツが主人公って
理由で買わなかったみたいですね…
まさかそのせいで3が無くなるなんて
776:名無し :

2013/10/03 (Thu) 01:38:57

ありがとうございます
アレックスのためにポチります(・ω・)>
777:名無し :

2013/10/03 (Thu) 02:25:34

prototypeやりたいのに……塊魂で吐く俺には無理だったよ……ビクンッビクンッ
778:名無し :

2013/10/03 (Thu) 21:08:20

可哀そうに
CG酔いしない体質だけどprototypeは何か分かるわぁ…
主人公が人間とタクシー轢くゲームだし
779: :

2013/10/04 (Fri) 22:44:41

読みたいって言うから
誰かがジョジョっぽいって言うから

期待に答えて見た(しれっと
780:名無し :

2013/10/05 (Sat) 16:19:30

ああ・・・・また画廊に新カテゴリのイラストが追加されてしまうのか(笑)
それもリスペクト元が人気のある作品だから割と沢山来そうだよw
781:名無し :

2013/10/06 (Sun) 20:47:42

気触れさんが聖杯戦争に出るとしたら、誰を何のクラスで呼びますか!?
782: :

2013/10/06 (Sun) 21:11:03

聖杯戦争……って何だ……
ググッたらいっぱい出てきたんで説明を希望する!
783:名無し :

2013/10/06 (Sun) 22:15:52

fateのことじゃないですかね
784: :

2013/10/06 (Sun) 22:58:10

wiki読んだら目が回ったぞ
何かを召喚して戦うポケモンバトルみたいなもんかね
内容知らんので答えようが無いなぁ、スマヌ

初代ポケモンならコクーンとゴーストとスリープだけで精鋭作って戦ってたわぁ

コクーンは「かたくなる」しかできないから、
「どくばり」持ってる進化前のビードル捕まえてね、
コクーンにしてからはレベル100まで進化キャンセル

スピアーじゃなくてコクーンが好き
ゲンガーもゴーストの方がカッコいいからそっちで
スリーパーよりスリープの造形がよいのだ

対戦でやたらバカにされたけど折角151匹もいるんだから
好きにパーティー組めばいいと思うのよ

当時どいつもこいつもミュウツー×6でつまらん遊び方してたけども
総てのゲームで最強装備ばっかり追い求める人も損してると思うのさ、個人的には
と、脱線してお茶を濁す
785:名無し :

2013/10/07 (Mon) 00:50:53

サ、サイケな面子だな…www
786:名無し :

2013/10/07 (Mon) 01:30:43

簡単に言えば、古今東西の歴史や神話上の英雄を召喚して戦うバトルロワイヤルですね。
気触れさんなら誰が好きで誰と戦えば面白いかなっていう疑問でした

そしてファンキー過ぎるポケモンの遊び方に脱帽wwwwwwwRock!!
787:名無し :

2013/10/07 (Mon) 01:41:11

おおっ、気潰れさんスリープ好きですか!
自分も好きですよ(元々スリーパー好きでその流れで進化前のスリープも…という感じですが)
好みを理由に敢えて進化前ポケモンで頑張る人の対戦動画を見てるとかっこいいなと思います
788:  :

2013/10/07 (Mon) 18:46:15

>>794
あーなるほど…………
……


水戸光圀。
いや、ちっとも好きな人物じゃないし英雄でもないけど、
どんな戦い方するのか気になる
権力パワー振り回すのか辻斬り魔として乱心するのか

逆に好きなキャラは恐れ多くて呼べません(´A`)

>>795
この掲示板いいトコだなぁ!スリープ好きに会えたなんて初めてですぞ!
スリーパーも絶妙なカッコで(襟首フサフサだし)いいんですけど
やっぱりスリープが大好きでしてね

あの造形。そしてネーミング。
普通に強いしね、もう言う事無いですね!


コクーンでも四天王(キクコ駄目だけど)倒せますしね
マイナーズで押し切るの熱いです。

だからこそアニメ版は許さん
何だあのゴーストの扱いは!(憤慨)

ピカチュウもゲーム版が可愛いです。
デブくて「ブァッ」って鳴く奴
789:名無し :

2013/10/07 (Mon) 22:21:51

この人は何でナチュラルにドキッとするような豆知識を含ませますかね!
黄門様殺人鬼だったのかよ!
790:名無し :

2013/10/07 (Mon) 23:11:31

言っとくけど人斬りイゾウみたいなイメージじゃないぞ
刀の試し切りしようぜって友達に誘われて
縁の下を逃げ回るホームレス捕まえて引きずり出してたたっ斬っただけ

人斬りは数人じゃないかなあ
それよりチンピラ引き連れて乱暴狼藉かどわかし町娘強姦の方が有名
気潰れさんが言ってるのは「神話キャラ」としての光圀だろうけどもw
791:名無し :

2013/10/07 (Mon) 23:13:43

あと年取ってからは生類憐みの令を伝聞で知って
犬の背中の皮はいで綱吉に送りつけたりね
792:触れ造:脊髄反射 :

2013/10/07 (Mon) 23:23:41

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
さすがの麻呂も     ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
それは引くでおじゃる ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
  f'「l、.     f'「l「l   ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
 fl l l l ,、   l l l l、 ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
 |l l l l / l. {ゝl l l l !/ l{三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
 |   ` !  } :ト   :|      /             /``
. ',   ノ、  ',   .ノ、     /               /
   ヽ   \ ヽ    \  /            /
793:名無し :

2013/10/07 (Mon) 23:34:40

お前嫌がる女に迫ってたやんけw
って書いてたら触れ造さんだった何やってんだ
794:名無し :

2013/10/08 (Tue) 01:40:06

アナーキーなクソジジイじゃねーかw
水戸藩自体結構アナーキーだったけどもww
795:名無し :

2013/10/08 (Tue) 12:44:06

光圀は黄門様で大人気だったんだけど
若気のいたりがヤバ過ぎて大河に出せなかったんだよなあ

↑の辻斬りの話も割とまともな資料に載ってて
「しかし殺した非人の死をちゃんと嘆いて後悔した光圀様はお優しいお方」
とか言っちゃってるから……
796:名無し :

2013/10/08 (Tue) 13:18:15

ウワァームナクソワルイー
797:名無し :

2013/10/08 (Tue) 14:12:37

どうでもいいけど格さんか助さんのモデルが
気触れさんのお好きな佐々成政の関係者なのよねー
798:名無し :

2013/10/09 (Wed) 17:36:57

大統領が大嫌いで大好きで困ってます。
ところで、この人の下でずっと働くには何が必要でしょうか?
使い捨てられずにという意味ですが。
799: :

2013/10/09 (Wed) 18:10:01

>>806

 A_A
(・∀・)<大統領が消耗品ならキミも消耗品に決まってるじゃないか・・・
800:名無し :

2013/10/09 (Wed) 18:16:32

なんというカミカゼ政権・・・・。
ではせめて大統領の好物を教えてください。
あと御結婚なされてるんでしょうか。
日本の事はどう思ってますか?
キリスト教徒ですか?プロテスタントですよね?
801:名無し :

2013/10/09 (Wed) 19:12:39

芭蕉戦記前半の
梅が香や 庭に戻せよ 白綿毛
の出展がグーグル先生にきいてみてもわかりません……!
どの本なのか教えていただけないでしょうか?
802:  :

2013/10/09 (Wed) 19:37:30

>>806

 A_A
('・'∀・)<ヨクバリサンめHAHAHA


Q1:好物

 A_A
( ・∀・)<ベルギー料理のフリッツ(フライドポテト)。

       ステーキと一緒にパンに挟んでコーラで流し込む。パワーがつくぞ!

Q2:結婚

 A_A
( ・∀・)<純血白人の20歳美人と結婚してる「はず」だ。

       新聞屋を餌付けする時に呼ぶくらいで指一本触れた事が無い。

       本人も気ままにファーストレディが気取れるし満足してるんじゃないか。


Q3:日本どう思う?

 A_A
( ・∀・)<俺は詳しいんだ!

       男は皆カタナブレード持ってて女は皆ゲイシャで床上手なんだ!HOOO!

       とでも言っとけば満足かね。


Q4:キリスト教徒(プロテスタント)?

 A_A
( ・'∀'・)<祈れば票でもくれるのかね。
803:  :

2013/10/09 (Wed) 19:40:09

>>809
ありゃまだ才能開花してないマイ芭蕉が菅原様をパクっただけです(東風吹かば~
一応後で色々説明つけますんで
804:名無し :

2013/10/09 (Wed) 20:47:15

大統領サンド近いの見つけた。

ステーキポテト以外にレタス目玉焼き入り

ttp://ameblo.jp/chicaism/theme-10063005528.html

ttp://www.recipe-blog.jp/profile/67839/blog/13196048


こっちはステーキサンドフリッツ添え
805:名無し :

2013/10/09 (Wed) 21:31:04

うまそ、う……?


いつも思うんですが気触れさん筆早すぎ
しかもゲームとかしたり他スレとかちゃんと覗いてるし
一体どんなスケジュールなんだ…?
806: :

2013/10/09 (Wed) 22:13:26

数日に一回すごい質問来る日があるなぁ

私は別に有閑生活をしてる人間じゃないので普通に働いてます

筆の速さは実際我ながらビビってますが、
多分全部文明の始まりの文さんのおかげ

あの人の驚異的な更新スピードに対抗してたら
モノになってた
我猫の最後でテンション上がってた時は50コマ拡大2つ付きを2時間で描けたんだぞ(;∀;)

お陰様で人様のスレも楽しめるしゲームもとっかえひっかえしてます。
飽きっぽい私でも惰性で続けられる文さんトレーニング(悪ノリ

棚の各作品は勿論333もEVILEYEもMOWSも
モナーカも悪魔に願いをもロボティクスもちゃんと追ってるよ

正直ヤハエ書いてた辺りは自分のAAで手一杯で
他作品見てる余裕なかったからね

文さんマジラッキー坊主(ガイ)。
807:名無し :

2013/10/10 (Thu) 01:49:31

文さん、いまも約3日に一回のペースで投下する化物だからな。
メガテンの二次創作で四文字を使役しているのを見たときはやっぱり気触れさんの同類なんだなぁと再確認したwwwwwwww
808:名無し :

2013/10/11 (Fri) 12:47:10

何の脈絡も無いけど献血とかした事あります?あれなんかいたくないですか
809:  :

2013/10/11 (Fri) 22:43:01

私は輸血経験があるから献血できないのだよ

って説明を、血をたっぷりぬかれた後に言われて取っ組み合いの喧嘩になった友達が居る
事前確認を忘れずに
810:名無し :

2013/10/13 (Sun) 18:38:00

これだけ時間経ったからいいだろう
アンドリュー大好きです
当時(今もだけど)大人気だった気触れシリーズで
あえて時代を超えてまであの題材を書ききった理由を知りたいです

嫌な事もいっぱいありましたし、某所も荒れましたけど
アンドリューの再生画面を見返すたびに
気触れさんは全部予想した上でアンドリューを書いたんだなぁと思います

アンドリューの題名の意味だって
読者が気付かなければ意味不明のままだったわけですし
勇者の守護聖人・・・

気触れさんが描いたアドルフは、
何故シリーズの主人公の一人に選ばれたのでしょうか
811:名無し :

2013/10/13 (Sun) 18:40:41

あと、すいません、勝手なことを言いますが気触れさんのご意見だけお聞きしたいです
アンドリューの話題になるといつも議論っぽくなってしまうので・・・すいません
812: :

2013/10/13 (Sun) 20:53:11

歴史上の人物。

その人物を評価する事は許さないし、演説の記録を流す事も許さない。
創作物に出す際は必ず悪く描くこと。
善い役を与えたら出版させないし、場合によっては逮捕する。
海外の無関係の作品でも、その人物を象徴するマークは出させない。
徹底的に排除する事。



創作者として、これほど主役に抜擢したい人間はいません。
燃えるってモンです。
創作の世界と自由侵害してんじゃねーぞバーカってもんです。

だからちょっとアンドリューでのアドルフは正義チックに描き過ぎたかも知れませんねぇ
でも嘘は書いてないし、いっかと。
813:名無し :

2013/10/14 (Mon) 00:45:10

な、なるほど・・・
814:名無し :

2013/10/14 (Mon) 00:53:08

アドルフの演説の「狼」と、ガラクタの言う「狼」はやっぱり同じものなんだろうなあ
815:名無し :

2013/10/18 (Fri) 19:24:46

アレは昨今の会津age薩摩sageのアンチテーゼですか?
816: :

2013/10/18 (Fri) 22:21:04

まぁ、別に薩摩も会津もどっちが好きとかないんですが
ああいう話もあるって事で。あんまり他意はありません

agesageなら何十年も続いてるテレビの大阪sageの方が目障り
差別ってああいうのを言うんだぜ
817:名無し :

2013/10/24 (Thu) 22:42:08

すいません歴史方面の質問です

ルーズベルトとか大統領とか、西部の白人達の中国人に対する評価が
ものすご~~~く悪いですが、このあたりリアル西部でもそうだったんでしょうか?
出来たら理由とかも知りたいです。
818: :

2013/10/25 (Fri) 00:37:55

はい、リアル西部でも中国人は嫌われ者です
理由は、邪魔だからです

中国移民は50年台辺りから爆発的に増え始め、
あちこちに店や街を作り、非合法の賭場をジャンジャン乱立させました

白人にとっては自分たちが折角手にした大陸に、
いきなりアジアの黄色人種が大挙して
好き勝手を始めたものだから面白くありません


インディアンのように大々的な虐殺はしませんが、
リンチや中国人狩りは当然のように行われましたし、
警官も容赦なく賭場を摘発しました

政治家も対中国人専用の法律を通したりしましたし、
西部での中国人は嫌われ者を通り越して、
人間扱いもされてませんでした

恐らく、インディアンより嫌われていたのではないでしょうか

白人は本来インディアンには入植直後に援助など受けた恩がありますが、
中国人は開拓の途中からやってきた、邪魔者でしかありません


ちなみに作中ではチャイナを「中国」と呼んでいますが、
開拓時代にこの名称は存在しなかったので厳密には間違いです

猫目先生の生きている時代では大半の日本人がシナ、
猫目先生のような一部の知識人(?)が中国と呼んでいました
819:名無し :

2013/10/25 (Fri) 13:32:58

そりゃ西部にイエローが大挙してきたらタダで済むわけないわなぁ
一方、ガラクタとニローノが中国人嫌いなのは何でですか?
820: :

2013/10/25 (Fri) 22:37:22

福沢諭吉と大体同じ理由です
821:名無し :

2013/10/28 (Mon) 18:14:05

何でもお詳しいので…つい訊いてみる…


地域の商店街が生き残るにはどうしたらいいでしょうか('・ω・)
822: :

2013/10/28 (Mon) 19:36:57

おいなんだその脈絡の無い切実な質問は(゚ω゚)
私は商売のコンサルタントじゃないのでよく分かりません

ただ、その「地域の商店街」がどういう性質の商店群なのかによるんじゃないかと


大手スーパーとかコンビニとかの台頭でマジに危機感感じて、
なんとかせにゃ!って皆が思ってる商店街なら、
自助努力でなんとかなりそうな気はする。

格安で色んな商品がダーッと棚に並んだ長時間オープンのチェーン店に対抗してる店は、
だいたい自分の店でしか提供されてないサービスを考えたり、
季節やなんかに応じて商品代えてみたり、
店の雰囲気明るくしてみたり色々工夫なさってると思う。

そういう店はチェーン店に客は取られても、根強く生き残るもんだし。
駅前商店街とかならなおさら、立地条件でスーパーに勝つ事もあるでしょう。


ただし、地域に根ざしてるのをいい事にふざけた商売してて、
チェーン店に客取られてる商店街は知らん。

客に最低限の敬語使わなかったり、店が汚かったり、
家の子供を店の中で遊ばせてたり、
違法駐車したり、ダンボールや発泡スチロールのゴミを道路においてたり、
そういう店は絶対にチェーン店には勝てない。

アットホームな雰囲気だとか民間の親しみやすさだとか、
そんな言い訳して商売のマナー守ってないなら客は離れて当然。
通行人から店がどんな風に映るのかを考えずに
商売してる店は再起はあり得んですよ。


自分も半分田舎みたいな場所で住んでるんで、
昔は散髪に3時間もかかる床屋や
買い物してくれた客の情報をもらすような店をよく見ました。

そういう店は全部同職のチェーン店に潰されたし、
真面目にやってる店は今でも残ってます。


結局「真面目にやれ」としか言えないです。
客の立場からは。
823:名無し :

2013/10/28 (Mon) 20:39:56

ありがとうございます(・ω・)
824:名なし :

2013/11/07 (Thu) 23:21:32

AA描いてきて一番善かった事ってなんですか?
逆に嫌だった事とかも
825: :

2013/11/08 (Fri) 02:38:10

善かった事は、勿論沢山の人に読んでもらえてる事ですね
嫌だった事は、だいたいそのつど他の人が指摘してくださってるんで黙秘。
826:名無し :

2013/11/09 (Sat) 20:56:30

作者は登場人物に自分を投影するものですが、
「自分に一番似てる!」って思うキャラは誰ですか?
827:  :

2013/11/09 (Sat) 23:01:49

キヨマサと時計屋。
最近ようやく津波っぽくなってきました。
828:  :

2013/11/09 (Sat) 23:05:09

時計屋の話が異常に台詞が多くて読みづらいのもそのへんのせいです
いくら書いても書き足りなかった 反省
829:名無し :

2013/11/11 (Mon) 21:50:38

ガラクタさんって家族とかいないんですか?
830:  :

2013/11/11 (Mon) 23:26:26

小説版で、グロいから没にしたエピソードがあるんです。
没にしたから本編では家族構成には触れなかったんですが……


ガラクタには両親と祖父母、妹が居て、
皆農村の一軒家で暮らしていたんですが。
戦争の敗残兵が押し入って、全員斬り殺してしまうんですね。

で、瀕死の祖母が、賊どもが家捜ししてる隙にガラクタを、
既に死んだ母親の腹から内臓をかき出して、
ガラクタを押し込んで隠すという

家捜しを終えた賊は家に火をつけて、去って行き、
唯一生き延びたガラクタが内臓にまみれながら、火の海から這い出すという


まぁアレです、ガラクタの最期(燃える酒倉庫で内臓零し)とかぶせて、
なんやかやしようと思ったのですが、グロいし面倒臭くて没。

若いガラクタが剣士になって、記憶を頼りに賊を探し出して斬る内に、
次第に復讐より人を斬る感触と加虐の快感に魅入られていって、

最後の敵である頭目をぶっ殺す時には完全に復讐は二の次の、悪辣な人斬りになってて、
最早家族の名前すら覚えてなかったよ的な、そんな話を書く予定でした


書かなかったけどな!
831:名無し :

2013/11/12 (Tue) 07:59:49

>>835
思ってたのより重いのが出てきて戦慄……しかけたけど、よく考えたら重くないのいなかった。よかった!

気触れさんの所謂タブーを抉って表現しちゃろうって気概はここからきてるんかなー、と納得しました。
読み返してくる!
832:名無し :

2013/11/13 (Wed) 16:51:50

奴隷解放宣言に関わる話がとても興味深いです
奴隷解放は南北戦争に勝利するためとは習いましたが…
民間人が支持した理由はつまり{罪悪感}だったのでしょうか?
833:名無し :

2013/11/13 (Wed) 16:54:11

関連して
狙撃のフィルモアさんの個人としての
実力はどのくらいだったのでしょうか?

ジョージは凄い強いみたいに言ってましたが
834:名無し :

2013/11/13 (Wed) 18:16:09

母のお腹に隠れるって、ガラクタとマモーノマー兄妹は同じ境遇なんですね
この繋がりにグッと来る
835:  :

2013/11/13 (Wed) 18:53:04

>>奴隷解放宣言

まず、ウラー・ラー大統領が語る奴隷解放宣言は、
かなり彼自身の嫌味と皮肉が入っています。

間違いではありませんが、語弊が無い事も無いので要点だけ改めて説明させていただきますと、


①奴隷解放宣言の動機と目的

現代でもリンカーンを人道主義者だと言う人がいますが、
そもそも奴隷解放宣言は「戦争のための道具」であった事は、以前にも書いたと思います。

南北の再統合は確かに多くの政治屋達の望むところでしたが、
実は戦争に頼らず、和平を持って統合すべし、という「和平派」がかなりいました。

一方リンカーン大統領は戦争完遂で持って統合を図ろうという「戦争派」です。


リンカーンは和平派を説得するため、南北再統合のための「大義名分」を手にする必要がありました。
つまり、戦争行為を行うにあたり、誰もが納得する「分かりやすい正義」です。

つまりそれが「黒人奴隷の解放」でした。

当時ヨーロッパでは(政府は別としても)奴隷制は非人道的なので、
廃止すべし!という論調がかなり目立っていました。

アメリカ国内にもそういう人々は多く、実はリンカーンよりも前の大統領が
「戦争に奴隷解放を利用する案」
を計画していたほどです。

リンカーンは南北戦争に、国際的な正義である「奴隷解放」を組み込むことで、
和平派の説得を成功させました。


同時に、奴隷解放は戦略的にも大いに意味のあるものでした。

南部は農産物貿易で外国などとの結びつきを持っており、
非常時には外国の支援を受けられる、との噂がありまして。

外国が同盟として名を上げづらいよう、

「奴隷を救おうとする北部」VS「奴隷を虐げ続ける南部」

という構図を作ったのです。

こうする事で、外国は国際社会の目を気にして
南部を助けないだろう、という事です。

奴隷解放宣言は一粒で二度美味しい、秘密兵器でした。



②「奴隷解放宣言」は本当に「奴隷解放」だったのか?

答えはご存知の通り、NOです。

これに関して、やはり今でも「南部が抵抗したせいで完全解放にならなかった」と
言う人が居ますが……

実はリンカーンは、初めから奴隷を完全解放するつもりはありませんでした。
というより、彼にはその「権限」がありません。

奴隷は「人間」ではなく、「財産」なのです。

農場や鉱山の持ち主が金を出して買った労働力である奴隷を、
大統領が勝手に「解放」する事は、
つまり国民の「財産」を「侵害」する事に当たるわけです。

当時の大統領にはそんな無法をする権限はなかったので、
そもそも奴隷解放自体がムリムリな話なのです。


ただし、例外がありまして。

「反乱軍」に関しては上記の定義が成り立たないのです。


つまり、リンカーンは戦争状態でのみ、
反乱軍である南部にだけ、財産没収の権限が生じます。


即ち、奴隷解放宣言は「南部の奴隷だけ解放する」という趣旨のものなのです。
州境や、北部の奴隷はそのままです。

当然、アラハとフォークスが助けたような、自由を求め他州に逃げた南部の奴隷も、
南部以外では普通に捕まり、合法的に売り買いされます。
(最も作品内の年代には全国の奴隷が解放されています。一応。)


これは北部の司令官であるリンカーンにとっては物凄い高等戦略でして、

「奴隷解放者の国際正義を身に纏い」
「南部の奴隷産業のみを直接叩く事が出来」
「しかも自分の領土の奴隷制は存続」

と、いい事尽くめの大戦略です。

ちなみにリンカーンは南部の奴隷の反乱を期待していた節もあり、
南部での奴隷の反乱は罪に問わない的な事を言った、という説もあります。


いずれにせよ北部の奴隷制は存続、南部も言う事なんかききやしないので、
奴隷解放宣言は、奴隷達にとっては本当に無意味な宣言でした。

しかもリンカーンは戦時中以外の奴隷解放に関しては、
よそに丸投げしています。

南北戦争後全国に奴隷解放の枠を広げたのは議会であり、リンカーンではありません。


実質リンカーンは、本当に、何も解放していません。

宣言後100年以上奴隷たちの運命が変わらなかった事からも、
リンカーンのやる気のなさが受け取れると思います。


③民間人が奴隷解放を支持したのは「罪悪感」から?

ウラー・ラー大統領はそう捉えていますし、間違いではないでしょう。

ただし、奴隷解放論者はリンカーンが動くより前から増えていましたし、
単なる時代による思想の変容もあったでしょう。

個人として、人間として、他人種への理不尽な圧制と搾取が赦せないという
純粋な良心や正義に満ちた人々も沢山いました。

国際社会の「流行」は、既に奴隷制に否定的でしたから。


ただ、ウラー・ラー大統領は兵卒として、真のアメリカ人として、大統領として、
人々の思想的な進化、人道主義の昇華が奴隷解放を生んだ、という考え方は、
一切認めません。

彼は侵略者としてのルーツと誇りを守る者なので、
先祖を「過去の精神の未発達な蛮人」にして、
自分達だけ善人になろうとする者を虐げます。

彼のような人種は御存知の通り、現代では白い目で見られるようになりました。
836:  :

2013/11/13 (Wed) 19:02:03

>>狙撃のフィルモアの強さ

接近戦に持ち込まれたら一気に不利になる人ですが、
中距離~遠距離戦ではカンザスの伝説です。

彼の一番華々しい戦績は、軍の騎馬隊(武装兵士40名)を
遮蔽物の無い荒野で馬に乗りながら、
追いつ逃げつ、全滅させた事です。

エゴ・Uの陽炎作戦も彼には通じません。

狙撃主としては作中最強の腕前でしょう。


>>842

ありがとうございます。
……でもそんな事書いたっけ…?(゚''゚<ノママモ母体隠れ
837:名無し :

2013/11/13 (Wed) 21:46:57

ttp://kattehokannko.web.fc2.com/tana/166/13.html の 13
にそれっぽいことが
838:  :

2013/11/13 (Wed) 22:37:57

>>845
おぉそうだった!
危ね!設定放置して終わる所だった(゚д゚;)

有難う御座いますどうもどうも、
これに関してちょっとイベント用意してありますんでその内お目にかけると思います

ホント有難う、最近チョンボ未遂多いわー
839:名無し :

2013/11/17 (Sun) 20:29:28

フィルモアSUGEEEEE!!
840:名無し :

2013/11/18 (Mon) 22:22:00

三大奇書(『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』)はお好きですか?
841:  :

2013/11/18 (Mon) 23:04:38

あんまり(´・ω・)
嫌いでもないけど好きでもないです

842:名無し :

2013/11/19 (Tue) 17:47:26

>>846
ああ、それでこの部分が妙に食い違ってたのね
ttp://kattehokannko.web.fc2.com/tana/168/2.html の94
母親の亡骸に潜んで討伐やり過ごし→勇者ノモの妻が公開処刑→「ん?これ同一人物じゃ?」

この作者さんでも書いた事すっぽり忘れるんだってのがなんだか意外だ
伏線とか登場人物の仕込みが巧いから余計に
843:名無し :

2013/11/19 (Tue) 19:25:45

プロでもよくあることなんやで。
そういうのをチェックする仕事があるくらい
844:名無し :

2013/11/19 (Tue) 21:22:51

勇者ノモには複数人の妻がいたってことに(ならない)
845:名無し :

2013/11/19 (Tue) 22:53:30

ジョジョはその点凄いよなあ
「あいつの設定どこいったの」「っていうかアイツ自身どこいった?」
どころか
「顔と格好が滅茶苦茶変わってるーーー!?」
って事ザラなんだけど、
ジョジョだからで済ませられるという
846:名無し :

2013/11/20 (Wed) 00:40:20

>>852
ググッたらナバホ族とかモン族等は一夫多妻制だったとか出てきた
なるほどガヨナン族も一夫多妻制って事にすればこの件は解決だな
討伐された方と処刑された方、両方別人
ノマーマモーは異母兄妹だったんだよ!(ΩΩΩ<)

あ、でも>>319でふたりの母ちゃんは同じって言われてた・・・
847:拡声器 :

2013/11/20 (Wed) 00:44:40

/ちゃんと解決して終わるから心配すんな\
848:名無し :

2013/11/20 (Wed) 01:20:26

イエッサーマスター!
849:名無し :

2013/11/20 (Wed) 18:24:18

気触れさんは作風が特徴的ですが、今まで読んだ作品の中で
『これは凄ぇ! でも俺には書けねぇッ!』ってなったものってありますか?
小説、漫画、ゲーム、映画、AA問わずでお願いしまっす!
850: :

2013/11/20 (Wed) 21:19:39

今後どんなに腕を上げてもSMHは描けまい
そもそも「描けたぜSMH!」って状況があり得ん


とまぁ冗談は置いといて、
そりゃもう私に描けない至高の作品は世に溢れておりますとも


・killer7

しつこいぐらい話題にしてますけど大好きなゲームです。
副読本が出るぐらい意味不明で、読んでもさらに意味不明という酷い状況に陥る作品。

でも、ぶっちゃけ上に出てる三大奇書よりこっちの方が好き。
開発した須田さんの才能は宝ですとも


・絶望の世界 -僕の日記-

「僕の日記」でググれば一番上に出てくるネット小説です。

最初から最後まで主人公が書いた日記を読むだけのシンプルな作品ですが、
中毒性がもの凄く高いので時間のある時にどうぞ。

胸糞な主人公もいますが、色々凄い作品。
私が高校生ぐらいの頃には既に公開されてた。


・ゆめ日記

日記続きです。
有名なフリーゲームで、元々RPGツクールコンテストの応募作(だったと思う)で、
当時は一位の作品には悪いけど、これが優勝じゃなかった事が凄く不満でした。

漫画化アニメ化の話もあるそうで、
愛好者としては正直触ってほしくないけど、
ファンとしては作者の方に潤ってほしい。

アニメ化を手放しで喜べない世界に誰がした


・寄生獣

これも有名な漫画ですね。
クリーチャーが味方のホラーバトルとして愉しんでたら、
三巻以降の凄まじいまでの人間賛歌と極上の脚本に脱帽。

書けません、こんな名作。


・珈琲日和

木曜日の飛行船 でググれば出てくるネットコミック。

大正時代の恋愛ストーリーなんですが、
質もさることながら量が凄い。単行本何冊かぐらいあるかもしれません。
興味ある方は出版される前に読みましょう(w

1ページ四コマの漫画をクリックして読む形式です。

こういう正統派の恋愛劇は書けませんし、書いたことありません。



他にもいっぱいあるんですがこの辺で。
創作世界に幸アレと。
851:名無し :

2013/11/23 (Sat) 13:46:56

寄生獣も実写映画化するようですね
852:名無し :

2013/11/23 (Sat) 15:41:57

どれも気触れさんの作品のエッセンス、エログロの中の人間賛歌が感じられて素敵。
特に絶望の世界なんか僕とおばさんの一夏戦争かなり影響が見えて感動したです。

そしてクラクラモクラン書いてる人の愛読書が珈琲日和wwwwwwww
ごめんなさい他意は無いです
853: :

2013/11/23 (Sat) 20:19:42

>>859
三丁目の夕陽の監督なので、全く期待してません
どうせ原作の名シーン削りまくってグロい大事なシーンをぼかして
勝手に設定変えてオリジナルの感動シーンのために時間を割いて
ミギーとシンイチと後藤さんが和解したりしてくっだらない希望に満ちた茶番劇で〆るんだ

いきなり刺々しくて申し訳ないけど、
原作に誠意を見せない二次創作は死ぬほど嫌いなのです


>>860
うわぁ!ログよく読みこんでおられて恐縮です。
でも書いて分かったけど、絶望の世界の武器は、続きを読みたくさせる筆力といい意味での裏切りの
妙なので、一夏戦争じゃ全く太刀打ちできませんでした。
ずっと出版予定なのがちょっと悲しい。買うのに。


珈琲日和いいでしょう、私だってこういうの読むのです
ネットコミックはたまに物色してると
とんでもない名作が潜んでいるので楽しいです


一夏戦争の件をご存知なのでご紹介したいのですが、
「青い欠片」の件でエースコンバットシリーズを知りまして。
色々物色してたらすばらしいのを見つけたので一つ。

COBRA CAVE で検索したらエースコンバットシリーズの
信じられないぐらいハイクオリティなネットコミックが出てきます。

おすすめは「13と私」。原作ゲームを知らなくても楽しめるんじゃないかと。
シリーズへの愛に溢れています。
854:1440900 :

2013/11/24 (Sun) 12:34:21

黄色の13!黄色の13じゃないか!!
なんでもしってんなぁ!(リンク保存
855:名無し :

2013/12/11 (Wed) 10:56:58

我猫作中のベルゼバアルのビジュアルはどんな感じですか?
856:名無し :

2013/12/11 (Wed) 16:08:55

今回の更新分、ノーランドが三人をまとめて撃ち抜いた場面で左下の発砲音がそのままになってますが、
あれも業務連絡入れられた方がよろしいのでは
857:  :

2013/12/11 (Wed) 23:03:37

>>863
いつか描こうと思ってたけど当分ムリそうなので一応コンセプトをば。
普段は普通の人間の姿で、必要に応じて
『地獄の辞典』第6版の挿絵そのままの正体を晒す予定です。

ガリガリの痩せっぽちで、貧相なツラのくせに高級スーツとか着せて
外人美女はべらせてキャビア食わせたいです。


>>864
いやもうええや。
無理の無い効果音だしまとめる人に迷惑かかる。
流してくだされ
858:名無し :

2013/12/12 (Thu) 23:53:19

ノーランドがフォークスにあそこまで肩入れする理由ってのは、やはり故郷での一件があるからなんでしょうか?

それと、鞭があんなに強いのに凄腕の鞭使いの話を聞かないのは何故なんでしょうか?
史実でも創作でも
859: :

2013/12/13 (Fri) 13:10:13

ノーランドは悪人ですが、嘘の無い人間臭さとか、純粋な正義の心ってやつに憧れがあるのです
フォークスは彼が持ってないものを沢山持っているので、応援したいのです
ギャング時代と違って背負う組織や非情なルールが無いので、身軽って事もあります


鞭に関してですが、そもそも何を鞭とするかがこのテの議題の核になります。
最初の鞭は我々が想像するロープのようなウイップではなく、
ぶっちゃけただの細い棒でしたし。

鞭は拷問用具なので実戦の鞭など存在しないという人も居ますが、
じゃあフレイルや鎖鎌、投げ分銅はどうなんだよってツッコミが入ります。


ちなみにアラハの使ってる刃のついた鞭ですが、別に私のオリジナルってわけじゃねえです。
革の鞭に細かい鉄をいっぱい埋め込んで皮を引き裂く鞭とか、
爬虫類の硬い革で作られた、肉を引き千切る鞭なんてのも世界には存在します。

他に細い棒としての鞭を実践用に改良した三節コンなんかも、人によっては鞭に分類したり。

結論として鞭は実際に、武器として使用されています。
なので鞭は拷問器具であると同時に武器なのです。気にせず創作にジャンジャン使えばいいと思います。



で、鞭が何であんまり脚光を浴びないのって話ですが。

実際鞭は音速を超えソニックウェーブを放つすげー武器です。
音速で飛来する物体にぶつかればどうなるか想像してみましょう。
それはもう悲惨な事になりますね。

鎧を着た人間に鞭は利かないって話もありますが、それを克服するためのフレイルへの進化ですし。
ちなみに甲冑の兜に皮鞭を命中させたら脳震盪が起こるんじゃね、って話を聞いたこともあります。こっちは確証ありませんけど。


じゃあ何でメジャーじゃねえんだよ!って言ったら、多分、イメージの問題があると思います。

やっぱり鞭は処刑に使われるし、人を脅したり、恐怖のイメージが強いです。
また剣や槍のように祭典を輝かしく彩る事も無いですし、
ついでに集団で持たせられる武器でもありません。からまっちゃうし。

ついでに、鞭の扱いは剣よりずっと難しいです。その辺りの敷居の高さも関係あるでしょう。


それに有効な武器の名手=有名で歴史に残るってわけでもないです。
戦国時代のつぶて(石を投げるやつ)も優秀な攻撃手段でしたが、
どんなにつぶての腕がよくても歴史には残りません。

つぶての名手!鞭の名手!っていうより、やっぱり剣の名手!槍の名手!の方が聞こえがいいし自慢できます。


つまり、鞭の達人が居ても注目され辛いんだと思います。
存在はしますけどね。現代ではもっぱら大道芸ですが。youtubeとか探したらいるんじゃないかな。
860: :

2013/12/13 (Fri) 16:29:46

ところでガンマンズ深夜になるかも知れません
ちょっと時間に余裕があるんで拡大もう一個書く…
861:名無し :

2013/12/16 (Mon) 01:20:25

なるほどなー。
恐怖のイメージがあるから人気が無い
ってのは新しい考え方だなって思いますた。
それから、フレイルとかも鞭の延長ってのも新鮮。勉強になりました。
ただ、投石の名手なら神話とかには割りとおるんやけどな。スカアハとか。

しかし、鞭が格好よくないっていう風潮にはマジおこだわ。
862: :

2013/12/16 (Mon) 03:09:03

戦国の礫は集団戦法ですからね
お国柄の違いもあるかもね

一昔前にはSMにマジモンの鞭使って大怪我したとか言う話もありましたな
下手すると一発でショック死する人も居るので気をつけましょう
863:名無し :

2013/12/19 (Thu) 11:10:01

ぶっちゃけ、蕎麦先生の「我猫」と猫目先生の「ガラクタ・ウェスタン」って
どっちの方が売れてるんでしょう?

二人とも夢見通りの売れっ子らしいですが印税とか凄いんですかね!
864: :

2013/12/19 (Thu) 21:57:28

明治大正の大人達の会話に、こういうのがありまして。
「最近の子供は漱石や鴎外ばかり読んでいてけしからん!もっと難しい本を読め!」

当時小説は世代を問わない娯楽でもあり、今よりもっと書物としての扱いは軽いものでした
なので小説の需要は結構な数にのぼり、読者層もかなり幅広いものだったようです

また、紙芝居編を始めてから結構「子供が泣きそうっすね」って感想を頂くんですが、
実は当時は紙芝居=子供の娯楽ってわけでもなかったのです

大人が好んで見ていく大人向けの紙芝居なんかもありますし、
天下の往来を拝借して演じるわけですから、誰もが愉しむ媒体でもありました


以上を踏まえまして蕎麦先生と猫目先生の小説を比較しますと、

両者は共に小説としての売り上げは夢見通りでは群を抜いていますが、
我猫は特に若者に、ガラクタウェスタンは大人に好んで読まれるようです。

紙芝居に関しては両者とも作中での公演が初となりますが、
我猫は見栄えがするのでモグリの劇団が脚本を借りたりしています。


一方ガラクタウェスタンは、なんと海外で売られてたりします。

猫目光名義ではなく外人を装ったペンネームで出しているので、
現地で売り上げがあれば猫目先生の自宅に、見知らぬ外人名義でお金が届く事になります。


なので、実質海外の読者を獲得している猫目先生の方がお金持ちです。

さらに猫目先生は美食関係の寄り合いや公演、創作以外の活動の場にしゃしゃり出るのが好きなので、
自宅に引きこもって本業一筋の蕎麦先生より、多方面から報酬や支援を得ています。


蕎麦先生はこのまま創作を続けていれば嫁と子供を迎えたとしても
一生不自由なく喰っていけるぐらいのお金持ちですが、

猫目先生は今仕事をやめても贅沢三昧ができるぐらいのお金持ちです

二人とも辞める気はありませんが。
865:名無し :

2013/12/20 (Fri) 10:32:39

ガラクタは需要あるだろなあ
イギリスとかイギリスとかイギリスとか
866:名無し :

2013/12/21 (Sat) 00:13:03

山棚主が狐面のおばさんに施してる描写があるけど、余るほどお金持ってるんだろうか・・・
ひょっとして蕎麦先生におこづかい貰ってるの?
867:名無し :

2013/12/21 (Sat) 10:30:23

山棚主はネタ屋やってるみたいだし、そうなんじゃないかな?
しかし蕎麦先生もいい歳?だろうし近所のおばさんにも人気みたいだし、
浮いた話の一つや二つくらいあるのかしら
868:  :

2013/12/21 (Sat) 19:20:40

私への問いなのだろうか

とりあえず蕎麦先生に浮いた話はねぇです
タダレが帰ってこれなくなるから
869:名無し :

2013/12/21 (Sat) 22:46:41

うおお回答ありがとうございます!
こんなボヤキみたいな質問なのに( ;∀;)

そうか、タダレのことを考えて・・・
なんかもう、蕎麦先生ホント人格者ですね。素敵です。
870:名無し :

2013/12/22 (Sun) 00:37:51

浮いた話があったとしても、まずい熊食う旅行なんかに連れ回されて嫁さん逃げそう
871:名無し :

2014/02/25 (Tue) 10:32:17

棚主さんの小説の話ですが、別サイトで公開するとのお話ですが
具体的にどこなのでしょう?
場所によっては会員登録とかしないと評価できなかったりするから
事前に用意しときたいんですが…アルファポリス?
872: :

2014/02/25 (Tue) 14:09:05

ずっと前に言った気がするけど、私は小説家になろうというサイトに
お世話になってたので、何年かぶりにあそこに投稿しようかと。

前のアカウントがデータ紛失で使えなくなったので、新しく作って投下します。
873:名無し :

2014/02/25 (Tue) 17:35:47

やはりなろうか……
期待しております!
874:名無し :

2014/02/25 (Tue) 19:41:28

なろうな・・・・まあ気触れさんなら大丈夫だろうけど


あそこ最近おかしいんだよな・・・・
875:名無し :

2014/02/25 (Tue) 20:56:33

ttp://yomou.syosetu.com/rank/list/type/yearly_total/
このランキングに戦いを挑むのか……(興奮
876:名無し :

2014/02/27 (Thu) 21:36:57

無職転生はともかく異世界迷宮でハーレムをはとんでもない駄作で金ドブだった
小学生レベルの文章と構成で何故書籍化の声がかかるんだ…
877:名無し :

2014/02/27 (Thu) 21:49:30

異世界迷宮はウェブで更新されるのをだらだら追ってくもんだよ
ストーリーなんか初めから無いんだから書籍として読んでも面白くない
878:名無し :

2014/02/28 (Fri) 09:21:57

RPGなのに常に自分より格下の相手としか戦わないし、チート使ってステータスいじるとかしてるしな
戦闘して飯喰って奴隷買ってHしての流れの繰り返し。それも描写が淡白というね


ノッといて何だけどそろそろすれ違いだから続けるなら移動しような
879:  :

2014/02/28 (Fri) 14:17:38

それはそれとしてちょっと相談したい事がござんす
小説かいてる話はしたと思うんですが、もしよろしければ
投稿する前に2,3人ほど事前に推敲して下さる方が居られれば助かります

厚かましくも誤字脱字、変換間違い、ここの表現が変だよなど、
指摘してやんよという方が居られたら是非触れ造さんにメールを御願いします(盥回し)
原稿のワードファイルを送付いたします。

平均的な文庫本は一冊10~13万文字ほどで、そろそろ半分ぐらいに達しますので、
二回に分けてチェックして頂けたら幸いです。

全然急ぎませんので、興味のある方は触れ造さんまで(強調)御願いしやす
880:名無し :

2014/02/28 (Fri) 22:01:29

メールすんの勇気要るなぁ(;´・ω・)
881:触れ造 :

2014/02/28 (Fri) 23:28:34



                 iヾ   / ̄ ̄ ̄\    当然だけど個人情報は漏らさないし
                 ヽヽ_ / ___  ヽ  誤字脱字情報とかは触れ造が全部まとめて報告するので
                  \   |´・ω・`|   |  気触れさんにストーキングされる心配もござーません
                   ヽ   ̄ ̄ ̄    |
                     |        リ     何か報告しなきゃ!じゃなくて何か見つけたら報告しよう!
                     |          |          ってかんじで気がるにメールしてね(・ω<)‐☆
                     |    ,、   |
                      ヽ  / ヽ  /           って気触れさんが言ってました(強調)おれはまるで生きたメールボックスだ
                   __ヽノ___しノ
882:名無し :

2014/03/01 (Sat) 08:56:54

違うだろあんたは生きたボディースーツだ(光学迷彩:肉じゅばん
883:名無し :

2014/03/01 (Sat) 21:31:27

あああ
めっちゃメール緊張する
何か失礼だったらあれだから
今のうちに土下座しておくorz
884:名無し :

2014/03/02 (Sun) 00:49:47

触れ造さんにメールするだけなのにこの緊張感
885:名無し :

2014/03/03 (Mon) 17:37:18

流れ切って普通の質問します

フォークスがノーランドに渡したのって何タバコですか?
インディアンということでてっきりパイプかと思ってたんですが、
ノーランドがタバコ放り投げるAA見たらそうでもなさそうだったので
葉巻か手巻…?
886:  :

2014/03/04 (Tue) 23:01:23

ありゃあ自前の紙巻きタバコです。
煙草自体は他のインディアンの畑でとれた物ですが、
短時間ですぐに吸える様に紙巻きにしてあります

細かく葉を刻んであるのでパイプに近い味わいです
887:名無し :

2014/03/05 (Wed) 18:36:49

スマートガンマンズ同士での1番仲がいい悪いってあるんでしょうか? ネタバレになりそうならいいです。

それから、我猫もガラクタも鼻血が5リットルくらい出るほど内容が濃いですが、
これっていい機会だからと伏線も設定も全部ぶちまけてるんでしょうか?

……もしかして、全てのエピソード、全ての巻がこのくらいの濃厚さなのでしょうか?
もしそうなら殆どの創作者たちは切腹せざるをえないんですが!(半ギレ
888:  :

2014/03/05 (Wed) 21:25:42

よく分からんが順に答えておこう

一番仲がいい悪いと言うと難しいのですが、
コンラッドはだいたい誰とでも角立てずに付き合えます
クライストもサイコパスなりにおおらかなので嫌われてはいませんし、
マッドもサイコパスなりに皆から慣れられてしまってますし、
ゴーリンもややサイコパスなりに拒絶されてるほどではありません
特別仲が悪い奴らってのはいませんね

我猫はともかく、ガラクタの方は小説の話を書いてるわけじゃなくて
AA用に一から話を作って書いてます。
小説の方にはリンカーンもルーズベルトも大統領も登場しません。
逆に小説の方は結構前に書いたので、AAより淡白に感じられるかもしれませんね。

他の方はどうか分かりませんけども、私は小説よりAAの方が早く話の展開を書けるので、
AAのガラクタの話を小説で書いてたら二年ぐらい時間がかかってたと思います

なんで切腹せんでええですハイ

我猫はそもそも他の話を書いてすらいないんで無問題
889:名無し :

2014/03/08 (Sat) 02:37:38

構成員の3分の1がサイコパスってとっても愉快な組織ですね!
お互い嫌いあってもいないってことは、やっぱり殺し会う理由は「敵」ってだけで十分ってことかー。
そして意外にもタレンスの名前が挙がっていないことに気づいた。実は常識人なのか。

そして話を一から作っているという衝撃。
こんな面白くて膨大なものを引き出しから引っ張り出したでもなく新しく作るだなんて、やっぱり切腹せざるをえないじゃないですかー! やだー!
回答ありがとうございました!(臓物を気触れさんに投げつけながら)

そして、ついでにもう1つ。
ガラクタの故郷は偽モナーばっかりでしたけど、やっぱり百合ん百合んなんですか?
故郷が一丸となって百合ん百合んなんですか!?
気になって死にそうです!
890:  :

2014/03/08 (Sat) 09:41:18

臓物はやめろ!グロい!(投げ返す

ガラクタを見てもらえば分かりますけど、別に百合趣味じゃないです
偽モナーは百合が有名ですけども、例外もあるそうなんで
普通の村です。でないと滅びるので。
891:名無し :

2014/03/08 (Sat) 17:58:10

なにここ血生臭い
892:名無し :

2014/03/09 (Sun) 00:03:56

臓物投げつけとか何しとるんだと思ってたらさらっと投げ返していた
気触れさん色々と傑物過ぎるでしょう
893:  :

2014/03/11 (Tue) 22:39:45

ガラクタ諸々、忘れた頃に来ると思って頂こう(書くものが多い
894:  :

2014/03/12 (Wed) 09:00:54

小説の推敲にご協力下さった方々、本当に有難う御座いました
お陰様で前半の原稿が完成しました

やはり100%文字媒体の小説は(AAも文字ではありますが)
自分で推敲しても気付かない穴があるもので、
誤字脱字、表現の重複など指摘して頂けて大変助かりました

いずれ後半もお願いすると思いますが、引き続きどうぞ宜しく御願いいたします
触れ造さんも生けるメールボックスになって頂き申し訳ない!
後半をある程度書き溜めたら前半を公開します
895:名無し :

2014/03/12 (Wed) 14:55:55

>生けるメールボックス
非常にグロい姿を想像してしまった
896:触れ造 :

2014/03/13 (Thu) 07:28:49

  ______
 |д......................../| ガチャ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ______
 |β/´・ω・`\|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ______  + ☆ +
 |'''''''''''''''''/''''、'''l |_r[]、 ガチャ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__l_ミっ +
897:名無し :

2014/03/14 (Fri) 08:52:59

津波に関していくつか

蕎麦先生(恐らく棚主も?)よりも確実に年上だからけっこうおっさんだと思うんですが、
彼って何歳くらいなんでしょうか?
それとお近は棚主には「さん」づけなのに津波に対しては呼び捨てですね
あれは昔遊んで貰ったということでそれだけ心を許しているということですか?
898:  :

2014/03/14 (Fri) 10:38:02

まあ、結構年は食っています。実際棚主より年上です。
ただ、何歳って規定しちゃうと色々面倒そうなので……
あのまま新聞社に努めていれば何人か部下が持てていたぐらいの年齢、ということで。

お近に関しては仰るとおりです。津波は父親の新聞社の社員でしたので、
お互い敬称はつけていません。
899:ナナシさん :

2014/03/14 (Fri) 18:00:13

ガラクタ最終回大変そうですね
やっぱりコマ数が多いんでしょうか、
風邪はやってますしご自愛下さいね
900: :

2014/03/14 (Fri) 20:10:42

コマ数というか、なんというか
奇麗さっぱり終わらせようと取り残しが無いようにするのに手間どってますな…
901:名無し :

2014/03/14 (Fri) 21:08:52

棚主らが子どもの時点で仕事就いてるんだからなかなか結構な年齢なんだよなぁ
>>905-906見て思った>津波
902:名無し :

2014/03/15 (Sat) 21:50:40

でもなんかすごい童顔なイメージある
903:名無し :

2014/03/15 (Sat) 21:52:29

姉と梅次さんの年齢や設定も知りたいです
何年くらい姉と夫婦だったのかが気になる
904:  :

2014/03/16 (Sun) 09:27:57

皆年聞きたがるなあ(;・∀・)
夫婦だった期間は、便所に捨てられた赤子の数でお察しくだせえ
年齢も微妙なところとしか。ただ津波ほど年はいってません。

姉が梅次の親に復讐しにきた時の二人の年齢が
けっして高くはないので、作り手としては結構融通の利く年齢です(答えになってないかもだが
905:名無し :

2014/03/29 (Sat) 23:42:09

小説読んで思ったんですが
津波さんやミルクホールのマスターも喧嘩強いんでしょうか
906: :

2014/03/30 (Sun) 22:15:21

腕っ節が強いのは時計屋ぐらいです
マスターなんか下手すりゃ子供に泣かされます
907:名無し :

2014/03/30 (Sun) 22:46:36

まじかw
ミルクホールが流行ってるようには思えないけど白鬼と遊んでたりわりと謎の人だな>マスター
908:名無し :

2014/03/30 (Sun) 23:14:25

マスター…
その弱さでよくぞ危険な最前線二列目から帰って来れたな
909:名無し :

2014/04/04 (Fri) 00:10:24

我猫の文吉くん、ガラクタ、フォークスやノママモはじめインディアン人種
それぞれ元になっているAAはウラー、偽モナー、のまネコやまもネコで、
みんな違った方向に「モナーのようでモナーでない」という共通点がありますが、
もしかして作中作の人間主人公のAAを決めるにあたって狙って選別したのでしょうか
910: :

2014/04/04 (Fri) 08:24:50

HAHAHA,想像にお任せします(意地悪作者)
まぁ、当然ですが主役級にあてがうAAは最低限私が好きなAAですので
狙ったといえば狙ったことになりますね

我猫時点でロマネスクなんか知らなかったけどな( ・∀・)
911:名無し :

2014/04/04 (Fri) 18:20:27

今更ですがカリーナの原案的な物って大国の魔女の竜なんでしょうか?

そして、同じく出てきたガヨナン族って……!?
つまりこれは、インディアンと同じく彼らが邪悪に見えるのはその国から見た場合で
実のところは唯の人間に過ぎないって意味なんでしょうか!?
912: :

2014/04/04 (Fri) 21:13:46

ほんとコアな質問が多いなここ(;・∀・)
基本的にああいう話が私の趣味なのです。
なので作品同士で似通ったところがあるんでしょうね、意識したわけじゃないです

ガヨナンは響きが気に入ってるので流用しました
作品に関してはあれです、読者の皆さんが感じてくださった事が答えでいいです
言いたい事は作品で言ってるので好きに解釈してくれい!
913:名無し :

2014/04/06 (Sun) 20:54:54

赤い子供たちとガラクタの旅って、ガラクタと出会ってから死に別れるまでどれ位の期間だったんでしょうか
ガラクタは触り程度は剣法指南してあげたんでしょうか
それとも武器だけ与えてあとはひたすら振って覚えろな放任主義だったんでしょうか
子供らの初陣というか初めて手を血に染めたのは何歳頃だったんでしょうか(なんとなく妹の方が早そう)
ジョージとはその後も一緒に居たんだから銃繰りとかは教えて貰ってないんでしょうか
フォークスみたいに刃物も銃器も扱えるハイブリットタイプだとうれしいなあ(もはやただの願望)
矢継ぎ早ですみませぬ
914: :

2014/04/06 (Sun) 21:16:03

最長でも一年前後でしょうかね
以降はジョージが二人を預かりました

ノママモの剣は独学ですけれど、天井堕としや燕返しを何度も見ていますので、
それに近いことを覚えました
初陣は考えてません。いつだったんでしょうね(呆け

実は二人が早撃ちをしたり、アメリカ的カタナな変な刃物(二連刃とか)を使ったりとか、
そういうことも考えたのですが蛇足そうなのでばっさりカットしました
早撃ちはできます。ジョージはガラクタよりかまいたがりなんで。


ところでp2が死んだりアク禁になったり僕らのひろゆきが新生2ちゃんを用意してくれるとか言ったり
週休が減ったりパソコン買い換えたら(windows7)起動に三十分シャットダウンに二十分を要し
要らんアホみたいな機能満載でガイドラインに従ってもAAズレッズレだったり
作業してたらいきなりwindows更新(20分操作不可)始まったり身動きが取れません

今年は何度も重なってすまんが暫くAAペース亀と思っていただきたい(´・ω・)
新調したパソコン放置して古いパソコンで作業なんてバカみたいだ
915:名無し :

2014/04/06 (Sun) 22:16:42

返信早い!ありがとうございます

一緒に旅したのは一年ちょっとなんですか。2年程度はあるのかと思ってた

>早撃ちはできます。
ウヒョー(歓喜)
ノモ譲りの力がありそうなマモーに比べて
やはり膂力では男に劣りそうなノマーは刀一本でやってけるのかちょっと不安でした
ジョージいい奴だなあ・・・

製作ペースについては大して気にしませんので
状況が整ったりパソコンが慣れてくれるまではゆっくりやって下さいな
焦らず納得の行く出来の物を送り出してください
916:名無し :

2014/04/06 (Sun) 22:24:50

ああそうだ
ついでと言ってはなんですがもうひとつ

読み返してて疑問に思ったんですが、最終時局SOR8話の「有り得た過去」の中で
会津側(だよね?)に付いて共闘するガラクタ、四阿、韮生野、元狼・・・
その真ん中に居るフォークス殺しさんッぽい体型の剣客は・・・誰?
917: :

2014/04/07 (Mon) 10:57:44

分からなくて当たり前ですが、ありゃ西郷どんです
西郷どん何気に謎の人ですよね、伝説俗説を排除したら不明なことが多くて好き
918:名無し :

2014/04/12 (Sat) 20:29:56

2chscが公開されましたが気触れさんは今後旧新どちらを使われるんでげす?
919: :

2014/04/13 (Sun) 08:55:43

私は常にひろゆきの味方なので新に移行します
とりあえず次の投下ぐらいに誘導しようかと
920:名無し :

2014/04/14 (Mon) 08:37:07

実質あの仕様じゃ旧に留まるメリットないもんなあ
さすがひろゆき、敵に回すととんでもないことしてくるね
921:名無し :

2014/04/14 (Mon) 08:41:37

今の2chと2chscってどうちがうの?
922:名無し :

2014/04/14 (Mon) 08:58:23

2ch

今は外国のシステム管理人jim(日本語できない)が運営してる
まとめ禁止宣言→アフィトとかだけ禁止だよ発言 など、よくわからないルールがぐらついてる状態
AAまとめサイトも自粛する人散発
ガラクタウェスタン最終回が地獄変になかなか載らなかったのはだいたいこれのせい

2ch公認有料書き込みシステムだったp2pが管理側とのいざこざで2chと引き離されていて、使用不可
前回の気触れさんの書き込みが大変だったのもだいたいこれのせい

jimは2ch乗っ取りと発言したひろゆきと法的紛争も辞さないかまえ


2chsc

ひろゆきがついさっき作った新2ch
中身は完全に2chと同じで、ビデオ棚もアトリエもある
外見はほぼコピーサイトだが、法的な所有権諸々はひろゆきにあるので合法

こっちはまとめOKなので、まとめサイトが普通に活動できる
ちなみにひろゆきは2chのログを自動で拾ってくるシステムを自作していたようで、

2chに書き込みがある→2chscの同名のスレに同じ書き込みが反映される
2chscに書き込みがある→2chにはログ取得のシステムがないので、書き込みは反映されない

という状況。

p2pなどのサービスも将来2chscに導入される
923:名無し :

2014/04/14 (Mon) 20:45:20

ひろゆきパネェな
924:名無し :

2014/04/15 (Tue) 01:58:52

2chscは多分近いうちに崩壊するよ
もうクローラー弾かれてるし
大体やってることが2chにDOS攻撃だもん
2chのレスをホットリンクに売るためにコピーするのが目的のサイトでまともに運営する気無いっぽいし
925:名無し :

2014/04/15 (Tue) 12:58:10

jimがまともに運営してないからなあ
っていうかひろゆきが引退した後の2ch運営のほうがひどかったろ
926: :

2014/04/15 (Tue) 20:47:12

やっぱり2chscの方に行くよ(´・ω・`)
なんか知らんが滅茶苦茶規制強くなってる
エラーメッセージだらけでまともに投下できん…
927:名無し :

2014/04/15 (Tue) 23:48:43

jimが禁止ワード入れてきてるんだよね
url張れなくてびっくりした。
928:名無し :

2014/04/16 (Wed) 08:55:51

scの方が2chより先にスレ埋まったり同時投下の危険があるわけだから
ビデオ棚sc版が必要だね
向こうでも色々考えてるみたいだ
929:名無し :

2014/04/28 (Mon) 09:58:23

時計屋は棚主のこと本気でウザがっているんでしょうか?
一方通行の友情ってなんか悲しいっすね
930: :

2014/04/28 (Mon) 20:03:23

実際鬱陶しいヤツと思ってましたが
クラクラモクランの終了以前以後で多少印象は変わったのかもしれません
931:名無し :

2014/04/29 (Tue) 08:53:57

なるほどなー。
棚主もキヨマサも救われてよかったよかった!
932:名無し :

2014/05/02 (Fri) 15:04:26

街棚主と山棚主の恋愛観はどんなものなのか気になります
そもそも恋愛感情を持ったりするのでしょうか?
933:  :

2014/05/02 (Fri) 21:24:12

なんかデリケートな質問な気がするので秘密(・ω・)
作中で好きに解釈してくだされ!あと無名探偵完結しました(事後報告
934:名無し :

2014/05/02 (Fri) 23:49:25

ヨンダヨー
とおるちゃんがかわいいし無名二人がかっこいいし相変わらずキャラクターが魅力的でおもしろかったっス

ところで、無名探偵はビデオ棚で連載中の気潰れとは別物と思ったほうがいいのでしょうか
それともキャラクターの表現(AAor擬人化)が異なるだけで基本的に同一世界の話として見ていいのでしょうか
あと、同一だとするとエピソード毎の時間軸はどういう流れになっているのでしょうか
935:  :

2014/05/03 (Sat) 10:30:00

表現がAAか人間かの違いだけで同じだと思っていただいて構いません
キャラの設定、世界など同じです

時間軸としては現在完結してるAA版のクラクラモクランの、ちょっと後ぐらいでしょうか
問題なければ文教授や修理も出したいくらいだ(正直
936:  :

2014/05/03 (Sat) 12:05:34

小説の方のびるぢんぐでも時計屋の時計の音がボーンボーンと聞こえるのかな
なんかワクワクしてきた
937:名無し :

2014/05/04 (Sun) 20:21:32

我猫もガラクタも伏線などのギミックが凄まじいですが、書き出したときから全部計算づくなのでしょうか?

違うのであればここは筆が暴走した! というような部分が知りたいです
938:  :

2014/05/04 (Sun) 20:46:43

計算づく、だったんですがねえ。最近途中で色々思いついて付け加えることが多いです
とりあえずトラボルタなんかは書き始めた時は陰も形もありませんでした
うっかりパルプフィクションを観てしまってな…
939:名無し :

2014/05/09 (Fri) 00:02:02

ツイストを踊るニダーとトララーを幻視したww >パルプフィクション
940:名無し :

2014/05/10 (Sat) 23:50:26

テナーねw
941:名無し :

2014/05/11 (Sun) 00:31:11

偶然、暁の歌を手に入れることができたんですよ!

いやぁ! 気触れさんの言ってたことが分かった! 本当に虫目がカッコイイ!
クライマックスの願いの下りなんか鳥肌が治まりませんでした。
なんというか、ヒーローものの1つの完成系って感じでしたよね!
ゾナハも可愛いし、今まで読んだ短編の中で1番完成度が高い逸品でした。

教えて下すったことに感謝です! あれを目指して精進せねば。
942: :

2014/05/11 (Sun) 09:14:58

分かってくれるか(握手)
一番かっこいいヤツは泥を食みながら戦うヤツなのさ、相も変わらず藤田ファンですハイ
943: :

2014/05/13 (Tue) 15:21:36

どうにもこうにも今年は厄年(::・∀・)
ちょっと立て込んでまして引き続き更新まばらになりますすんません
944: :

2014/05/13 (Tue) 15:24:52

ところで上の空に羽が…って、筋肉少女帯の「機械」って歌がモチーフらしいす
ちょっと聴いて見てよ奥さん(余談
945:名無し :

2014/05/13 (Tue) 21:44:38

昨日夢で無名探偵の第4話を読みました
これはきっと正夢ですね!
946: :

2014/05/14 (Wed) 09:44:49

何のだw
947:名無し :

2014/05/14 (Wed) 19:37:37

>>952
アラヤダ! そのまんまじゃない!
豪快で素敵な歌ね。アタシ気に入っちゃったワ!
羽なんてほとんど関係無いと思ってたらそういうことだったのネ!

ってよく見たら巻末に書いてあるじゃないの!
イヤだわオバさんウッカリしちゃって。



ハイ教えて下すってありがとうございました。(正気にもどった)
948: :

2014/05/14 (Wed) 20:53:11

デショー奥さん!アラヤダマアヤダ
この歌と漫画のコンビは熱さが欲しい時にお世話になってます
949: :

2014/05/15 (Thu) 19:22:54

正夢ということなので無名探偵2(小説)を投下して見ました。
一人でどのくらい推敲していけるかちょっと試しがてらになります。
950:名無し :

2014/05/15 (Thu) 21:06:32

?!
951:名無し :

2014/05/15 (Thu) 21:24:02

ヒャッハー!新鮮な無名探偵だーっ!
952:名無し :

2014/05/16 (Fri) 00:59:50

http://bbs3.fc2.com//bbs/img/_622000/621982/full/621982_1400169590.png
ごめんなさい、本やネットを漁って探してもわからないので質問させてください

クチナシ3の回想で、正太が役所に届けを出しに行った時の服装は軍服ですか?
その場合、掲載画像のような格好で合っているでしょうか?
画像を見ていただくとおわかりだと思いますが、袖や軍袴の線の色、脚普通の靴か脚絆か長靴かなど
参考にした資料によってバラバラで、どうにも決めかねているのです
もしはっきりと設定を決めていらっしゃったり、番号の部位以外でも「これはおかしい」などあったら
ぜひ提示・指摘していただきたいのですが
953:名無し :

2014/05/16 (Fri) 09:24:40

時計屋のキャラデザにしゃくさんのが採用されてるー!?
954: :

2014/05/16 (Fri) 09:54:08

>>960
その図で大丈夫です。
というか、あの話は文部省の嘘資料に騙されて色々やらかしてるので
細かいことを言い出すと私が墓穴に埋まります(::・∀・)
帰還兵がみんな戦争前の正装で返ってくるとも限りませんし、そのままのイメージで受け取っていただいて結構です。
955:960 :

2014/05/16 (Fri) 21:40:03

>>962
ありがとうございます。これで不自然でないのならば良かったです

ひとまず絵で正太に着せている、肩章、襟章、ベルト(刀帯?)無し、非長靴・非脚絆+
周りに描いた、緋線ありの袖と軍袴
という解釈で捉えることにします

難しいですね軍服って…
956: :

2014/05/16 (Fri) 22:54:13

うん、微妙な違いまで気にしてたら大変ですわ
957:名無し :

2014/06/10 (Tue) 01:52:26

たった今シャークトパスって糞映画見ていらついてたんですが(;∀;)

気触れさんはむかつくキャラっていうか、いやーなキャラを
作るのが大変お上手ですけど、こういうモンスターパニックとかで
読み手をむかつかせるキャラを作れーって言われたらどうしますか?

逆に、気触れさんが一番むかついた映画キャラとかも知りたいです
958:  :

2014/06/10 (Tue) 11:17:44

何故そんな一目見てZ級映画と分かるものを見てしまったんだ……

観客をムカつかせたいなら、性格最悪のドグサレな金髪美女を出して、
露出多めに主人公の足をひっぱらせつつ、面白黒人や善良なナイスガイを
次々と自分勝手な行動で犠牲にして、逃げる途中で出会った犬猫や可愛い子供を
「見捨てられないわ!」とか言って助けに行ったりして、それに付き合った主人公が
救助ヘリを乗り逃がして、主人公だけが死んで美女だけが生き残る結末にして、
最後に「実はウイルスが蔓延したのは私のせいだったの」とか告白させればOKじゃないっすかね。

私はそんな映画観るのは御免ですが。ハリウッド好きっすね、こういうろくでもない脚本


お察しの通り私も映画よく観るので一番嫌いなキャラと言われても困るんですが、
パニック系に関しては主人公とヒロインに嫌いなキャラが集中してる気がしますねえ
あくまで個人の感想なんで怒らないで欲しいんですが

タイタニックの主人公カップルが大嫌いですね

959:名無し :

2014/06/10 (Tue) 14:21:41

具体的だなwww
960:名無し :

2014/06/10 (Tue) 16:14:19

すげぇ! コピペにしたい程の完成度だ……

こんなに人を苛つかせるエッセンスを凝縮するなんて気触れさんはやっぱ天才やでぇ
961:名無し :

2014/06/10 (Tue) 16:33:37

さてはゾンビ映画好きだな(確信
962:名無し :

2014/06/10 (Tue) 16:41:25

タイタニックは確かになあ
ローズの婚約者や周囲の人間の身になってみたら
信じられないぐらいひっでぇことしてるんだよなあの二人
963:名無し :

2014/06/10 (Tue) 16:52:00

我猫の過去編で魔女認定されてカリーナと逃げて船に乗れた人(.~A~.)
現代編で魔人窟にいた陰陽師の陰の人(.~∀~.)

この2人ってやっぱり子孫なんですか?陽の人より明らかに魔人窟の人々に情があったり、魔人窟が解放された時にやたら嬉しそうだったのは、祖先が魔女狩りから救われた逸話が子孫に伝わっていたからなのかなあ……
と言うかヨーロッパ(ドイツ?)で魔女狩りから逃げた人が流れ流れて日本で魔を狩る陰陽師になるってのも何気にすごい家系だなあ
964:名無し :

2014/06/10 (Tue) 16:52:59

               __‐`'´''"'マ          ____\   ー‐┐    |一
                Z.    __`ゝ          \      ノ´   ⊂冖
 ∧      /|   ゙仆斗┘リート=┬-、_      \    ー‐┐   ,/
/   ∨\/   |    `L,.っ,ノ u }ノ ノ   \      ,>   ノ´   \
         |__    兀.!_// i |     l、     く.   ー‐┐ ー|ー
ー‐┐ ー|一ヽヽ /  u' \ヽ‐'´  !|     ト、     \   ,ノ´   ̄匚ノ
 ノ´   ノ こ  /_____,  }j  ハ、  ヽ ヽ,___/    /  ー‐┐  ┼‐ヽヽ
ー‐┐  ニ|ニ.     / ___ノ /\_,≧/ u 人.   /     ,ノ´   ノ こ
 ノ´   ⊂冖   く  {上rン´  ,厶../ / ヽヽ   \    ||  ニ|ニ
ー‐┐  |     /    ̄   ノ{こ, /,〃   !|    \   ・・   ⊂冖
 ノ´   l.__ノ   \     ,.イ !l`T´ | /     |:|     /       |
ー‐┐ ー‐;:‐    \   //    l  |     |_|   ∠.、       l.__ノ
 ノ´   (_,     /   ヒ_ー--、_|ー、____,ノj┘    /        ┼‐
ー‐┐   /     /     \ ̄\ー`トー-<    /          ノ こ
 ノ´   \     \      \  ヽ  \  ヽ    ̄ ̄|
 | |   」z.___    >       \. ヽ.  ヽ   l      |/l   /|  ∧  /\
 ・・   /| (_,  /           ) lヽ   ',  l、      |/   | /   V
       ┼‐   \       , イ、_,上ハ   }  小          |/
      ノ こ     \     (乙≧='''"´ ,∠,__ノ/
      ┼‐ヽ    /           厶乙iフ/
      ノ ⊂ト  く               `¨¨¨´
                \

ってことだよねえ。キャルかわいそ。
965:  :

2014/06/10 (Tue) 17:00:18

>>971
子孫っすねえ。同一人物って言ってる人がいてびっくりしましたけども(数百年後

ところで一コマだけ陰と陽の人のマスクが逆になってるシーンがあるんだが、
分かってるね?(意味深
966:971 :

2014/06/10 (Tue) 17:13:34

おおっ、ありがとうこざいます…ってファッ!?そんなシーンあったんかい!読み直さなきゃ(使命感)
967:名無し :

2014/06/14 (Sat) 20:47:40

デヰ゛ルは潰れ狩りの人間を積極的に襲っていますが、
山を徘徊している気触れ者や潰れ者は殺していないのでしょうか
小奇麗な格好、夜に明り持ってる=人間だ!殺す! みたいな認識になっているとか?
968:  :

2014/06/14 (Sat) 22:39:20

だいたい仰るとおりです
彼は非常にたちの悪い気触れ方をしていて、狂っていても頭がよく、
常に理論立てた思考ができます

また、相手の足取りを見て「目的のある歩き方をしているかどうか」を見極めたり、
視線の動きを見て「獲物を探している目かどうか」を察したりもします。

日露戦争の従軍経験からも、殺戮者の臭いを嗅ぎ分ける術に秀でているため、
山の住人と、山の外から来た敵を見間違えることはありません
969:名無し :

2014/06/16 (Mon) 18:42:47

無名探偵2にて、棚主は友人をかなり大事にしているとありましたが、
本人の中に格付けのようなものはあるのでしょうか?
(Aが一番好ましい、Bは好きだが守るほどではない、など)
クラクラモクラン5の印象が強いので、個人的には文教授の位置が気になります。
970:  :

2014/06/16 (Mon) 21:12:52

たとえば、友人Aと友人Bならどっちを取る?みたいな思考は棚主にゃありません。
好意を持ってる~尊敬してる等の抱いてる印象の差はありますが、
基本的に信頼を裏切るようなことさえしなければ全員大事です。

なので葛びるの面々だろうが、木蘭亭の面々だろうが、梅次だろうが、
危害を加えたヤツの元にはもれなく夜中に角棒持った棚主がやって来ます。

旭君を半殺しにしたアレも文教授が特に大事だったからってわけじゃなくて、
同じように人格と気持ちを否定するようなことを言えば
言われたのが誰であれ同じようなことになります


ただ文教授はああいう話のまとめ方になったので、
棚主の中では結構重い存在になりました。
971:名無し :

2014/06/19 (Thu) 09:25:53

無名探偵の最後のページにあるポイント評価ですが
あれやっぱり入れたほうが良いですか?
本スレであまりよくないみたいなこと言ってる人居たから保留してたんですが…
972:  :

2014/06/19 (Thu) 21:54:50

面白かったら是非お願いします
評価値は他の人に読んで貰えるかどうかに直結しますんで…
973:名無し :

2014/06/27 (Fri) 21:08:51

クラクラモクラン五の十三話で、
多重人格症について語る「毒嶋教授」が平成の世に居ますが、
彼は鉄成金の毒嶋さんとは何か関係があるのでしょうか?

後、棚主と時計屋は武器無しの純粋な腕力勝負ならどちらが強いのでしょうか?
殴り合いなら山育ちの棚主に分があるような気もしますが、
今回の小説の描写や、wikiの解離性同一性障害の項目にあった

「危機的状況で現れて、その女性の体格では考えられない腕力で
 その子を守る交代人格もある。」 という一文を見る限り、
時計屋も人間の出せる限界まで力を発揮しているような雰囲気があるんですが……
974:  :

2014/06/27 (Fri) 22:44:32

はい、普通に毒嶋さんの子孫です
彼はかなりストイックに心理学を研究している人で、
平成の世では結構な有名人だったりします

でもプロ意識が強すぎて血液型占いやゲーム脳を
ものすごく口汚い毒舌で否定するので、
取材を受けることはあってもバラエティ番組に呼ばれることはありません

クラクラ五時点で『毒嶋式人格目録(心理検査)』を作成中ですが、確実に死に設定。


で、たとえば棚主と時計屋が腕相撲なんかしたら、棚主が勝つと思います。

でも時計屋は興奮すると脳内の麻薬やら何やらがどっぱどっぱ出まくる感じなので、
殺し合いになったらどうなるか分かりません。

二重人格は定義自体があやふやで、現在でも議論が続いている症例ですが、
その説明に強力な「自己暗示」を使う学者もいます。

時計屋はキヨマサが「絶対に負けない、自分の味方」という位置づけで
生み出したきらいがあるので、
たとえばボクサーや兵士が戦いに赴く前に、時間をかけて練り上げる
「強い自分」という暗示が常にかかっているような状態だと思って頂ければ良いと思います。

なので棚主より手足が細くても、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。
975:名無し :

2014/06/28 (Sat) 17:37:59

時計屋は確実なら殺せりゃ言い的な事を言ってますが、わざわざ手間かけてノコギリを使うのは趣味ですか?
そもそも武器でなく工具を使うのも趣味ですか? 工具に対する愛ですか!?
976:  :

2014/06/28 (Sat) 20:56:51

なんか分かりにくい表現だったんでひっそり編集しときました

時計屋が言っていた確実な手段~ってのは、爆裂弾や虎挟みを使うことです。
虎挟みに引っかかった相手は最早逃げられないので、とどめはどんな方法でもいいわけです。

ノコギリをチョイスしたのは、例の党首の台詞への意趣返しですので、結局は趣味ですね。
あの台詞さえ吐かなけりゃ、ドライバーでハリネズミにされる程度で済みました。

で、時計屋が工具で戦ってるのは、持ち運びに便利だからです。
匕首や拳銃を持ってたら誰かに見つかった時に面倒ですが、
工具なら一式そろえておけば、魔改造したのが混じってても見咎められ難いので。

もっとも、流石に今回使用した黒いかばんの方は言い訳出来ませんけどね。
977:名無し :

2014/06/28 (Sat) 21:11:18

回答ありがとうございました! やはり、趣味……
978:名無し :

2014/07/03 (Thu) 18:47:47

帝都新報の女記者は、「惣太郎」が作家の「蕎麦惣太郎」なのではないかと思うことは一度もなかったのでしょうか
蕎麦先生ってそこそこ有名なんですよね
新聞記者だったら世間の流行=文学にもある程度精通しているイメージがあるのですが…
979:  :

2014/07/03 (Thu) 21:58:14

母菜先生が悪の医師であるためには、彼に救われた患者は0でなけりゃならんわけです。
そういった都合もあり、新聞社の連中はムジナ村の患者は全滅したって思い込みたかったんですね。
そんな考え方をしてたから、蕎麦先生の名前が世に出てもピンと来なかったのです。
980:名無し :

2014/07/04 (Fri) 08:58:01

うおお・・・おのれ新聞社ド畜生・・・(´;ω;`)
記事にして結果的に村にトドメ刺したのは奴らなのに・・・

でもおかげで蕎麦先生の作家業が邪魔されなかったのかもしれないとか考えると
複雑な気持ちになるわ・・・同一人物だって分かったら絶対追い回してただろうな
981:  :

2014/07/04 (Fri) 13:08:05

なるほど、新聞社にとって「母菜先生に救われた患者」など居てはならない
人間というのは見たくないものは見えないものだっていうからなあ
他人の空似、単なる同姓同名…
982:名無し :

2014/07/04 (Fri) 22:11:33

追い回してたとしてどうなってたんだろう
大人になってから表立って真実を発表されることを恐れて
事故に見せかけたりなんなりで命を狙われていた可能性も…?
983:名無し :

2014/07/04 (Fri) 22:49:41

無名探偵のあらすじ変えたんですね
984:  :

2014/07/04 (Fri) 23:14:03

もっと内容に触れた方がいいっすよーってアドバイス頂いたんで
あらすじとか要約って本文以上に難しいよね 嫌い
985:名無し :

2014/07/10 (Thu) 11:09:05

前の方が好きだったけどなあ
某所で前のあらすじ叩いてる奴がいたけど、気触れさんのアンチはどこにでも沸くな……
986:名無し :

2014/07/10 (Thu) 13:54:23

確かに前のバージョン、気潰れさんらしく帝都棚主という存在を表していて好きだったな。
でも今のバージョンも基本的な話の要点が押さえられてて良いとは思う。
どっちも……は流石にくどくなるか。
987:  :

2014/07/10 (Thu) 20:28:51

>>993
ものっすごい高ポイントでもないのにどこか分からんような場所で
アンチされるほど話題に上がってるのかね
見に行きたくはないが、その人はきっと私の小説が気になって仕方ないのだろうドヤァ

>>994
まあ、書きたいことは本文で書くさあね
988:名無し :

2014/07/11 (Fri) 00:02:06

気触れさんメンタル強すぎじゃないですか・・・
どんなにアホみたいなこと言っててもアンチされたら凹みませんか?(´・ω・`)
大丈夫ならいいのですが、色々と無理せんで下さいね。本当に。
989:  :

2014/07/11 (Fri) 11:02:55

どこか分からんところでアンチされても傷つかないんでご心配なく

っていうかこれだけたくさんの人に読んでもらってて
今更一人二人に叩かれてもねえ
990:名無し :

2014/07/12 (Sat) 09:59:10

流石やでえ
ところでもうすぐスレ終わるな、感慨深い
991:  :

2014/07/12 (Sat) 21:47:48

昨日からアクセス数10倍ぐらいになってるけど何事だ
ポイントも一気に100以上も増えてる……
嬉しい。がんばろう
992:名無し :

2014/07/12 (Sat) 23:24:34

>>1000なら無名探偵・気潰れシリーズ・Smart gunmensその他、全ての気潰れさん作品がもっともっと人気になる
993:触れ造 :

2014/09/05 (Fri) 21:17:32

レス一つだけ整理しますた

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.